★☆★ ACY§ACヨシノ ゼファ−最上位獲得!5月19日20日ツクバサ−キットテイスト・オブ・ツクバ #16松本選手モンEVOクラス 当店は原付修理/新車・中古車の販売を行う業務とZEPHYR1100に特化したエンジンチュ−ン&車体セットアップを得意としています ■◇■ KAWASAKI・ZEPHYR1100用JBパワ−製の80mmピストンキットにて1258ccへのボアアップを専門的に承っております ■◇■ エンジンオイルはYACCO/WAKO`S/といった油膜の非常に強いものノミを仕入れ使用取扱いにて皆様のエンジンを守ります ■◇■ 近郊にお住いの方々の原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日 ■ お問い合わせ・ご依頼・パ−ツご注文等は注文フォ-ムをご利用ください 作業に集中している場合がおおくありますので御願いします ■ 店舗対応時間:10:30〜17:00まで 以外は誠に恐縮となりますがエンジン集中作業・出張等・他昼間できない事を行っております
メインメニュー
2011-04

HAMMER・ZEP...

さてさて

カスタムピ−プル誌 試乗インプレッション時に

同時置きの撮影車両もう1台は 

『ACY・HAMMER・ZEPHYR1100』 



ACY・吉野組組長 松本様のマシン

氏は 戸田さんの走りが間近で見れる?と吉野に相談をされました

勿論 組長のお人柄ですから 同行には一切問題ありませんからGO!

そこで・・・吉野が戸田さんに相談を持ちかけ『乗らない??』と切り出すと

『軽くね』っと一発OK!

走り出せば 軽くな訳がありません!

開ける開ける!アクセル開ける!

吉野の中でも まだまだ発展途上のキャブ&足回りですので

インプレッションでは本当に勉強になりました

特に リヤ廻りのスプリングレイトを上げる・・・

これは吉野自身もズッと頭にあった事柄でしたが ものの見事にズバリ指摘!

流石 プロフェッサ−!

フロントフォ−クのセッティングは万全なのですがリヤが追従出来ていないなぁ・・・と。。

余談ですが 特に最近思う事です・・・

ココからはあくまでも・・・吉野的ですのであまり深く読まないで下さい

新しいOHLINS・リヤショック(ニュージェネレイション)ですが

今までのリヤショック理論は一切通用しません

故に・・・公道での扱いというか セットアップには些か疑問があるんです

高性能ゆえに ライダーが追いつけていないと思います

旧タイプの方が より多くの方に支持されているような・・・

というか 皆様おかしい??と感じながら使われてはいませんか??

『動いていない??』って錯覚に陥る程ピストンの動きが素晴らし過ぎる!

その動きに対してストローク感が 感じ難い(難いだけですよ!)為

硬い??って思われてしまい・・・

バネレートを下げようか?っと考えたが最後! 迷宮入りへようこそ。。。でしょう

それほどライダーを選んでしまう・・・というか

道路や 車速を選んでしまうような感覚がありますね

今回戸田さんに 色々自分なりの考えを聞いていただいて

その疑問事態も ごく普通の事だと言われて ホッとしたのも事実です

解決策も お話している中で 本当にごく普通の考え方で行えばいい事を再認識しました

やはり 『バネありき』 ですよ! サスペンションは!

松本組長様も マシンの現状や 方向性 を第三者的な 戸田さんに分析して頂いた事で

ACYが行ってきた事に対しても 安心して頂けたなら幸いですし

こういった現場は『嘘』が無いのも事実です

ダメなものは 『バシっ』と言葉に出している戸田さんを

他雑誌社様のインプレ取材時に同席しました造り手の方に伝えているのを 

遠目で見た事もあります

その本当の助言を次に活かすか否かは 受け止め方次第です・・・


今回は 松本組長が来てくれて良かったと本当に思っています

理由は幾つかありますが ・・・ 真実を目の当たりに全てを見て下さった事です

いくらこういった記事をブログで書いても

どうせ『でっち上げばかり書いてんじゃないのか?』 『うそ臭い』

と思っている方もいらっしゃると思うんですよ

実際 ブログって どうにでも書けちゃうじゃないですか?

だから『証人』というのは大げさですが

『吉野の審判日』 に立ち会って頂いたっていう感覚もありますし

もし今回のGPZ900Rが 『ダメダメ』な結果だったとしたなら

それが現在のACY並びに吉野の実力ですから

お付き合いを 考え直す良いチャンスになる訳ですからね・・・

御客様方々にとって こういう場に出くわすのは好都合の場でもあると思うんですよ

この業界をリードしているのは・・・実際問題・・・

戸田さん になっているじゃないですか?

多くの雑誌社がテスターとして 起用するのは戸田さんです

その戸田さん自身も気が付いているはずです。。。

戸田さんの一言で トレンドが動いたりもする可能性だってあると感じます

オーナー様方々も 戸田さんはカリスマ・ライダー的ですよね?

その人が審判をする現場に居合わせる

行きつけのSHOPが造ったマシンが在る

造った張本人も居る ・・・ となればブッチャケ興味深々じゃ無いでしょうか??

そして

直々に 国際ライダーに御自分のマシンをインプレ頂き今後に活かせるヒントが

直接貰える! ・・・ 

松本組長様においては 本当に良い一日だったと思えます

全ての真実を見る良い機会だと。。。

実際 GPZ900Rをって最初聞いた戸田さんは・・・

???なんでACYがニンジャ??? って思ったようです

吉野も 自分で造って凄く気にいっているんですが

はたして??これで本当に良いものか??は知りたかったんですよね。。。

事実 今回の酒巻様のニンジャで ニンジャを多く知って行きましたし

ACYとニンジャは繋がらないですよね??

