メインメニュー
氷川トピックス

義援金をお届けしました!

義援金をお届けしました!


先日この氷川NEWSでご報告申し上げた通り、
皆様方よりお預かりいたしました義援金を、
被災地の神社に奉賛させていただきました!

『町の復興は鎮守様の再建があって成就する。』
という被災地の強い願目に応えるべく、
福島県浪江町の貴布禰神社、南相馬市の日鷲神社、
岩手県大船渡市の熊野神社、田野畑村の島ノ越大神宮に、
皆様からお預かりした義援金の一部を捻出し、
鳥居また、小社殿を納めさせて頂きました。

こちらは原発事故により立ち入りが制限されている地域や、
津波のため居住制限区域に指定されており、この鳥居・小社殿建立により、
一時帰宅者の皆様が『いつかこの地に戻ってくる』
という希望の証となることを切に願い奉納いたしました。

鳥居には『川口市 鎮守氷川神社 奉納』と刻まれ、
復興の原動力の一助として、町の方々に喜んでいただけるものとなりました。

尚、各神社より御礼の手紙・写真が届いておりますので、
この場をお借りしていただいた御礼状の一部を皆様にご報告申し上げます。




○福島県浪江町 貴布禰神社
宮司 木幡輝秋 様

去る七月八日、関係諸氏のご尽力により、別添写真の如く、立派な鳥居が建ちました。
当社地は東電原発事故により立ち入りが制限されており、
復興の見通しも立ちませんが鳥居が建立できた事で、
氏子崇敬者も参詣して呉れるものと思います。








○岩手県大船渡市末崎町峰岸 松嶋神社(末崎町神坂鎮座 熊野神社 摂社)
宮司 宮崎和貴 様

皆様に御寄贈いただいた鳥居を、八月二日に無事設置することができました。
漁民をはじめ、地域の方々も大変喜んでいるところでございます。
大震災からの人の心の復興には神社の存在が欠かせないと感じられる方々が、
地域に多くいたことが私自身非常にうれしく思っております。
まだまだ氏子地域の復興には時間を要しますが、
氏子の方々と共に一歩一歩前へ進んで行く所存でございます。
皆様の御寄贈に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。






○岩手県田野畑村島ノ越大神宮
宮司  横山幸子

心迷う中でふと声に出してみた鳥居建立の相談を、
すぐ様計画し実行して下さったことには大変感激しました。
真新しい鳥居を眺めくぐる度に復興への光を見出し、
心動き次の一歩を踏み出す原動力をいただくだろうと思ってなりません。
ここに至る迄、同じ心でご支援くださった皆様、
何より作製費をご負担していただきました氷川神社鈴木宮司様を始め、
氏子崇敬者の皆様のお力添えに重ねて感謝申し上げます。
いただきましたご縁に感謝し、
より一層愛されるお社、郷土となるよう力を尽くして参ります。








○福島県南相馬市 日鷲神社
宮司 西山典友

この御宮は、東日本大震災の大津波で社殿が崩壊し、
社地は今後居住制限区域になってしまい再建が困難になっていましたが、
今回私の境内社として御遷宮することができ、
私だけでなく氏子の方々が喜んでおります。








以上の様に、被災された氏子の皆様が大変喜んでおられ、
復興の糧となっております。

尚、いただいた御礼状は神社掲示板にてご覧になれますので、
ぜひ神社にお越しください!

今後とも被災地の復興はもとより、
地域の『元気』のために、
皆様方の更なるご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。



Posted at 2014年08月18日 11時22分35秒

平成26年 義援金について

平成26年6月20日現在。
昨年暮れから本年正月に掛けて、
皆様の御厚意が寄せられ現在、
東日本大震災義援金は、585.220円となりました。

※震災後の総計額は2.914.180円



本年度分の義援金は、
福島県いわき市久之浜に鎮座する
諏訪神社の御祭りに模擬店として協力させて頂きました。


諏訪神社祭礼支援の様子はこちらから


その際の実行委員会に一部協賛し、
地域の方々に対し、町の活性化と、
笑顔に貢献させて頂きました。


また、そのうちの「40万円」は双葉郡楢葉町、浪江町、
南相馬市鹿島区の町の声を反映するべく、
『町の復興は鎮守様の再建があって成就する。』
という強い願目に対し、
津波で流されてしまった神社跡に仮社殿・鳥居などに
ご使用頂くよう奉賛致しました。

