メインメニュー
社殿祈願

厄除(厄祓い)

古来より、厄年は様々な人生の節目の年にあてられております。
時代は変わっても、意味や意義は変わるものではありません。
生きていく上で誰もが経験する悩み、心配、怒り、ストレス等が
この厄年に頂点を迎えるといわれております。
よく『病んでいる』という言葉を使いますが、
このような心の動きを日本人は『気が枯れる』と表現しました。
それを
   気枯れ(きがれ)=穢れ(けがれ)
                            としてきたのです。
厄年にお祓いすることにより『元』の充実した『気』に戻ることができます。
新しい気持ちで『元気』な毎日をお過ごしいただくために、
厄年にはぜひお祓いをいたしましょう。



【年齢は数え年になります】

厄年は人生の中で災厄にあうことの多い節目の年とされております。
厄年の方は神社でお祓いをお受けになり、その年の平穏、安泰を祈願いたしましょう。


※『数え年』
  数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。
  そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方。
  今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。


【厄断ち(やくだち)の儀】
当神社では、神事の中で木札を半分に割って厄を断つ儀式がございます。
太鼓の音と共に割った木札は、半分は厄を移して『厄落とし』として神社に納め、
紐の付いたもう一方は、御守としてお持ちいただきます。
『厄断ち守』




【授与所にてお受けになることができる『厄除』御札・御守】

立てかけ式『厄除札』
支えが付いており神棚以外でもおまつりできます。

『厄除面』
当神社の御祭神『スサノオノミコト』の御尊顔をかたどったお面。
玄関等におまつりいただき、厄や災いを祓い除けます。

『厄除守』赤・青
『スサノオノミコト』の御尊顔が縫いこまれた御守。

肌守『厄除』
財布等に入れていただき肌身離さずお持ち下さい。

Posted at 2009年07月24日 14時57分13秒

『戌の日』カレンダー

妊娠5ヵ月目の戌の日に、腹帯を持参して神社で『安産祈願』をすることを
「帯祝い」といいます。

帯祝いは古くから日本で続けられている安産祈願の神事です。
授かった赤ちゃんの無事な成長と妊婦の安産を祈り、
ふくらみ始めたお腹にさらしを巻く風習が連綿と続けられてきました。
母体の保温や保護のためのみならず、
赤ちゃんを守り包む心をあらわす慣習として行われてきたのです。
戌の日に神社にお参りをして、無事の安産、母体の健康、
そして何よりお子様の健やかなる成長を夫婦で御祈願しましょう。
安産祈願は妊娠5カ月目の戌の日に行われるのが一般的ですが、
母体の体調によって、5カ月目以降の戌の日を選んで
参拝されるのがいいでしょう。
戌の日は以下の『戌の日』カレンダーを御参照ください。

安産祈願は基本的にご予約をいただいております。

お電話にてご予約くださいませ。

048-252-5483

【初穂料】五千円からお気持ちでお納めください。
       腹帯をお持ちでしたら、お祓いいたしますので持参下さい。
       授与品のなかに『安産守』も含まれます。

▲お祓いした授与品を当神社のオリジナルバッグに入れて差し上げております。


【腹帯について】神社にても腹帯をお求めいただけます。
           御朱印、社名が入ったサラシタイプのものです。

【初穂料】
二千円      



平成31年 戌の日





Posted at 2009年06月13日 12時17分24秒

交通安全祈願祭

交通安全祈願祭は、ご購入された車が役目を果たすその日まで、
事故なく怪我なくお乗りいただくためのお祓いでございます。
古くは、人が乗る馬のお祓いをして、道中の馬の健康、また安全を祈願したもので、
現在は車がそれに変わり、乗り物のお祓いになったものです。
車をお祓いして、いつも神様の御守護のもと、
無事故無違反でありますことをご祈念いたします。
当神社では社殿でのご祈祷の後に、車の清祓い式を行います。
境内中央の白砂の上が車祓所となりますので、お越しいただきましたら
そちらに御駐車下さい。




            『車清祓い式』

※ご予約の際はお名前、車のナンバーをお申し付け下さい。
  社用車、貨物自動車、フォークリフト等々乗り物全般のお祓いも致しております。
  それぞれ祝詞が異なりますので、事前に用途をご連絡願います。

Posted at 2009年06月04日 22時43分28秒

腹帯について

安産祈願の方の質問の多くは腹帯について。
そこで腹帯についてご説明申上げます。

鎮守氷川神社では、安産祈願の方の腹帯も一緒にお祓いをしております。
『腹帯』は『岩田帯』ともいい、昔ながらのサラシタイプのもの、
マジックテープなどでサイズ調整のできるガードルタイプのもの、
腹巻のように筒状のもの、など色々種類があるようです。
どのようなものでもお祓いする事ができますので、祈願をお受けの方はお持ち下さい。

なお、当神社では、昔ながらのサラシの腹帯(2000円)を準備しております。
お求めできますので、受付にてお申し付け下さい。

この昔ながらの腹帯は、一本の長いサラシのものですが、
どのように巻いたらいいのか、という質問が一番多いです。
そこで正しい巻き方を紹介いたします。


さらしを半分に折りたたみます。
半分に折ったさらしを、端からくるくると丸めていきます


さらしの端の部分を内側につけて、
包帯を巻くようにして、まずは1周します。


一番端の巻き始めの部分を中に折り込んで、
2周目を巻いていきます。


からだの正面か脇、どちらかやりやすいところで、
さらしを上に折り曲げて、さらに腰に回します。


最初に折り曲げた位置に戻ったら、
また同じようにして、さらしを上に折り曲げます。
これを繰り返して、下から上にどんどん巻いていきます。


さらしが最後まで巻けたら、巻き終わり部分を中に折り込みます。


腹帯には、大きくなったおなかや不安定になりがちな骨盤を支えるたり、
大きくなったおなかが動かないように固定されて楽になり、
腹帯をつけることで、からだのバランスがうまく取れて、
おなかの赤ちゃんへの衝撃をやわらげる等の効果があります。
また、おなかの冷えを予防できるたりと、ただの昔ながらの慣わしではなく、
色々な意味合いがあるようです。

ぜひ、腹帯を身に着けて無事の安産にての出産をお祈り申上げます。

Posted at 2009年05月04日 14時52分26秒

前へ |  1  2  3