私自身もそう感じていたからこそ シッカリとした裏付けを取るために

敢えて今回の車両選択はニンジャを選んだのが本当の所です

出来栄えの良いZEPHYR1100なら 多くの御客様がACYにはいらっしゃいます

しかし 他のマシンでも 吉野の理論が通用するか?どうか?

本当に審判の日でもあったんですよね。。。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

全国の熱い鉄馬乗りに届かせたい思い!!
ACYならではのSPL・メニュ−の御案内
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0256339.html ←こちらをクリック下さい
皆様のお気持ちになってACYの2人が考えたメニュ−を御用意させて頂きました
御気軽に御質問・御用命頂きたく思います

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

SALE

 ACYサスペンションKit・前後セット販売 
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0262061.html ←こちらをクリック

ご説明の記事に移動いたします お得なACY商品のSet販売です
お気軽にお問い合わせ下さい ご説明をさせて頂きます

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

http://www.acy-samurai.co.jp/  ←クリックでACY・HPへ
移動いたしますので 是非お立ち寄り下さい!

千葉県柏市今谷上町65 Tel04−7174−0336 Fax04−71714−0336
毎週水曜日定休  AM10:00〜PM6:00

Posted at 2011年04月16日 00時13分30秒  /  コメント( 0 )

カスタムピ−プル誌・撮...



カスタムピ−プル誌

GPZ900R試乗インプレッションの日 

実は・・・もう1台オフレコで 戸田さんに試乗を頂いたマシンがあります

これは後日ご紹介させていただきます

さてさて 当日現場に到着し

置き撮りの撮影開始です



沢山の光りを頂いて輝いています!



なんか・・・いいですね。。。

沢山の男に囲まれて バシバシ!シャッタ−切られて!

ニンジャ君が可愛くて とっても幸せそうに見えます

どこぞのモデル嬢は こんな感じでやられっちゃってんですよね!

こりゃ〜気持ちいいいでしょうね!



戸田さん曰く 『こりゃ走りそうだね〜!』ってニヤニヤです。。。

そうなんですよね こういうプロの運転手様も立ち姿で感じちゃうんですね。。。



道路の真ん中に置かれて イメ−ジカット!

本当に幸せそうなニンジャ君です

イヨイヨ 戸田さんが走り始めます



いつも腕組んで写真に納まってくださいます



じつは ・・・ 病み上がりでまだまだ本調子のライディングもキツイ状態です

ホント 申し訳御座いませんでした。。。



! しかし ! 一度走り出せば この走り!

アクセル開ける開ける!

ここは結構勾配もキツク!タイトなコ−スですが・・・

開ける開ける! こだまビンビン!

寝かす寝かす! 流石格違い!



そして オ−ダ−に応えてポ−ズ

お疲れ様で御座いました

何時も インプレッション試乗の際 多くを勉強させて頂きます

戸田さんは 触覚を持った方ですから やはり凄いですね。。。

今回のGPZも好評価を頂くことが出来ました

乗られる前に何時も『注意点は?』と聞かれるだけですが

自信を持って 持ち込んでいる実情上『至って普通のオ−トバイです』とお答えします

サ−キットでも お近づきは昔からありましたが

こういったマンツ−マン的な状況だと 色々御話が出来ますね。。。

今回のGPZの印象は後日カスタムピ−プル誌記事にて明らかになりますが

雑誌社の方々 戸田さん 双方とも 『ニンジャSHOPになった方が良い!』

と・・・ いやいや・・・ニンジャは諸先輩方が多くいらっしゃいますからね。。。

とにかく『乗り易いマシン』ということでした

オフレコですが・・・編集の方にも乗っていただいたんですが・・・

『これと同じの造りたい!おいくら??』って言われちゃいました。。。

シャ−シは 抜くところは抜く 効かすところは効かす 

サスは 前後共にアクセルと連動しながら動かす 

オ−トバイとして求められるバランスを ごく当たり前に求めた結果です

でも その当たり前程難しい事はありませんね。。。。

今回の乗り味を決めたのは Bito・R&D 様の JB・KYB が

大きく貢献しているのも確かなのです

このフォ−クは 多分ニンジャには現在最高だと思います

そして クラフトマン様のサブフレ−ムも 絶妙ですね

・・・これは戸田さんが昔作り上げたものなんですよね。。。

他のものは固めすぎ・・・かといって無いとタイヤが25年の間に相当新化しましたから

あったほうが良いと ニンジャに対しては思いますが

やりすぎでは駄目なんでしょうね・・・

パ−ツチョイスは オ−ナ−様が吟味いただき ACYがGOを出しているものばかりです

オ−ナ−様はニンジャを流石に良く知っている証ですね

エンジンも 特性は穏やかで972cc&ST-1カムなのですが

ほぼ全域でトルクが増大しているので 非常に扱いやすいと評価を頂きました

ここまで行き着くのに オ−ナ−様と それはそれは多くを語り合いましたし

『恐いのはイヤだが 速いマシンが欲しい』というオ−ダ−を

完璧に形に出来たことが勝因になりますね。。。

とにかくACYが狙う乗り味は 正解だったことがわかりました

ZEP1100/750 だけでは無い実証も出来ました

オ−トバイとはこうなんだ。。。

これが肝です

そのマシンの持つSTDの能力を崩さず 引き上げていく

これがストリ−トでは 最も大切な チュ−ニング作業です

サ−キットでタイムを削るのなら ピンポイントで狙う作業も含み

バランスを崩しては 取り直す という事をして限られたフィ−ルド上での

運動能力向上をただただ求めていきますが

ストリ−トでは 違うんですよね!

