メインメニュー
2013-09

九月十五日 月次祭

九月十五日午前6:00より月次祭が行われました。

月次祭は、日本の、また皆様の安泰を祈願するお祭りでございます。
次回は、十月一日、朝六時より斎行致します。
当神社では、参列いただいた方には、まずお祓いをお受けになり、
お祓いいたしました『神塩(みしお)』をおわかちいたします。



【神塩について】

※『神塩』は数が限られており、
 お一人様一つとさせて頂きます。
 無くなり次第終了となりますのでご了承下さい。
 本日の月次祭は50体のご用意となりました。

また、鎮守氷川神社では、
このたびの『東北太平洋沖地震・東北関東地震』の
被害者の皆様の除災招福祈願と復興祈願を、
毎日午後5:30より行っております。

つきましては同時刻に多くの方々が神棚・
あるいは東北方向に祈願することにより、祈願が届けられ、
一体感が生まれ大きなパワーとして現地に届けられます。
また、神社にて義捐金も賜っておりますので、
同時刻のお参り等もお待ちしております。

何卒多くの方々にお知らせしたいと考えます。

私たち神職が今できること・・・
それは【祈る】ことです。
多くの神社が祈願をすることこそ、
日本の早期復興につながることと信じております。
皆様方もご一緒に御祈願しましょう!!

がんばろう東北!!


月次祭は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2013年09月16日 16時47分12秒

石井竜也【WHITE...

TATUYA ISHII CONCERT TOUR 2013
WHITE MOONLIGHT




平成25年9月14日(土)、戸田市文化会館にて、
石井竜也(米米CLUB)さんのツアー安全祈願・成功祈願祭が
当神社神職により執り行われました。

メンバー・スタッフの皆様とともに、心ひとつに祈願されました。

神事後には石井竜也さんが仕切り、
スタッフの皆様が心ひとつに気合の掛け声をかけられ、
和気藹々の中神事が締めくくられました。

ツアーの大盛況・大成功とスタッフの皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。



※石井竜也さんをはじめ、ツアースタッフの皆様は当神社の
『勝守』『厄断守』『御神札』をもって、ツアーをまわられます。



▲【勝ち守】

▲【厄断ち守】


▲この奉納色紙は9/14〜11/2までのツアー期間中、
御神前にて毎日御祈願され、ツアー終了後お焚き上げされます。



ツアー成功・安全祈願は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2013年09月16日 16時45分52秒

第六十二回 神宮式年...

平成25年8月4〜6日にかけて、
神宮の『お白石持行事』に参加してまいりました。



※伊勢神宮は、太陽の神様「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」をお祀りする
【皇大神宮=内宮】と、食べ物の神様「豊受大御神(トヨウケノオオミカミ)」をお祀りする
【豊受大神宮=外宮】をはじめとする125社を合わせ『神宮』と総称する。
伊勢神宮の正式名称は『神宮』である。

今回は鎮守氷川神社と朝日氷川神社の氏子の皆様と総勢50名で、
お白石持ち行事に参加致しました!


平成十七年五月の山口祭にはじまった第六十二回神宮式年遷宮の諸祭、
諸行事は着々と進められ、平成二十五年秋にいよいよ遷御の儀を迎える運びとなりました。

それに先立ち、ご正宮の域内に敷き詰める『お白石』を奉献する
『お白石持行事』は伊勢市民の神宮に対する感謝と誇りが受け継がれてきた民俗行事で、
市の「無形民俗文化財」であり、また、国の「選択文化財」にも選択されている
五百年以上の歴史を持つ伝統行事です。


当神社を出発し、初日はまず「お白石持行事」 にあたって、
夫婦岩で有名な二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)にて心身を清める、
禊(みそぎ)に代わる習慣として 「浜参宮」をいたしました。

▲神宮に参拝する前の『浜参宮』

▲よく見るとお祓いが海藻です!

▲みなさんご存知、夫婦岩です!


二日目はいよいよ『お白石持ち行事』に参加します!
当日は有難過ぎるくらいの快晴の炎天下の中行われました。

参加者は全員白装束に身を包み、木札を首から下げ綱を引きます。
私たちに渡された木札には木の球が四つ付いていました。
四玉は綱元を意味します!
奉曳車は一台につき1500人で曳いていくのですが、
運がいいことにお白石にいちばん近い場所で引くことができました!

