メインメニュー
人生儀礼早見表

平成29年 厄年表



詳しくは<社殿祈祷>の『厄除』をご覧下さい。

※『数え年』
  数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。
  そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方。
  今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。





厄除け祈願 厄祓 は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2016年12月25日 11時48分13秒

七五三詣成長奉告祭

七五三詣成長奉告祭


七五三詣成長奉告祭とは、
生まれてからこれまでの無事に感謝申し上げますとともに、
今後の健康と無病を祈願する、古来より行われてきた人生儀礼の一つです。

わが国では昔からこどもは“七つまでは神のうち”といわれて来ました。
これは七歳になるまでの子どもは神様の世界に近い存在であると同時に、
まだ現世では力が弱く不安定なものだと考えられました。
そして七つを過ぎると正式に人の世界に入ったとみなされたのです。

3歳の男女は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、
5歳の男児は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳の女児は、それまでの紐付きの着物に代わって、
大人同様の着物を着る「帯解(おびとき)」の名残りです。

『髪置』・・・三歳男児女児
『袴着』・・・五歳男児
『帯解』・・・七歳女児

ぜひ神社にてご家族の皆様でお祝いしましょう。
当神社では、厳粛かつお子様方が楽しめる、
神事やお祓いした授与品(おみあげ)をご用意してお待ちしております。




◎初穂料・・・五千円・一万円とお分けしております。
        (授与品が変わります。神事は同一です)
それぞれお祓いした授与品を『オリジナルデニムバッグ』に入れて差し上げます。


 
◎御祈祷時間・・・朝の9:00〜夕方5:00まで
           30分ごとにご案内しております。

※ご案内時間の5分前に受付を閉め切ります。
 それまでに受付をお済ませください。



◎予約について・・・要予約  (年間を通して承ります)
※10月の最終週、11月中の土日祝日(14:30まで)は必要ありません。
 以下の表をご参考ください。
 なお、15:00以降は結婚式等の御祈願が入ることがありますので、
 15:00以降にご希望の方は電話にてご確認ください。


 鎮守氷川神社社務所   048−252−5483



(予約の必要ない日) 

<平成28年>

【10月】
・29日 ()
・30日(

【11月】
・ 3日(木・文化の日
・ 5日 ()
・ 6日(
・12日(
・13日(
・19日(
・20日(
・23日(水・勤労感謝の日
・26日(
・27日(

※この期間は混雑いたしますが、30分ごとにご案内しております。
 待ち時間は長くても30分ほどです。


◎駐車場について・・・どうぞお車でお越し下さい。係りの者が御誘導いたします。 
              緑の矢印が『参拝者専用駐車場』です。



大きな地図で見る

※尚、一番込み合う時期になりますと、更に臨時駐車場が設けられます。


七五三詣は・・・埼玉県川口市青木 鎮守氷川神社へ

 

Posted at 2016年10月24日 15時04分41秒

平成28年 七五三レンタル衣装 予約展示会のお知らせ

七五三レンタル衣装展示予約会のご案内】




七五三のレンタル衣装展示予約会が行われます。
(主催:式典写真協会)

開催日は以下のとおりになります。


平成28年

【8月】

・21日(
・27日(
・38日(

【9月】
・ 3日(
・ 4日(
・10日(
・11日(
・17日(
・18日(
・19日(月・祝
・24日(
・25日(



【会場】

氷川神社社務所     お問い合わせ 048−252−5483


その他詳細はこちらから  式典写真協会(0120-073-753 10:00〜17:00 定休:月)




◎駐車場
【境内駐車場】   15台 
【参拝者専用駐車場】15台 

▲参拝者専用駐車場はこちらです。
 神社西側の道路右手にあります。看板が目印です。

Posted at 2016年05月31日 11時24分13秒

平成27年 厄年表



詳しくは<社殿祈祷>の『厄除』をご覧下さい。

※『数え年』
  数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。
  そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方。
  今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。





厄除け祈願 厄祓 は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2015年12月06日 10時17分53秒

平成26年 厄年表


厄年は人生の中で災厄にあうことの多い節目の年とされております。
厄年の方は神社でお祓いをお受けになり、その年の平穏、安泰を祈願いたしましょう。
詳しくは<社殿祈祷>の『厄除』をご覧下さい。


※『数え年』
  数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。
  そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方。
  今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。






厄除け祈願は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2013年12月10日 17時43分37秒

平成25年 厄年表


厄年は人生の中で災厄にあうことの多い節目の年とされております。
厄年の方は神社でお祓いをお受けになり、その年の平穏、安泰を祈願いたしましょう。
詳しくは<社殿祈祷>の『厄除』をご覧下さい。


※『数え年』
  数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。
  そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方。
  今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。





厄除け祈願は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2012年10月11日 21時16分17秒

安産祈願

妊娠5ヵ月目の戌の日に、腹帯を持参して神社で『安産祈願』をすることを
「帯祝い」といいます。

帯祝いは古くから日本で続けられている安産祈願の神事です。
授かった赤ちゃんの無事な成長と妊婦の安産を祈り、
ふくらみ始めたお腹にさらしを巻く風習が連綿と続けられてきました。
母体の保温や保護のためのみならず、
赤ちゃんを守り包む心をあらわす慣習として行われてきたのです。
戌の日に神社にお参りをして、無事の安産、母体の健康、
そして何よりお子様の健やかなる成長を夫婦で御祈願しましょう。
安産祈願は妊娠5カ月目の戌の日に行われるのが一般的ですが、
母体の体調によって、5カ月目以降の戌の日を選んで
参拝されるのがいいでしょう。
戌の日は下の『戌の日』カレンダーを御参照ください。