様々な場面で 多くを要求されますから

雨だって レインタイヤに履きかえるわけじゃなく そのまま走らないとならない

確かに速さは求められますが 絶対に『恐さ』を出さないノリ味が求められます

恐いと思わなければ 幾らだってアクセルを開けられるわけですから


今回の様に プロのライダ−にシッカリ判断をしてもらえば

御客様方々にもACYは『まとも』なことをしているんだと解っていただけるでしょうし・・・

何も『どうだ!』って理由で 雑誌を利用しているのでは無いんです

宣伝に皆様のマシンを利用させて頂く考えもありません

その昔 ある方に言われました・・・『自分のマシンをACYの肥やしにしたくは無い』と

これもご尤もな御意見です

我々が 御客様を利用したと感じられる行動・言動があったのでしょう

コミュニケ−ションも足りなかったのでしょう・・・反省しました


『本当の事を 知り 我々の以降に活かす』

『本当の事を 伝え 皆様に確認し判断して頂く』

『本当の事を 行い 皆様に喜んで頂く』


という事の為に 実情はこういった場で真剣勝負をしています

これが解っていただける場合のみ ご協力頂けたなら幸せです

一般道で求められる チュ−ニング内容 の審判を

戸田さんは的確に行えるプロのライダ−です

チュ−ニングを施したから レ−サ−ばりに速く走らなきゃいけない訳じゃないですよね?

戸田さんも『やりすぎなマシンが多すぎる』とお仰られます

特にフレ−ムに手を入れることに疑問を打ち出します

ACYもそう思います。。。 

本当にありがたいことです 的確な助言をも頂くことは。。。

御客様 皆様 のお力添えがあってこそ こういった場を得ることが出来ます

ブログを御覧頂いて居る 皆様 本当に有難う御座います

心から 御礼を申し上げます

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
Hiding Power Specialist
Japanese standard  ACY

我々は 技術力という事柄に『魅了』されています

来る日も 来る日も 工具を握れることを幸せに思います

ACYでは オ−トバイを真剣に楽しもうというスタンスの方々に味方いたします


電話:04-7174-0336
FAX:04-7174-0332
メールでのお問い合わせ
t-yoshino@acy-samurai.co.jp

Posted at 2011年04月15日 11時48分22秒  /  コメント( 2 )

ACY・GPZ900R用...

ACY GPZ900R用

ノ−マルスイングア−ム補強加工 




デリバリ−開始いたします

ACY補強加工費用 \79,800- (税込み)


ノ−マルの利点を十分に活かし 伸びばす という発想での 補強加工! 

必要最小限にて 効果絶大 !  これぞ侍魂! 第二弾!

7N01 5画断面材 手曲げパイプ という他に無いコダワリの材料を使用します

正に MotoGPからの フィ−ドバック加工技術となります

多くの既存商品が 剛性過多と判断し しなり・負荷応答特性 を

ライダ−に確実に伝達する 最高の技術力を披露させていただきます

無骨 無機質 しかし機能美に溢れる その姿

 じゃありませんか!

  


(Gトライヴ代表 戸田隆氏 国際A級 試乗インプレッション済み)

国際A 戸田隆氏に 効果を確認いただき ACYの方向性が間違いでは無い証明を

確実に確認し 今回正式リリ−ス開始とさせていただきました

モノショックユニット & 特殊なダイヤモンド・フレ−ム形状

のGPZ900Rに対し 適切なア−チ形状を確保いたしました

勿論 加工時は専用の治具を使用し ノ−マルの寸法を補正する精度UP作業も行います

デビュ−から既に25年以上経つ車両に対してこの補正作業は効果絶大となります

GPZ900Rの持つ素性  乗り味を壊す事無く 

ノ−マルオフセット・ステアリングステム でも

十分な戦闘力を確保し ユ−ザ−様には 無駄なコスト負担を減らしていただき

『乗り易い!』という印象を持っていただく為だけに製作した商品と為ります

一般公道全てに対して 安全でいて決してオ−バ−クオリチィ−にはならず

確実に路面を鷲掴みに出来る足回りを求めた結果が この仕様です

 
 
(プロトタイプ製作時 途中画像) 


高額なアフタ−パ−ツにみられる 『所有感と使いこなし感』 の反比例状況を考え

高額アフタ−商品群と 真っ向勝負 の商品となります

やはり 使い切って頂く事で真の喜びを高めて頂きたく考えました

お手持ちのスイングア−ムに対して加工を施しますのでコストを大幅に削減!

