■ カワサキ ZEPHYR1100 一般整備 一般修理 カスタム 車体チュ−ニング FCR販売 / セッティング エンジンオ−バ−ホ−ル  ■ ホンダ CB750 ( RC42 ) スポ−ティ−に楽しく走らせるための対策品 FCC製クラッチキット と フォ−クスプリングキット 販売中 ★ 本来の御問合せ/御注文フォームはサ−バ−不調の為只今利用できません acy-smr@jasmine.ocn.ne.jp  ← こちらを御使用下さい ■ 各車FCRキャブレタ−の販売や整備も承ります  ■ 前後サスペンションの整備も承ります ◆ 定休日:毎週水曜日 出張日
メインメニュー

RC42編・・・マシンを強化する・


■ 42編 マシンを強化する

RC42を強化する

DUNLOPタイヤを先ずは履いてみてください
FCRキャブレタ−を装着する
FCCクラッチKitに交換する
リヤショックをOHLINS製に交換する
フォ−クスプリングをOHLINS製に交換する

オ−トバイでコ−ナ−を楽しむ
コレが間違った事?とも思いません
愛車でコ−ナ−を楽しむって楽しい事ですよね
一般道ではそれなりになのですが
楽しめない事もありませにょね?

42はカスタムパ−ツが無いから不人気車
というオ−ナ−様からの声も聴きますが
42でやって行きたい!カスタマイズしたい!
コ−ナ−を楽しむ為サ−キットにも行く!
そういった方もちゃんといらっしゃいます!

42はオ−トバイとしてみれば完成度は
かなり高い状態にあると思います
多分直進能力を高めた設定のバイクだと感じます

強化するといってもガチガチに固める
とかではなく対策強化を様々行うことで
安心や安全が生まれ楽しく乗れますから
正しい情報を元に無駄にならないように
強化すると走りが変わっていきます

いざ!コ−ナ−や峠やサ−キットといったように
走りのステ−ジがそうなると??は出てくるのは
42に限らずどのバイクでも不安と不満は出ます
SS車以外なら尚更でしょう

今回は42について少しツッコんでみます
RC42でガッツリとコ−ナ−を楽しみたい!
そういった方々にじっくり読んで頂きたいです

タイヤの支配率が大きいのがRC42と感じます
これはよく覚えておいて頂きたいです
DUNLOPがマッチングよく思えます
スポ−ツツ−リングならGPR300
更に上のスポ−ツランならαシリ−ズ
GPR300でもサ−キット走行会はOKです
42用に作られたのか?と思えるほど好感触です

42もZEPHYR同様メイン扱いにしている
店として思うのは
42はツ−リングバイクとしての位置は高く
週末になれば42を多く見るのも確かですから
ごく普通に42を楽しむ方の方が多いでしょう

ハ−ド走行にだけでなく基本的な事を強化して
42だって少ない弱点を見直して仕上げれば
もっと『安全な走行』が高く手に入るわけです

つまりは『こうしたい!』と走っている最中
思った瞬間にそれができるようにすることが
強化となります

コ−ナ−を楽しむ事はお好きですか?
ACYはコ−ナ−を楽しむ事が好きです
怖かったりもするけどカーブを自分なりに
綺麗に曲がれたら気持ちよくて楽しくなりますね

ワイドオ−プンしてる直線から一気にブレ−キング
→ブレ−キを舐める様に残しながらバンキング→
クリッピングポイントをめがけながらアクセルON
→マシンンを抑え込みながらコ−ナ−脱出!
タイヤが正常であればレベルは低くても楽しめます
ストリ−トでも速度を控え気味にこのように走るのも
実は楽しい事です

以下の事を42に与えると
ノ−マルよりはコ−ナ−リングマシンに
なって行きますから
42を諦めずに『コ−ナ−を楽しみたい』方が
少なからずいるのですから応援し続けます

RC42においての強化と言えば
先ずは『FCR』でパワ−を強化したいです
そして『クラッチ』そして『足回り』でしょうか

■ FCRの装着・・・
それは いとも簡単にパワ−UPできます
コ−ナ−の中盤〜後半でも実はパワ−は必要になります
そうです!強化ができます!
馬力を上げる常套手段とは
空気の量を上げる事ですから!FCRは必要です
子供の頃エア−クリ−ナ−を外しましたよね?
それは空気量を上げメインジェットを濃くすれば
速くなる!と思い込んでいたからです
それを正統的に楽に行えるのがFCRキャブです
ハ−ドルは高いかもしれませんが42の潜在能力を
引っ張り出すのはFCRの仕事なのです!!
ここでスパっと加速したい!だけどもうちょっと
パワ−があれば・・・それがFCRではできます
ノ−マルキャブとは吸入抵抗が格段に低いのがFCR


