★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★皆様の好み通りに塗り上げるカスタム・ペイント承りいたします ★キズ直しや凹みも修理OK!純正補修塗装/板金修理承りいたします ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:出張日 配達/引取り時 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー
2011-05 の記事

毎日でも乗りたくなる!

ACYには ZEPHYR1100をチューニングする場合

一つのスタイルがあります

言葉で表現をすると・・『怖くない乗り味のマシンを造る』なんだと思います




でもこれは非常に厄介な『お金』という事情が絡んできくる場合があります

他のSHOP様で 色々行った作業で

スタイルが変ったか何かで ACYを訪れてくださったとします

ACYは ACYなりのスタイルを持っています

今は 高速情報社会ですから あらゆる手段で

ACYの情報を日本全国何処でも手に入れられます

そして お客様は ACY に行ってみようと決断をされます


『とにかく吉野の好きなようにやって頂きたい』 というオ−ダ−を多く頂きます

しかし・・・装着されている部品が吉野の方向性と違う場合

目標を叶えるのには パ−ツを交換せざるおえない場合もあるし

そのパ−ツをモディファイせねば到達できない場合もあります

更には レ−シングパ−ツの本当の『意味』をちゃんと説明受けず

装着されてしまい ???・・・となっておられる方も実際多く見受けられます



お金を出すのは お客様ですものね。。。

でも いい状態はこうすれば行ける!っていうのは早い段階で見抜けます 

多くのZEPHYR1100を見て参りましたから ご提案もちゃんと出来ます 

そうですね・・・本音の会話を何時も心がけていますが

今までの経緯も おありでしょうから・・・難しいのは確かです

良いものが欲しい これは皆様共通の考えです

そして ご予算も早い段階でお伺いさせていただきます

フェアに進むには ここをクリア−しないとなりませんから。。。

無理の無い範囲で 最良・最善  あるいは 最高 を選んでいただきます


最近多いのが TMR→FCRへの変更

何本も買った挙句 気に入った音に出会えない といったサイレンサー交換

キャブは そのSHOP様それぞれで個性が出ます

サイレンサーも 中々音って聞けませんものね


他にも買い換えて頂ける 御客様は多くいらっしゃいます

長く同じマシンに乗り続けていれば 出くわす事かもしれません・・・が・・・

これからリターンされる方々には 

出来ることなら 真っ直ぐ無駄なく進んで頂きたいんです


確かに お金を掛けただけマシンは本来良くならなくってはいけません

でも ふとしたコミュニケーション不足から 

御客様主導ではなく SHOP主導になってします

多分これでは 御客様は喜びを100%得られません


人は笑顔で話をすることが絶対必要に思います

洒落やユーモアを交えながら会話が出来ると

本来の気持ちが 出しやすくなります


ACYは 『お客様の喜びのお声』 を聞きたいです

明日も 明後日も 来週も 乗りたい!

って言って下されるようマシンを作りたい


もし おかしいと思ったら 元に戻しましょう

答えは早く見つけたくなりますよね?

でも おかしい場合は どこかの十字路で方向を間違ってしまったんですよ

その十字路まで戻れば 済むことです

ACYでも キャブセッティングをする場合

おかしい?と思ったら 前には絶対進みません 

2個戻って 1個進む・・・ これで良いんです


特にプライベーターの方は お仕事されていたり ご家庭の事情もあったりで

時間が無いですよね?

でも 戻りましょう。。。

ちょっと戻るだけで 『明日も乗りたい最高のマシン』が手にはいるんですもの

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
我が名はバイク乗り
熱き 鉄馬乗りの方々 ようこそいらっしゃいました!


Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

http://www.acy-samurai.co.jp/  ←クリックでACY・HPへ
移動いたしますので 是非お立ち寄り下さい!

千葉県柏市今谷上町65 Tel04−7174−0336 Fax04−71714−0336
毎週水曜日定休  AM10:00〜PM6:00


Posted at 2011年05月06日 22時41分27秒  /  コメント( 1 )


カッコイイが良いじゃん!空冷2バルブ!水なんか必要ない!

時代遅れ? 決めるのは自分!   
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

速いんですよね!

ZEPHYR1100ってホントは!