その鳥居などには『川口市 鎮守氷川神社 奉納』と刻まれ、
復興の足掛かりになる一歩として、
町の方々に喜んでいただけるものとなります。


現地は未だ仮設住宅にて生活される方々が多くおいでになります。
まだまだ復興には時間がかかると思われますが、
私たちがお邪魔をした際には、苦労を感じさせずに笑顔で迎えて下さり、
かえって私たちが勇気をいただくことになりました。


今後とも、被災地の復興はもとより、地域の『元気』のために、
皆様方の更なるご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。


鎮守氷川神社  
宮司敬白



復興祈願・・・鎮守氷川神社  

Posted at 2014年06月26日 10時20分37秒

被災地での復興支援!!

福島県いわき市久之浜 諏訪神社 にて
まつり復興支援を行ってまいりました。


東日本大震災で被災した、いわき市久之浜町の「諏訪神社」において、
平成26年5月4日、氏子の皆様が待ちに待った例大祭が行われました。



台東区にある下谷神社宮司阿部さんを中心に復興支援組と地元有志の縁日が行われ、
昨年に引き続き当神社神職2名が応援協力で参加しました。

当日は都内の神社関係者ら82名が駆けつけ、盛大に開催されました。



わたしたち協力隊は、縁日でやき そばや綿菓子など約20店舗を担当し、
地元の子供達や、未だ帰宅が叶わず仮設住宅に住まわれる方々にもお声をかけ、
結果1000人を超える人々がおまつりに参加され、
天候にも恵まれ大勢の方に喜んで頂きました。



諏訪神社のおまつりでは、大人神輿四基、子供神輿四基が町を練り歩き、
昨年以上に威勢のいい声、太鼓が町内にこだまして復興の兆しを感じました。







『お年寄りのうれし涙』や『子供たちの笑顔』が目に焼き付いております。



これからも、名実ともに復興復旧までこのような協力を惜しむことなく
続けてまいりたいと思いますので、どうか皆さんも末永く応援をお願いいたします。



▲昨年瓦礫があったところは何もなくなり、テトラが積まれ緑地帯になるそうです。
震災から三年経ちようやく景色が変わってきました。

▲諏訪神社宮司様よりお手紙を頂きました。



鎮守氷川神社

Posted at 2014年05月18日 14時38分33秒

被災地に小社殿が設置されました!

当神社氏子様の小社殿が
被災地神社に設置されました!

 


以前、氏子様の引っ越しの際に取り壊される予定だった小社殿がありました。

これは部分的に朽ちたところはあるものの、
お焚き上げしてしまうには気が引けるほどの大変立派なお社でした。

そこで、福島の津波で流されてしまった神社旧跡地に奉納設置することを
提案したところ、氏子様に御快諾いただいた次第であります。

数日後、当神社のお抱え大工であります『埼玉物産』の齋藤社長に
その旨をお伝えしたところ、これまた快く修復をお引き受け頂き、
立派な社殿として生まれ変わったのであります。



去る平成二十六年二月十九日を吉日と定め、
この小社殿を下谷神社の御協力を頂き、
福島県双葉郡浪江町北幾世橋渋井に鎮座する
八幡神社跡地に厳かに設置されましたことをご報告申し上げます。







