★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます RC42のチュ−ニング承ります RC42上質中古車お探しします RC42ならお任せ下さい RC42を乗り続ける方のお手伝いを致します ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています  ■ 定休日:火・水曜日 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー
2009-10 の記事

緊急のお知らせ

御客様及び関係各社様各位


突然のご連絡で大変失礼致します。

本日、当社代表であります吉野富三郎が体調不良にて入院することになり
当分の間仕事に従事することが出来なくなってしまいました。
皆様におかれましては急なことで大変ご迷惑をおかけする事と存じますが
何卒のご配慮を賜れますことをお願い申し上げます。

営業は平常通り行っておりますのでご安心ください。


店長 黒澤弘明



☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆
☆ 名称: 有限会社オートサイクルヨシノ    AC YOSHINO
☆ 所在地: 千葉県柏市今谷上町65☆TEL: 04(7174)0336
☆ 営業時間: 10:00〜18:00☆休日: 水曜日・第二日曜日・祝祭日
☆ 駐車場: 有り
☆ アクセス: JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩3分☆
☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆


Posted at 2009年10月29日 23時34分57秒  /  コメント( 6 )

ACY AC・YOSHIN...

AC・YOSHINOが造るマシンの方向性は



サスペンションを『ストロ−クたっぷりの乗り心地の良い』状態にしたり

ブレ−キも掛けやすく不安無くフォ−クを

イッパイ沈ませてもコントロ−ルし易すくしたり

フロントタイヤが中々裏切らない設定にしたり

マシンをコ−ナ−の出口に思った通りに向かす事が出来て

アクセルと連動して沈み込むリヤサスにしたならば・・・


そりゃ-怖さ等無く凄く楽しいマシンですよね

リズムが取りやすいマシンはこれが出来ます

AC・YOSHINOではレバ−の角度一つにも気を使いますし

ペダルの高さ・アクセルワイヤ−の遊び量・クラッチレバ−の遊び量にも気を使います

そんな設定がAC・YOSHINOの手掛けるマシンだと認識しています

勿論様々なSHOP様が御座います

ですから・・・SHOPの方向性も様々ですので

『イヤ違う』と仰られる方も当然居て良いと思っております



しかし・・・AC・YOSHINOは車種多々あれど

『乗り易いマシン造り』が目標です

エンジン・キャブレ−ション・電気・足廻り・・・

各々の設定がバランスすれば

必ず成し遂げられると思っています


乗り易いって・・・優しい・・・だと思っています。。。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

☆ 名称: 有限会社オートサイクルヨシノ   AC YOSHINO
☆ 所在地:千葉県柏市今谷上町65☆TEL: 04(7174)0336
☆ 営業時間: 10:00〜18:00☆休日: 水曜日・第二日曜日・祝祭日
☆ 駐車場: 有り
☆ アクセス: JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩3分☆

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


Posted at 2009年10月26日 18時17分24秒  /  コメント( 0 )

ACY 山梨県からの...