そして より多くの方々に行き渡り喜びが個々に得られるよう考え抜いたものです

価格設定での商品で御座います

必要以上の剛性アップ 見た目のゴツさ そういった内容は

この ACY・スイングア−ム補強には 一切取り入れておりません

質実剛健 この言葉が似合う加工を施しました

GPZ900Rは 多くのSHOP様が手掛けております車両で御座いますが

ACYでは このGPZ900Rユ−ザ−様の多大なご協力を頂きまして

車両の素性を知るべく『0・・・ゼロ』から真剣に向き合わせて頂き 

ポジショニング・エンジン・フレ−ム・電装・フットワ−ク に渡る全てにおいて

調べ尽くさせて戴きました

日本を代表するようなネ−ミング 『忍者』 に負けないよう

考え抜いた ACY の答えになります

 
(ブラック塗装済みの画像です)


ACY補強加工費用 \79,800- (税込み)    

加工内容

 (箒アルミ角 パイプ7N01材 5画断面特殊材 溶接

◆\賤兌6颪砲茲襦\催抔上作業



注1) スイングア−ム脱着の料金は別途御請求となります

注2) ノ−マルのブレ−キシステムは御利用できなくなります

注3) 溶接の作業に対してスイングア−ムの塗装を剥離いたします事を御了承ください

注4) 再塗装に関しましては御好みの色に変更も可能で御座います 別途加算となります
例えば・・・純正色へ再塗装の場合¥21,000-(税込)

注5) 好みに合わせポリッシュ加工も承りますので御気軽に御相談ください
例えば・・・鏡面ポリッシュの場合¥21,000-(税込)

注6) 勿論スイングア−ム単品でのお持込みも承りますので御気軽にお申し付けください

注7) 勿論通販にて全国何処からでもお受けさせて頂きますので御気軽にお申し付けください

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

路面に吸い付くかの如し信頼の出来る足回り

シンプルなマシン程 牙を剥く  デコレ−ション?興味ない!

無駄を削ぎ 真っ向勝負で挑む! 何事も バランスが重要!

乗り易くしたい! 思いっきり寝かせてみたい! 疲れるのはオカシイ!

何がいけないのか・・・判らない!

ACYでは 本音ト−クでお伺いさせて頂きます

真剣にオ−トバイに接している方々の御手伝いをさせて頂きます

国家2級ガソリン整備士 国家2級ジーゼルエンジン整備士 
HONDA2輪サービス1級エンジニア

オ−トバイを心底愛し 生涯を整備に捧げた我々技術者2人が 
皆様の お相手をさせていただきます


AC・YOSHINO・SMR samurai
電話:04-7174-0336
FAX:04-7174-0332
メールでのお問い合わせ
t-yoshino@acy-samurai.co.jp

Posted at 2011年04月14日 15時15分40秒  /  コメント( 0 )

気持ち良くなれるか??

結局

気持ち良くなれるか?なれないか?だけの問題じゃないですか!

単純明快

オートバイでも 生活圏でも 皆気持ちが良い事を望んでいるわけです

気持ちが良くなる為に 趣味や行動を選択するんじゃないんでしょうか?

そして仕事も成功をさせるんじゃないでしょうか?

オートバイはカッチョいい!これが原点のはずです。

ガタガタ理由つけている時もありますが

本音はカッチョいい!のはずですよ!

気持ちよくなりたいって事は 思いが満たされたい訳で

欲望を満たされる事を望み叶えば気持ち良いんですよね

気持ち良くなる事に対して理由など無いし つけようとする事に裏付けなどいりませんよね

ある一瞬カッチョいい自分になり 自惚れたいんですよ

それでOKですよね?

自分がどうか?じゃないですか!

もっと気持ち的に裸になれば楽しいし 気持ち良くなれますよ!

裸にならなきゃ幕は上がらないんですよね

Posted at 2011年04月14日 13時25分27秒  /  コメント( 1 )

最終目標は

最終目標

『愛着の持てるチュ−ニングマシンにする事』

仕事をして 御客様皆様に 抱いていただきたいことは これです


日頃感じる事ですが・・・オ−トバイは機械部品の集合体ですから

機械である以上 磨耗・損傷・破損します

それらを未然に防いだりして 長く持たせる様に工夫する事も重要なファクタ−です

私共はプロとして様々事柄を指摘をさせて頂く場合も御座います

見過ごし・やり過ごしてしまうと結果として信頼関係が成り立たなくなります

『言って欲しかった』 ・・・ と為ります

そして 人は疑いをも抱きます これは当然の行動でしょう

賢者 これはその世界に君臨する人なのかも知れません

吉野自身のことを 第三者である賢者様が 認めるコメントをしたならば

ユ−ザ−様は安心を得るかもしれませんよね? 世はいたってそういうものでしょう

より多くの方々に認知して頂くことよりも 

全く係わりの薄い業界人第三者様が ACYが作っている車両を認めてくださったのなら

ユ−ザ−様方は『大丈夫だ!』『任せられる!』と判断を頂ける可能性は高くなります

どの世界でも『クチコミ』が一番効きますよね?

自前で発信していることよりも その方の賢者 の裏付けを取るものです

その為にも より多くの地道な活動は大切と把握しております

カスタムピ−プル誌は 本当の事を書く という信念を持ったスタッフの集合体です

だから 永くお付き合いをさせて頂いております


そもそも オ−トバイは機械である以上必ず壊れます

その事実を損得勘定で おざなりにしてしまわぬ様に一台一台

真剣に向き合って作業を致しております

故に 『金儲けを考えやがって・・・』と会話から思われるのも確かでしょう

そう思われるなら そこまでですので

ACY自体が その時点で そのお客様に信頼をされていない証です


『交換時期です』とハッキリ伝えるのは 使命と思っております

根本的な事柄を治さない限り 機械は良くならないのです

小手先では 特に『速さ』は絶対手に入りません



忙しい毎日と思いますが再度愛車と向き合って頂き

『愛着が持てるマシンを目指す』とは何か・・・

真のパフォ−マンス 真の耐久性向上 消耗部品の交換・・・等々

今の状態がどうなのかを考えては貰えませんか?