今後とも、復興復旧までこのような協力を続けてまいりたいと思いますので、
どうぞ皆さんも末永く応援をお願いいたします。

鎮守氷川神社

Posted at 2014年04月01日 15時44分50秒

石井竜也【WHITE MOONLIGHT】 コンサートツアー成功・安全祈願

TATUYA ISHII CONCERT TOUR 2013
WHITE MOONLIGHT




平成25年9月14日(土)、戸田市文化会館にて、
石井竜也(米米CLUB)さんのツアー安全祈願・成功祈願祭が
当神社神職により執り行われました。

メンバー・スタッフの皆様とともに、心ひとつに祈願されました。

神事後には石井竜也さんが仕切り、
スタッフの皆様が心ひとつに気合の掛け声をかけられ、
和気藹々の中神事が締めくくられました。

ツアーの大盛況・大成功とスタッフの皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。



※石井竜也さんをはじめ、ツアースタッフの皆様は当神社の
『勝守』『厄断守』『御神札』をもって、ツアーをまわられます。



▲【勝ち守】

▲【厄断ち守】


▲この奉納色紙は9/14〜11/2までのツアー期間中、
御神前にて毎日御祈願され、ツアー終了後お焚き上げされます。



ツアー成功・安全祈願は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2013年09月16日 16時45分52秒

第六十二回 神宮式年遷宮 『お白石持ち行事』

平成25年8月4〜6日にかけて、
神宮の『お白石持行事』に参加してまいりました。



※伊勢神宮は、太陽の神様「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」をお祀りする
【皇大神宮=内宮】と、食べ物の神様「豊受大御神(トヨウケノオオミカミ)」をお祀りする
【豊受大神宮=外宮】をはじめとする125社を合わせ『神宮』と総称する。
伊勢神宮の正式名称は『神宮』である。

今回は鎮守氷川神社と朝日氷川神社の氏子の皆様と総勢50名で、
お白石持ち行事に参加致しました!


平成十七年五月の山口祭にはじまった第六十二回神宮式年遷宮の諸祭、
諸行事は着々と進められ、平成二十五年秋にいよいよ遷御の儀を迎える運びとなりました。

それに先立ち、ご正宮の域内に敷き詰める『お白石』を奉献する
『お白石持行事』は伊勢市民の神宮に対する感謝と誇りが受け継がれてきた民俗行事で、
市の「無形民俗文化財」であり、また、国の「選択文化財」にも選択されている
五百年以上の歴史を持つ伝統行事です。


当神社を出発し、初日はまず「お白石持行事」 にあたって、
夫婦岩で有名な二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)にて心身を清める、
禊(みそぎ)に代わる習慣として 「浜参宮」をいたしました。

▲神宮に参拝する前の『浜参宮』

▲よく見るとお祓いが海藻です!

▲みなさんご存知、夫婦岩です!


二日目はいよいよ『お白石持ち行事』に参加します!
当日は有難過ぎるくらいの快晴の炎天下の中行われました。

参加者は全員白装束に身を包み、木札を首から下げ綱を引きます。
私たちに渡された木札には木の球が四つ付いていました。
四玉は綱元を意味します!
奉曳車は一台につき1500人で曳いていくのですが、
運がいいことにお白石にいちばん近い場所で引くことができました!

▲これが私たちが曳いた奉曳車です!
 本体、車輪は欅(けやき)、車輪の心棒は樫(かし)でできています。
 この車にはお白石が入った樽が乗っていますが、
 一本の綱でこの樽を縛っています。

※『太一』(たいいつ、たいち)
 山車についているこの言葉は、
 「唯一無二の尊いもの、この世の中が安泰であるように」との意味があります。

▲私たちが曳くところから前の光景。
 前に1400人以上いるので先頭が見えません!
 こんなところで引くことができて本当にラッキー!

▲威勢のいい木遣子(きやりこ)の「エンヤー」の掛け声に合わせて、
曳いていきます!

