★☆★ ACY§ACヨシノ ★☆皆様がオ−トバイへ抱えている機能上の問題を解決できます ★☆レ−ス/サ−キット走行が大好きです 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日   ■ 火曜日午後は主に登録/車検関連の仕事の為店舗はお休みとなります 水曜日はBDSオ−クションへの参加がほぼ毎週となります ■ 依頼開始:10:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております
メインメニュー

KILLING・THEM・SOFTLY

【KILLING・THEM・SOFTLY】


小説『Cogan'Trade』原作におく

邦題 【JACKIE COGAN】



KILLING・THEM・SOFTLY ・・・ 優しく殺す

瞬き起す間もなく いつの間にか死んでいただく

誰もが泣き 命乞いをする殺し屋

その名がJACKIE・COGANです

日本公開に先立って小説を4回程読み直してしまいました

先だっての

【アウトロ−】 

もM:Iシリ−ズ同様良かったですね

【JACKIE COGAN】 

は商業的にバリバリの対抗作品ですね

公開日をわざとずらす入れようです

『優しく殺す』をモットーにする殺し屋ジャッキー・コーガン

見ていられないから優しく殺す・・・と言います

さまざまな思惑が複雑に絡み合う中

ジャッキーは賭場強盗事件に関わった奴らを皆殺しにすることを決め実行

という内容です



クライマックスを迎える辺りで以下の台詞が出てきます(小説内ですが)

「人は何をしたかじゃなく、何をしたかを、どう周囲に見られているか」

ここに実はスト−リ−の焦点があります

小説の文中にも ここは長く書かれています

『お前が何故殺されるか?』を説く部分です

表社会も裏社会も結局はこの

「人は何をしたかじゃなく、何をしたかを、どう周囲に見られているか」

に凝縮されているという事です

劇中はブッシュ大統領からオバマ大統領へと変わるタイミングです

知っての通り“CHANGE”を掲げて登場したオバマ大統領ですが

現実アメリカ国内の問題がチェンジされたか否かは御察しの通り



この物語でコーガンは人を全く信用しません

『信じられるのは自分の腕と金のみ』

『遠慮はしない 誰にも頼らない』

職人そのものです

金は欲しいのでしょうが

己の存在価値が重要となっています

現代の『あらゆる仕事』と同じでしょう



つまり・・・

コ−ガンはプロフェッショナルなのです

プロフェッショナルとは何事にも(いかなる事にも)規制されず

思うがままに考え 己のタイミングで実行します

それは 失敗の起こりうるタイミング等も察知できるからでしょう

たまに巷では・・・プロとアマチュアの違いについての話になりますが

プロフェッショナルとは その仕事に酔狂している事だと感じます

そして

Client(依頼人)は慎重に依頼先を調べるのも鉄則です

情報が絶対漏れないか? 腕は確かか? と・・・

コ−ガンというプロフェッショナル

与えられた仕事を『自身が納得のいく形』で完璧にこなします

Client(依頼人)も十分に彼のタイミングで実行される事を理解されます

殺し屋を雇う場合だけではなく これもごく普通の考え方です

この映画は(小説は)人間社会の中での真実の虚しさも描かれている内容で

「人は何をしたかじゃなく、何をしたかを、どう周囲に見られているか」

ここにコ−ガンが殺す相手を定める真実の理由があります

実際 クライアント(依頼人)が掲げたリスト以外の人物もタ−ゲットに入れます

それは

『何をしたかを、どう周囲に見られているか』で判断します

事が起きる場合

理由は多かれ少なかれ『二つ』に絞られます・・・表と裏に分かれます

その双方が解らない場合は手を出さない事です

そして『裏と表』が解ったときに判断は付くものです

何事も慎重に進むべきだと この映画は教えます



ジャッキー・コーガンの華麗な仕事ぶり

期待できる作品でしょうね

(この記事はタイマ−発信によるものです)


Posted at 2013年04月24日 21時46分27秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*