最大トルクが ZRXやXJR 達とさほど変わらないんですよね

でも・・・TOTALでのデキが いささかだったりするだけです

ENGだって その持っているトルク特性を十分理解して

マフラ−を選んだり FCRをセッティングしたりする事が重要です

回転馬力を追い求めると 牙 を剥き出しにしてライダ−を試し始めてしまいます

それを知っているチュ−ナ−は 車体に目をシッカリ向け

危なくないZEPHYR1100を作り上げていきます

Zとは違う

Zのようには絶対行きません

クランクは 組み立てじゃない 支持もメタル

だからクランクは削るのはダメです

もっとトルクをぶっとくして それをフラットにして

どんなに速く走っている時でも 絶対怖くないフィーリングを造ることが必要です

だからACYはFCR39をチョイスします

時には モア・パワーを得るためにFCR41を選択します

そして更に高域まで充実したトルクを得るために 侍サイレンサーを造りました



サイレンサーに 拘る部分があるのは

やっぱり 八代俊二先生と直接お話して以来ですね

もっとサイレンサーに目を向けて頂けると嬉しいです

世界GPをHONDAワークス NSR500 で戦い

開発も担当した八代俊二先生から 『正解』を頂いた理論に基づき

侍サイレンサーは誕生し 進化して来ました

真剣勝負しています 

ZEPHYR1100にピッタリ合うサイレンサーを世に送る為!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

http://www.acy-samurai.co.jp/  ←クリックでACY・HPへ
移動いたしますので 是非お立ち寄り下さい!

千葉県柏市今谷上町65 Tel04−7174−0336 Fax04−71714−0336
毎週水曜日定休  AM10:00〜PM6:00

Posted at 2011年05月06日 00時12分11秒  /  コメント( 0 )

攻め込めるマシン造り...

『乗りやすくなくっては駄目なんですよね・・・オ−トバイは!』ACYは それを造れます!
ストリ−トで スポ−ツ感覚を得られる 最高の愛車を 手に入れてください!
ACYはオ−トバイを真剣に乗るライダ−様方々を応援させて頂きます

AC YOSHINO SMR
Japanese standard

粋で乗り易いマシンに仕上げます
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
★★ ACY・マルケジーニ・オリジナル販売システム ★★
【Aコ−ス】【Bコ−ス】と販売方法は別れ
両者共に 何れもお買求めやすく設定させて頂きました
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0256284.html←こちらを
クリック頂き 記事をお確かめ下さい
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


攻め込めるマシン造りの手順・・・



お客様のマシンをお客様が訴える症状を確認するために

試乗に出る際 訴えな内容を的確に把握することに集中はしますが

その際 より多くの情報を数分で手に入れて帰還します

その際走り出す前に先ず目で確認させていただくのは・・・

乗車前にタイヤの減り 空気圧 ・・・ そして走行へ

訴え症状と 同時に確認を以下のものをします

 .屮譟璽の確認

やっぱりココからです  次は・・・

◆.ャブレーション

 エンジンパワー特性

ぁ.轡侫肇侫ーリング

ァ.汽好撻鵐轡腑鵑寮瀋

Α,修靴謄好肇譟璽箸任亮崑里僚顛完銘岾稜

А.魁璽福爾任離好謄特性


実は ・・・ 攻め込めるマシンを作り上げて行く場合も全く同じ手順で

確認とアジャストメント(調整)を行って行きます

これらを 全て納得いく状態に持っていくことがACYの車体決定の理想です

ココではZEPHYR1100を例に挙げて 何回かに分けて記事にしますが

オートバイ全般に言えることですので

皆様 読んでやってください。。。


先ずは 何はともあれ 『タイヤ』 です

ココが 疎かにされている事が多々ございます・・・残念ですが真実です

鈴鹿の師匠方々に タイヤ がちゃんとしていないマシンは見る気にならない!

と言われた事が幾度もあります

着飾るお金があるのなら タイヤを買え!と口々に言っていました。。。

そうですね 生命線です! ライフラインですよ! オートバイの!

とかく 真ん中が減り易いのは当然なのです

だから 2CTなど等が産まれましたよね

おもいっきりマシンを走らせたいのなら 一番拘って欲しい所が タイヤ ですね!