曳き始めると、ゴーと法螺貝のような音が鳴り響きます。
これを『椀鳴り(わんなり)』というそうです。
これは、心棒が先端に向かって細くなっており、
車輪のほぞもこれに合わせ作られているためお椀型になっていて、
車輪の外側からクサビを打って内側にスライドさせて
その摩擦で音を出しているそうです。
荘厳な空気に包まれ、まるで神様が下りてくるような音にさえ感じました。

途中で一旦休憩が入りますが、
あまりの暑さのため熱中症にならないように塩飴やスポーツドリンクを飲みます。

ようやく宇治橋に到着すると、積んでいたお白石をおろし、
お祓いを受けた後にいよいよ新社殿へと進みます。

▲直接触らないように白いハンカチに包んで進みます。


白石を 踏み進みゆく 我が前に 光に映えて 新宮は立つ


今上陛下の前回の遷宮の際に詠まれた御製が頭に浮かびます。

▲写真はここまで。二十年に一度しか入れない本殿まで進みます。

▲写真は撮れないので、伊勢講暦カレンダーから引用。


新しい社殿の周りにそっと石を置き、現在の御昇殿に向かって遥拝いたします。

1300年続いてきたこの遷宮。
当時の姿のままそこにたたずむ新社殿。
昔の方々は何を思いこの場所に来たのだろう。
きっと私たちの思いと変わらないはずだ・・・。

そう思っていると「感謝」「魂の継承」という言葉が思い浮かびました。
私たちは生かされている…
そのことに感謝しながら日々精一杯生きていかねばなりません。
この国に生まれたことを誇りに思いました。
参加された方はみんなそう思ったはずです。

▲今回のお白石持ち行事の記念品と、実際につけた木札。木の玉の数が四つというのが綱元の証です!




※芸能人の方も多くいかれているようです。
 様々にその感動を綴っておられます。
 リンクを張らせていただきます。
鈴木おさむ様ブログ


鎮守氷川神社

Posted at 2013年09月13日 11時44分18秒

七五三詣で鎮守氷川神社が選ばれる理由

七五三詣の方必見!

前回、『七五三詣で鎮守氷川神社はなぜ選ばれるのか!?』と題しまして、
七五三詣の意義をご説明申し上げました。
(※ 前回見てない方はぜひご覧下さい!!)

当神社の七五三詣はどのように進められるのか?
多くの質問の中から、特に多い質問にお答えしながら、
『選ばれる理由』を見つけて行きたいと思います!!


〕縮鵑鷲要か?

多くの方が10月後半から11月中の土日祝日をご予定されていると思いますが、
10月24日(日)〜11月21日(日)の土日祝日は、
予約の必要はありません。
但し、この期間中、15:00以降(受付14:30まで)は、
結婚式等が入ることがありますので、お電話にてご確認下さい。

※受付は朝の9:00〜です。


⊆屬嚢圓たいのですが駐車場はありますか?

駐車場は境内駐車場以外にも参拝者専用駐車場・臨時駐車場を設けております。
案内の者が御誘導致します。
どうぞお車でお越し下さい。


B圓岨間はどのくらいですか?

受付された方から30分ごとにご案内しております。
つまり、待ち時間は最大で30分になります。


げ搬何涜欧嚢圓たいのだけれど、社殿に全員は入れるの?

入れます。
皆様で社殿にお進みいただき、お祓いをお受け下さい。
家族親族の皆様でお祝いしましょう。

※大安等の土日休日の時間帯によっては、
 社殿に入りきれない場合がございます。
 その場合、ご父兄の方のみ社殿にお進みいただくことを
 お願いしておりますので、ご了承下さい。


イ祓い(神事)はどのように進められるの?

受付・ご案内・・・社殿にお進みいただきます。
   ↓
修祓・・・お清めのお祓いです。
   ↓
祝詞奏上・・・健やかなる成長を祈願し御神前に報告をする祝詞を奏上。
   ↓
鈴振りの儀・・・福鈴にて御神徳をお分かち致します。
   ↓
玉串奉奠・・・榊(玉串)の一葉一葉に御祈願戴き御神前に捧げます。
         お子様にあわせ、皆様で二礼二拍手一礼にて拝礼いただきます。
   ↓
記念品授与・・・お子様のお名前をお一人づつお呼びしながらお渡しいたします。
           元気よく返事をしましょう!
           ぜひご自宅で練習を(^_^)
   ↓
御退出・・・お気をつけてお帰り下さい。


といった流れになります。
神事開始から終了まで30分ほどです。
和やかな中で進められる神事です。
お子様が主役の神事ですので、
お子様は前列におかけいただき、
ご家族の方に於かれましては、
後席よりお子様の成長を御見守りいただきます。
どうぞお楽しみに!


