メインメニュー
心のお話 【番外編】

心のお話 【日本の神道が世界へ】

ちょっといいはなし トピックス・・「神道が世界の心をひとつに!!」
                 於 ハンガリー『全極真空手世界大会』神事始末記


 私達を乗せた飛行機が、漆黒の闇の中を滑るように成田を飛び立ったのは平成21年9月29日午後11時のことでした。目的地をハンガリー・ブダペストまで、フランスを経由し、乗り継ぎ時間を含め20時間の旅となりました。時差は8時間で、言語はハンガリー語、通貨はフォリントという普段は聞き慣れないものでした。

 到着後、一路「センテッシュ」へ。「センテッシュ」は、中心部より車で2時間30分ほど離れた郊外にある閑静な住宅地です。王宮のような迎賓室で、まず関係者による「記者会見」が始まりました。今回行われる世界大会の趣旨が説明される中、羽織・袴の私達にも熱い視線が注がれました。その後、全員で同じ敷地内にある「大山総裁(極真空手の創始者)メモリアル記念公園」(入り口には、なんと『鳥居』が建立されています!)の記念碑前で『大会の成功・記念碑のお祓いの願いを込めた』旨が盛り込まれた祝詞(のりと)があと数分で奏上(そうじょう)される予定です。私が異国で行う初めての神事の斎行です。もちろん、ハンガリーにおいても初めての『神道』の神事です。

 時刻は夜9時。祭りの準備を始める頃には、それまで静寂に包まれていた公園も何処からともなく人が押し寄せてきました。とにかく、ブタペストの人達は初めての神道式神事に興味津々!神事の趣旨は通訳を通して説明はしたのですが、私の本心から言えば・・「ここに集まった人々は、万葉の祝詞は分かるはずも無く、きっと、興業のパフォーマンスにしか映らないだろう。」と高を括(くく)っていました。すると、あにはからんや、神事の開始から終了までの15分間は私語ひとつなく、「感涙」「感動」「幽玄」との評価を得るにいたりました。

 二回目の神事が行われる10月4日。大会の決勝は、直径1メートルは優に越える「和太鼓」の合図で始まりました。各国代表の挨拶等セレモニーの後、中央の一段せり上がったメイン会場に祭壇が準備されました。いよいよ1万人の観衆が見守る中、今大会の目的達成と大山総裁の慰霊を込めた祭祀の内容が3ヶ国語に翻訳され、神事開始です。館内のざわめきが一瞬にして水を打ったように消え、全員起立の中進行しました。

 式次第は、祝詞奏上に続き、神事の結びともいうべき「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」へと進みます。これは、お榊(さかき)の葉のひとつひとつに願いを込めて魂の串として神前に供え、二拝・二拍手・一拝の作法にて行うものです。この度の神事における玉串奉奠は、私達神職にとっても、最も期待が高まる儀式でもありました。なぜならば、今大会の大きな目的である「世界がひとつ」になる時でもあったからであります。結果は、私達の予想をはるかに越えるものとなり、1万人の拍手(かしわで=二拍手)が館内に響き渡りました。そして、代表者は涙し、世界65ヶ国の人々の心が民族を越え、言葉を越え、「日本の神道の神事」によって「ひとつ」になった歴史的瞬間でありました。私は神職として、日本人として、ただただ「有り難い」という気持ちで一杯になりました。

 今回、世界の多くの人々が、「武道」を通して日本の心や日本の文化を学ぼうとしていることをひしひしと感じることができました。「日本を知らない日本人」が増えつつあることを憂う前に、改めて日本を学び、心を磨き、世界の中の日本を今一度見直してみてはいかがでしょうか?新しい世界がきっと見えてくるはずです。


※写真等、詳細は氷川トピックスからご覧下さい!!

Posted at 2009年11月02日 13時45分47秒