★☆★ ACY§ACヨシノ ★☆皆様がオ−トバイへ抱えている機能上の問題を解決できます ★☆レ−ス/サ−キット走行が大好きです 地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ★☆★ ACY車検¥49,800〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋なバイクSHOP  ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日   ■ 火曜日午後は主に登録/車検関連の仕事の為店舗はお休みとなります 水曜日はBDSオ−クションへの参加がほぼ毎週となります ■ 依頼開始:10:00〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております
メインメニュー

マフラ−についてのご質問への解答

『関口氏』

からの質問に対しての

吉野なりのご説明です


【ご質問内容】

良くサイレンサーの内径絞ると上が回らなくなる変わりに

低回転でのトルクが出たりすると思ってるんですがそれって

本当なんですかね…。

また、エキパイの集合方式も4 into 1は、高回転むきで

4→2→1だとトルク重視とかありますがことの真相はどうなんでしょうか?

CBXの集合方式と4 into 1から4 to 2 into 1にしたら低回転のトルク凄く出てるきがします。

しかもトルクがあるから乗り手は、気持ちが良いんですよね。(笑)


【吉野なりの お答え】

専門的な表現は 難しいので

例を掲げてご説明します

取っ掛かり的な表現となりますが ご勘弁下さい

排気の出口を絞り込むとパワ−は削がれます

これは 排気口を手で(熱いので気を付けましょう)塞ぐと

エンジンは止まってしまうという事で

エンジンを活性化するには出口の口径は非常に大切だと言う事が

このテストで簡単に証明が付きます

エキパイの連結方法ですが

排気作動ガスを 『ところてん』 と考えると容易に解釈が出来ます

一回の爆発に対して 排出される 『ところてん』が 

次の 他の気筒で爆発を起して排出される『ところてん』と

4−1や4−2のジョイント部で干渉した際に一旦動きが止まります

その停滞している時間は

また次にやってくる他の気筒からくる『ところてん』までの

時間・エンジンの回転数やによって変化します

それが 『高回転向き』とか『低中速向き』という表れになります

『ところてん』が流れてくる勢いの違いとしても表せますので

『ところてん』を箸で摘むまでの間の問題が『高回転用』『低中速用』という表現ではなく

『向き』という表現で表すのが適切なのだとも思います

4−1だと簡単に言えば干渉は一回で外気に排出されます

4−2−1だと二回干渉して外気に排出されます

よって干渉は停滞を生みますから排出スピ−ドは落ちます

よって4−1は『高回転向き』 4−2−1は『低中速向き』と言われているんだと思います

もっと厳密言えば 深い内容がありますが

取っ掛かりとして『ところてん理論』でご説明しました

なので『パイプの径』も太ければ『ところてん』の干渉は少なくなりますから

流れがスム−ズなので『高回転用』となり パワ−を導き出し易くなると思われます

従って ノ−マルのエンジンに対し 

やたら太いパイプを使用すると『スカスカ』になりますから

その隙間が埋まらない限り『ところてん』は連発して箸まで辿り付かない為

密度がなくなるので回転を上げ『ところてん』の排出を連続的にじゅず繋ぎにしないと

管内の圧力が高くならない為『パワ−=チカラ』が生まれません

この『じゅず繋ぎ具合』が『排気の抵抗』や『排圧』と呼ばれるもので

パワ−特性に非常に重要な役割が出るという事がお解りいただけると思います

排圧が掛かれば抵抗が生まれます

その抵抗が『じゅず繋ぎ具合』を生むので『トルク感』が得られます

しかし抵抗が多いとスム−ズな排出が難しくなりますから

一回の爆発で排出された『作動ガス』が管の中で停滞する時間が多くなるため

所謂『ふん詰まり状態』がおき 

エンジンの回転に規制がかかり回らなく為っていくというわけです

エンジンの性能の目安とされる出力ですが

それ自体はトルクに回転数と比例定数をかけて求められる「仕事」の量となりますから

理屈上では 双方を大きく求める事は出来ても

実質は堂々巡り的ですので マフラ−の設計は大変だという事になります

更には 消音とパワ−を両立するのは容易いことではなく

現在のCBR1000RRなどは 

ノ−マルマフラ−が一番パワ−が出ると言われていますよね?

それを打破するには補機類の変更や 調整を行い

コンプリ−ト状態でセットアップしなければなりません

チュ−ニングはそういったト−タルバランスが必要となります

MORIWAKI様やTSR様が造るマフラ−は

マシンがノ−マルの状態でストリ−トにおける乗り味の向上を狙っています

関口氏が仰る通り トルク感が増加し アクセルレスポンスも向上します

その造りこみには 脱帽いたします

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★お問い合わせは★

弊社ホ−ムペ−ジ『質問・問い合わせ』
http://acy-samurai.co.jp/inq/index.html ←こちらへGo!
URLをクリック頂きフォ−ムを記入頂きお尋ね下さい

直接のメ−ルは t-yoshino@acy-samurai.co.jp ←こちらに お願いいたします
お名前・ご住所・お電話番号を御記入の上 御願いいたします

勿論御電話でのお問い合わせも御受け致します
Tel 04−7174−0336 AM10:00 〜 PM6:00 毎週水曜日定休です

オ−トバイに関しますご質問を御気軽に頂きたく御願い致します

ACYでは オ−トバイを真剣に楽しもうというスタンスの方々に味方いたします

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Come On!リターンライダ−の方々へ!

ACYではライダ-に優しい乗り味のマシンを造って行きたく思います
マシンを真剣にチュ-ニング(調律)して乗り易い設定にします
先ずは扱いやすいマシンで楽しく乗って頂く
コレを目標にACYはオリジナル商品を開発・販売・そして作業をしています

ACYはリタ−ンライダ−を応援します!!ACYにお任せ下さい!!
何が良くって 何が悪いのか
一緒に 笑いながら 楽しく パ−ツ吟味いたしましょうよ!

カッコイイが良いじゃん! ですよね!
渋い 粋な 安全なマシンを 造りませんか?

Hiding Power & Pure The  SPEED 

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

Posted at 2012年01月28日 12時08分01秒

 
この記事へのコメント

ところてん理論

ところてん理論分かりやすく勉強になりました。
ただ単に抜けが佳すぎても駄目なんですね。
やはりマフラーは、奥が深いです。(-_-)/~~~
Posted by 関口です。 at 2012/01/29 14:14:21

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*