メインメニュー
2012-12-26

お正月に必ず見る紅白...

年神様や正月様、あるいは歳徳様とも呼ばれる神様をお迎えして
お祀りするお正月。
(↑宮司のちょっといい話に細かく書いてあります!『ちょっといい話』クリック!)

門や水、火がある神聖な場所に神様を呼ぶとともに周囲の不浄を断つ印として、
藁や水引などのお飾りをかけます。

お正月飾りは地方や家の風習により様々な形があり、
飾り方もいろいろです。

▲当神社のお正月飾り!おしゃれでかっこいい!

飾る日も大晦日に飾る一夜飾りを嫌う地方も多く、
三十日に飾り松の内(一月七日)が過ぎたらはずし、
小正月のどんど焼きでお飾りを焼く慣習が残っています。
(※当神社のどんど焼きの様子はこちら←クリック!)


水引はこより状の紙に水を引いて作られ、
無垢で清潔なものという意味があり、
水引を結ぶことで、
人と人、人と神を結ぶ願いが込められています。

また、紅は太陽・魔除け、白は神聖・清浄を表し、
紅白水引はお祝いや贈り物に欠かせないものです。

水引を使った正月飾りは、新春の喜びと一年の幸福を願うものなのです。




お正月・初詣は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2012年12月26日 14時57分00秒