私は機械と人間の接点の向上や

部品一つ一つを精魂込めて磨いたり 加工したり 

丁寧に組み込む仕事がどれほど大切かという事を

この仕事を続けて来て身を持って体験して来ました

それには 大変な時間を必要とする場合も御座いますが

その先には必ず マシンとより良い関係も生まれると確信しております

チュ−ニングマシンは 特に マシンオ−ナ−とチュ−ナ−の信頼関係が

成り立って初めて 最高のパフォ−マンスを発揮致します

必要な所に大切なお金を使う事で愛着も増すはずです

イメ−ジで 物事を進めることは辞めて。。。

必要なものは

情熱 と 執念

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

http://www.acy-samurai.co.jp/ ←クリックで
ACY・HPへ移動いたしますので是非お立ち寄り下さい!

我が名はバイク乗り

熱き 鉄馬乗りの方々 ようこそいらっしゃいました!


Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

Tel 04-7174-0336 Fax 04-7174-0332  Open/AM10:00  Close/PM6:00


Posted at 2011年04月14日 13時08分24秒  /  コメント( 1 )

浅水様からのご質問へ...

ACYのチューニングは その走りに対して『ダメ』だと
判断がなされた箇所のトラブル・シューティングです
AC・YOSHINO・SMR samurai
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

昨日の 

『浅水様』 

からのコメントに対してのお答えになります

本日 『カスタムピープル誌』 の試乗インプレッション撮影の為

ACY作製の 『酒巻様所有 GPZ900R』 を御殿場のある お山に持ち込み

Gトライブ様代表の 戸田隆氏(国際A級ライダー)に乗っていただきました

(次号もしくは次々号に掲載予定で御座います)

その時にも 今回の浅水様のご質問と同じ話題が雑誌社様から出ました

今回のご質問は 酒巻様のマシンにも通じる内容となっています

今回GPZ900Rに関しては ACYとしては『審判の日』でもありました

しかし単純に 『オートバイらしさ』&『ニンジャらしさ』 を完全に追求した結果が 

このGPZ900Rのチューニング内容です

結果は大絶賛を頂きました

乗り易い! これを究極に狙ったので頂けた賛辞に対しましては

自分がやって来た事に対して 本当に間違いは無かった という表れともなりました

以下のお答えも GPZでは勿論実践いたしましたので

本当の考えとなっていますので 宜しくお願い致します


ご質問  
ノーマルのスイングアームだとエキセントリック・カラーによる

車体バランス(姿勢)の変化が出てくると思うのですが

直引きのスイングアームと比べ無視しても良いレベルなのでしょうか?


吉野なりのお答え
エキセントリックはチェーン調整によるアクスル位置の前後移動から来る

リヤの高さ変化を補正するべく円周上にアクスルセンターが移動し

常に均一の高さに収まるように出来る利点が御座います

そしてチェーン調整時に起きる左右のバラつきを無くす様に

アクスルナットを緩める事無く左右を均等に移動できる利点も御座います

各車マニュアルや取説にあるとおり左右の位置確認を目視で行え

という指示をKAWASAKIはエキセントリックを利用し

一目瞭然に行えますからビギナーでも安心且つ簡単に行えるように配慮されたものです

直引きのチェーンアジャスターはアクスル位置が大きく移動するような調整時に

アクスル位置が後端に来た場合 スイングアームの垂れ角と相まって

リヤの高さは上がりますのでエキセントリックは利に適った内容となります



ご質問  
そもその 現代のチェーン自体が昔と比べ伸びないので

エキセントリックでも直引きでも姿勢の変化を気にすることはないんでしょうか?


吉野なりのお答え
浅水様の仰るとおり最近のチェーンは伸びにくくなって来ましたね 

しかしリヤアクスル高さは例え3mm変ったとしても

ハンドリングには大きく影響を与えますし速度が上がれば上がるほど

顕著にこの差は走行に出てまいります

レースなどでファイナルASSYとチェーンを頻繁に交換する理由は

前後バランスがチェーン調整によって狂う事を嫌う理由も含まれます



ご質問 
反面サード・パーティーによるパーツは全て直引きになっていますよね

と言うことは何かメリットがあるはずです


吉野なりのお答え
アフターパーツでは このリヤアクスル廻りの強度を上げる目的から

『OWタイプ』や『高剛性削り出し』やモリワキ製の様に

リヤショック下側取り付け部までを含めた『アルミ無垢材から削出し』の物を

用いたASSYガセットというものまで御座います

このアクスル部の剛性アップは車体の性質まで変更できる部分となっていて

ハイグリップタイヤを履き高いミューの路面にてアクセルをワイドオープンしながら

グイグイ曲がる様な時に大きな助けとなります

しかし一般道ではこういったシチュエーションに出くわす場面は

殆ど無く逆にストレスとなりフレームへ受けた荷重を逃がしたがる為

そのバイブレーションがフレームを伝わり

フロント側に悪影響を及ぼす事が大きく御座います

こうなるとセッティングのイタチゴッコが始まり迷宮の窓口へようこそ!

となって行きます

MORIWAKI製のスイングアームが見た目より柔らかく感じるのは

メインパイプ自体に大きな秘密があり 総削りだしガセットを後端に在っても

メインパイプの強度を程よく下げ逃がしながらトラス補強部で

再度補うという設計によって最上級の乗り味を確保しています



ご質問 
他のショップと比べても尻上がりを推奨していない独自理論を提唱する吉野社長ですので

この点についてもACヨシノフリークの皆様に不安を払拭すべく解説して頂ければと思います


吉野なりのお答え
見た目にリヤがガバッと上がっているとカッコいいんですよね?

