★☆★ ACY§ACヨシノ ゼファ−最上位獲得!5月19日20日ツクバサ−キットテイスト・オブ・ツクバ #16松本選手モンEVOクラス 当店は原付修理/新車・中古車の販売を行う業務とZEPHYR1100に特化したエンジンチュ−ン&車体セットアップを得意としています ■◇■ KAWASAKI・ZEPHYR1100用JBパワ−製の80mmピストンキットにて1258ccへのボアアップを専門的に承っております ■◇■ エンジンオイルはYACCO/WAKO`S/といった油膜の非常に強いものノミを仕入れ使用取扱いにて皆様のエンジンを守ります ■◇■ 近郊にお住いの方々の原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日 ■ お問い合わせ・ご依頼・パ−ツご注文等は注文フォ-ムをご利用ください 作業に集中している場合がおおくありますので御願いします ■ 店舗対応時間:10:30〜17:00まで 以外は誠に恐縮となりますがエンジン集中作業・出張等・他昼間できない事を行っております
メインメニュー

得意技ACY/FCRキャブレーター装着


【得意技 ACY/FCRキャブレーター】

FCRが市場に降臨した時から私は愛用して来ました

昨日今日取扱いを始めた訳では御座いません

苦しみ苦しみ たどり着くというセッティング作業を

何度行なってきたか解りません

そんな情熱の塊が ACY/FCRシリーズ になります

ACYのFCRKitは Bito・R&D様 よりお分けいただき

長年の経験を100%以上活かしたオリジナルのセッティングを施し

皆さに装着・お届け致します

ここではZEPHYR1100中心の話となりますが

国産4気筒でしたなら お任せ下さい




NEW ZEPHYR1100用 オリジナルセッティング済み
FCR37mmキャブレ−タ−



シルバ−ボディ−仕様  ¥153,300-(税込販売価格)
ブラック・ボディ仕様  ¥174,300-(税込販売価格)

低速からのピックアップを望まれる扱い易さを確保! トルク追求型FCRエントリ−仕様です
39mmでは・・・ちょっと心配 という方に新たにACYは37mmをご用意致しました
シルバ−/ブラックボディ-両方共にブラック・ロングファンネルが付属いたします
ロングファンネルはKAWASAKI・2バルブ・Bigボアエンジンに最適の特性です
※標準の35mmファンネル(シルバ−ボディ-は赤・ブラックボディ−は黒)は付属いたします




★ ZEPHYR1100用 オリジナルセッティング済み
FCR39mmキャブレ−タ−



シルバ−ボディ−仕様  ¥153,300-(税込販売価格)
ブラック・ボディ仕様  ¥174,300-(税込販売価格)

高回転まで突き抜けるパワ−感は37mmとは一段違いが御座います
ACYでの標準ベンチェリ−径がこの39mmとなります パワ−&トルク追求モデルです
シルバ−/ブラックボディ-両方共にブラック・ロングファンネルが付属いたします
ロングファンネルはKAWASAKI・2バルブ・Bigボアエンジンに最適の特性です
※標準の35mmファンネル(シルバ−ボディ-は赤・ブラックボディ−は黒)は付属いたします



