CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブレタ−の限定販売〜取り付け〜調整&オ−バ−ホ−ル等をお任せ下さい! その他車種においてもFCR&CRキャブレタ−の販売〜セッティング出しまで行っていますので不調等のご相談も承らせて頂いています ★CB750(RC42)&CBX750(RC17)専用ウオタニSP競侫襯僖錙櫂ット販売〜取付け〜セッティングまで全て承りさせて頂きます ★原付スクーターのオイル交換/バッテリー交換/タイヤ交換等 各種は常時在庫を備えてパンク修理まで御力にならせていただきます ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:火曜日(午後若しくは終日)&水曜日(終日) H30年12末まで土・日・祭日も御休み有り・事前にフォ−ムからご確認ください
メインメニュー

ZEPHYRホイール交換への疑問ご質問への御答えです



只今 大好評 !!
SALE
全国のマルケジーニを狙っている皆様に!!
勿論全国の方々に通販でもお気軽に御利用頂けます!



★★ マルケジーニ購入 ACY・ホイ−ル下取りシステム ★★
現在社外軽量ホイールを履いているが マルケジーニ・ホイールを履きたい!
スペシャル下取りシステムを発進いたしました
勿論マルケジーニ販売システム【Aコ−ス】【Bコ−ス】共に御利用でご購入頂けます
両者共に 何れもお買求めやすく設定させて頂きましたので是非御利用下さい
【 ★マルケジーニ購入 ACY・ホイ−ル下取りシステム★ 】
http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0333661.html
上記URLを↑↑クリック頂き ご説明記事をお確かめ下さい


多くの皆様にご支持頂いております
★★ マルケジーニ購入 ACY・オリジナル販売システム ★★
【Aコ−ス】【Bコ−ス】共に御利用でご購入頂けます
両者共に 何れもお買求めやすく設定させて頂きましたので是非御利用下さい
【 ★マルケジーニ購入 オリジナル販売システム★ 】
http://cplus.if-n.biz/5002051/party/17902
上記URLを↑↑クリック頂き ご説明記事をお確かめ下さい

どうぞお気軽に御利用頂きたく思います

Hiding Power Specialist   AC・YOSHINO・SMR
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


【ZEPHYR1100のホイール交換に関するご質問への御答えです】

【質 問(1)】
タイヤのみ交換の場合お勧めのブランドはありますか?


【吉野なりのお答えです】

多くのZEPHYR1100ノ−マルホイ−ル車に試乗して
とてもマッチングが良く思えるのは以前はミシュラン・PILOT-ROAD2&3に為ります
BT023が発売となってからは こちらをメインにお勧めしています
路面からの情報を鉄フレ−ムを介し良く伝えてくれます
フレキシブルな性能ですのでオ−ルラウンダ−として使用出来ると思います
タイヤの硬さがなく乗り心地もとても良いです
社外ホイ−ル17インチの場合は コレとはまた違う物もをご提案できます


【質 問(2)】
タイヤ+ホイールの交換(フロント17インチ化)
 
,勧めのブランドはありますか?


【吉野なりのお答えです】

弊社がブログ等で発信している通りホ−イ−ルに関しましては『マルケジ−ニ製』が御勧めです

といううよりマルケジ−ニ以外は販売する気持ちが薄いのが事実になりますが

エントリー仕様としてリーズナブルなゲイルスピードTypeーNをACY特別仕様として

ブラックアウトを施し限定でお取り扱いをさせて頂いております

マルケジーニはメ−カ−の徹底した販売に至までの生産・出荷の管理に心が打たれました

2輪世界GPでもHONDAをはじめ使用している事実が製品の信頼を意味していますし

社の理念が素晴らしいところにも取り扱いの意味が御座います

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0230816.html ←こちらにアクセスいただければ

弊社のオリジナル販売システムが御覧になれますので御活用頂ければ幸いです

タイヤに関しましても上記の記事に掲載していますとおり

多くのマルケジ−ニホイ−ルを取扱って来た結果ブリジストンorミシュランの

タイヤを御勧めしています

 