ZEPHYR750にお乗りで山梨県在住の

武藤様

のマシンの御紹介です




武藤様は弊社の商品

『ZEPHYR750用ACY/OHLINSフォ−クスプリングKit』

を通販でお買い上げ頂き地元山梨県の

親交深いSHOP様で組込みセッティング作業をなされていました

しかし・・・御買い上げ頂いたのに・・・

中々理想のシャ−シにならず・・・

何回か弊社にお電話で問い合わせを頂き

あれやこれやの情報交換をして

現地で色々セッティングをして頂いてまいりました

弊社も現車が見えない(見ていない)為

変更箇所や現状が解らなく・・・困っていた所

武藤様が実走で山梨県から千葉県まで来られるという事になりました


拝見させて頂くと・・・

長年の蓄積でまとまりのある素晴らしいマシンに間違いありませんでした

試乗させて頂きましたが・・・文句など出るようなマシンでは勿論無く

とても完成度の高い状態でした

しかし・・・オ−ナ−様である武藤様は

もっと上の『動き』と『乗り易さ』を求めているのが

お会いしてお話して明確に弊社に伝わりました

勿論各雑誌にも掲載されたマシンですので

レベルの高い位置に既にいる訳ですから

理想を追いかけるには『何かしらの変更点』が必要と

ACYでは判断いたしました

既に『ACY/OHLINSフォ−クスプリング』を組まれていますので

フロントに関しては『油面』『OIL粘度』

オ−ナ−様の意向に合わせ変更

リヤは『OHLINS・36P』が既に装着されていましたが

オ−ナ−様が求める『ストロ−ク感』を出すには少々限界があるため・・・

ショックユニットの変更が理想とお伝え致しました

そして・・・携われましたSHOP様のお仕事を尊重しながら

フリクションを落とす作業の御提案をさせて頂きました

その日は一旦山梨にお戻り頂き・・・綿密に御検討頂いた末・・・

再度御来場頂き作業となりました

オ−ナ−様の情熱は相当なものですから・・・(山梨⇔千葉ですからね)

それに応えるべく邁進致しました

変更点は  

★先ずフロントですが



弊社KitのOHLINS・OILから

MOTUL・FactoryLine・10w&7.5wのブレンドに変更

動粘度を下げ油面を下げてオイルロックピ−スを排除して

プリロ−ドを少々掛けてバネの反力を有効に使う内容にしました

やはりサスペンションはスプリングありきなのです!

内部をオ−バ−ホ−ルしフリクションを除去する作業も徹底して施しました

これは弊社では実績ある内容ですので迷わず進めました

ステム周りの清掃・給油・徹底した締め付けトルク管理

最後にフォ−クの高さを徹底的に合わせました(これは効きますよ!!)

ある方法を使いこの作業をする訳ですが

大抵のマシンに有効な作業ですのでお試し頂ければ何よりです。。。


★次にリヤは



リヤサスを『OHLINS/ZEP1100用フルアジャスタブル』に変更

(コレはストロ−クが一番多く取れるというから理由です)

車体に見合うスプリングに変更 → 結果ワンランク低いスプリングを使用しました

(ZEP750用からすれば2ランク下げています)

そして高い位置からサスを使いたいので全長を延ばし

乗車1Gで理想の数字になるよう変更しています

後は試乗しながらダンパ−の味付けを施しました

スイングア−ム・ピポット部の洗浄・給油

リヤ周りの徹底したトルク管理を施しました


以上の様に特にSPLパ−ツ等使用せず作業を致しました

スタンダ−ドのフロントフォ−クでも十分良い物が獲られるよ

精一杯知恵を使った結果の作業の塊です

コレは武藤様の『お任せします』と言われたお言葉と

『明確な理想形』が弊社に伝わり

弊社のコンセプトと合致していた事がとても大きいです


本日山梨県よりお引き取りに来られ

インプレを取りがてら戻られた後の御報告は・・・

 『理想通りの仕上がりになりました』 

と最上級のお言葉を頂きました。。。

帰り道に寄られたお店様でも 『良い動きだね』 とお言葉も貰えたそうです


武藤様

今回は遠方にもかかえわらず弊社をお選び頂き

とても光栄の気持ちでイッパイです

本当に有難う御座いました

お近くに来られた際はどうぞお気軽にお立ち寄り下さい

御満足頂けてなによりで御座います

今後も素晴らしい愛車を大切になさって下さい

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

JAPANESE・STANDARD・侍・AC・YOSHINO(ACY)のホ-ムペ-ジは

http://www.acy-samurai.co.jp/ ←こちらを クリックすると移動します

AC・YOSHINO(ACY)メールマガジン会員様登録をするには

http://cplus.if-n.biz/join.php?blogid=5002051 ←こちらを クリックすると会員手続きが出来ます

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

☆ 名称: 有限会社オートサイクルヨシノ   AC YOSHINO
☆ 所在地:千葉県柏市今谷上町65☆TEL: 04(7174)0336
☆ 営業時間: 10:00〜18:00☆休日: 水曜日・第二日曜日・祝祭日
☆ 駐車場: 有り
☆ アクセス: JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩3分☆

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


Posted at 2009年10月25日 19時01分28秒  /  コメント( 0 )

ACY  侍ジャイアンツ...

侍ジャイアンツ様が早速!!

広島高潤製 『Hiroko KZ Spl 10w40』

を御購入頂きました。。。




勿論辛口インプレッションがこのあと

コメント欄に入りますので

お楽しみにして下さいネ!