停車時の見た目はこれでも良いと思いますがライダーが跨りはじめたときには

リヤサスやリヤリンクが仕事をはじめ最良のバランスを取り始めるのなら良しと考えます

そもそもノーマルの素性を完璧に把握していたとしたなら間違っても

リヤ下がりの設計ならば リヤ上がり設定にはしないのが正攻法です

しかし旋回力が必要な速度域で常に走行を強いられる場合は

これに限った事ではなくなります

当然旋回スピードが上がればバンク角も増えますので

リヤ&フロントの高さを上げていく作業が始まります 

しかしどんどん車体は重心が挙がるわけですから不安定になっって行きます

では安定成分を保ちながら旋回力を上げるには?となれば

リヤを上げフロントタイヤの応答性を良くする作業になりますね 

しかしこのままだと旋回時フロントタイヤは 巻き込みを発生しとっても危険となります・・・

そこで皆様ご存知のフォークオフセット量を変更し

前輪のトレール量を増やすようにして行き安定成分を確保し始めるんですね

スパースポーツ等は最初からリヤ上がり設定になっている場合がありますから 

その素性を把握し前に進みます

リヤ下がりの標準設定のマシンをリヤ高にする場合は 

バランスを保たせる為に相当なコストと労力を要しますし 

その見返りは『これだけやって・・・コンだけかい?』位なものです


ACYは何も全てのマシンを『リヤ下がり』にするわけではなく 

先ずはそのマシンの素性を完全に見抜く事を行い 乗ってみて方向性を確実に判断します

その結果リヤ下がりもあればリヤ上がりの車種は色々となります


オートバイはどこかで応力を逃がすことが大切です

逃がさないと『ストレス』による反発は思った以上に大きく跳ね帰ってきます

そうですね・・・今の日本のように地震と同じような原理ですね

間違ったことを進めると大きな代償が待ち受けていますので

改造は慎重に行って欲しく思います


硬くすればイイ ・・・ という時代も確かにありましたが

それはタイヤが思った性能に満たなかった時代のことです

今はタイヤだけがずば抜けたスピードで進化しています

そのタイヤ達に対応させる方法論が必要な事も事実です


世の中には沢山の持論を持ったチューナーがいらっしゃいます

でも本当に『良く解っているチューナー』は

実にシンプルな思考をお持ちでオートバイを良く知っているものです

そして難しい事は語らず 『なんだ〜』って思えるような内容で説明をしてくださいます

乗っていて気持ちがイイか? 悪いか?

これを シッカリ白黒付けれている方は本物だと感じます


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

http://www.acy-samurai.co.jp/  ←クリックでACY・HPへ
移動いたしますので 是非お立ち寄り下さい!

千葉県柏市今谷上町65 Tel04−7174−0336 Fax04−71714−0336
毎週水曜日定休  AM10:00〜PM6:00

Posted at 2011年04月13日 21時44分37秒  /  コメント( 0 )

ノ−マルの乗り味

Hiding Power Specialist ACY
ACES HIGH

JAPANESE・STANDARD
AC・YOSHINO・SMR samurai

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

結局 



ノ−マル車の乗り心地は 一番と思うんです

ス−パ−スポ−ツにしろ ハイチュ−ニングを施したネイキッドマシンにしろ

おや?っと思うくらいサスペンションを締め上げたマシンに

出会ったりしますが・・・・

多くの活躍の場がストリ−トだったとしたならば それはどうかと・・?


ト−タルでノ−マルの格上げが一番最高だと思います

そのステ−ジ・ステ−ジで プリロ−ドやダンパ−を的確に調整をするのなら

至って問題はありませんが・・・

締め上げたサスは 非常に危険です

ノ−マルのサス設定が良い・・・というのではなくって

TOTALの乗り心地は ノ−マルが良いですよね。。。

その乗り心地を そのまま求められている速度レンジに合せて高めて行くのが

最良のチュ−ニングとも思います

勿論マフラ−も含め全てノ−マルのマシンってライダ−に優しいじゃないですか?

でもこれは 道交法の領域での話しです

メ−カ−はそれ以上は責任を一切持ちませんからね。。。

その上で 求めるのなら絶対各々のパ−ツのキャパを上げないと危険です

でも・・・それをレ−サ−ばりの手法や硬さを求める事は大間違いです

違うんですよね。。。。 

志の問題も大きく絡んできますが

ストリ−トにはストリ−トの掟 サ−キットにはサ−キットの掟があります

どちらも一緒にまかなう・・・これは何処かで妥協点を設けておかないといけません

街乗りマシンでサ−キットにて驚くようなタイムを叩き出した・・・

と為れば それは腕が必要です そうです志ですね・・・問題は


実際そんなに甘くは無いんですよね?

