メインメニュー
2011-02-07

平成23年 どんど焼...

平成23年1月15日にどんど焼き祭が執り行われました。

その模様をご報告いたします!

どんど焼き祭は、
一年間御世話になった古神札、〆縄や松飾を
感謝の気持ちを込めお焚き上げをして、神様をお送りする神事です。

合わせて祈願串、一言主の紙垂をお焚き上げをして、
御神火の煙と共に神様にお伝えし祈願成就を祈ります。

前導が竜笛(りゅうてき)を吹きながら
御神火とともに神職が斎場に参進致します。



参列者・御焚き上げの窯のお祓いお清めをして神事が始まります。

御神前、窯、参列者の順にお祓いいたします。


次に宮司の祝詞奏上に引き続き、
御神火が点火されいよいよどんど焼きが行われます。



御神火が点火されると、神職が窯の周りを囲むように並び、
『大祓(おおばらい)』が奏上されます。
宮司は窯の前に立ち、
祈願串を御焚き上げします。


火は徐々に大きくなり窯の回りは想像以上の温度になります。

狩衣(かりぎぬ。神職の装束です。)の首元には汚れないように、
プラスチックのガードが付いているのですが、
神事が終わる頃にはグニャグニャにひしゃげてしまうほど高温になります。


神事後、宮司よりご挨拶、干支のお話がありました。神事中は気づきませんでしたが、500名ほどの参列者で境内が賑わっておりました。

神事が終わると、
餅焼き場は長蛇の列に!
お神酒をいただいてからお餅をもらって焼きましょう。


この御神火を頂いてお餅を焼き、
この年の無病息災、身体健全、家内安全を祈願しながらいただきます。
みんなで楽しくお餅を焼きます。

味付けは『あまから』『しょうゆ』から選んで海苔で巻いていただきましょう!

おいしそうなお餅にみんな笑顔!

このお餅は『十勝甘納豆本舗』さんの御奉納です。

今年は土曜日ということもあり、
例年にも増して大勢の方にご参列を賜り、
賑々しく厳粛に行われました。


来年も多くの方のご参列をお待ちしております。


Posted at 2011年02月07日 16時18分18秒