何やら・・・・・・・・楽しそうな2人です。。。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

☆ 名称: 有限会社オートサイクルヨシノ   AC YOSHINO
☆ 所在地:千葉県柏市今谷上町65☆TEL: 04(7174)0336
☆ 営業時間: 10:00〜18:00☆休日: 水曜日・第二日曜日・祝祭日
☆ 駐車場: 有り
☆ アクセス: JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩3分☆

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


Posted at 2009年10月25日 15時56分54秒  /  コメント( 3 )

ACY バルブ摺り合せ

バルブ摺り合せ&当り幅&当り位置

チェックです!!

4サイクルの 『肝』 になります

密着・密閉は充填に大きな影響を与えます



この様に皆様のマシンでも同じ様に作業を

させて頂いております

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

☆ 名称: 有限会社オートサイクルヨシノ   AC YOSHINO
☆ 所在地:千葉県柏市今谷上町65☆TEL: 04(7174)0336
☆ 営業時間: 10:00〜18:00☆休日: 水曜日・第二日曜日・祝祭日
☆ 駐車場: 有り
☆ アクセス: JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩3分☆

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


Posted at 2009年10月25日 15時01分30秒  /  コメント( 0 )

ACY と 世界屈指の...

ACYが世界を跨ぐレーシングコンストラクター様と

お付き合いさせて頂く理由は・・・


MORIWAKI・ENG
TSR
MOTUL
elf
OHLINS
Brembo
RK
DUNLOP

皆様世界一流のトップブランドです

勿論世界一流の品質を持つ商品達がリリ−スされています

価格以上の品質やセンスや心使いを大切にし

先ずは喜びを分かち合える様に努力する皆様の姿勢に

吉野自身の心が打たれた事からはじまりました

そしてAC・YOSHINO(ACY)も

そうであるよう邁進する覚悟です



MORIWAKI・ENG様の森脇社長の御好意が無ければ

こういった方々との接点も生まれ無かったでしょうし

森脇南海子様 森脇緑様のお力添えもとても

ありがたい気持ちでイッパイです

吉野とTSR様の出会いは

ツインリンク茂木の傍にあるTSR茂木の責任者である

矢板氏との偶然的な再会も大きいです

矢板氏は吉野がホンダ学園在籍中の恩師であった事もあり

その後TSR鈴鹿の山下様との付き合いも深まりました

吉野自らのショップAC・YOSHINO(ACY)が製作する

カスタムマシンにTSRのパーツをチョイスする事となりました

勿論携わっておられますスタッフ皆様のお力添えも

とても勇気付けられます




既にAC・YOSHINO(ACY)は

MORIWAKI・ENG社長様のお心使いによって

テクニカルショップとして活動していた為

トップレーシングコンストラクターが造る

パーツの品質、機能美には絶大の信頼を寄せてい為

各々のトップブランド様方が世に送り出すパ−ツ全て

デザインに無駄がなく

そのパーツに求められる品質・機能を

追及され作られていました

時には不慮の転倒時の事までキチンと考えられていたり

AC・YOSHINO(ACY)のコンセプトを十分に満たし

吉野自身の感性を大いに刺激する理由から

世界屈指のレーシングコンストラクター様方と

お付き合いさせて頂いております




出会い・・・とても素敵な言葉に感じます。。。

そして最後に・・・

それらトップレーシングコンストラクターが造る商品の

素晴らしさを理解して頂き

弊社を御利用頂いている御客様方々に

AC・YOSHINO(ACY)は支えられております

本当に有難う御座います。。。


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

☆★☆★《御客様へお願いになります》☆★☆★

弊社では、商品持込みによるパーツの装着は一切お受け致しておりません。

お買求めのショップ様へ御依頼下さい。

弊社で販売する商品は全てメーカー様方々より

正規取扱いを受けた品々となっております。

故に、装着後も御安心しお使い頂けます様各メーカー様の誠意を頂きまして、

お取引をさせて頂いております。

価格競争での価値には興味が無い事を御理解頂けましたなら本望でございます。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

☆ 名称: 有限会社オートサイクルヨシノ   AC YOSHINO
☆ 所在地:千葉県柏市今谷上町65☆TEL: 04(7174)0336
☆ 営業時間: 10:00〜18:00☆休日: 水曜日・第二日曜日・祝祭日
☆ 駐車場: 有り
☆ アクセス: JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩3分☆

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


Posted at 2009年10月24日 20時05分01秒  /  コメント( 0 )

ACY Japanese standard 侍

AC YOSHINO SMR
Japanese standard


all MOTORCYCLE
sale&repair

ENGINE
complete equipment
service & tuning

FCR・TMR
setting & repair

FUEL INJECTION
setting & repair

SUSPENSION SYSTEM
service & tuning
setting & repair




Posted at 2009年10月24日 19時15分10秒  /  コメント( 0 )

ACY カスタムピ−プ...