安産祈願は基本的にご予約をいただいております。
ご予約をいただくとお待ちいただくことなく、
スムーズなご案内が可能です。

【初穂料】五千円からお気持ちでお納めください。
       腹帯をお持ちでしたら、お祓いいたしますので持参下さい。
       授与品のなかに『安産守』も含まれます。

▲お祓いした授与品を当神社のオリジナルバッグに入れて差し上げております。


【腹帯について】神社にても腹帯をお求めいただけます。
           御朱印、社名が入ったサラシタイプのものです。

【初穂料】二千円      

平成28年 安産『戌の日』カレンダー




Posted at 2010年04月20日 13時59分15秒

年祝いの御祈願(健康長寿祈願)

【歳祝い・賀寿とは】

ご家族の方が長寿であることは、ありがたくおめでたいことです。
これまでの神様の御加護に感謝し、
今後もますますご利益が頂けるようにお祓いをして、
健康で長生きができますよう祈願いたします。
ぜひ、家族・親族の皆様でお集まりいただきお祝いしましょう。

なお、クラス会での団体祈祷も承っております。
希望日時・人数を早めにお知らせください。

【初穂料】
お一人5000円からお気持ちでお納め下さい。


還暦(かんれき)・・・「暦(こよみ)」では、61年目にはじめて、
60歳        生まれた年と同じ干支に戻ります。
           61歳の還暦厄は、生まれ変わりの人生の再出発点なのです。
           赤い帽子をかぶり、ちゃんちゃんこを着るのは、
           赤ちゃんに戻って再出発を祝うという意味があるのです。

古稀(こき) ・・・中国・唐時代の詩人・杜甫の「人生七十年古来希なり」に
70歳        由来しています。

喜寿(きじゅ)・・・「喜」の字の草書体が七十七と読めるところからきています。     
77歳  

傘寿(さんじゅ)・・・八十が「傘」の字に通じるところから「傘寿」と
80歳        呼ばれるようになりました。 

米寿(べいじゅ)・・・八十八を組み合わせると「米」の字になるところからきています。  
88歳    

卒寿(そつじゅ)・・・卒の俗字(卆)が九十に通じるところからきています。       
90歳      
            
白寿(はくじゅ)・・・九十九は百より一つ少ないという意味から
99歳           「白」の字が用いられています。

百寿(ももじゅ)・・・「ももとせの祝い」といい、盛大に百歳をお祝いします。
100歳       一説には「上寿」(じょうじゅ)とも言います。

Posted at 2010年03月06日 15時52分53秒

初宮詣(お宮参り)

初宮詣とはお祝いのお子様が生まれて初めて神社にお参りをして、
何事もなく無事にこの日を迎えられましたことを神様に感謝すると共に、
これよりの健やかなるご成長を神様にご祈願するお祭りでございます。

男児=32日目   女児=33日目

に行うとされていますが、赤ちゃん、また母体の体調、ご家族のご都合に合わせて、
『お食い初め』(百日目頃)より前に行うことが多いようです。
どうぞ皆様でお越しいただきお祝いしましょう。


【ご予約について】
初宮詣は正月、七五三シーズンに関わらず、通年ご予約を頂いております
ご予約はお電話にて承っております。
TEL 048−252−5483 (鎮守氷川神社社務所)

【御初穂料について】
初穂料は御神前に上げますので、のし袋に納めてお持ち下さい。


     『初穂料』見本

※一万円以上のお納めの方には『お食い初め』のセットをお頒ちしております。

    『お食い初めセット』

Posted at 2010年03月02日 16時54分21秒

ランドセル

【ランドセルお祓い式】



このたびは、ご卒園・ご入学おめでとうございます。
産声を上げてから今日まで、お子様の成長してゆく姿は、
何ごとにも代えがたい喜びであり、幸せなことであります。

春、桜の咲く道をランドセルを背負って通学する我が子の姿は、
いつまでも色あせることなく想い出として残るでしょう。

鎮守氷川神社では、小学校入学という大きな節目をお迎えするお子様方の
『通学安全』『学業成就』『学校生活の充実』を祈願する、
【ランドセルお祓い式神事】を行っております。

ご家族揃ってご参列いただき、
晴れやかにご入学の日をお迎え下さい。


◆お申し込み◆
・予約制になります。(土日は午後2時以降)
・団体・グループでの予約も承っております。
※ご予約は電話か神社まで直接お越し下さい。

◆初穂料(祈願料)◆
・お子様お一人につき3000円お納め下さい。



【お問い合わせ】
鎮守氷川神社 社務所
TEL  048−252−5483



お子様自身で玉串奉奠を行います。

通学の無事安全・学校生活の充実を祈りましょう。

Posted at 2010年01月20日 13時28分11秒

 1  2  | 次へ