実は 最近のタイヤは 交換直後は 全ての商品が最高の乗り味を見せます

・・・しかし ・・・ 一皮剥けた所当たりから化けの皮が剥がれ商品があります!

これはタイヤメーカー様にもシッカリぶつけて ・・・『そうですね。。。』という

答えが返って来ましたので 真実です!

本当にイイと感じるタイヤは交換後2000Km経っても

交換直後の感触が損なわれていません!

メーカーが発するコマーシャルに惑わされず 現場の声を確かめた方が身の為ですよ。。。

特にZEPHYR1100や スーパースポーツは

フロントの荷重受け止めが肝です

タイヤにもうちょっと シビアな管理を持っていただければ嬉しいです

そして空気圧

吉野を含めACYのスタッフは タイヤメーカー様がリリースする情報を

一番信用しています 

販売代理店様ではなく タイヤメーカー直接の発言を元に判断しています

ですので 乗り方に大きく左右されますので

巷の Fr1.8  Rr1.9 これを全員にお勧めなどしませんし 否定もしません

実際吉野自身は 好みのタイヤはある程度グリップ優先で選ぶのが決まっていますから

どのメーカー様のタイヤを履いても

Fr1,9 Rr2.0〜2.1 

に設定します これは乗り心地も良く 

ストレートでのフラつきも少なくって気に入っています

そしてブレーキング時や フルバンク時の安定力 も気に入っています

右へ習えは 必要ない! と確実に決めています

そして段べり や センター集中の磨耗が多いタイヤではマシン・アジャストメントが

不可能ですので 追い込む場合は ココで御客様へ相談となります

溝が残っているじゃん??  ・・・  というのはオートバイには

絶対通用しない事を 皆様にここで理解を求めます!

ACYは タイヤが終わっているマシンを 良くする事は申し訳御座いませんが

不可能 でございます

オートバイは そんなに甘い乗り物ではないというのを30年乗ってきて感じます

先ずは タイヤ ココから始まります。。。

ご理解下さい。。。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
全国の熱い鉄馬乗りに届かせたい思い!!
ACYならではのSPL・メニュ−の御案内
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0256339.html ←こちらをクリック下さい
皆様のお気持ちになってACYの2人が考えたメニュ−を御用意させて頂きました
御気軽に御質問・御用命頂きたく思います
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
 
ACYの持つ武器は 

『楽しく・安全に・気持ちよく走る事が出来るマシン造り』です
そして『いくらパワ−があっても 恐くない!』です
勿論 リタ−ンライダ-の方々でも 安心して再スタ−トを切れる事が出来ますし
ベテランのライダ−方々の見失ってしまったマシン方向性の修正させて頂きます

熱き Fighter 様方々 ようこそ! ACYへ!
Hiding Power Specialist 
AC・YOSHINO・SMR


Posted at 2011年05月06日 00時05分12秒  /  コメント( 1 )

こどもの日の大人達

吼えるエキゾ−ストノ-ト 路面を掻き毟るパワー&狂ったエンジン
熱き鼓動は 鳴り止まぬ 地上の戦闘機乗り達への ACYからのメッセ−ジ

今こそ 熱く日本をリードしてください!
そう 日の丸のは 情熱の赤 ですから!
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

五月五日 こどもの日・・・イカした大人の男達



男の子の節句ですね。。。

菖蒲の湯 入られましたか?

日本の伝統 文化 どうか継承し続けてもらいたいです


ゴールデンウイーク・・・ですが普通にOPENしていますので どうぞお越し下さい。。。

昨日は定休日でしたのでお休みを頂きました  ありがとうございます

さてさて。。。

男40も過ぎると お子様達も大きくなり

男どもは 自分の節句と勘違いしますね。。。



御覧の通り・・・カンパ〜イ!

・・・またやっちゃってますよ。。。

そう ココは Bacchus・AC・YOSHINO

勿論 ノンアルコール&徒歩・電車の方に振舞いました。。。

笑顔 ・・・ いいですよね  こでなくっちゃね。。。

皆さん休日ですからね! 酒くらい呑んでください。。。

日本を支えて下さっている男達ですから。。。

皆様 楽しくやりましょうよ! とにかく笑顔!