Ω羌祷(お祓い)はいくらぐらいかかるの?

当神社では五千円一万円一万円〜となっております。
こちらは御神前に捧げるものですので、
熨斗袋(のしぶくろ)に入れてお持ち下さい。
その際、『初穂料』、または『玉串料』とご記入いただきます。

これには大きな意味があります。
御祈祷に支払われる『御祈祷料』ではなく、
御神前に捧げる『初穂料』としてお預かりしております。


授与品は、神社への奉納としてお預かりした『初穂料』のお返しとして、
御神前にてお祓いした神社からの記念品をお渡しいたします。

初穂料によって御祈祷の内容が変わるわけではありません。
記念品の内容が変わってまいります。


Ъ与品って何ですか?

上記の通り、御神前にてお祓いした神社からの御神札・御守り・記念品になります。

【授与品の内容】

・御神札(おふだ)
・御守り
・記念品
・お菓子

上記のものを鎮守氷川神社のオリジナルデニムバッグにお入れしてお渡しします。
※千歳飴は含まれません。
 ご希望の方は社頭にてお求め下さい。


・御神札(おふだ)
<五千円>・・・紙の御札
<一万円>・・・木の御札(紙のおふだより大きくなります)

・記念品
<五千円>・・・画用紙・色鉛筆
<一万円>・・・画用紙・色鉛筆・ディズニーアソートセット
(アソートの内容は文房具・おもちゃ等盛り沢山です。お楽しみに!)

となります。

↑<五千円>の授与品。
(御神札・御守り・オリジナルデニムバッグ・画用紙・色鉛筆)
お祝いのお子様が大きな夢が描けますようにという意味が込められおります。



以上、Q&A方式にてご説明いたしました。
明確に『理由』を申し上げておりませんが、
気づいた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

鎮守氷川神社が一番大切にしているところは『心』なのです。
古来より受け継がれてきた日本人の感謝の心・・・

何度も申し上げますが七五三詣は、

神様に、お祝いのお子様のこれまでのご無事に感謝申し上げますとともに、
これよりの健やかなる御成長をご祈願する神事。


皆様がこの神社に来てよかったと思っていただけるよう、
神事はもちろんのこと、授与品・境内作り等々、
鎮守氷川神社神職一同一丸となって、
皆様のご参拝を心よりお待ちしております。

七五三詣は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2013年07月14日 10時53分08秒

「Perfume World Tour 2nd」ツアー成功・安全祈願祭

Perfume World Tour 2nd




平成25年6月26日、横浜BLITZにて、
Perfumeさんのツアー安全祈願・成功祈願祭が
当神社神職により執り行われました。
メンバーのあーちゃん・かしゆか・のっちをはじめ、
スタッフの皆様と心ひとつに祈願されました。

フランス・カンヌで開催された世界最大の広告祭、
「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に
日本人アーティストとして初めてゲストとして招待され銀賞を受賞したり、
Avicii、Afrojack、Kascadeが参加したお隣韓国で行われた
エレクトロミュージックの最大級のイベント、
UMF(ULTRA MUSIC FESTIVAL)に出演したり、
Rock in Japan2013の大トリを務めることが決まったりと
今や世界中で評価されるユニットとなったPerfumeさん。

前回のアジアを中心に行われた『Perfume World Tour 1st』に続いて、
ついにヨーロッパで行われるPerfume World Tour 2nd
ツアー成功・安全祈願です。

神事では真摯に御祈願され、
以前と変わらず元気がよくて礼儀正しく、
スタッフの皆さんを気遣ってらっしゃったのが印象的でした!
この勢いで世界中で愛されるユニットになられることでしょう!

ツアーの大盛況・大成功とスタッフの皆様のご健勝を
心よりお祈り申し上げます。


▲奉納色紙
※尚、奉納色紙は平成25年7月3日、5日、7日のツアー中、
御神前に納められ毎日祈願された後、お祓いされ御焚上げされます。



▲『勝ち守』

▲『厄断ち守』
※ツアー期間中、当神社の『勝ち守』『厄断ち守』『お札』をもって
ツアーを回られます!