▲侫蹈鵐17インチ化に伴い変更必要な『パーツ』を、ご教示お願いいたします。

※実は(2) △瞭睛討判りづらくて困っています。
タイヤ+ホイール交換のみで走行するとハンドルが切込み過ぎる等、
支障があると聞いたこともありますし・・・
当方の知識不足に加え、色々な情報が溢れてますので、混乱しています。
予算もありきの部分ですが、『これだけは必要の仕様』と『標準の仕様はこの位』を、 
判りやすく 回答いただければと、思います。


【吉野なりのお答えです】

タイヤ+ホイール交換のみで走行するとハンドルが切込み過ぎる・・・

というのは事実で御座いますし危険です

高速道路走行中に車体が触れだして転倒という事も予想できます

理由はタイヤを(ホイ−ル)を小径化すると前後のバランス(姿勢)が

ノ−マルの状態から離れます

フロントが小径化を招くと前下がりの姿勢になります

となると前タイヤの接地位置が車体後方側にもぐりこみ設地位置が後ろに入り込みます

と為ると安定成分が減少しクイックなハンドリングと変わり直進安定性まで減少いたします

デメリットとしてコ−ナ−へ(曲がり角も含む)進入すると

ホイ−ルの内側への舵角が強くなります

内側へ内側へと前輪が入り込もうとする性質が強く発生します

それが所謂『切れ込んで行く』という言葉として表されます

もっと簡単に言えばタイヤの空気圧を落として(例えば0.5キロまで)

ユックリ曲がり角を曲がってもらうと

その『切れ込む』という感覚が味わえます

オ−トバイではなく自転車でも空気を抜いて乗ってみれば確認できますので

TRYしてみてください

空気を抜くという事は『高さを下げる』と同じ方向のテストとなりますので御確認下さい

そしてタイヤ自体の強度が落ちた為踏ん張れないが為に

倒れようとする成分が強く働くからに為ります

踏ん張れないという意味や感覚はタイヤが地面との接地する位置関係で現れます

従ってトレ−ル成分という表現で表されて行きますが

オ−トバイに必要のタイヤ接地面積と位置は

とても大切ですのでノ−マルの18インチから17インチへ落とした分の

高さを補正することは最低限でも必要な作業で御座います


『これだけは必要の仕様』としては

1)フロントフォ−クの延長
2)フォ−ク内部のスプリング交換

1)にかんしましては前記の内容に為ります

2)に関しましてはホイ−ルを交換するという御客様に対してだけではなく

ZEP1100全般に対しての提案になります

ノ−マルのフォ−クスプリングは柔らかく設定してありZEP1100自体の重みで

ストロ−クの1/3を走り出す前に使い切ってしまっています

そうなると車体が重く感じますしブレ−キ性能が十分発揮できなくなります

フルボトムが早く来てしまいブレ−キのロック限界が近くに来てしまい

それを弊社ではフォ−ク内部を少しチュ−ニングしOILを動きに合わせています

こうすることにより硬さを抑えつつ楽しく操れる様になりますので

特にレ−ンチェンジや進路変更時に『軽い』という印象が産まれます

フロントフォ−クは『沢山動かしてあげる事』がどのマシンにも必要です

だからといって柔らかいスプリングを使用するのは少し違う意味合いとなると考えます

サスペンションはスプリングにはじまります

衝撃緩和装置という位ですから『先ずはバネ』です

そのスプリングの反力を制御するのがOILです

そして調整機構でサスペンションが動く『時間を管理』してあげます

その内容を最小限のコストで達成できるものが弊社の商品と為っております


『標準の仕様はこの位』

1)上記の内容に+してリヤサスペンションの交換を提案いたします

ZEP1100のフロントフォ−クには調整機構がありません

実際はオ−トバイは前に向って走りますので先ず外乱・荷重を受けるのは

フロントフォ−クなのです

OHLINSや弊社得意のMF45への交換は多いに『安全』を獲得する事に貢献いたします

しかしコストの関係も皆様ありますでしょうから交換せずにリヤサスペンションで

フロントフォ−クの動きをもコントロ−ル致します

その設定具合は永年真剣にオ−トバイと向かい合ったチュ−ナ−でなければ

成し得られない技と為ります

ホイ−ルの恩恵を更にあげる場合にはとっても有効な処置となりますし

ノ−マルホイ−ルでも十分にその商品達は威力を発揮いたします

2)もっと深く入り込む場合はステアリング・ステム交換になります

が・・・使い方・使い道がスポ−ティ−性能の追求を必要としなければ

ノ−マルステムでも十分に感じます

ステアリング・ステムのフォ−クオフセットを少ない方向に向けると

先ほどのトレ−ル成分が多くなりますので

切れ込み感も解消し更に攻め込めるマシンへと造り込める状況になっていきます

峠やサ−キットで元気良くマシンを操りたいライダ−には必要となってくる部位で御座います


タイヤのグリップUPが望めますがフレーム補強等は必要でしょうか?