男達の笑顔が 絶対日本を元気にしますよ

つまらない事があったら ACYに徒歩ないし電車で来てください

オイルとガソリンの匂いをツマミにして ひっかけて貰って構いませんから!

・・・・この人達は 勝手に盛り上がっていました。。。

イイじゃないですか 同じ狢! 仲間なんだから! ACYで一度でも一緒に腰掛けたら・・・

仲間ですから!

仲間 ・・・ この響きは大好きですよ

ツーリング仲間 レース仲間 呑み仲間 仲間を大切にしたいです。。。

我々は 仲間と認識したら ガタガタとやかく無しッ!

楽しいが一番 笑顔が一番 裏切りっこ無し!

オートバイ万歳! 男の子の節句! 万歳!

明日もまた お仕事頑張りましょうね!皆さん!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

http://www.acy-samurai.co.jp/ ←クリックで
ACY・HPへ移動いたしますので是非お立ち寄り下さい!

我が名はバイク乗り

熱き 鉄馬乗りの方々 ようこそいらっしゃいました!


Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

Tel 04-7174-0336 Fax 04-7174-0332  Open/AM10:00  Close/PM6:00


Posted at 2011年05月05日 23時02分30秒  /  コメント( 1 )

メンテ

お久しぶりです。

組長です。


久々に更新です。

先日、私の自宅でメンテミーティングをしました。



と言っても、メンバーのタッチくんだけです。(相変わらず友達がいない私(涙))

プラグ掃除にキャリパーのお掃除にローター交換など集会に向けて黙々と作業してました。
(あの〜私の家なんですが…)



最近のタッチ氏はタイヤはグリップタイヤに交換、

オイルもマイスターに変更とメラメラと闘志を燃やしているような!!

メンテも終わり、「じゃあ、筑波山でも走ってきます」と言いながら

帰ってしまったタッチくん。

次回の集会ではキレた走りをお披露目か!!


残された私は仕事へ向かったのですが…………



連休渋滞の中睡魔と格闘です(涙)

By 組長


Posted at 2011年05月05日 13時55分42秒  /  コメント( 3 )

ZEPHY本気モ−ド『...

カッコイイじゃん! 空冷 2バルブ! 水?いらねぇ〜から!

KAWASAKI ZEPHYR1100 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

見た目のカッコ良さ

これってオ−トバイを購入し所有する上で

とって重要なファクタ−ですよね?



勿論 吉野自身もそう思います

だけど・・・ここに大きな落とし穴があるんですよね?

カッコばかりを追いすぎると本来の性能が発揮できない方向に

進んで行ってしまう時があります

そうなると・・・所有するマシンが 嫌になったり 怖くなったり します

順番が大切なのです

とにかく『相棒』なわけですから

イザッて時にも 思いのまま走って貰う事が必要ですよね?

ということは・・・走ることに対してシッカリ造りこみを施した後に

みてくれも工夫を凝らす ・・・ これが良いと思います

ドレスアップを目的でマシンを着飾っていくと・・・

やがて飾装するパ−ツが尽きる

となると・・・ステムを交換しようかな?って具合に簡単な決断で購入してしまう

スイングア−ムを交換でもしようかな!・・・

自分が必要としていないパ−ツに手を出していくと

自身が必要としていない方向の乗り味になっていってしまいます

ZEPHYRって奴は そういう事が嫌いなんですよね。。。

機能部品は そんなに生易しいモノではありませんよね?

身近に『ガッツリ』走るライダ−が居ると

凄く勉強になりますし オ−トバイを良く知っているものです


ドレスアップならば量販店様の方が 色々情報を持っています

機能部品ならば チュ−ニングSHOPの方が情報を持っています

臨機応変にSHOPを選択するのも良いのだと感じます

早い段階で使用目的を築き上げる事が重要ですよね

今は速く走らせる事が出来ないから・・・飾装部品に凝る・・・では無く

今は速く走らせる事が出来ないので・・・ガソリンやタイヤやOILにお金を使う

今は速く走らせられないけど・・・未来の為にどのような部品が必要になるのか?