カスタムピ−プル誌 

プロフェッサ−・国際ライダ−戸田隆氏参上!


この日は箱根近辺某所で

ACY製作のCB400SFの

試乗インプレッションがありました

この日はブルドック・モ−タ−サイクル様とバイクSHOP・NEN様と

合同の撮影でした

皆様お疲れ様でした。。。



今回でこの車両は・・・戸田さんは2回目の試乗になります



『あれ??・・・コレはもう乗らなくてもイイよね??』

と・・・苛められながらも

楽しく走って頂きました・・・ハイパ−バイク誌で試乗済みなんですよね。。。

しかし!更なる進化を遂げていますので・・・!

では華麗なライディングの一部を御覧下さい☆







いつ見ても綺麗なフォ−ム!

流石プロフェッサ−!タマリマセン!



黒澤店長・・・インプレを取っています。。。

その後・・・『置き』の撮影に入ります。。。



手前の方が『カスタムピ−プル編集長 吉田氏』です。。。

いつも大変お世話様です

大体・・・コレで終了撮影はというパタ−ンなのですが・・・・

『もう一回乗せて!!』と・・・戸田さんからリクエスト!

(そういえば・・・ハイパ−バイクの撮影の時もリクエストもらいまし)

戸田さんが御自身で・・・サスを調整!

再スタ−ト!!





色々お話いただきました。。。

スタッフの皆様 戸田さん お世話になりました

有難う御座います。。。



記念写真『パシャ』無事終了です

今回は吉野は体調不良で参加せず・・・

ACYスタッフ2人にお願いしました

実りある一日だったという事です


最後に!

これぞ国際ライダ−プロフェッサ−・戸田氏の

華麗なコ−ナ−進入アプロ−チの連写です!!









来春雑誌掲載されます

毎回戸田さんにはお世話になっていますし

的確なインプレッション!脱帽です!

『触覚』をお持ちなんですね。。。

体内センサ−の開発力も勉強になります!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

☆ 名称: 有限会社オートサイクルヨシノ   AC YOSHINO
☆ 所在地:千葉県柏市今谷上町65☆TEL: 04(7174)0336
☆ 営業時間: 10:00〜18:00☆休日: 水曜日・第二日曜日・祝祭日
☆ 駐車場: 有り
☆ アクセス: JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩3分☆

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


とても素晴らしい方です


Posted at 2009年10月23日 18時20分48秒  /  コメント( 3 )

ACY OILについ...

