CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブレタ−の限定販売〜取り付け〜調整&オ−バ−ホ−ル等をお任せ下さい! その他車種においてもFCR&CRキャブレタ−の販売〜セッティング出しまで行っていますので不調等のご相談も承らせて頂いています ★CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用ウオタニSP競侫襯僖錙櫂ット販売〜取付け〜セッティングまで全て承りさせて頂きます ★原付スクーターのオイル交換/バッテリー交換/タイヤ交換等 各種は常時在庫を備えてパンク修理まで御力にならせていただきます ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火曜日(午後若しくは終日)&水曜日(終日) H30年12末まで土・日・祭日も御休み有り・事前にフォ−ムからご確認ください
メインメニュー

ZEPHYR1100  お気に入りの一台


【ZEPHYR1100  お気に入りの一台】



このマシンは 侍ブログにも度々登場する
鈴木氏所有のマシンになります
吉野個人的に非常に気に入っている一台です
ACY部品が多いからではありません 転ぶ気がしませんから!気に入っています!
あと・・なぜかA1は速い気がします・・・気のせいでしょうかね・・・?

事実今回この仕様になる前には
マルケ&WPリヤサス&Frフォ−クモディファイ&FCRだけでしたが
その時点でも相当気に入っていたマシンに調教し仕上げました
外観はオ−ナ−様の好みで仕上げられています
サブフレ−ムもオ−ナ−好みで装着されています
良いじゃないですか!自由なのですから! 趣味は自由です!
吉野はこのマシンの『乗り味』 が非常に気に入っています
そして 『操作感』や『操り感』 も非常に合っています

70000kmになる走行距離ですが 
メンテナンスが行き届いている為 まぁそれなりに衰え感は拭えませんが
キビキビ走れる域に居ます

人によって 『カッチリしたマシン』 を好む方と
『優しく程よく柔らかいマシン』 を好む方がいらっしゃいます
勿論サ−キトやレ−スユ−スならば それ相応の荷重設定を行いますが
ストリ−トで長時間のライディングもあると考えるなら
私は後者を選択します

しかし たまにサ−キットランも・・・となる場合は
やっぱり自分のマシンにも装着していますが
ACY・フロントフォ−ク・カ−トリッジ・kit が役立っているのは確かです
通常の使用のときはダンパ−も緩め気味・プリも緩め気味という具合に出来ますし
ACY・フロントフォ−ク・カ−トリッジ・kit は
ノ−マルフォ−クベ−スのモディファイ品ですので
OHLINS正立ほど剛性は高くはないので非常に楽(らく)に乗れますし
メンテも楽(らく)ですし何しろストロ−ク感が気に入っています

鈴木氏のマシンはそういったサ−キットランの想定が一切無いので
ノ−マルフォ−ク&ACYチュ−ンと為っています
そいった本質志向のマシン造りは大切に思えます



今回の仕事でその他多くの投入部品が
ACYの主軸パ−ツ(ACYオリジナルも多く含む)と為りました
正直私の好むパ−ツが装着されているから
狙った所にたどり着けるというのは当然あります
そういった事がオリジナル性だと思うんですよ
右へ習え・・・ではなくSHOP個性がこういう形で現れるのでしょうね

パッと見 よくいるカスタム車に見えるのですが
走り出すと その与えられたバランスが火を噴くが如し
とても速く・気持ちよく・楽しく走ってしまいます
勿論安全性を十分確保する為ライダ−へ細かな情報が入力されるように
必要とされるストロ−ク感を持たせています
やはり一番の貢献はマルケジ−ニになります

最初はマルケ&WPサス&フロントフォ−クモディファイでしたが
その時既に 吉野お気に入りのマシンになっていました
本当にZEPHYR1100らしい乗り味を持ちながらストリ−トでスポ−ツするには
既に最適な状態でした



その後 スピ−ドアップを図った為による
更なる安定成分を欲しがった氏は
ステム&ACY補強スイングア−ム&JB製ピポット3兄弟と進んでいきます
マシンの寝かし込みや切返しもシャ−プさを増し
タイヤをT30に変更した甲斐もあり安全性が高まりました

本当に良く動くサスペンションは良いですよ
猫の目のごとく刻々と変化する一般道路面に対応出来ますからね
一般的に『カッチリ』 していないと 『マシン』 では無い!
というのは特に一般道では私は賛成的ではありません
とっさのアクシデント・ブレ−キ時にも それは言える事です
ストロ−クが少ないマシンはタイヤに頼る度合いが多くなりますし
路面のミュ-も高くないと為りません

このマシンの方向性は多くの方へのヒントに繋がっていただきたいものです
チュ−ニング出切る部分はまだまだ余力として残して居ながら
現状でも不満は無く 気持ちよく飛ばせる状態ですから
もっと走りのステ−ジが上がれば残されたノリシロを上手く料理して行けば良い訳です




【主要構成部品】
ACYオリジナル・補強スイングア−ム
ACYオリジナル・フロントフォ−ク・モディファイ(延長&OHLINS・スプリング)
MORIWAKI製・アルミステアリングステムKit
マルケジ−ニ・M10・Kompe・Evo & T30
ACYオリジナル・FCR39DSF仕様&侍サイレンサ−・Type-5


といった様に特にSplな事は一切含まれて居ませんが
本当に気持ちよく・楽しく・安全に走る事ができるマシンなのです
ストリ−ト主体なら乗り心地も必要ですよね?

このマシンは本当に疲れません
MORIWAKI製ステムも貢献しているでしょうし
マルケも大きく貢献しているのは確実です
あとタイヤ!これは基本中の基本ですね

こういった『肝を抑える造り』と『徹底的なバランス確保』と『調教』が
モノをいう好例的なマシンです
如何ですか?ACYが提示するマシン造りとはこの様な内容です
オートバイは多くの皆様にとって趣味です

趣味は自由です! 
何が装着されていようが私達の仕事は
乗り味を現状において最高位に上げる事ですから皆様の好みで行ってください
時たまに・・・ステダンは必要ないかな?この仕様状態なら!
って時も実際にはあります
そういった時は必ずご相談していきます


更なる高みの乗り味を求めて
そう思われる時 ACYを思い出して頂けると嬉しいです
些細なことで生まれ変わる可能性は非常に多くありますよ
いかに気持ちよく・楽しく・安全に走るか? ですよね?

オートバイってこういうモノですよ
って事は時にお伝えをするかもしれません
それは『危険』と思った時だと思います

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・

ACY Black SPEED
Proudhearted craftsman spirit
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

Tel 04-7174-0336  御対応は定休水曜日を除くAM11:00〜PM17:00となります
Fax 04-7174-0332  御対応は随時受付致しております
新規作業・新規商品御注文受付及び御問合せ用✉メール 
http://www.acy-samurai.co.jp/inq/index.html
 ↑ ↑ 
問い合わせフォ−ムはコチラをクリックしペ−ジへ移動ください
クリックし移動頂きますとメ−ル用フォ−ムが開きますので ご記入頂き送信ください

フォ−ム入力が御面倒な方は
info@acy-samurai.co.jp 
コチラ ↑↑ に直に送信下さい
御名前(フルネ−ム) 御住所 御電話番号 お乗りのマシン名 は
誠に恐れ入りますが 必ず全て御記入して送信をお願い致します


Posted at 2014年08月20日 20時42分09秒