未来の姿を決められるのなら マシンをどうすれば良いかを相談する

そして昨日よりも今日 今日よりも明日 明日よりも来月

という具合にテクニックは向上します 

同じ仕様で乗り続ければ 自ずとペ−スは上がる物です

そして自身の走りが理想に近づく事が困難に為ってきたら

機能部品を模索する 賢者に相談する 交換を決断する

その繰り返しの果てに 結構なペ−スでマシンを操れる日が来ます

その時になったら お化粧直ししてあげればいいのではないでしょうか?

先ずは マシンを操る醍醐味を覚えたほうが

お金は有効に利用できると思うんです

自分の描く未来の『ライダ−』としての姿を見据えることが絶対良いと思います


どんな事でもそうですが・・・

『同じ狢』 『類は友を呼ぶ』 って言葉・・・ありますよね?

同じ向きに居る者同士集うものです

渋いことが好き 派手なことが好き 喜び合うことが好き 馬鹿笑いする事が好き

様々です

そして・・・楽しんで行けるか?どうか?

これに尽きます!


『速くならない部品は付けない』

これは ACYのOVER40 会長の名言です

『速くならない部品は売らない』 

から 会長はACYを訪れ続けて下さっているという事になります

バイクってこうなんだぜ!って走りで教えてくださいます


立ち姿 これですね!

『これはヤバイ!峠で出くわしたくない!』ってマシンは

パッと観 分かりますよね?

ホイ−ルに飛び石後がバリバリあります

フェンダ−裏側にタイヤかすが こびりついています

ZEPHYRならサイドカバ−に二−グリップ・クラックが入っています

マフラ−のフロントパイプがどす黒くなっています

バリバリの尻上げマシン 必要以上の幅広タイヤ カッラカラのドライブチェ−ン

走りを知っていたとしたならば 

こうは為らないのでは?


先ずは マシンを操る醍醐味を覚えたほうが

お金を有効に利用できると思うんです

自分の描く未来の『ライダ−』としての姿を見据えることが絶対良いと思います


ZEPHYRって そういう付き合いが 長く出来るマシンですよね!

だから 楽しくってたまりませよね?

カッコイイが良いじゃん!

KAWASAKI ZEPHYR1100 

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

http://www.acy-samurai.co.jp/ ←クリックで
ACY・HPへ移動いたしますので是非お立ち寄り下さい!

我が名はバイク乗り

熱き 鉄馬乗りの方々 ようこそいらっしゃいました!


Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

Tel 04-7174-0336 Fax 04-7174-0332  Open/AM10:00  Close/PM6:00






Posted at 2011年05月05日 00時52分41秒  /  コメント( 0 )

良いOILは!

良いOIL 

そうですね 高性能OILといわれるモノ達は

故障診断機なのだとも思っています

その科学的に作られた分子の細粒化によって

ミクロの隙間へ浸透して行くチカラによって トラブルを抱えている箇所を

浮き彫りにしてくれます

巷で 『300Vを入れたら壊れた』ってたまに聞きますが

んな訳無いです!

そのハイ・パフォ−マンスに エンジン内部の異常個所がついて来れなくなった証拠です

本来あるべき数字以上にクリアランスが磨耗によって広がってしまい

浸透性の優れた粒子の細かいOILを使い始めたから

今まで入れなかった箇所にまで グイグイ入り込んで行くし

抵抗も少ないので ガタガタだった箇所も露呈し始めます

その結果スタ−タ−も滑ったりしますね

OILが悪いのではなく エンジンに不具合や磨耗が進んだことを

OILが教えてくれるんですよね

全てを網羅する 魔法のようなOILはありません

GPマシン達も 一回コッキリのピンポイント狙いの それ用のOILを使います

ノイズが減ったと感じるのは

クッション性が良い理由からで 抵抗にはなってきます

OILって そのパフォ−マンスが発揮できる

『温度領域』が必ずあります

低温を無視しているものだって実際ありますし

75度〜85度の範囲で最高にパワ−が出るようになっている物も御座います


OILを交換したら 調子を崩したからといって OILが原因だというのは

あまり無いと吉野自身は無いと考えていますし

そのエンジンへのマッチングが大きな鍵になるのは確かです

ロッカア−ム車には エステル&PAO のマッチングは良いいですし

直押しバルブ車の場合は エステル のマッチングは良いと感じます

クラッチに対しても ミッション側から大きな熱が伝わってきますし

クラッチ本体に関連する摩擦係数も非常に大切です

クランクメタルやコンロッドの磨耗量等が 一番OILの性能で変化します

確かに T/Mのタッチ感は 一般のライダ−様方が判断するところですよね?

