地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ★☆★ ACY車検¥45,100〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋のバイクSHOP  ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日   ■ 火曜日午後は主に登録/車検関連の仕事の為店舗はお休みとなります 水曜日はBDSオ−クションへの参加がほぼ毎週となります ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております
メインメニュー

御礼 吉野富三郎



AC・YOSHINO・SMR  代表 吉野富三郎 で御座います


まず 年越しと為ってしまいました 仕事をご依頼頂いております皆様に

この場をお借りいたしまして 深く心からお詫びを申し上げます

 

本年もACYブログにお付き合い頂きまして ありがとうございました

並びに コメントを頂戴しております方々

支えに為りました 本当にありがとうございます



ACY並びに吉野・内田共に 皆様のおかげで とても幸せな気持ちになれた一年でした

勿論苦しいことも人生ですからありました

理解深い 御客様に恵まれ 守られたと感じる一年で御座いました


本年は ACYオリジナル商品への共感を多く頂けたことも実感出来る数字として残りました

ZEPHYRシリーズ & CB750(RC42)に関しましては 

小さい店ながら お仕事を沢山頂けました

以外の車種にお乗りのお客様にも とても多く可愛がって頂けました

ありがとうございました

そして多くの皆様に 元気と勇気を頂き今年も過ごせました

南は沖縄 北は青森 というように全国各地の御客様 本当のありがとうございました



ストリート・チューニングというモノを どう伝えるか?

これが ACYブログ のテーマです

確かに本年はレース&レーサーも手掛けましたが

それはピンポイントですので それに乗るレーシングライダーがオンリーワンで

チューニングを捉えてくだされば良いんだと思いますので

このACYブログは あくまでもストリートを前提の内容で伝えさせて頂きました

御読み頂いている皆様は 既にお感じと思います

ACYは『乗り易い』をい徹底的に狙うSHOPです

マシンに望む事は このように明確です

もっとシンプルなところに答えが隠されているんだ!

と 奥深さを追求したい一心です

ACYは高額なパーツ郡を扱っています これはこれからも変わりはありません

それらは きっと 御客様が10年経ったあと

『あの時無理したかもしれないけど 吉野を信じて正解だった』

と 思っていただける事を確信しています

趣味だけど 『おもちゃ』 のような形では飽きてしまうと考えます

『俺は本物を持っているんだ』 といつも納得できるとも確信出来ます

もっと本音を言えば

信号待ちで隣に来たマシンと見比べた時 感じてくださると思います

『俺のは違う』・・・って!

強烈なパーツを装着しても それが主張しないマシンが『飽きない』はずです

逆に・・・パーツが主張しないよう隠してくれ!というお客様が多いのも事実です

それは・・『類が類を呼ぶ』という言葉を証明しているんですね

仮に派手なマシンをデモ用に作ったとしたら新しい展開があるのかもしれません

でも『興味が無い』という自分がいるので・・・困ったものでしょうか。。。


来春 1月に




STUDIO TAC CREATIVE  様より 

KAWASAKI ZEPHYR CUSTOM & MAINTENANCE

という書籍に ACY並びに吉野の記事が掲載予定になっております

そこには 赤裸々な吉野の過去が掲載される模様です

何故?HONDAで来た吉野がKAWASAKIにスイッチしたのか?

何故?ZEPHYRなのか?

何故?吉野はMORIWAKIファンであるのか?

何故?ACYの作り上げるマシンがこういったスタイルになっているのか?

などが書かれると思います


ACYはとても小さな店です

そこに 

MORIWAKI様を始め TSR様 Marchesini様 WP様 OHLINS様

といった商材を取り扱う事が可能なのか?

これは やっぱりそれら企業様の理念がとても大好きで

それら商品郡を扱わせていただくには『 口 クチ 』だけでは出来ない

という事をずっと勉強して来ました

確かに扱う事 扱い続ける事 これらは非常に大変な事なのです

御客様個々に これらメーカー様は 『商品の優位性・相談・リペアー&取付け』を

直接行いたいという気持ちが強くあるのは事実です

でも現実問題難しいのも事実になってしまいます

そこで私たちのような 『商品を心底愛しているSHOP』が代わって行います

だから『販売代(代わって)理店』と させていただくわけです

私たちはメーカ様に対して

『メーカーに代わり責任を持ち皆様に販売し・取付けをし・アフターフォローを行う』

という事を誓います

その誓に対しての応えとして メーカー様方も 真実の情報を多くくださいます

それは MotoGPや全日本での使用状況なども含め

商品自体の最先端のナマナマしい情報を頂けます!