普通多くの皆様は

低速から大きなトルクを感じられる設定が好きだと思います

それは勿論マシンを走らせる場合もっともな事ですし

それこそが速くマシンを走らせられる手段でもあります

そういった内容をFCR装着時にも求めるのは当然な思いと感じます

レーシング・・・という形容詞に対し

『マシンが速くなる』という感覚が芽生えるのも これ当然でしょう

しかし・・・

レーシングタイプのエキゾーストシステムを装着したマシンにFCRを装着すると

非常にセッティング&アジャスティングが難しいのは確かになる事実だと

覚えておいて頂きたく思います

レーシングタイプ(所謂レーシングマフラー)と名打つマフラーは

高排気効率を狙う為自ずと低速域側では排圧が掛かりにくい構造となっています

レースというのは先ずトップスピードを上げる事が必要不可欠です

トップスピードは全開域で稼ぎます

その時に爆発的なパワーが出る事を設定します

故に・・・マフラーが『燃料をもっと食わせろ』と挑発します

それを幾千通りのセッティング方法から最善最良の内容を選び抜きます

そして各セクションに合わせ微調整を行なって行きます

レースですから仮に10000rpm回りピークが9500rpmというZEPHYR1100があります

中回転5・6000rpmから上で使うというのがだいたい常識となります

そうなのです

レーシングマフラーというのはこういった戦う為に産まれて来ます

SS車はもっと回りもっと上にピークがありますから

排気ディバイスを装着し抵抗を設け中速(7・8500rpm)でも

アクセル&エンジンレスポンスが良い様に設定するのです

ZEPHYR1100レーサーで勝つために生れたマフラーを装着したなら

5000rpm以下は使わないという前提が常識となります

一般公道においてJMCA認定外のマフラーを使用する場合は

こういった事柄を納得して使う心構えが必要になる事を

多くの皆様が理解されていない事が実情にもなっています

しかしZEPHYR1100はマフラーにより大きく左右されるのも確かです

抜けの良いマフラーはパワーが獲得し易いというのも事実なのです

よって排気効率の良いマフラーを多くの皆様が好む事は否めません

こういったマフラーを装着しFCRを装着する場合ライダーのチカラが

とても必要になってきます

排圧が掛かりにくい高効率高回転出力タイプマフラーはノーマルキャブのような

コンスタントバキューム(CVキャブ)ならば

右手(アクセル)の操作がラフだったとしても

キャブが吸入負圧をほぼ自動的に感知し常に最良の混合気を

エンジン内部へ導入しますから『乗りにくい』という感覚は低くなりやすいのは事実です

しかしFCRはピストンバルブタイプのキャブゆえ

高出力を発生させるには非常にデリケートにアクセルを操作する事が

約束されます

FCRはレーシングキャブだという事を常に発信していますが

レーシングという名の通り高回転域でパワーを獲得するパーツなのです

実際背圧(背圧とはマフラー内部での抵抗ともいいます)がシッカリ掛かる場合

作動ガスは燃焼室内及び排気管内に停滞する時間が多くなります

従ってトルクを発生しやすくなります

トルクが大きければ馬力は稼げますが排圧は抵抗でもありますから

回転上昇には邪魔モノとなりトルク×回転数で得る馬力は

レーシングタイプマフラーに対し稼ぎづらくなる事がお解りお解り頂けると察します

排圧がかかりやすい場合はアクセルをラフに操作しても

FCRは追従しやすいのは事実なのです

MORIWAKI製の『モナカ』がいい例になります

作動ガスが排気管内部に滞留する時間が短いレーシングタイプマフラーは

トルクを得にくいが為回転を稼ぐ事が前提になることも覚えて頂ければ幸いです

排気管内部に滞留する作動ガスがトルクを産む為

実際はマフラーを選択する時点でマシンキャラクターは決まりますので

もっと慎重に選択をして頂きたく思います

もっと言うならば・・・

レース管と言われるマフラーに対しFCRを装着する場合

低速〜中速域までの間のマシンキャラクターは

『ライダーの右手』が左右してしまうという事です

いい例がハイスロットル化による障害です

せっかくパワーを獲得出来るパッケージングなのに

ハイスロットル装着により乗りにくくしてしまう・・・という事です

FCRは二次曲線的に右手に対しキャブ内のスロットルバルブが開いて行きます

ACYではストリートにおいて40パイや42パイというスロットルは否定します

レースならば高回転域で使用しますのでハイスロットルでも十分ですし

必要なのです

が・・・ストリートでは極低速のドライバビリティーを多く求められますから

エンジンが欲しがるアクセル開度以上に開いてしまうハイスロットルは

FCRに対しては不要のものと判断して居ます

FCRは実際レーシングキャブとして販売されています

当然製品に対して『保証』などは一切適応が御座いません

それを現在は 当然・当たり前の如く多く装着されています

多くの方が一般公道で使用されて居ます

その需要に対して出来る限り『多くの喜び』が『多くの皆様』に得られる様に

ACYは日々考え オリジナルセッティング仕様のFCRを販売しています


FCRというキャブレーターは『オーダーメイド』なのだと感じます

いわゆる『専用品』という感覚が本当のことだとも思います

右手の開閉具合 エンジンの消耗具合 車速の上げ方 常用車速の違い マフラーの種類

皆様それぞれ違います

自分だけに合ったFCR! それが欲しいですよね?

装着されているレーシングタイプマフラーに対して『無理を通り越し道理にする』という

公道用FCRセッティングは『オーナー様の協力』なくして完成し難いですし

達成は非常に難しと思います

この様に『思い込み』という勘違いが多くオートバイを取り巻く中において混在して居ます

事実は違うという事が多くあります

こういった本当の事に皆様が耳を傾けて頂ければ

更にオートバイを楽しむ事が出来ると切に感じています

JMCA品はに常識的なレーシングサイレンサーの組み合わせに関しましては

それ程セッティング&アジャスティングはACYでは難しくありません

抜けの良い レーシングタイプマフラーでFCRを装着し

『下〜上まで乗り易いマシン』にするとう行為は

実に ワン&オンリー となります

先ずはストリートならばハイスロットルの選択は止めて下さい

そうすればゴールは必ず近付いて来ます

ワン&オンリー それを確立する事が我らACYの仕事でもあります

『こんなもんだよ!』なんて事はACYでは発する事を非常に拒みます

ACYでご購入されたFCRならば最良の状態に何が何でも持って行きたく思います

是非ご一緒に協力頂きワン&オンリーのFCRを造り上げて行きませんか?

