メインメニュー
2014-08

本日8月31日 (日)...

【8月31日()戌の日】
安産祈願ご希望の方へ


皆様おめでとうございます!
安産祈願は一時間ごとのご案内となっております。

※ご予約をいただかない場合、
御神札の準備や席の状況などにより
長い時間お待ちいただくか、ご案内できない場合があります
安産祈願をご希望の方は必ずご予約下さい!

詳細はホームページをご覧下さい。

【安産祈願予約状況】
○・・・余裕あり
△・・・残りわずか
×・・・満員


 9:00  ×
10:00  ×
11:00  ×
12:00  ×
13:00  ×
14:00  ×
15:00  
16:00  


【安産祈願を気持ちよく御祈願していただくために】

当神社では安産祈願の御祈祷をお受けの方に、
身体を冷やさぬようブランケットをご用意いたしました!

受付時に必要の有無をお伺いし、
お渡しいたしますのでご遠慮なくお申し付けください。




また、社殿でのご祈願の方に椅子をご用意しております。
通常「胡床(こしょう)」という古来から使われてきた椅子に
お掛けいただいておりますが、
安産の方がより快適にお座りいただけるようご配慮申し上げ、
安産祈願専用椅子をご用意し、お待ちしております!


『通常祈願用胡床』




『安産祈願専用椅子』



【鎮守氷川神社マメ情報】
安産祈願の方は御祈願後、富士塚に登られる方が多くいらっしゃいます。
富士塚には富士山の神様、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が
お祀りされております。
木花開耶姫命は安産の神様としても有名で
この富士塚に登ると安産の御神徳があると言われております。
緩やかな階段が設けられておりますが、
ぜひお足元に気をつけてご参拝ください。


また、頂上には安産の御神徳がある『撫で戌(なでいぬ)』が鎮座しております。
安産のみならず、撫でると…

子犬・・・子宝・子授け(こさずけ)
母犬・・・安産
親子・・・家内安全


の御神徳があります!

ぜひご家族の皆様で撫でていただき、
家族の幸せを祈りましょう!



安産祈願は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2014年08月31日 10時50分06秒

抜穂祭(9/8)のお知...

【平成26年 抜穂祭


9月8日(月)
午前10:00より斎行
雨天決行


春にこの神饌田におきまして御田植祭を斎行し、稲苗を植えました。
天地の御恵を受けすくすくと成長し、稲穂も豊かに稔り、
刈り入れの季節を迎えることが出来ました。

つきましては上記の日時により抜穂祭を斎行し、稲刈を行います。
秋の収穫の感謝のお祭に皆様にも御参列いただきたく御案内申し上げます。

毎年多くの方々にご参列いただいております。
和気藹々の中、豊作への感謝の気持ちを持って稲刈りをしていただきます。

今年は暑い日が続き、何度もゲリラ豪雨に見舞われ、
生育状況がとても心配だったのですが、
今年もたわわに実って豊作となりました!

最近ではなかなかできない稲刈りを、家族の皆様そろってやってみませんか?
お子様にとっても、食べ物の尊さや、神社について、
多くを学んでいただくすばらしい機会になると思います。
奮ってご参列下さい。お待ちしております。

今年も古代米を植えました。
古代米は普通の稲よりも成長が遅く、種類によってもバラバラです。
稲穂の時点で普通の米とはビジュアルがかなり違いユニークなので、
せっかくなのでご紹介いたします!

まずは黒米。

▲普通のお米と比べると成長は若干遅い程度。
 稲穂が既に色が変わってしまっているが、緑の時は少し黒っぽかった。

次は緑米。
▲やっと稲穂が付き始めた緑米。
 赤・黒・白に比べてかなり遅い成長。上部が黒く、全体的に緑が濃い。

次は赤米!これがかなり印象的な姿です!



▲赤米の成長はこの三種の中で真ん中くらい。
 ただビジュアルがかなり原始的(?)!
 稲穂が出てきた時はびっくりしました!
 赤いヒゲで稲は緑色。精米したときが楽しみ! 


【抜穂祭】

まずは神饌田の前にて神事が行われます。


神事後、皆様で稲刈りをいたします。

【参列いただいた方に、この年の初穂(初めてとれた稲穂)を差し上げます。】


皆様のご参列を心よりお待ちしております。


Posted at 2014年08月31日 10時49分54秒

義援金をお届けしました!