そこまで心を開いてくださる トップブランド首脳陣方々には頭が下がります

なので 真実の情報をくださらないメーカー様とは契約は交わしません

そのメーカー様から頂く情報を『恩』と感じろことが物凄く大切に思います

ACYが これらの世界トップブランドの商品を扱う理由が皆様に伝われば幸いです

商品の持つ価値並びに優位性&パフォーマンスを利用し

お客様のマシンが『絶対に乗りやすく・安全で・楽しい』 乗り味に生まれ変われる

予測がたちます

その『組み込み・調整をする』 という作業力に

お客様が『これが価値なんだよ』と感じていただけるように

常に 毎日 『こんなんじゃダメだよ!』って自分の胸に叫び続け 努力しています


10年経ったあとの 皆様の心境を思い描いて下さい

今40歳だとしたら 10年後は50歳ですね

その時まで これら商品は『保ち』ます

手っ取り早く『予算都合』でパーツを吟味することを 

ちょっとだけ待ってみて頂けませんか?

未来が必ず変わります 本物を装着すれば未来が変わりますから


KAWASAKI・Z  HONDA・CB が辿っている道に

ZEPHYRやCB750を始め 多くのマシンは差し掛かっています

そのマシンが持つ『オリジナリティー』を崩すことなく

それらしいね!って思えるマシン造りがイイんじゃないでしょうか?

オーバーホールに差し掛かっているマシンもいるはずですね?

その疲労したエンジンにスパイスを与えるのも良いと思います

『壊れてもイイ』なんていう思いで

エンジンをスープアップしたりチューニングする論法は ACYには一切ありません

ひと昔前とは 情勢を含めたチューニング世界が変わったと感じています

昔は 加工技術も今ほど発展はしていなかったから

ボアアウト ハイカム などでパワーを獲得してきました

今は WPC Mos DLC 信頼性の高いOIL

が手に入る状況ですから フリクションを下げて 内部発熱を抑えて

パワーが安定して持続するチューニング手法もいいんじゃないでしょうか?

このようなパワーを獲得する手法もアリだと思います

『排気量ノーマル』なのにこんなに速いの?

なんてマシンもカッコ良かったりしますよね? ストリートなら!

思うんですが・・・結局ライダーに委ねるしかないんです・・・最終点の速さって!


来年は 各パーツメーカー様が本年言い続けてきました

『本当の使用方法』っていうところを御紹介して行こうかと思っています

『ライダーの思いと メーカー様が望む使用方法への願い』には 

少しギャップがあるのが事実です 

そういった『事実』を本当に心底理解して頂けたら 

今までとは違う 『オートバイってこう楽しむべきなんだ?』

楽しく走る これをもっと掘り下げて行きたいなと。。。。


皆様 本年もありがとうございました

今年の 出来事も一生忘れられなくなりました

人と人 結局ここに終着点はあります

オートバイという乗り物を扱ってきて 幸せでした

だって 皆様と出会え いろいろ御話しできたんですもの

そして 震災時 『大丈夫か? 足りないものは無いか?』と

お声をかけて下さいました方々 本当にありがとうございます

支えられています 本当に。。。

皆様のおかげで オートバイ屋ができて幸せです

皆様 幸せになりましょうね! そして 幸せだと感じて行きましょうね!

もの事を大きく見ることをすれば 幸せに感じられるみたいですよ。。。

2011年 12月 31日

日本最大級の災害があった最後の年の最後の日


良いお年をお迎えくださいますよう 心からお祈り致します

新年は 一月 五日 より通常通り営業をさせて頂きます

来年も どうぞ御愛顧頂けますよう 宜しくお願い致します


吉野 富三郎

Posted at 2011年12月31日 23時51分27秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*