メインメニュー
地鎮祭

地鎮祭について

『地鎮祭』について

地鎮祭は『とこしずめのみまつり』、『じまつり』ともいわれ、
もっとも一般的で、重要な建築のお祭りです。
工事を始める前にその土地の神様にご挨拶し、土地を祓い清め、
これから行われる工事の安全、方位除け、家内の安全を祈願するお祭りです。
また、建て主様と施工様が力を合わせ一つのものを作り上げる、
確認と決意の儀式でもあります。
建て主様のほか工事関係者も参列し、神事を執り行います。



【神事までの流れ】
○まず日程、時間を決めていただき、お電話にてご予約いただきます。
            ↓
○神社より予約表をFAXにてお送りいたしますので、
 ご記入いただき地図を添えてご返信いただきます。
 (記入事項:施主名・施工名・お供え物の有無等々)
            ↓
○当日、30分程前に神主が現地にうかがい、準備の後、
 指定のお時間に神事を斎行いたします。

【初穂料】
三万円お納めいただきます。
(必ず『のし袋』に入れてお納め下さい)
また、お供え物を神社用意の場合、別途一万円お預かりしております。
※地鎮祭初穂料(三万円)+お供え物(一万円)=四万円
※地鎮祭に必要な『竹・砂・縄』は基本的に施工業者様にご用意いただきます。
 準備できない場合は神社にご相談下さい。

【お供え物一覧(例)】
※このほか乾杯用の『紙コップ』もご用意いただきます。(人数分)

【式次第】


地鎮祭は古来より伝わる大切な建築儀礼です。
皆様おそろいの上、必ず行いましょう。

Posted at 2009年06月11日 00時01分10秒