タッチが軽いだとか 温度が上がると渋くなっていくだとか

とても参考に出来る判断材料ですよね

油温や水温の上昇管理も大切な判断材料になります

下降スピ−ドも同じですね

速度のノリが良く 振動も少なく・・・(振動はキャブレ−ションでも変わります)

回転上昇に 見合ったトルク変動も重要です

エンジンを分解し 多くの測定を行ってみて初めて これは良い!とされます

多くのエンジンを分解し組み立てている チュ−ナ−様や整備士様は

良いOILをちゃんと知っています

誰かが良い・・・と言ったから良い。。。  のでは決してありません

これで行くんだ! と言う信念が選択の理由です

300V や MEISTER はそういったOILなのは確かです

結局様々なOILたちが 300Vの牙城を崩したがっているのは事実ですから。。。

一世風靡したカストロRSが 最高級OILの始まりですね

TOTAL elf モ−ビル といったズバ抜けた性能を誇るOILを

実際に使い 分解し 自身の目で確かめた結果

OILの選択・注意を考え 300V や MEISTER を選択しました

ストリ−トマシン達が トラブル無しで走り続けられる事が必要ですものね。。。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

★ACY・OILカタログ・常時在庫品御紹介は
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0235496.html ← こちらをクリック下さい
ACYブログ内御案内記事に移動いたします

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
地上に舞い降りた戦闘機を操り

撃墜王の如くアスファルトを駆け抜けようとする猛者方々

オ−トバイをマシンと言い切る方々 応援させていただきます


Hiding Power Specialist
Japanese standard  ACY










 


Posted at 2011年05月05日 00時35分58秒  /  コメント( 0 )

ACY・裏メニュ−あれ...

例えば・・・

ACY・侍サイレンサ−Type1-B



実は・・・



これは HONDA・VFR750R 通称RC30



の御客様からのオ−ダ−です

通常ACY・侍サイレンサ−Type1〜3は サイレンサ−長が380mm

に設定してあります

御客様と綿密なミ−ティングを行い オ−ルOKならば

サイレンサ−長は450mmまで変更が可能です

今回は400mm というオ−ダ−でテ−ルパイプ60mm延長加工

スプリングフックも 移動いたしました

 

サイドスタンドと干渉したり 様々な制約をクリア−できないか?といった内容でした

ACYの信念や理念と 御客様の御要望と情熱が 見事に合致するならば

こういった仕様も産まれます

御客様の求められます理由が 性能の向上につながるのならばOKですよね

今回の場合テ−ルパイプの延長 や スプリングフックの移設も同時に行っています

それらが『何故?』必要で モディファイ後の出来栄えに納得頂ければ

前に進めます

性能の向上を求める場合 ある種見た目の問題は無視せねば為らない場合があります

もっとハッキリ言うと・・・

レ−サ−の場合 速さに『色』や『綺麗』等の見栄えをトヤカク言っている

場合じゃ無いじゃないですか? そんなことよりタイムとの勝負ですから

速く走る為だけに産まれて来たレ−サ−に美観重視じゃ

良い物など絶対に産まれません

でも・・・経験の中で 最低限の見栄えは勿論確保いたします

そういった内容のものならば

裏メニュ−は 沢山御座います

レ−サ−は決してボルトオンの集合体では無いんですよ!

そういった 腹の括りが出来るライダ−様ならば

本当に世界で1台のSplマシンが造れるんですよね。。。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

★熱い!ACY完全オリジナル商品・侍サイレンサーの御案内は
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0249163.html ← こちらをクリック下さい
ACYブログ内御案内記事に移動いたします

★今回ご紹介のベ−スとなったACY・侍サイレンサーType1-Bの御案内は
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0270812.html ← こちらをクリック下さい
ACYブログ内御案内記事に移動いたします

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ACYでは 『オ−トバイって本当はこうなんだ』という事を提案します
突っ込んだ本当の事をブログ記事にしています
商売というのはこういう事だと思います

安全を手に入れる事がチュ−ニングだったりもします
カスタムによる多くの『ディ・チュ−ン』に対する本当の回答を記事にしています

Come On Fighter ! Stand Up Fighter ! 
熱き執念 ほとばしる情熱 それだけを信じて突き進め!

