★ZEPHYR1100のエンジンチュ−ンの承りを再開させて頂きます 御興味のある方はACYフォ−ムから先ずはご相談を御願いします FCRキャブレ−タ−の全国通販数が多く店舗稼働有りのSHOPです近年ご要望に応え国産各車の取扱い開始し通販実績数も高いです 当社オリジナルのCB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブの限定販売/通販/セッティング等はおまかせ下さい! その他の車種全般においてもFCRキャブ通信販売及びセッティング出しまでの全てのご相談を承らせて頂いていますので活用下さい! 通販においては選任スタッフが常駐してますのでフォ−ムからお気軽にご相談を頂ければ的確な御答えを導きだし御回答させて頂きます ■ 依頼最終:〜17:00 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:事前に各ぺ−ジにありますフォ−ム申請から送信いただきご確認ください 選任スタッフが御回答をさせて頂きます
メインメニュー

ZEPHYE1100 味わい・実力・可能性 


12月後半 四十九日法要までは 誠に恐れ入りますが
お電話でのご対応が難しい時が多くなります
ご了承を御お願い致します

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

【ZEPHYE1100 味わい・実力・可能性】
ZEPHYR1100で気持ちよく走る
目的はそれのみ


ZEPHYE1100 味わい・実力・可能性シリーズ全5部です
このZEPHYE1100味わい・実力・可能性シリーズは
ZEPHYR1100を含み スポーツバイク全体に通じる思いを記しました
私達ACYブログ内での最終メッセージになります

この『ZEPHYE1100味わい・実力・可能性シリーズ』を境に
本当に私達ACYが望み思う道を 今後は進ませていただきます
 
11月に私の親が亡くなりましたが
一定の方々に 『そんなのは関係無い』 と言われて本当に愕然としました
二年来の介護・入院・死去・葬儀と続き 
別に今年は私自身の手術もありました
黙り踏ん張ってきましたが私はついに先日また倒れました
病気の高齢者と暮らす 高齢者を思いやる 
そんな事実を理解しろとは言いませんが
身を置き換えて見てくださる心はないのか?となります

『そんなのは関係無い』
私はもうそういった事に耐える事が出来ませんし
『そんなのは関係ない』
と私はそうは言えません

人間である以上 生きている以上 様々抱きかかえています
それは皆なにかしら同じなはずです
都合が合わない 効かない それも突発的に事情が変わってしまった
そういう場合があると思います 
ACYは大きな会社では無く小さな店ですから
今回のような一身上の都合は
真面に喰らいます 急かされても物理的に無理な事があるんです
私達は こだわりは強く持って仕事をしておりますが
ただのバイク屋で大きなカスタムショップでは無いのです

不特定の方に私なりの情報(オートバイに関する)を
ブログを通じランダムに流してきましたが 情報のみを得ようとする方にも
今回の判断と結びつき それに対しても愕然としているのも事実になり
もうアピールや宣伝等は無用に思います

ACY・HP上 及び ACY・ブログ上において
私達ACYがオートバイを楽しく・速く走らせる為に
注入したいスパイスや方法が多く載っています
商品の説明や完成車両の説明は細かくあらゆる場所に置いています
そちらを是非拝見ください

そして私達の事をよくお調べください
それでも!となりましたら御来店を頂きたく御願い致します

私達がオートバイに望むモノは 
直線においても 減速においても コーナーにおいても 加速においても
全てが速く走る事に繋がる楽しいマシンが好きなのです

時代のトップ 当時の世界最高峰を目指し
それを手中に納めた車種達には 
いつ見ても 『イカスぜ!』 という資格があります

スーパースポーツクラスが速く為り過ぎてしまった今
乗り手とのレンジをより広く持つとも言えるモノ
現在 その代表格でもある KAWASAKI・ZEPHYR1100
デビューしておよそ20年にわたり根強く君臨する
JAPANESE・STANDARD・KAWASAKI・ZEPHYR1100

オートバイ乗りが愛機に求めるのは
闇雲な速さだけでは無いと 私は思います
反面 私も速くZEPHYR1100を走らせてみたいって思うのも事実です
そのイカしたマシンを十分楽しむためには何をすれば良いか?
そんなのは人それぞれで構いません

ZEPHYR1100(オートバイ)で気持ちよく走る
目的はそれのみ


それを本当に理解頂ける人に伝われば良い
そしてその方のマシンを弄れれば良いと考えます

こんな内容は異色と捉えられそうな感はありますが
私はこうZEPHYR1100(オートバイ)を乗りたいちう思いも含め
各部位に分けて 最後の表記を致しました

ZEPHYE1100 味わい・実力・可能性 シリーズ全5部で
ACY・侍ブログは一旦完結となります

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
−−−Proudhearted craftsman spirit−−−
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍
Tel 04-7174-0336
Fax 04-7174-0332
✉ info@acy-samurai.co.jp

Posted at 2013年12月04日 23時33分23秒