捨てるもの・・・が 必要となってきます

やはり 自分自身をシッカリ知ることを怠ると 本当に危険ですからね

積み重ねてきた経験のあるライダ−とは 違うんですよね。。。

でも 一つ一つ経験をすることから逃げてばかりいてもスキルアップは出来ませんし・・・

追い込み方さえ間違わなければ 栄光は必ず手に入りますもんね

階段は一歩一歩 

基本は最後の最後まで付きまとってきます

何事も『基本』は大切ですよね

だから ノ−マルの乗り心地の格上げが一番だと思うんですよね



この『チャカマキ様』の900Rは 正にそれを実行したマシンです

ステムも交換はされていますが ノ−マルのオフセット量のまま

スイングア−ムもノ−マルを補強

車体姿勢も大きく変更せず 重量配分を測定し高バランスを確保

本当に全体的を格上げした 好例のマシンです

900Rらしさを 絶対に崩したくないというオ−ナ−様の要望を満たすべく

コツコツとモディファイを重ねてきたマシンです

乗り味は良いですよ! これこそがハイスペックSTD忍者って感じがします

オ−ナ−も ツ−リングメインの使い方ですし

本当に心からKAWASAKIの900Rを楽しみたい

ってノリですから!

何処の何だか解らない900Rでは 無く! 

KAWASAKIの900R

というのが粋ですよね!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
全国の熱い鉄馬乗りに届かせたい思い!!
ACYならではのSPL・メニュ−の御案内
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0256339.html ←こちらをクリック下さい
皆様のお気持ちになってACYの2人が考えたメニュ−を御用意させて頂きました
御気軽に御質問・御用命頂きたく思います
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
全国の熱い鉄馬乗りに届かせたい思い!!

★★ ACY・マルケジーニ・オリジナル販売システム ★★

【Aコ−ス】【Bコ−ス】と販売方法は別れ
両者共に 何れもお買求めやすく設定させて頂きました

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0256284.html←こちらを
クリック頂き 記事をお確かめ下さい
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
熱き Fighter 様方々 ようこそ! ACYへ!
Hiding Power Specialist 
AC・YOSHINO・SMR

Posted at 2011年04月12日 14時04分38秒  /  コメント( 0 )

戦闘力を上げる

Japanese standard 侍 ACY
Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

戦闘力を上げる

これがチュ−ニングと思います



仮装するカスタムとは 相反する作業

通常の修理作業は勿論耐久性の向上や性能の向上を念頭に作業致しております

チュ−ニングに関しましても基本的に同じ向きにいます

チュ−ニングに関しましても信念を持ち向き合っております

例えばネジ一つをチュ−ナ−が緩め締めをしたとしても

信念を持って作業を行なえばチュ−ニングとなります

戦闘力を上げる・・・イコ−ル・・・これがチュ−ニング

必要であれば、どんどんお申し付け下さい

ネジ一つ一つの締め上げ方違いによるの集合体で 

戦闘力は大きく変わります

乗り易いマシン それは何時 如何なるときでもライダ−の支配下に居る

これは本当に重要なことでもありますし

ACYが皆様方のマシンを整備させて頂く時のテ−マで御座います

ライダ−は走行中に 余計な神経を使うと集中力を欠きます

簡単な例えは・・・

小さな交差点を右折する時でもアクセル操作がまま為らないとか

ブレ−キが意のままに効かなかったり・・・

こういった小さな部分を見直すと 本当に乗りやすく為っていきます

些細なことで 本当に生まれ変わってしまうんですよね。。。

ACYでは 雨の日以外殆ど毎日御客様のマシンを試乗させて頂いております

小さな挙動も掴むように日々神経を尖らせ 確認走行させて頂いております

より多く オ−トバイに乗るという事は 非常に大切です

オ−ナ−様方々なら お仕事やご家庭の事情で乗る事は中々難しいですよね?

でも・・・触ってあげてください 跨ってあげてください

それだけでも毎日行ったとしたならば 距離は縮まります

これが本当に効果的です

戦闘力を上げる

なにもマシンだけではありません

こうすることでライダ−の戦闘力も上がっていくんですよね!

ACYは 戦い続けるライダ−方々のお力添えをさせて戴きます

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
all MOTORCYCLE
sale&repair

all ZEPHYR
sale & repair & service & tuning

HONDA CB750(RC42)
sale & repair & service & tuning

ENGINE
complete equipment
service & tuning

FCR
setting & repair

SUSPENSION SYSTEM
setting & repair

MORIWAKI brand
AII sale&repair

AC YOSHINO SMR samurai
Japanese standard

Posted at 2011年04月12日 12時37分43秒  /  コメント( 0 )

昨日も今朝も・・・

熱く語れ
誰か任せの傍観者にならず
茨の道を突き進め

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
皆さん 

精神的にまいっていませんか? 大丈夫ですか?

昨日も 今朝も 大きく揺れましたね

余震といいますが 一つ一つが 大きな地震ですからね・・・

又か!  と思える揺れでした・・・ 真面目に恐いですね。。。

昨日は 丁度4輪車に乗っていました

走行中 前を行く車 すれ違う車が 車道の右にハザ−ドを出しながら止まっていきました

周りに見習い 吉野も停車・・・

即 地震だっ!と気が付きました・・・

電柱も大きく揺さぶられ 車内もぶるんぶるん揺れまくり!

近くのコンビニ内を見ると商品がガタガタ落ちていました

車で停車して地震を体感したのは始めてでしたが

相当気持ち悪いですね・・・船酔いとおんなじです

ある御客様に聞きましたが・・・3/11オ−トバイに乗っていたそうなんですが

地震が発生した瞬間 両輪がパンクしたと思ったそうです

いや〜・・・本当に勘弁してもらいたいですね。。。

思うんですが・・・

神の怒りはまだ納まらないんでしょうか??

『お前ら まだまだだよ』と懲らしめに掛かっているとしか思えません

自然は 神の落とし子 といいますよね

本当に人間は立ち向かえません

シッカリしないとね! いけませんよね?