【吉野なりのお答えです】

グリップが上がり路面からのキックバックを受ける事は確かにありますが

ZEP1100で公道を走行するにあたり間違った事を車体に施さなければ

補強は一切必要なく思います

吉野自身のZEP1100もエンジン&シャ−シをチュ−ニングして

レ−スに出れるようなタイヤを履かせていますが

変なバイブレ−ションはニ−グリップと上半身の力抜きさえ守っていれば発生しません

リヤサス&フロントフォ−クの変更が実現できますならば

先ずは安心して楽しく走れると思います


【質 問】

(3)タイヤ+ホイールの交換(前後18インチ化)
最近この仕様を耳にしますが、どうなのでしょうか?


【吉野なりのお答えです】

吉野自身はアリと思います

簡単に表現するとマシン自体の動きは鈍くなりますがオ−トバイ然とした乗り味が産まれます

KAWASAKI・Zのようなマシンを大きく振り回すような乗り方が出来ますし

コ−ナ−リング中の安定力は大きくなります

身長の大きなライダ−には好まれると思います

しかし最新のタイヤを選択できなくなるデメリットは産まれる為ハイグリップ志向の方は

要注意と為ります

弊社で名の御客様がBito・R&D製のマグ鍛ホイ−ルを履かせて元気良く走っています


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

◆ACYへ【相談事 & 交渉事】をお気軽にメール・御電話でお寄せ下さい◆

望まれるカタチ 望まれるスタイル 望まれる商品 
個々のご相談にACYは乗らせて頂きます! 望みを叶えたく思っております!
心地よいマシン ・・・ それを皆様が望まれていると思います
走りに直結した内容で お応え致します!

http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0327274.html
【相談事 & 交渉事】 詳しくは上記↑↑URLに移動頂き 御説明を御読み下さい
皆様のお力添えができれば 私どもは光栄で御座います
記事を御読み頂き 『これなら安心だ 聞いてみよう!』と感じましたら
t-yoshino@acy-samurai.co.jp ← こちらへ お気軽にメールを送信下さい
0471−74−0336 ← こちらへ ご遠慮なく御電話を御掛け下さい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ZEPHYRと上手に付き合うには

http://acy-samurai.co.jp/zpr/index.html  Go!本文はこちらに御座います
是非ACY・HP・トップに↑↑移動頂き お読みください



『一般的なカスタム車とはまるでノリが違う』
『動くべき所がちゃんと動いてライダ−に余分な負担が掛からないマシン』
『レ−サ−並みに繊細でハイレベルな足廻り』

ハイパ−バイク誌テスタ− Gトライブ様 代表取締役 戸田隆氏 から頂戴したコメントです

ZEPHYR1100人気が過熱する前に ACYは既にこの次元に到達しています
全国のZEPHYR1100乗り方々 シンプルで粋でハイバランスなマシンを造りませんか?
老舗の意地を掛け流行廃りに左右されない 伝統的なオートバイらしい乗り味を必ず出します 
ACYは『乗り易い』をい徹底的に狙うSHOPです マシンに望む事は このように明確です
是非お確かめください! 秘して華なるACYスピリットを!

AC・YOSHINO・SMR (有限会社オ−トサイクル・ヨシノ)
代表取締役 吉野富三郎

国家2級ガソリンエンジン整備士資格保有
国家2級ジーゼルエンジン整備士資格保有
HONDA2輪1級サービスエンジニア資格保有
MORIWAKI・ENG テクニカルサポ−トSHOP
本物の国家資格整備士が御客様方々の愛するマシンを調律いたします

Hiding Power & Pure The SPEED 
AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

Posted at 2012年03月28日 23時06分52秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*