▲これが私たちが曳いた奉曳車です!
 本体、車輪は欅(けやき)、車輪の心棒は樫(かし)でできています。
 この車にはお白石が入った樽が乗っていますが、
 一本の綱でこの樽を縛っています。

※『太一』(たいいつ、たいち)
 山車についているこの言葉は、
 「唯一無二の尊いもの、この世の中が安泰であるように」との意味があります。

▲私たちが曳くところから前の光景。
 前に1400人以上いるので先頭が見えません!
 こんなところで引くことができて本当にラッキー!

▲威勢のいい木遣子(きやりこ)の「エンヤー」の掛け声に合わせて、
曳いていきます!

曳き始めると、ゴーと法螺貝のような音が鳴り響きます。
これを『椀鳴り(わんなり)』というそうです。
これは、心棒が先端に向かって細くなっており、
車輪のほぞもこれに合わせ作られているためお椀型になっていて、
車輪の外側からクサビを打って内側にスライドさせて
その摩擦で音を出しているそうです。
荘厳な空気に包まれ、まるで神様が下りてくるような音にさえ感じました。

途中で一旦休憩が入りますが、
あまりの暑さのため熱中症にならないように塩飴やスポーツドリンクを飲みます。

ようやく宇治橋に到着すると、積んでいたお白石をおろし、
お祓いを受けた後にいよいよ新社殿へと進みます。

▲直接触らないように白いハンカチに包んで進みます。


白石を 踏み進みゆく 我が前に 光に映えて 新宮は立つ


今上陛下の前回の遷宮の際に詠まれた御製が頭に浮かびます。

▲写真はここまで。二十年に一度しか入れない本殿まで進みます。

▲写真は撮れないので、伊勢講暦カレンダーから引用。


新しい社殿の周りにそっと石を置き、現在の御昇殿に向かって遥拝いたします。

1300年続いてきたこの遷宮。
当時の姿のままそこにたたずむ新社殿。
昔の方々は何を思いこの場所に来たのだろう。
きっと私たちの思いと変わらないはずだ・・・。

そう思っていると「感謝」「魂の継承」という言葉が思い浮かびました。
私たちは生かされている…
そのことに感謝しながら日々精一杯生きていかねばなりません。
この国に生まれたことを誇りに思いました。
参加された方はみんなそう思ったはずです。

▲今回のお白石持ち行事の記念品と、実際につけた木札。木の玉の数が四つというのが綱元の証です!




※芸能人の方も多くいかれているようです。
 様々にその感動を綴っておられます。
 リンクを張らせていただきます。
鈴木おさむ様ブログ


鎮守氷川神社

Posted at 2013年09月13日 11時44分18秒

【巫女さんのお手伝い...

鎮守氷川神社では【七五三】の巫女さんの募集を致しております。

つきましては、面接会を行います。

面接会日程は、
9月21日(土)、9月22日(日)
の2日間を予定しております。

面接会は夕方4時(16:00〜)より行われます。
参加対象者は高校生・大学生になります。
お正月もできる方に限定させていただきます。

尚、アルバイト感覚で来られる方はご遠慮ください。

神社には『これからも元気にすくすく成長できますように』と願う、
多くのお子様・親御様がご参拝にいらっしゃいます。
参拝の方一人一人に喜んでいただけますように
心からの笑顔での対応をしていただける方のみお越し下さい。


参加申し込みはTELにてお願い致します。

【鎮守氷川神社 社務所】
048−252−5483
担当:鈴木・斉藤まで

【持参品】
○履歴書
○筆記用具

【主な奉仕】
○御守り・御札等の授与
○御祈祷の受付・案内
○社殿での御祈祷の補助

※助勤日(お手伝いいただく日)は、
○10月26日(土)
○   27日(日)
○11月 2日(土)
○    3日(日)
○    4日(月・振替休日)
○    9日(土)
○   10日(日)
○   16日(土)
○   17日(日)

のなかからお選び下さい(複数日可)。
面接時に希望の日をこの中からお選びいただき、
お申し付け下さい。

Posted at 2013年09月05日 09時36分11秒