皆様 周りのお年寄り方々に お声を掛けてあげてくださいね。。。

御老人方々は 本当にまいっていらっしゃいますから。。。

我々は 男であったり まだまだ若いですよね?

自分よりも弱き方々を助けましょうよ。。。
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

Hiding Power Specialist
Japanese standard  ACY

Posted at 2011年04月12日 12時03分31秒  /  コメント( 0 )

ACY・ZEPHYR...

ただひたすらに 諦めず!
百選練磨で鍛えた経験とテクニックをフルに発揮させて頂きます

AC・YOSHINO・SMR samurai
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


ACY ZEPHYR1100用

スイングア−ム補強加工
 

デリバリ−開始いたします

ACY補強加工費用 \55,650- (税込み)

今までに無い 全く新しい発想での 補強加工! 

必要最小限にて 効果絶大 !  これぞ侍魂!

無骨 無機質 しかし機能美に溢れる その姿

 じゃありませんか!


     


製品の目的 

1)  大量生産を行うメーカではやはり平均値で生産されるスイングア−ムを
先ずはメ−カ−の狙った寸法に則しそのパ−ツの持つ性能を全て発揮する事を目的にしました
そうですね・・・メ−カ−の数億という開発費用を信じます 
そして大量生産から来る公差を詰めてみました

2)  最大の難点『ユ−ザ−負担コスト』と『製品のパフォ−マンス』の両立を
図れる事が使命に感じました

3)  その都度の負荷に対応する応答特性を最適化しフレ−ムも含め
サスペンションの一部と判断しノ−マルスイングア−ムの限界点を引き上げ
高い負荷でも追従能力を確保しました

4)  アフタ−マ−ケットに存在する商品群とは明らかに違う観点を見出し
一見ノ−マルと思える様な派手さの無い無骨な姿を欲しがる方々向けに提案しました

5)  補強という名の商材ですので高い負荷に対して応答できる特性を確保しながら
『硬い』という印象をライダ−に与えない事も重要視しました

6)  補強を最小限に抑え メーカ−の溶接ポイントを見直す作業を施し 
同時にスイングア−ム末端での左右のズレを修正し精度の高い純正部品モディファイ
という内容に徹して効果を高い次元で達成しました

7)  ファッション性は度外視し機能最優先という弊社ACYの理念のもと具現化しました

8)  ZEPHYR1100をメンテナンスする際にレ−シングスタンドを掛けた場合
相当不安定になり車体がスタンドに対し前に動いてしまうことを無くすよう
スタンドフックを装備いたしました
フックは2種類から選択いただけます 


高額なアフタ−パ−ツにみられる 『所有感と使いこなし感』 の反比例状況を考え

やはり 使い切って頂く事で真の喜びを高めて頂きたく考えました

お手持ちのスイングア−ムに対して加工を施しますのでコストを大幅に削減!

そして より多くの方々に行き渡り喜びが個々に得られるよう考え抜いた

価格設定での商品で御座います

必要以上の剛性アップ 見た目のゴツさ そういった内容は

この ACY・スイングア−ム補強には 一切取り入れておりません

質実剛健 この言葉が似合う加工を施しました

ZEPHYR1100に 真剣に向き合って 考え出したACYの答えになります


ACY補強加工費用 \55,650- (税込み)    

加工内容・・・・補強アルミ角パイプ(7N01)溶接
リヤスタンドフック取付ボス溶接(6mmボルト用4箇所 or 8mmボルト用2箇所)
補強部のチェ-ンスライダー標準追加装備

オプション・・・アルミリヤスタンドフック・プレートタイプSet(R/L)画像参照 
\10,500-.(税込み) 6mmボルト用4箇所ボス用 
※アルマイト色は 青・赤・黒・ゴールド・シルバー から選択可能

オプション・・・アルミリヤスタンドフック・ローラ−タイプSet(R/L) 
¥3,780-(税込み)  8mmボルト用2箇所ボス用
※アルマイト無し 


注1) スイングア−ム脱着の料金は別途御請求となります

注2) スタンドフックタイプを 2種類からお選びください

注3) 溶接の作業に対してスイングア−ムの塗装を剥離いたします事を御了承ください

注4) 再塗装に関しましては御好みの色に変更も可能で御座います 別途加算となります
例えば・・・純正色へ再塗装の場合¥21,000-(税込)

注5) 好みに合わせポリッシュ加工も承りますので御気軽に御相談ください
例えば・・・鏡面ポリッシュの場合¥21,000-(税込)

注6) 勿論スイングア−ム単品でのお持込みも承りますので御気軽にお申し付けください

注7) 勿論通販にて全国何処からでもお受けさせて頂きますので御気軽にお申し付けください

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
乗り易くしたい! 思いっきり寝かせてみたい! 疲れるのはオカシイ!
何がいけないのか・・・判らない!
ACYでは 本音ト−クでお伺いさせて頂きます
真剣にオ−トバイに接している方々の御手伝いをさせて頂きます

国家2級ガソリン整備士 国家2級ジーゼルエンジン整備士 
HONDA2輪サービス1級エンジニア

オ−トバイを心底愛し 生涯を整備に捧げた我々技術者2人が 
皆様の お相手をさせていただきます


AC・YOSHINO・SMR samurai
電話:04-7174-0336
FAX:04-7174-0332
メールでのお問い合わせ
t-yoshino@acy-samurai.co.jp



Posted at 2011年04月11日 15時49分25秒  /  コメント( 4 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  | 次へ