ツアー成功・安全祈願は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2013年06月27日 12時06分47秒

福島 復興支援

福島県いわき市久之浜 諏訪神社にて
まつり復興支援を行ってまいりました。



▲福島民友新聞に掲載されました!

5月4日、東日本大震災で津波などの被害を受けた、
いわき市久之浜町の諏訪神社にて例大祭が行われました。


台東区にある下谷神社宮司阿部さんを中心に、
復興支援という形で神社の広場で縁日が行われ、
当神社神職2名が応援協力で参加しました。


久之浜地区では63名が津波の犠牲となり、
300世帯の方々が不自由な生活をしいられています。

昨年の祭礼では子供神輿が1基しか出せませんでした。
それは、地区外に避難している子供たちが多く、その上、
屋外で活動できる時間が(放射線量の関係で)1時間に制限されていたからです。

今年は、子供たちが戻り、
「仮設や借り上げ住宅の方々にも呼び掛け、子供達にも神輿を担がせたい」
という宮司様や総代様達の意向のもとに、
大人みこし4基、子どもみこし4基が町内を練り歩き、
威勢のいい掛け声が響きました。





わたしたち協力隊は縁日でやきそばや綿菓子など18店舗が出店し、
地元の子供達で賑わいました。



笑顔が見られれば、絆が深まれば…という思いで協力させていただきましたが、
私たちがかえって元気をもらって帰ってくるほど、
復興はまだまだですが地元の人々は確実に未来を見つめ、
明日を築く力を蓄えてきておられます。



『まだまだ景色はあの震災のままです。
 しかし、あと数年後には元の形に戻るよう
 住民挙げて期待と努力を続けてまいりますので、
 どうか皆様も長い道のりであるかもしれませんが
 引き続きのご協力をお願いします。』

という現地の宮司さんや氏子総代の皆様の力強い気持ちに胸が熱くなりました。



これからも、名実ともに復興復旧までこのような協力を
惜しむことなく続けてまいりたいと思いますので、
どうか皆さんも末永く応援をお願いいたします。





復興支援は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2013年05月12日 14時04分36秒

平成25年 3月11日 復興支援朗読会

東日本大震災から二年の平成25年3月11日に、
東日本大震災復興祈念朗読会・宮司講話・復興祈願祭
が行われました。






午後2時46分の黙祷から始まり、
はせがわいさお氏の描く
『被災地の未来を輝かす心の原風景』9作品にまつわるストーリーを
妻の芳見さん、その朗読を娘の祐希さんが担当する、
はせがわファミリーの朗読会が行われました。












次に当神社宮司による講話が行われ、当神社の支援の活動報告や、被災地の現状、
震災から二年経った今、復興に向けてやるべきこと、日本人の心について話があり、
復興の手を緩めず継続して行うことが大事であるということをお伝えいたしました。




そののちに第二部として、社殿にて『復興祈願祭』が行われました。
一日も早い東日本の復旧・復興を祈ると共に、『生かされている』私達が今、
何が出来るかを一人一人が考えさせられる一日となりました。






【はせがわファミリープロフィール】  http://www.dream-hasegawa.com
埼玉県さいたま市(大宮)在住。画家のはせがわいさお(父)の絵に、芳見(母)がお話を創作、祐希(娘)が作品の朗読やデザイン・プロデュースをして、家族三人でみんなの心と心をつなぐ「コミュニケーションアート」の創作・発信活動を行っております。作品の中に登場する『スターリィマン』は、夢を叶える9つの風船を世界中に届ける旅をしています。現在、震災復興祈念活動として、被災地の子どもたちにオリジナルの紙芝居を贈る活動や、訪れた被災地の心の原風景をシリーズで描き、伝える活動を日本各地で行っています。
主催:一般財団法人スターリィマンからの贈り物  共催・協力:鎮守氷川神社




Posted at 2013年03月24日 18時15分47秒

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  | 次へ