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・


Posted at 2011年05月05日 00時34分29秒  /  コメント( 0 )

吉野凛です

はじめまして

吉野 凛 と申します



オートサイクルヨシノのお客様皆様 応援ホントにありがとうございました

今日無事に日本に帰ってきました

皆様にたくさんの応援をいただけて

世界一位になれました 金メダルをいただきました 金メダル噛みました

嬉しくってみんなで泣いちゃいました お母さん達もみんな泣いちゃいました

日本ガンバレ!の思いで最後はメンバー全員でがんばりました

チームに入って まだ一年しかたっていなくって

最初は中々なじめなくって

でも 皆様に支えていただいて 最高の結果が達成できて嬉しいです

地震があって行く行かないもありました みんなで相談もありましたが

日本の皆様に 笑顔がうまれて元気になってもらえたらイイなって

気持ちに切り替えて行ってきました

今週末も全日本があります

日本が元気になれるように チーム一丸で元気におどります

ありがとうございました


吉野 凛


Posted at 2011年05月04日 20時48分08秒  /  コメント( 8 )

中型排気量だって!


CB400SFV にお乗りの

『柳 様』

から お手紙が届きましたので ご紹介させて頂きます



とにかく・・・中型マシンを真剣にチュ−ニングを行うSHOPが減りましたね・・・

400ccという誰もが通って来た排気量

90年代までは とっても多かったのに・・・

それなのに国内4メ−カ−でさえ手を引き始めました

そして需要が落ち込むや否や とりあえず造っとくか的な車種をメ−カ−は投入・・・

それも中国製 ・・・ 日本人という誇りは何処へ。。。

ちゃんと業界を考えリ−ドして頂きたいものです

今回の柳様のマシンは ACYとして一つの提案車でもあります

CB400SFシリ−ズは 最高のネイキッドマシンです

ネイキッドのわりに スポ−ティ−な一面もシッカリ持っています

ちょっと手を加えることで サ−キットもバリバリ走れるマシンへと生まれ変わります

『ACY?・・・400ccに力入れてるSHOPね。。。』

あるSHOP様の代表に2年くらい前に

『カムギヤ仕様のCB400SF』が雑誌に出回った時期言われた事があります

だから?

排気量で区分けするほど 偉くなったつもり等サラサラありません

真剣に自分のマシンを自在に操れる様にしたい!

というオ−ナ−が現れれば 真剣にこちらもマシン造りをお手伝いいたします

そんな下らない事を 口に出されるからオ−トバイ離れが深刻になる事に

気が付いて欲しいものです

ZEP1100のバリバリモンスタ−級もやるし

CB400SFだって 同じ考え方でやらせて頂きます

ACYを訪れてくださる御客様方々は そんな小さな事を絶対に言いません

お互いを認め合い 尊重しあい オ−トバイライフをエンジョイされていますし

ツ−リングだって 排気量無差別で行きます

いつからそんな世の中になったのか・・・

ステップアップが必要と 吉野が感じた時に中型ユ−ザ−様に提案する時はありますが

でも・・・はなっから否定するようなバイク屋には 絶対なりたくありません

御客様の声は 宝 で御座います

それぞれ理由があって 選ぶマシン! 

400ccに カモラレ無い様に。。。。

400ccをフルに使い切っているライダ−と一回でも走ってみれば

分かりますよ。。。ね?

