地域密着を重んじています!原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換等各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ★☆★ ACY車検¥45,100〜 承りさせて頂きます ★☆ エンジン・チュ−ニング承ります ★☆ サスペンション・チュ−ニング承ります ★車検・点検・新車販売・中古車販売・厳選カスタムパ−ツ販売 というように一般的な業務とチュ−ニング業務を並行して運営しています ■ 日常の業務は街の皆様の原付バイクの修理を中心としながら スポ−ツバイクのハイレベルチュ−ニングを行う純粋のバイクSHOP  ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日   ■ 火曜日午後は主に登録/車検関連の仕事の為店舗はお休みとなります 水曜日はBDSオ−クションへの参加がほぼ毎週となります ■ 依頼開始:10:30〜 ■ JR常磐線【南柏駅】東口より徒歩2分 ■ スポ−ツバイク作業承りは日程の御予約を御願いしております
メインメニュー

RACE・USE・ONLY


Come On!リターンライダ−の方々へ!
ACYはリタ−ンライダ−を応援します!!ACYにお任せ下さい!!
何が良くって 何が悪いのか
一緒に 笑いながら 楽しく パ−ツ吟味いたしましょうよ!

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


FCRは本来

『レ−シング・キャブレ−タ−』



というお話を以前しました

画像の通り『MOTORCYCLE・RACE・USE・ONLY』

と堂々と書かれています

いつの日かFCRはストリ−ト走行において 

パワ−を簡単に増大させる『稼ぎ頭』として 

レ−スを知らない方々のも多く浸透し 今日に至りました

RACE・USE・ONLY ・・・ この言葉の奥は『保証無し』という意味です

そう ・・・ ガタガタ言うな なのです。。。

多くの 後付けの『点火装置』も同じです

リスクを背負う覚悟が無いなら 装着は望ましくありません

でも レ−シングパ−ツほど機能優先なモノはありませんから

心惹かれますよね。。。



FCRは純粋にレ−シングキャブレ−タ−として産まれました

限られたフィ−ルド 限られた状況 変化する気候に対処しながら使う事が前提として ・・・

しかし 日々は流れ 『ストリ−トでも扱える』的な認識が大きくなって行きました

マシンを乗るオ−ナ−は そういった事実を知る事もなく

FCRを購入します・・・そして気候や使用箇所に差別なく同じセッティングで

純正キャブと同等のフレキシブル性能があると勘違いをし

高性能を何も対応変化させずに 何時でも味わえると思い込みます

それを当たり前とSHOP等に 『調子が悪い』 と訴え始めます

そんなに上手く行くはずは無いのです

アクセルの開閉速度一つでも パワ−の大きさは変わります

本来はアイドリングをさせ続ける事が非常に難しいのも事実なのです

でも 日本の多くのチュ−ナ−方々は努力を重ね

『乗り易いFCR』を世に送り続けてきました

オ−トバイを劇的に変化させる時 捨てる何かもある事を

今日は理解して頂きたかったのです

本来 改造(ストリ−トでのチュ−ニングは違法改造でしたから)とは

腹を決めることが本当に大切です

ですから 御客様方々は・・・

とにかく レ−サ−ばりの速さが欲しいからFCRを付ける・・・と感じていました

他の理由が見当たりませんから・・・

速さのためのチュ−ニングパ−ツ

それが 改造キャブ達 即ちレ−シングキャブレ−タ−じゃないかと思います 

高性能&高パフォ−マンスを使い切るためには 

それなりの自覚とメンテナンスは当然必要とされます

ある日・・・FCRが新車で標準装着され始めました

その時 時代は変わった ・・・ と思いました。。。

でもそのFCRを分解し中身を見れば 一般市販FCRとは全く別物で

FCRであって FCRではない。。。

鋭さは削がれ ・・・ 平均的に使われるであろう予測でアジャストされています

エア−BOX&エレメントは普通に装着され

ジェットニ−ドルもまったく違う系統のものが選択されているんです

各部品の耐久力も向上されています・・・

皆様が購入されているFCRは 純レ−シングキャブレ−タ−だという事を

本当に忘れないで下さい

消耗スピ−ドは 早いんです ・・・ レ−シングですから。。。

そして 必要なのだ というライダ-が装着するモノであり

不必要ならば 敬遠するべきです

ACYは 欲しいと心から望まれる方々のために

『乗り易い FCRレ−シングキャブレ−タ−』 をご用意しています

でも・・・その高パフォ−マンスと引き換えの『何か』はあるという事を・・・・



☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
Japanese standard  ACY

Hiding Power Specialist
AC・YOSHINO・SMR
http://www.acy-samurai.co.jp/ ←クリックでACY・HPへ
移動いたしますので 是非お立ち寄り下さい!
Come On Fighter!

Posted at 2011年06月29日 00時17分25秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*