CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブレタ−の限定販売〜取り付け〜調整&オ−バ−ホ−ル等をお任せ下さい! その他車種においてもFCR&CRキャブレタ−の販売〜セッティング出しまで行っていますので不調等のご相談も承らせて頂いています ★CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用ウオタニSP競侫襯僖錙櫂ット販売〜取付け〜セッティングまで全て承りさせて頂きます ★原付スクーターのオイル交換/バッテリー交換/タイヤ交換等 各種は常時在庫を備えてパンク修理まで御力にならせていただきます ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火曜日(午後若しくは終日)&水曜日(終日) H30年12末まで土・日・祭日も御休み有り・事前にフォ−ムからご確認ください
メインメニュー

RC42を楽しむ♪♪

■ RC42を楽しもう

NEWS!!
CB750(RC42)&CBX750F専用
ACY専用設計オリジナルFCR-Kit
受注期間限定完全限定販売品です


只今!事前御予約受付中です!
詳しくは>コチラを<クリック頂き
御説明ペ−ジをお読みください



中域〜高回転域のトルク&パワ−
RC42におけるパンチ力の無さ・・・
これを改善したいオ−ナ−様が実は・・・
多くいらっしゃるのでは?と感じています


この画像の↑RC42は当社が様々な
テストを行う為に自社が造った物です
走行7万Kmの母体をベースにして
エンジンOHは完全素組みで行い
チュ-ニング一切なしでノーマル組み直しで
FCRのテストに使っていたマシンです
この仕様で車速は220km手前位は出ました
マグネシュ−ムホイ-ルを履いていますから
かなりの軽量化は行ってはいますが・・・
速いけど・・・高回転のパンチはCBXに
敵ってはいないなぁ〜と感じられました
逆車のCBX750は相当早ですからね・・・
勿論点火系もノ-マルでリミッタ−カットのみ
CBXのカムシャフトを装着していれば
パンチも出てもっと楽しいだろうなぁ〜
と思ったのは確かな事です
ZEP750も同じような感じですね・・・

RC42のエンジン自体の設計が
CBXのようにはなっていません
ので・・・圧縮圧力を上げるような
エンジンチュ-ンが必要なのは事実です
ヘッド合わせ面を研磨し圧縮を上げるとか
吸排気を追い込むとか・・・
そういった幾つかの手法は必要です

ストリ-トでの扱いも十分すぎるRC42!
ツ-リングを楽しむのならエンジンは
ノ-マルでも十分に思えますが・・・
コアなユ−ザ−の御要望を叶える為
FCRキットの販売をコノマシンで
テストを行い販売も現在行っています

点火で言えばプラズマブ−スタ−が
当店ではお薦めとなっています
半クラからのスタ-ト時から違いは
明白に感じ取れる優れものなのです
追い越し加速での速度の乗りも良くなる
良いパ-ツだと思えます

ウオタニフルパワ−Kitは更に上を
狙った効果が期待できますから
CBが持つ潜在能力は引き出されます

42に限らずマフラ-は高性能な物が
絶対に必要不可欠になります
MORIWAKI製なら低速からの
トルク増大は感じ取れますし全体的に
程よくまとまっていますから良品です
が・・・流石に高回転での伸び切り感と
馬力感増大は・・・多くを望めません

もっとパワ−や高回転までのトルクが
必要だとすれば・・・
Nojima製のスパイラルに加え
ACY・忍サイレンサ−のセットが
お薦めになります

やはり排気の効率と脈動などは
良いに越したことはありません
パワ−(馬力)を増大するには
トルク×回転数で導きだされますから
良く回るエンジンにするために
高性能・高出力サイレンサ−と
トルクを増大できるパイプが必要です
4-1でホンダ車に良く起きるトルク谷は
このNojima&忍サイレンサ−で
克服ができる様になって行きますし
体感パワ-は抜群に良くなりますし
タコメ-タの上昇スピ-ドも速くなります

RC42はRC17と違って排ガス規制が
エンジンにもありますからポ-トが広げにくい
これはエンジンチュ−ンとしては致命傷です
なのでエンジン以外で潜在している能力を
引き出す方法を見つけていく事になります
RC17のエンジンをOHして載せ替えちゃえば
全ては解消して行くんですけどね・・・
90PSはイケルので相当楽しめますね

結論的にはトルクとレスポンスを上げられる
専用エンジンOILを注入する
マフラ-を目的に見合ったものに変更する
プラズマブ−スタ−を装着する
ノ-マルキャブにこだわらないなら
ACY・専用設計FCRキャブに換装する
そして足回りを決める!これですね!!

足回りは当社のOHLINS製の
フォ-クスプリングKitと(現在受注生産製)
OHLINS・レジェンドツイン・リヤショックで
セッティングを決め出せば十分な状態になります

更に上を狙うならウオタニ・フルパワ−Kitです
火力が非常に高くなり点火時期を弄りますから
当然の如く馬力は上がります

サ-キット走行などではリミッタ−を解除すれば
車速も十分200Km/hを超えますので
走行会レベルなら楽しめる領域に入って行きます

RC42は車体設計が良いので200km/h以上でも
おかしな挙動は出ませんが・・・・
高速域での車体抑え込みに対してはバックステップが
必需品になりますね。。。
特に高速道路の高速クル-ジング時には
ノ-マルステップでは車体の抑え込みが
出来ない!状態ですから・・・
MORIWAKI製に変更すると良いです

特に足つき性を考えシ-トのアンを抜いてしますと
ノ-マルステップではおかしなライポジになります
極端に言えばアメリカン車のようなポジションに
なってしまう為話にならなくなります・・・ので
MORIWAKI製バックステップを装着して
前&一個高めの位置に設定して頂いて
なるべく着座位置を後方で座って走って頂ければ
スポ-ツ感覚は出てくるはずと思います

そして多いのが教習車仕様のハンドルを使って
シ-トのアンを抜いている場合なのですが・・・
これこそステップ位置の変更を行わないとなりません
ほぼアメリカン車乗車姿勢になってしまうので
上手く走れな・・・と感じやすくなってしまい
乗り易くしたのに何で?という事が
飛ばしたりワインディングに入ると感じ始めます
確かにホンダ乗りの方は純正流用チュンが好きですから
こういった落とし穴には気を付けて頂きたいです
・・・これはあくまでも飛ばす方への提案ですので
ジムカーナ−やチョイノリの場合は趣は変わります
あくまでもスポ−ツ感のある走りの場合となります

Posted at 2018年11月04日 20時23分09秒