★ZEPHYR1100のエンジンチュ−ンの承りを再開させて頂きます 御興味のある方はACYフォ−ムから先ずはご相談を御願いします FCRキャブレ−タ−の全国通販数が多く店舗稼働有りのSHOPです近年ご要望に応え国産各車の取扱い開始し通販実績数も高いです 当社オリジナルのCB750(RC42)&CBX750(RC17)専用設計FCRキャブの限定販売/通販/セッティング等はおまかせ下さい! その他の車種全般においてもFCRキャブ通信販売及びセッティング出しまでの全てのご相談を承らせて頂いていますので活用下さい! 通販においては選任スタッフが常駐してますのでフォ−ムからお気軽にご相談を頂ければ的確な御答えを導きだし御回答させて頂きます ■ 依頼最終:〜17:00 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております ■ お休み:事前に各ぺ−ジにありますフォ−ム申請から送信いただきご確認ください 選任スタッフが御回答をさせて頂きます
メインメニュー

FCRと負圧キャブの違い・・・そしてFCRの真実


FCRと負圧キャブの大きな違い・・・そして真実



双方では大きな違いが一つだけ御座います

それはCV=コンスタントバキュ−ムという名の通り

ライダ−のアクセル操作感覚に順応に反応できる

という意味をもったものがSTDのCVキャブです

常にエンジン吸入負圧を感知し最適なベンテェリ−開口面積を確保し

必要量の混合気をいつ何時間違いない理論空燃比に保ち送り込みます

しかしFCRはピストンバルブ方式です

ライダ-のアクセル操作感覚一つで表情を変えます

そしてトルクカ−ブに上手に乗せてアクセルを操作する必要が出て来ます

アクセルだけで低回転から回転上昇をさせようとする

所謂『低速高負荷状態』の場合大きな慣性力を必要とします

慣性力とは重いクランクシャフトを上下運動させる力の事です

その場合トルクが乗ってきていない低域からアクセル操作だけで回転を持ち上げるより

シフトを細かくチェンジして頂きトルクを常にピ−ク付近に保つ事が必要とされてきます

これはレ−シングキャブがゆえの宿命ともいえます

その時その時に反応の良い回転数を確保しながら

右手を合わせる事で最良のパフォ−マンスを発揮いたします

よく『谷』という表現があります

『谷』は感じる場合と感じない場合がでることが御座います

それはライダ−各々の感性によって生まれる場合と生まれない場合があります

谷に嵌まる場合の多くはノ−マルエンジンの場合

変更されたエキゾ−ストシステムに常時負圧感知キャブではない

FCRを取り付けたことで露呈する場合があります

特に太いエキパイ 排圧の掛かり難い短いテ−ルパイプ サイレンサ−形状

これらが噛み合ってくることで『谷』は表情を変えます

最近は 高性能エンジンに対してはエキパイは細くする傾向が強いです

MORIWAKIさんは昔からこの特性を見抜き量産JMCAマフラ-に用いています

流石にレ−シングマフラ−では高回転・高出力を目指しますから太くなりますが

ストリ−トにおいてはエキパイは細い方が圧倒的に有利です

YOSHIMMURAさん TSRさんも 同じ考えですね

右手を合わせる・・・これもキャブチュ−ンの醍醐味です

特に表現の問題も最近は多くあります

『カブル』・・・これはプラグがカブルという意味です

ACYでは あらゆる状況を想定し『カブル』という症状に絶対に陥らない設定を

ACYが販売するFCR群に与えています

走行中『息つく』場合は殆どがカブリではありません

慣性力に対しライダ−の右手が多くアクセルを開けてしまって起こる現象です

吸入空気量がエンジンの欲しがる量よりも多くなっている場合に起きます

加速ポンプでも補えない状況に陥っている場合が殆どです

最適なギヤポジションを選択する必要があるんですよね

圧倒的なレスポンスを得るには

過度なハイスロットルも避けるべきです

特にFCRはスロットルバルブの開閉角度が2次曲線で開いていきます

即ち大きな巻取りのハイスロットルだと

ライダ−の意思に反する開閉量と成りますから避けるべきですし

5速・6速で2〜3000rpmからアクセルを急開した場合

