メインメニュー
2017-12-13

平成30年 安産カレ...

平成30年 安産『戌の日』カレンダー






妊娠5ヵ月目の戌の日に、腹帯を持参して神社で『安産祈願』をすることを
「帯祝い」といいます。

帯祝いは古くから日本で続けられている安産祈願の神事です。
授かった赤ちゃんの無事な成長と妊婦の安産を祈り、
ふくらみ始めたお腹にさらしを巻く風習が連綿と続けられてきました。
母体の保温や保護のためのみならず、
赤ちゃんを守り包む心をあらわす慣習として行われてきたのです。
戌の日に神社にお参りをして、無事の安産、母体の健康、
そして何よりお子様の健やかなる成長を夫婦で御祈願しましょう。
安産祈願は妊娠5カ月目の戌の日に行われるのが一般的ですが、
母体の体調によって、5カ月目以降の戌の日を選んで
参拝されるのがいいでしょう。
戌の日は上記の『戌の日』カレンダーを御参照ください。

安産祈願は基本的にご予約をいただいております。
ご予約をいただくとお待ちいただくことなく、
スムーズなご案内が可能です。

【初穂料】五千円からお気持ちでお納めください。
       腹帯をお持ちでしたら、お祓いいたしますので持参下さい。
       授与品のなかに『安産守』も含まれます。

▲お祓いした授与品を当神社のオリジナルバッグに入れて差し上げております。


【腹帯について】神社にても腹帯をお求めいただけます。
           御朱印、社名が入ったサラシタイプのものです。

【初穂料】二千円


   

Posted at 2017年12月13日 14時03分43秒

平成30年 厄年表



詳しくは<社殿祈祷>の『厄除』をご覧下さい。

※『数え年』
  数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。
  そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方。
  今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。





厄除け祈願 厄祓 は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2017年12月13日 13時50分12秒

平成30年 厄除・方...



詳しくは<社殿祈祷>の『厄除』をご覧下さい。

※『数え年』
  数え年とは、お腹の中に生を受けた時から年を数えます。
  そして生まれた年を一歳と数え、年が変わるごとに年齢を重ねてゆくという考え方。
  今年の誕生日を迎えた時の年齢に一歳加えると、数え年になります。





詳しくは<社殿祈祷>の『方位除』をご覧下さい。


中央・・・各方位の中央に位置し、俗に言う『八方ふさがり』の時期になります。
     厄年でいう大厄の年。
東北・・・表鬼門
南西・・・裏鬼門に当たるため運気低迷の年。
 北・・・季節であらわすと冬になり、いわゆる冬ごもりの時期になります。
 南・・・吉凶半々の年。

※すべて年回りによるもので、ご祈願をお受けください。



平成30年 厄除け・方位除け 厄年 厄祓 は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2017年12月13日 13時48分54秒