■ そしてクラッチ・・・
RC42のクラッチは真面目にいって
キャパシティ−が問題だと思います
これはオカシイとも思うんです
アクセルを大きく開け高回転まで回す・・・
皆様はあまり行わない操作でしょうか?
走行が距離が10000km位の車両でも
高回転や素早いテェンジUPの時には
概ねクラッチが滑ってしまっています
もしかしたら新車からちょっと走った物も
滑っているのでは?と感じています
FCCに換えればマシンが前に出るチカラも
強くなるしアクセルレスポンスも上がります
懸念するほどクラッチレバ−操作は重くなりません
クラッチを変えればアクセルコントロ−ルでの
リズムも凄く撮り易くなるものです

カスタムやチュ−ニングという意味では無く
改善や正しくするためにFCCクラッチKitの
装着を声を大にしてお勧めします
正直・・・RC42のクラッチはおかしいです
ミッションタッチも固いのはクラッチが原因でもあります
Nが出にくい車両も少なくないですからね
42のクラッチは見直すべきです

■ 次は足回りですが・・・
タイヤの支配率が大きいのがRC42と感じます
DUNLOPがマッチングよく思えます
ノ−マルのリヤショックの狙いは解りにくいです
とにかくリヤタイヤの接地感が掴みにくい時があります
DUNLOPやT30あたりのタイヤ以外では
セッティングに相当苦労してしまう感があります
動いているのか?は掴めるのですが跳ねる傾向です
街乗り重視で造られたには動きが悪すぎますし
二人乗りでちょうど良い具合に感じる時もあります
かといってプリロ−ドを弱めても効果は薄いです
初期型のリザ−バ−タンク無しは良いとしても
それ以降の純正品はちょっと難しいシロモノです
高速道路の走破性は良い方にいますので
設定の中心部がどのあたりにいるのか?疑問です
少しやれたショックの方が良いようにも感じますが
それではオ−トバイとして成り立ちませんよね・・・

幸いにもOHLINSからレジェンドツインが
出ていますから交換は本当に望ましいと感じます
安心感と接地能力は格段に上がって行きます
何台も装着していますがリバウンドを標準より
少しだけ掛けてあげると良い感じです
さじ加減がモノをいうのがサス・アジャスティングです
コ−ナ−の倒しこみや切り返しが気持ちよくなり
バンク中もタイヤの接地感は良くなって行きます

兎に角純正は動きが渋いのか中途半端に感じて
必要以上に腰高感がある割に切れ込み感は無い
不安感が残り積極的に攻め込めない
狙いどころが掴めず・・・これで十分とは思えないのが
ノ−マルリヤショックだと感じ取れます
タイヤのグリップ力や接地感の伝わりが悪いです
コ−ナ−を攻める訳じゃないとしても例えば・・・
WETの路面では相当怖いと感じ取れますし
DRYでも安心して扱えるとも言いにくいです
タイヤ次第という感の強い42としては
気分が乗らずに峠道に入ってしますと怖いし
純正ショックでは車体の軽さを武器にするような
造り方と走りを狙えるとは思えないのが本心です

■ フォ−クスプリング・・・
街乗り重視の設定が強すぎる傾向にある感じです
変に動き過ぎないようにしているのかサグがおかしいです
リヤとの相性(バランス)も取れていないと感じます
折角有効ストロ−クがあるのに死にストロ−クが
大きくブレ−キングが奥まで使えない状態です
踏ん張り感も乏しく思いっきり使えない状況です
対向2POTというキャリパ−を装備しているから
この設定なのか?・・・もう少し踏ん張りやしなやかさが
欲しくなるのはオ−ナ−の方々なら気が付いている
はずだと考えられます
もっと実際の有効ストロークを増やしてあげて
乗り易く踏ん張りが有り安心できるように
フォ−クスプリングを見直す事は良い強化対策と感じます
リヤにOHLINSレジェンドツインを入れてリバウンドを
少し掛けてマシンの落ち着きを出してあげて
フロントにOHLINSスプリングを入れてプリを少々掛けて
フォ−クの突出しを3〜4mmにすると良い感じとなり
コ−ナ−を怖くなく攻める仕様に生まれ変わります

■ ポジション
ドノ−マルのポジション状態だと
ステップは擦ってしましますけど
悪くは無いと感じています
シ−トも良い物が付いていると感じますから
できるならアンは抜かないで乗って頂きたいです
コ−ナ−を楽しむ場合コーナ−リングの姿勢において
着座位置が後ろに行きますから荷重の乗せ方が
ノ−マルステップだと難しくなって行きますね
高速走行時のニ−グリップもし難い事も挙げられます
ジムカ−ナやタイトコ−ナ−ならノーマルもOKですが
そこそこ速度の出るコ−ナ−では多少難がでます
モリワキ製のステップKitはちょうど良い物です
ハンドルはノ−マルなら少し垂れ気味にすると良いです
もっとスポ−ティ−にするにはハンドルを低くしますが
アクセルワイヤ−が右にいっぱい切るとあたりますから
選択は難しいのでアルミスロットルホルダ−に交換して
対処します・・・こういった事が捨てる事の意味ですね

42でコーナ−を楽しむ事に対して
率直に感じている強化対策を記してみました
42を所有しコ−ナ−やサ−キットランを
楽しまれている方に御参考になれば幸いです


Posted at 2019年04月05日 17時42分44秒