メインメニュー
年祝い

年祝いの御祈願(健康長寿祈願)

【歳祝い・賀寿とは】

ご家族の方が長寿であることは、ありがたくおめでたいことです。
これまでの神様の御加護に感謝し、
今後もますますご利益が頂けるようにお祓いをして、
健康で長生きができますよう祈願いたします。
ぜひ、家族・親族の皆様でお集まりいただきお祝いしましょう。

なお、クラス会での団体祈祷も承っております。
希望日時・人数を早めにお知らせください。

【初穂料】
お一人5000円からお気持ちでお納め下さい。


還暦(かんれき)・・・「暦(こよみ)」では、61年目にはじめて、
60歳        生まれた年と同じ干支に戻ります。
           61歳の還暦厄は、生まれ変わりの人生の再出発点なのです。
           赤い帽子をかぶり、ちゃんちゃんこを着るのは、
           赤ちゃんに戻って再出発を祝うという意味があるのです。

古稀(こき) ・・・中国・唐時代の詩人・杜甫の「人生七十年古来希なり」に
70歳        由来しています。

喜寿(きじゅ)・・・「喜」の字の草書体が七十七と読めるところからきています。     
77歳  

傘寿(さんじゅ)・・・八十が「傘」の字に通じるところから「傘寿」と
80歳        呼ばれるようになりました。 

米寿(べいじゅ)・・・八十八を組み合わせると「米」の字になるところからきています。  
88歳    

卒寿(そつじゅ)・・・卒の俗字(卆)が九十に通じるところからきています。       
90歳      
            
白寿(はくじゅ)・・・九十九は百より一つ少ないという意味から
99歳           「白」の字が用いられています。

百寿(ももじゅ)・・・「ももとせの祝い」といい、盛大に百歳をお祝いします。
100歳       一説には「上寿」(じょうじゅ)とも言います。

Posted at 2010年03月06日 15時52分53秒