OILは『チュ−ニングパ−ツ』だという事実もあります

素晴らしくそのマシンにマッチングするOILでも

パフォ−マンスを維持するには限界があります


某メ−カ−の技術者の方に聞きましたが

市販されている高性能OILの中でも様々な取り組みをされていますが

オ−トバイをスポ−ティ−に使ったなら早めにOILを交換されなければ

いくら時代が進み技術の水準が上がったとはいえエンジンは壊れてしまいます。。。

と言われます

すなわち・・・一度高温にさらされたOILは・・・早期交換して下さい


これはエンジンを壊して欲しくないという

『オ−トバイが好きなオ−トバイ屋』の意見です


そこで客観的に見て・・・『MOTUL300V』の性能は認めます・・・が

世の中というのは『上には上がある』という言葉の通り

MOTULの上を『ある部分では』行くものも確かにあるんですよね


弊社は長年チュ−二ングというカテゴリ−に係わってきましたので

その歴史の中で当然御客様からのチュ−ニングに対しての感想という形で

『お声』を沢山頂く事が出来ます

そのお声を大切に受け止め勉強もさせて頂いております

弊社は長年MOTUL・300V1本で来ましたが

更なる『様々な車両へのマッチング』を求めた結果として

広島高潤製品『Hirokoブランド』と 

elf製品『HTX』&『Moto4』
の一部を

取扱いを開始する事を決定致しました



例えば動弁系への配慮・・・ロッカア−ム車と直押車(バルブリフタ−式)では

オイルに掛かる負担も当然違ってきます

ロッカア−ム車はやはり熱の逃げや摩擦に対する潤滑にはキツイ部分があります

果ては、OIL自体の耐久力の差も

ライダ−本人やチュ−ニング度合で大きく違いが出ます

相当『飛ばす人』はやはりオイルの劣化は早いですし

飛ばさない方と同じスパンで交換したのでは

潤滑性能が著しく低下していますので危険です

でも・・・500Kmでも長持ちしてくれると助かる・・・コレが本音ですよね

皆様は『コレしかない!』という思いで多々ある趣味の中から

オ−トバイを選んだのだと思います

そしてチュ−ニングやカスタムという

『自分だけの楽しみ方』を構築していると思います

その趣味を永く続けられるように『オ−トバイ屋』が

アシストすのが本筋だと思います

OILはとっても重要な『パ−ツ』なのです


この度ACYでは更に『高潤滑性能の高維持力』と『ユーザ−様のコスト』を考えて

広島高潤製品『Hiroko・KZ飛龍』

をラインナップにご用意致しました


『Hiroko・KZ飛龍』

300Vよりも『シルキ−エンジン』になる感覚が御座いますし『タレ』に関しても上です

FCR/TMR装着車両及びチュ−ニングエンジン搭載車両や

峠・高速道路等をスポ−ティ−なライディングで楽しむ方や

高出力1000ccOVERビッグマシン等に弊社は推奨指定しています


勿論ス−パ−スポ−ツ車には

『Hiroko・KZスペシャル10w40&5w30』


をご用意致しました


『Hiroko・KZスペシャル10w40&5w30』

抜群の潤滑性能とアクセルレスポンスを実現致します


更に『高性能』と『高パフォ−マンス』をお求めのお客様には

世界高品質で有名なエルフ社『HTX』をご用意致しました


エルフ社『HTX』

この『HTX802』は現在カタログ落ちしていますが

ACYではそのパフォ−マンスがとても気に入っております理由から

在庫を致しております

HTXシリ−ズはHONDA・KAWASAKIワ−クス指定メ−カ−に

なっている大変素晴らしいOILで御座います

マシンを心底大切にしている方には大満足頂けるOILと確信致しております

『宝石』という言葉がピッタリのOILで御座います


勿論ACYではMOTUL・300Vをメイン商品として取扱ってまいりますので


MOTUL・300V

今までと同様御用命頂ければ幸いです



次回弊社がレ−スに参戦時には

『elf・HTX』&『Hiroko・KZシリ−ズ』を投入予定で御座います

大客様の御要望に見合った『OIL』 を選択頂きモータ−サイクルスポ−ツを

末永く楽しんで頂きたい気持ちが『本心』で御座います

広島高潤製品『Hiroko・KZ飛龍』



『Hiroko・KZスペシャル10w40&5w30』

必要と思われる方の御判断でご用意致します

交換前にあらかじめ御用命頂きたくお願い致します


Posted at 2009年10月19日 13時29分07秒  /  コメント( 0 )

ACY OILについ...