義援金をお届けしました!


先日この氷川NEWSでご報告申し上げた通り、
皆様方よりお預かりいたしました義援金を、
被災地の神社に奉賛させていただきました!

『町の復興は鎮守様の再建があって成就する。』
という被災地の強い願目に応えるべく、
福島県浪江町の貴布禰神社、南相馬市の日鷲神社、
岩手県大船渡市の熊野神社、田野畑村の島ノ越大神宮に、
皆様からお預かりした義援金の一部を捻出し、
鳥居また、小社殿を納めさせて頂きました。

こちらは原発事故により立ち入りが制限されている地域や、
津波のため居住制限区域に指定されており、この鳥居・小社殿建立により、
一時帰宅者の皆様が『いつかこの地に戻ってくる』
という希望の証となることを切に願い奉納いたしました。

鳥居には『川口市 鎮守氷川神社 奉納』と刻まれ、
復興の原動力の一助として、町の方々に喜んでいただけるものとなりました。

尚、各神社より御礼の手紙・写真が届いておりますので、
この場をお借りしていただいた御礼状の一部を皆様にご報告申し上げます。




○福島県浪江町 貴布禰神社
宮司 木幡輝秋 様

去る七月八日、関係諸氏のご尽力により、別添写真の如く、立派な鳥居が建ちました。
当社地は東電原発事故により立ち入りが制限されており、
復興の見通しも立ちませんが鳥居が建立できた事で、
氏子崇敬者も参詣して呉れるものと思います。








○岩手県大船渡市末崎町峰岸 松嶋神社(末崎町神坂鎮座 熊野神社 摂社)
宮司 宮崎和貴 様

皆様に御寄贈いただいた鳥居を、八月二日に無事設置することができました。
漁民をはじめ、地域の方々も大変喜んでいるところでございます。
大震災からの人の心の復興には神社の存在が欠かせないと感じられる方々が、
地域に多くいたことが私自身非常にうれしく思っております。
まだまだ氏子地域の復興には時間を要しますが、
氏子の方々と共に一歩一歩前へ進んで行く所存でございます。
皆様の御寄贈に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。






○岩手県田野畑村島ノ越大神宮
宮司  横山幸子

心迷う中でふと声に出してみた鳥居建立の相談を、
すぐ様計画し実行して下さったことには大変感激しました。
真新しい鳥居を眺めくぐる度に復興への光を見出し、
心動き次の一歩を踏み出す原動力をいただくだろうと思ってなりません。
ここに至る迄、同じ心でご支援くださった皆様、
何より作製費をご負担していただきました氷川神社鈴木宮司様を始め、
氏子崇敬者の皆様のお力添えに重ねて感謝申し上げます。
いただきましたご縁に感謝し、
より一層愛されるお社、郷土となるよう力を尽くして参ります。








○福島県南相馬市 日鷲神社
宮司 西山典友

この御宮は、東日本大震災の大津波で社殿が崩壊し、
社地は今後居住制限区域になってしまい再建が困難になっていましたが、
今回私の境内社として御遷宮することができ、
私だけでなく氏子の方々が喜んでおります。








以上の様に、被災された氏子の皆様が大変喜んでおられ、
復興の糧となっております。

尚、いただいた御礼状は神社掲示板にてご覧になれますので、
ぜひ神社にお越しください!

今後とも被災地の復興はもとより、
地域の『元気』のために、
皆様方の更なるご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。



Posted at 2014年08月18日 11時22分35秒

八月十五日 月次祭

七月十五日午前6:00より月次祭が行われました。

月次祭は、日本の、また皆様の安泰を祈願するお祭りでございます。
次回は、八月一日、朝六時より斎行致します。
当神社では、参列いただいた方には、まずお祓いをお受けになり、
お祓いいたしました『神塩(みしお)』をおわかちいたします。



【神塩について】

※『神塩』は数が限られており、
 お一人様一つとさせて頂きます。
 無くなり次第終了となりますのでご了承下さい。
 十五日の月次祭は50体のご用意となります。



月次祭は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2014年08月16日 13時51分14秒