★☆★ ACY§ACヨシノ ゼファ−最上位獲得!5月19日20日ツクバサ−キットテイスト・オブ・ツクバ #16松本選手モンEVOクラス 当店は原付修理/新車・中古車の販売を行う業務とZEPHYR1100に特化したエンジンチュ−ン&車体セットアップを得意としています ■◇■ KAWASAKI・ZEPHYR1100用JBパワ−製の80mmピストンキットにて1258ccへのボアアップを専門的に承っております ■◇■ エンジンオイルはYACCO/WAKO`S/といった油膜の非常に強いものノミを仕入れ使用取扱いにて皆様のエンジンを守ります ■◇■ 近郊にお住いの方々の原付スクーターのパンク修理からオイル交換・バッテリー交換・タイヤ交換各種は常時在庫を備えてます ★☆SP競侫襯僖錙櫂ット装着〜セッティングOK ★FCR販売〜メンテナンス〜セッティングOK ★FCCクラッチKit販売〜取付けOK ■ お休み:毎週火曜日午後/毎週水曜日/祝祭日 他は超集中作業日 出張日 配達/引取り時 レ−ス開催日 サ−キット走行日 ■ お問い合わせ・ご依頼・パ−ツご注文等は注文フォ-ムをご利用ください 作業に集中している場合がおおくありますので御願いします ■ 店舗対応時間:10:30〜17:00まで 以外は誠に恐縮となりますがエンジン集中作業・出張等・他昼間できない事を行っております
メインメニュー

FCRジェットニードル

FCRジェットニードル

数百通りのジェットニードル・マジック




様々なエキゾーストマフラーに対して

FCRのセッティングは微妙に変化がある事をご存知ですよね?

このZEP1100吉野号は

テスト的な要素もありますが殆ど直管な為

皆様のジェットニードルとは『切り上がり』と『クリップ段数』が

相当違うものとなっております

吉野号はハイカムも装着されておりますので

『切り上がり』を変更してありますしストレート径も通常のものとは違います

ハイカムのみでMORIWAKI80mmピストン装着のマシンに

どの位肉迫できるかを試しています

しかし・・・ボアアップはチューニングの王道ですからね!

一筋縄ではなかなか行かないのは知っています・・・が・・・・

諦めたら終わりですから・・・必ず答えを出してみます!
   

4−2−1 4−1 抜け具合 テールパイプ長 フロントパイプ角度

フロントパイプ径 集合部の構造 集合部の仕上げ度合い 

サイレンサーパンチング構造(これがかなり曲者)

サイレンサー開口構造(これもかなり曲者)

など等でジェットニードルは変わります

大まかな基本設定はやはり重要です

それを信用することも凄く大切です

そこから何処をどう?変更することで

どういった効果や変化が生まれるのかを頭の中で描ければ

セッティングはほぼ完了です

後は BOSH燃調計を使用し微調整を施し実走し判断して行きます

燃焼室内で最大燃焼圧力が最良のクランク角度で発生するように

キャブレーターも設定して行きます

キャブレーターセッティングといっても

キャブレーターだけにとらわれる事なくトータルの機能を考え作業する事が

FCRには特に必要となってきます

FCRセッッティングが外れると・・・簡単にブロー・・・破滅しますよ!

FCRセッティングは熟練の専門職の方にお任せが得策です

それも・・・

ストリートなら間違ってもレース屋さんにお願いしないことです

スロー系統から振り絞りの全開固定域までしっかり

ストリートで必要な事柄を熟知している方にお願いすることが

近道ですから!!

Posted at 2010年03月25日 00時07分06秒

 
この記事へのコメント



うんっ!

80mmVSハイカム&キャブチューンですか!すごく面白そうですね。どんなポテンシャルを発揮するのでしょうか?期待しています。ちなみに吉野号はヘッドチューンも施されているのでしょうか。
Posted by わらわら at 2010/03/25 16:48:49



かなり

速かったですよ
80パイの車両と
80パイ+ハイカムの車両にひけをとらなかったと思いますよ
(ぼくはついていけなかったんで断言できませんが…)
Posted by カリコミ at 2010/03/25 18:31:35



ぬゎんと・・・!

カリコミさん、それは、マコトですか?それは例の・・・ナンですか?・・・

この間の・・・み・見たかった残念。  モンスター現る!  的な感じで

しょうか?

あぁ〜〜っ・・・どうしょう?(心の中の叫び)笑。

秘密訓練ではおっきませんね・・・・(泣笑)
Posted by わらわら at 2010/03/25 20:57:40



わらわら様への回答

ヘッドチュ−ンは施していません。
更にはバルブスプリングもノ−マルのままです。
バルブクリアランスは徹底的に調整を当時いたしました。
ポ−トも手を一切加えていません。
メガサイクルのカムに合わせバルブタイミングを調整する為
カムスプロケットのボルト穴を加工はしています。

ちなみに・・・MORIWAKI様のST-3用のバルブスプリングは
『柔らかい』方向のSPL品なのですよ。

でも・・・80mm&ST-3車にはかなわないのを知っていながら
の話ですからヨ−イドンを繰り返せば消耗は激しいとも思います

後は・・・マフラ−に頼るところも大きいですね

吉野自身の目標は弊社が組んだ
『火の玉』カラ−以上のパフォ−マンスです
が・・・あのマシンを普通に走らせているオ−ナ−様にも脱帽ですから
出来上がったとしても・・・

その位MORIWAKI様のカムは強烈ですよ!
Posted by 吉野です at 2010/03/27 14:36:27



その時の・・・

その時のツーリングの朝・・・。
それは、3/21(日)の「春の嵐」の日でした。
その嵐にもめげず、集まった猛者達。
その時の衝撃写真をACYに送っておきます・・・。

カニ飯・イカ飯・うに。。。
あれ?衝撃写真が「食いしん坊万歳」に???
Posted by 侍ジャイアンツ at 2010/03/28 00:45:37



なるほど

メカノイズも含めその姿、確かに他にないですよね。抜かれても気持ち良いですもん!(笑)
タイヤやその他のパーツの進化とともにZEPも進化しているんでしょうね。
パーツのベストチョイス、ベストセッティング・・・ACYマジックで更なるZEPの進化を楽しみにしてます。
Posted by わらわら at 2010/03/28 13:04:44

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*