長く付き合ってきたFCRキャブレーターには自信が御座います


★ ZEPHYR1100用 オリジナルセッティング済み
AC・YOSHINO・High・END・FCR
FCR39mmキャブレ−タ−・デュアルスタック・ファンネル仕様




¥225,750-(税込販売価格) 最高にカッコいいFCRです!

ACYでの一番人気FCRが 正にこの仕様になります
ス−パ−チャ−ジャ−の如くマシンが前に出て行く感覚は最高です!
FCRが初めて・・・という方々にも安心して御使用頂けるACY・FCR高級モデルです 
※標準の35mmファンネル(シルバ−ボディ-は赤・ブラックボディ−は黒)は付属いたします




★ ZEPHYR1100用 オリジナルセッティング済み 
AC・YOSHINO・High・END・FCR
FCR39mmキャブレ−タ−
デュアルスタック・ファンネル・ブラックアウト仕様




¥240,000-(税込販売価格) 最高に色っぽく高級感あるFCRです
 
見れば見るほど魅了されるブラック&レッドの陶酔感 酔いしれて下さい
悪魔の囁きの如く その怪しげなキャブが『アクセルを開けてくれ!』と語りだします
ルックス&ポテンシャルは最高状態です 既存のFCRとは一線を画するSPL仕様です
※標準の35mmファンネル(シルバ−ボディ-は赤・ブラックボディ−は黒)は付属いたします




★ ZEPHYR1100用 オリジナルセッティング済み
FCR41mmキャブレ−タ−・エキスパ−エンジン対応仕様

1135cc・1258ccボアアウトエンジンの為に!更なるパワ−アップがはかれます!



¥168,000-(税込販売価格)

ACYにての数々の経験から導き出したジェッティングにより当然乗り易さも確保済み
無理といわれた41mm大口径を完全調律し エキスパ−トエンジン&ライダ−へ贈ります
※標準の35mmファンネル(シルバ−ボディ-は赤)は付属いたします



俺は オ−トバイという乗り物の『味』が好きだが しょっちゅう飛ばす訳でも無い

でもイザという時が来たならば 胸のすくような加速感を感じたい ・・・!

こういう御客様は多くいらっしゃると考えています

リタ−ンされた方々にも 安心して使えるモノでなきゃいけないとも 勿論考えております

実際 AC・YOSHINOでセッティング・アジャスティングを施す場合

試乗をしながら作業は進みますが こういった全ての事柄を多く想定し行います

使用されて来た過程の中で マシンの状況はまちまちなのが確かで御座いますから

実際の試乗は とても大切な作業に感じております

したがって 試乗は『命懸け』の行動と思っております

試乗には シャ−シダイナモ上では決して行えないシチュエ−ションが多く存在します

路線バスの後ろを追従走行する 御年寄りの運転される4輪車の後を走る

いたって当たり前 日常の事柄の中でも 十分使えるFCRを御提供したく考えております

これらの内容はレ−スやサ−キットを走るときよりも 

格ちがいの過酷な世界が実際に求められます

それらを完全に網羅対応できるように開発もしてきました

AC・YOSHINOのリリ−スするFCRシリ−ズは

『安全に・楽しく・そして必要な時には速く』走れるキャブレ−タ−を求めてあります


そして ピストンバルブ方式という事を念頭にキッチリ置いて頂く事で

最高のパフォ−マンスが ライダ−にの手によって生み出すことが可能です


キッチリとFCRを使いこなすために ライダー(オーナー様)のご協力も頂き

ご一緒に喜びを分ち合えれば最高だと思っています

そして是非お確かめください! 秘して華なるACYスピリットを!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Come On!リターンライダ−の方々へ!

ACYではライダ-に優しい乗り味のマシンを造って行きたく思います
マシンを真剣にチュ-ニング(調律)して乗り易い設定にします
先ずは扱いやすいマシンで楽しく乗って頂く
コレを目標にACYはオリジナル商品を開発・販売・そして作業をしています

ACYはリタ−ンライダ−を応援します!!ACYにお任せ下さい!!
何が良くって 何が悪いのか
一緒に 笑いながら 楽しく マシン造りいたしましょう!

カッコイイが良いじゃん! ですよね!
渋い 粋な 安全なマシンを 造りませんか?

Hiding Power & Pure The  SPEED 

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

Posted at 2012年09月26日 20時41分49秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*