AC・YOSHINO が取扱うOILは

オ−ナ−様方々に『絶対的なマ−ジン』を得られる様選択しております

HP上でも記載してありますが『最後はOILに願いを託して』います

その中で選んだOILがMOTUL300Vです

しかし・・・使用過程・チュ−ニング度合によりMOTULよりも

マッチングが良い場合があるのも確かです

その必要とされる『ピンポイント的』なOILも

個々のお客様に合うように必要だと確信しております


最も重要な事は『OIL交換サイクル』だとも思います


皆様が感じる事と、我々が感じている事にズレが大きいのは

この『OIL交換サイクル』であるのは事実で御座います

これからお話する事は決してOILを売りたいからではありません

オ−トバイを商売にする気持ちではなく

オ−トバイが好きだから仕事に選んだ者の

『言葉』として聞いて頂ければ嬉しいです


エンジンが高出力を生む際に『抵抗』となる物は沢山あります

OILも抵抗の一部です

それ相応のチュ−ニングを施し部品の材質を変更して行きクリアランス設定を

温度変化に左右されないよう改善をして行けば流行の『低粘度OIL』を使用できます

その考えから行くと『相当なコスト』が発生致します

ならば・・・

現状のまま『コストを抑え』て安定した出力を維持できるOILが欲しくなります

しかし・・・

使用過程は人それぞれである為万能OILという物があれば良いのですが

コレはかなり難しい問題になります

OILは常日頃『熱』にさらされて居ます

その熱から部品達を守ってくれるのがOILな訳ですから大きく熱を受けた場合は

性能が著しく落ちる事は容易に想像がつきます

では・・・どの位熱をおびたならダメになるのか??ですが・・・

MOTUL・300V・15w50ならばオイルパン下部の油温で

150〜160℃に走行中なったとしても

エンジンが回っている最中は『風があったたり』や『水が回ったり』していますから

問題無く潤滑してくれます・・・が・・・

しかし・・・エンジンを止め完璧に冷えた後に一旦超高温なさらされたOILが

又同じパフォ−マンスを発揮できるとは到底思えません

エンジン内部は汗をかき水分が発生します『熱い・冷たい』を

繰り返したなら水分は多量に発生し

OILに混ざります・・・この水分がエステルには弱いわけです

エステルは水分を受けると著しく性能をダウンします

それがある種の劣化と言われる類でもある為メカニカルのイズが増えます

更には『クラッチ』&『ミッション』の発熱は相当なものになるのは御存知ですよね

特に『ミッション』は唸りを上げ巨大なトルク伝達をしています・・・

ご想像つくと思います

オ−トバイはそのミッションのシャフトに『クラッチ』がいます

『クラッチ』は摩擦を利用し動力の伝達を行っています

自らの摩擦による発熱とミッションからの発熱をシャフトを通して

クラッチ板は高温を受けています

クラッチが『焦げて』しまうのはOILの摩擦係数が高かったり

前記の様に熱を受けるからです

その焦げたカスがオイルに回り混むと

劣化は急速に進み潤滑能力はあっという間に落ちます

それでもそのオイルを使用し続けると・・・

油膜保持能力が無くなり焼き付きを起こします

コレはMOTULに限った事では無くOIL全般に言える事です

例えばミッションのギヤ抜け問題が起きた場合

OILの管理が悪いケ−スが多々あります

日本の法律内でちゃんと使用されていて

車両メ−カ−の取扱い説明書通りに使用されていれば

こういった問題は起き難いのでしょうが・・・

現実は掛け離れた使用状況の方が多いのが事実です

自ら約束事を破ってまでも『オ−トバイを楽しみたい』という気持ちの裏には

こういった危険が待ち構えている事を再度見つめ直して欲しくも思います


高速道路を2●0kmで吹っ飛びパ−キングで食事を取り・・・再スタ−ト。。。

コレを繰り返し帰路に着き・・・無事帰還

翌週も同じ様なツ−リングに行き・・・となると・・・もうお分かりの通り

発熱とエンジン内部の汗の影響でOILは劣化しきってしまい・・・

果てはエンジンブロ−。。。

峠を楽しむ方でも同じ事があると思います


皆様が忘れている箇所にもこういった現象は起こっています・・・

それは・・・

フロントフォ−ク・リヤショックユニット・ブレ−キシステム等

OILを使用されている箇所全てに言える事なのです

実際の話なのですよ。。。これは

OILが入っているから大丈夫ではないんですよね。。。


レ−サ−の場合はこういった現実を

ある程度の経験があるメカニックなら知っていますので

走行量に見合った交換サイクルを必ず心掛けています


つづく。。。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

JAPANESE・STANDARD・侍・AC・YOSHINO(ACY)のホ-ムペ-ジは

http://www.acy-samurai.co.jp/ ←こちらを

クリックすると移動します

AC・YOSHINO(ACY)メールマガジン会員様登録をするには

http://cplus.if-n.biz/join.php?blogid=5002051 ←こちらを

クリックすると会員手続きが出来ます

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

☆ 名称: 有限会社オートサイクルヨシノ   AC YOSHINO
☆ 所在地:千葉県柏市今谷上町65☆TEL: 04(7174)0336
☆ 営業時間: 10:00〜18:00☆休日: 水曜日・第二日曜日・祝祭日
☆ 駐車場: 有り
☆ アクセス: JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩3分☆

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


Posted at 2009年10月19日 13時16分47秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