柳様のマシンもACYに来られた当初 勿体無い部分が多くありました

最初からパ−ツの選択を 考えていれば・・・と

柳様は 『このマシンで行く!』と言われました

なら こちらも思っている事を正直にお伝え致しました

そこには 『お金』 が絡みます

読まれれば お分かりいただけますが・・・

主要箇所を殆ど交換になってしまっています

遠回りされたのは 事実かもしれません

柳様にしてみれば たまたま ACYという情報を得ていただき 

偶然的にお付き合いが始まったのかも知れません

吉野も人間ですから お金を造る苦しみは重々承知しています

だから・・・失敗しないパ−ツ選択を皆様にもして頂きたいんです

ACYが 一級品を使用する理由を改めてお考えいただければ幸いです

一級ブランド様方々は 使い続けた先の先数年後まで見越してパ−ツを作り出します

『とりあえず付けとくか・・・』的な考え これが遠回りとなり 

お金の無駄を生んでしまい オ−トバイが嫌になってしまう事もあります

コミュニケ−ションは 本当に大切です。。。

以下が 柳様からの心の言葉になります

ではご紹介させて頂きます

*************************************

本日はありがとうございました。

まさか自分のマシンがここまで進化をするとは思っておらず、

プロの技というものを改めて実感しました。

昨年前後サスペンションの入れ替え、

チューニングでお世話になってから少しずつ自分の走りの領域が上がってきたかなと

感じていた中でしっくりこな いキャブレター…

TMRなのに…YOSHIMURAなのに…と疑問を感じてご相談させて頂いて正解

でした。

構造の違いの説明や

FCRの利点などをお聞きして興味がわいてきて、

決め手は侍ジャイアンツ様のCBの後ろについて少し走らせて頂いた事でした。

前回お伺いした際に、

あのCBに少しでも近づきたいと思いながら帰路につき…

一晩冷静に考えて…やっぱりつけるしかないだろう!と。

結果は最高!!の一言に尽きます。

低速での旋回がこんなに楽なのに

上まで一気に吹け上がるのには正に脱帽でした。

VTECに入ったときの鋭い加速は頭が置いて行かれそうです。

きびきびと走るためにはやっぱりブレーキも重要で、

BremboのマスターとFerodのパッドは

人差し指だけでコントロールが出来て最高です。

正直、今までつけていたNISSINはなんだったのかと…

ものすごく良く効くのでブレーキのタイミングが早すぎる事がまだまだ多いです。

これから徐々に慣れて行こうと思います。

侍サイレンサーも昨年末のコメント大賞で

プレゼントして頂けるという事でものすごく楽しみにしていました。

職業柄良い音というのには敏感なの で、

始動の儀式でエンジンがかかったときに

一瞬で痺れました!空気を切り裂くような

まさに「侍」の音でした。

全開で走ったときにはパワーを出し切れている!

と感じる事ができて本当に気持ちのいいサイレンサーです。

タイヤの変更による乗り味の変化も目から鱗でした。

BT-023の時はあまり素直に寝てくれなかったのですが

今回のBT-016はパタンと寝 てくれる…のに全然怖くない。

唯一の接地点なのでこだわらないといけない部分なんだと勉強になりました。

マシンがこれだけ進化したので、

これからは走りに走ってライダーの進化を進めて行きたいと思います。

前後サス、FCR、Bremboマスター、侍サイレンサー…

硬派な男のマシンにやっとなれたかなと思い、

今日タンクの給油口下にACYステッ カーを貼らせて頂きました。

吉野さん、内田さん最高のチューニングをありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

*************************************

柳様 有難う御座いました

吉野 内田共に 柳様のお言葉 大切にさせて頂きます

ACY 代表取締役   吉野富三郎

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ACYの持つ武器は 

『楽しく・安全に・気持ちよく走る事が出来るマシン造り』です
そして『いくらパワ−があっても 恐くない!』です
勿論 リタ−ンライダ-の方々でも 安心して再スタ−トを切れる事が出来ますし
ベテランのライダ−方々の見失ってしまったマシン方向性の修正させて頂きます

とにかく

『乗りやすくなくっては駄目なんですよね・・・オ−トバイは!』
それを造れます!
ストリ−トで スポ−ツ感覚を得られる 最高の愛車を 手に入れてください!
ACYはオ−トバイを真剣に乗るライダ−様方々を応援させて頂きます

AC YOSHINO SMR
Japanese standard

粋で乗り易いマシンに仕上げます


Posted at 2011年05月03日 17時56分53秒  /  コメント( 3 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  | 次へ