CVキャブはエンジン吸入負圧を感知し最適なベンチェリ−開口面積を得ますが

FCRはそれがライダ−の役目となる事も覚えておいて欲しいないようです

常にライダ−がエンジンを管理するのがFCR装着車の宿命でもあり醍醐味です

慣性力が高いトルクバンド内ならば何をやってもレスポンスが良いです

それを身体に叩き込む事が 絶対条件になります

とにかく『高回転しかいらない』というレ−シングモ−ドと

最良のドライバビリティ−が求められるストリ−トにおいて

同一のチュ−ニングパ−ツを使用する事への対処は

操るライダ−の仕事であり マシンの仕事では無い事を理解して下さい

FCRは アナログ的要素を多く持ったチュ−ニングパ−ツです




スポ−ツバイク全般において販売・取り付けを承らせて頂いております

下記車種以外でもFCRセッティング・デ−タ−は豊富に御座いますので 

ご用命どうぞ御安心下さい 

ACY吉野はFCRを取り扱い 本年で20年以上が経ちます!




★ ZEPHYR1100用 オリジナルセッティング済み
FCR39mmキャブレ−タ−
こちらをクリックください→ http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0252992.html 
御説明記事が御座います

★ ZEPHYR1100用 オリジナルセッティング済み
FCR39mmキャブレ−タ−デュアルスタック・ファンネル仕様 
こちらをクリックください→ http://cplus.if-n.biz/5002051/article/0252992.html 
御説明記事が御座います

★ CBR1000F用 オリジナルセッティング済み
FCR41mmキャブレ−タ−
こちらをクリックください→ http://www.acy-samurai.co.jp/pvd/index.html 
御説明が御座います

★ CB750(RC42)/CBX750用 オリジナルセッティング済み
FCR33mmキャブレ−タ−
こちらをクリックください→ http://www.acy-samurai.co.jp/pvd/index.html 
御説明が御座います

★ FCRセットアップ&アジャスティング作業一式・・・・・¥29,400-

★ 燃調計取り出しボス・セットアップ作業一式・・・・・¥21,000-

★注)FCR装着済車両も同一の金額になります)



★★ FCRでお悩みの御客様へ ★★

FCRを付けてみたいが・・・本当に大丈夫か??

ACYは遠いけど どうにかしたい!

本当の操作方法を知りたいが・・・どうしたものか?

お乗りのマシンがFCR装着により調子がおかしい??

と感じられるようでしたら 御気軽にご相談下さい

FCR装着車で調子がおかしい場合は現車を確認できれば 殆どの車両は良くなります

遠方の御客様でも 安心の陸送システムをご利用頂ければ

ACYスピリットをご自宅に居ながら味わう事が可能で御座います 

全国よりマシンが入庫しておりますので 御安心下さい

ACY 車両陸送システムの御案内

http://cplus.if-n.biz/5002051/party/17902 ← こちらをクリック頂くと

ACYまでの陸送(運送)についての御説明記事に移動が出来ます

安心陸送システムで 全国の御客様に ACY・スピリット をお届けいたします

ACYでは より多くの方々にレ−シングキャブ・FCRの素晴らしさを体感して頂き 

楽しく後悔の無いオ−トバイライフを満喫できる お手伝いをさせて頂きます

AC-YOSHINO-SMR  JAPANESE・STANDARD・侍

Posted at 2011年10月19日 11時15分42秒

 
この記事へのコメント



奥が深い

やはりFCRは、奥が深いですね。
確かに息継ぎ症状は乗り手次第
出たり出なかったり、マフラーの
集合形式でもかなり変わるのは
ビックリしました。
ライディングも日々勉強ですね。(^^)d
Posted by 関口です。 at 2011/10/19 16:32:50

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*