★★ ACY§ACヨシノ ★オ−トバイ職業はHONDAサ-ビス 【エンジン】メカニックに始まり 既に30年以上バイク整備を続けてきてます 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★皆様の好み通りに塗り上げるカスタム・ペイント承りいたします ★キズ直しや凹みも修理OK!純正補修塗装/板金修理承りいたします ★車検・点検・新車販売・中古車販売・各種カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:出張日 配達/引取り時 レ−ス日 サ−キット走行日 ■ 営業時間:11:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分
メインメニュー

必要なモノは!



必要なモノ

ここでは 速さに必要なモノ を書かせていただきます


◆パワーを稼げるFCR

これはコーナー脱出に助けになります

パワーが断然足りませんノーマルキャブでは

ノーマルキャブでは特性がダルい為 

ゼファーが持つ本来のエンジン特性がスポイルされます

更には速く走ろうとすればするほど

ノ−マルキャブでは 早めにアクセルを開ける努力が必要になります

それは一般公道の場合危険です

ならば何時でも思った通りにパワーを捻出できる

FCRがあれば危険を侵す事が避けれます

そしてノ−マルキャブで行くなら

エンジンをシッカリさせる事が大切です

エンジン自体を好調にしたり パワフルにすることで コ−ナ−脱出も楽になり

速さに繋がります



◆頭の良いリヤサス

アクセルを多く速く開ける為に必要です

更にはシャ−シ全般を支配するのがリヤサスペンションです

ライダ−の求めるダンピング特性にアジャストメントさせる為にも

ダンパ−調整機構が装備されていて ライダ−に多くの情報を与える

高性能リヤサスは 絶対に欠かせません

老舗のWP OHLINS といったメジャ−ブランドが役に立ちます



◆粘るフォークスプリング

バイクが前を向いて走る以上

当然全荷重を最初に受持つのがフロントサスペンションです 

サスはスプリングありき! これは当然必然的に速く走るためには必要なはずです

純正品では追い込めない領域になりますので交換が絶対必要です



◆しっかりと効くブレーキ

ブレーキが効かない限り速くは絶対に走れません

ブレ−キが上手に掛けられない限り アイツ・・・より速くは走れません

アクセルは開けるだけでマシンの能力分加速はします

しかし・・・そのスピ−ドを殺しカ−ブを曲がりきらなければ為りません

減速は加速の為の準備なのです

ブレ−キは 高価なものを装着すれば良いという事ではありません

使い切る事が必要です

使い切るための方法や手段を理解した後に ブレ−キシステムを交換するのが良いです

無用な遊びの多いレバ−ほど危険なものはありません

そういった事の理屈を知ることは大切です

早く・・・フォ−クとの関連性に気が付いて下さい

効くと言われるパッドは 熱を上げる事が必要です

熱を上げられない場合はノ−マルの方が効きます

コ−ナ−進入スピ−ドの高さの重要性を知って下さい

サスペンション&タイヤに強烈なGを掛けることで速さが生れますので。。。


◆そして運動能力がもっと欲しいならば

マルケジ−ニ・ホイ−ルを装着してみて下さい

徹底管理された その製品は

手足が自在に動く感覚が得られます

高速運動性能が手に入ります 確実に!

加速が良くなります ブレ−キも効くようになります 寝かしこみも楽になります

これらがバランス良く機能すれば言うこと無しです

これだけで必要にして十分です


全ては安全に速くという範疇の中で『必要なモノ』という話です

そういった本当の事は どこにも書いてはありません

このブログが皆様のヒントになれば 幸いです


必要なモノ

それは 全てが関連性を持っています

速く走る ・・・ となれば雑誌などでは絶対に収集は出来ません

なぜなら ・・・ 本音と建前の世界だからです

本当に情報が欲しい場合は サ−キットへ出向く事が近道です

現在 多くのACYの御客様がサ−キットに行き 何らかの走行をされています

皆様口を揃えたように仰います・・・『走ってよかった』と。。。

本当に情報が欲しいなら 目を鍛えSHOPを選ぶべきです

そこには 速さに関する真実が有るからです

ACYがブリヂストン様主催のサ−キット走行会へ誘導したい理由は

真実があり 真実が発見でき 真実に打ちのめされて進化できるからです

今や 間違った方向へ業界が向かっていきそうに感じます

国内車両メ−カ−も バイクが売れなくなったら 

さっさとサ−キット走行から手を引きました

引いた代わりに ハ−レ−ダビットソンジャパン様の手法を取り入れました

・・・売れるからです・・・イベント・・・カスタム・・・走りの外で。。。

これに関しては悪くは思いません

『楽しみ方は様々です』から。。。

でも ブリヂストン様は 20数年ずっとサ−キット走行会を続けて来てくれました

皆様に 速さの真実 を伝えたいが為です

こちら側にACYは賛同しているだけのことです

ハレ−ダビットソンには 速さは多く望まれません(一部車種を除き)

でも此処は 日本ですから! 日本にも日本なりのオ−トバイ文化はありますので

スポ−ツバイクを選んだ以上 速さ 速く 走りたいと思うはずです

少なくとも吉野はそういう考えです

皆様レ−スに出る為のサ−キット走行会では 決してありません

真実を知る為のサ−キット走行会なのです

街中でカッコよく走る為にも 必要なモノを 道筋立ててシッカリ習得して欲しいんです

サ−キットは ・・・ どうも ・・・ という方も当然いらっしゃいます

ならば真実を御教えくださるSHOPを見つけて下さい

速く走るための真実を御教えくださる。。。

ACYは見失われつつある オ−トバイの未来を考えます

皆様 必要なモノに一直線に向かって下さい

Posted at 2012年04月26日 23時40分03秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*