メインメニュー
2010-12-22

御神木の工事が始まり...

当神社の御神木、
元気の木『大欅(オオケヤキ)』の保護工事が始まりました。

最近多くの方が御神木に元気をもらいに参拝されております。
参拝の方が多いのは大変うれしいことですが、
『木に抱きつく』ということは、
木の根元まで立ち入ることになります。

木下にはもちろん根が張っており、
少なからずともダメージがあるのではと心配になっておりました。

そこで、当神社に鳥居を奉納してくださった
株式会社埼玉物産さんに相談をして、
御神木の保護工事をしていただくことになりました。

※埼玉物産さん奉納の鳥居についてはこちらからどうぞ!
 当神社ホームページ『氷川トピックス』からも
 ご覧になれます!

工事はすべてスペシャリストの埼玉物産さんにお任せいたしました!

去年を思い返してみると、
御神木に長蛇の列ができておりました。
今年は更に多くの方が参拝されることが見込まれます。

何とかお正月に間に合うようにやっていただきたい!!

御神木を少しでも守らなければ・・・

そして皆さんに気持ちよく参拝していただきたい・・・


そういった思いから、
なんとか年始に間に合うようやっていただけないものか・・・

こちらの無理を快く引き受けていただきました。
埼玉物産さん、工事のご関係の方、
お忙しい中大変有り難い限りです!

本日から工事が始まりました。
竣功いたしましたら皆様にもご報告申し上げます。
お楽しみに!
・・・というか、誰よりも楽しみにしてるのは、
私を含めた当神社職員全員だったりします!



▲御神木に竹を巻き、靴が御神木の根元に触れるのを防ぎます。
 細く切った竹を木のアールにあわせながらカンナで削り、
 均等に揃えて巻いていきます。
 まさに匠の技!

本日寒い中、日付が変わるくらい本当に遅くまで作業していただきました。
お正月までに、という無理を聞いていただいてありがとうございます。
心から御礼申し上げます。

Posted at 2010年12月22日 23時34分38秒