メインメニュー
2011-04

【5月6日】にお田植...

お田植え祭の準備が整い、
平成23年5月6日(金)
にお田植え祭神事が執り行われます。

秋の豊作を祈念し、神饌田にて御田植祭をいたします。

春はスタートの時期です。

この神事は神職はじめ、ご参列の方々にも田植えが体験できます。
上記の通り、秋の豊作を祈念する神事でありますが、
祈念するのは稲の豊作だけではなく、
皆様のこの年の充実、繁栄などを祈願いたします。
つまり、皆様にとっての『稲』は、
『夢』『目標』『希望』なのです。


みなさまもぜひ、稲の苗に目標や夢心をたずさえて頂き、
御田植えの神事にご参列下さい。
新嘗祭を豊かに迎えられますよう、みなさまで田植えをしましょう!!

Posted at 2011年04月29日 14時46分04秒

被災地にむけて! P...

当神社では待合室に被災地に向けての
メッセージボードを用意しております。
被災地の方の目に触れる確率はとても低いかもしれませんが、
ゼロではありません。
もし、たまたま目に触れる機会があれば、
それは必ず力になれるはず、
という思いから始まりました。
ご紹介いたします。
※ホワイトボードメッセージはこちらで最終になります。
 ご協力ありがとうございました!






これらのメッセージが現地に届くようにご祈念申し上げます。

尚、CMでm-floのbarbalさんがおっしゃっているように、
一瞬の爆発的な力も必要ですが継続する力はもっと大切です。
鎮守氷川神社では引き続き支援活動を行っていきたいと思います。
又、当神社では毎日午後五時半より、
復興祈願祭を行っております。
皆様もご参列できますので、
被災地に向けて『いのり』を届けましょう!
皆様のご参列を心よりお待ちしております。

【目頭が熱くなるような写真】
こちらは現地の支援を行う方から届いた写真です。
女川・牡鹿半島の避難所に食料等を届けに行く際にとられた写真です。
毎日のように道路に立ち、
自衛隊に感謝の日の丸を振るおばあちゃんとお孫さん(女川街道にて)。
自衛隊の活動は、夕方四時頃までなので、それ以降自衛隊や支援車両が通るたびに
日の丸を振り、頭を下げていらっしゃったそうです。





Posted at 2011年04月24日 13時29分43秒

AAA(トリプルエー...


【Buzz Communication】 tour 2011

ツアー安全・成功祈願祭


平成23年4月21日、江戸川区総合文化センターにて、
4月24日より行われるツアー安全・成功祈願祭が行われました。
メンバー7名、スタッフ約50名が集まり祈願されました。
メンバーの方は皆さん元気よく挨拶され、一生懸命祈願されていました。
皆さん本当に仲がよく礼儀正しい方々でした。
最後も大きな声でお礼をおっしゃられ、これからがとっても楽しみです!
AAAのメンバー、スタッフの皆様のツアー中の無事安全・ツアーの成功を、
心よりお祈りいたします。

▲こちらのサインは御神前に祀られ、ツアー終了のその日まで毎日御祈願されます。メンバーの方は、御札、当神社の勝守り、厄断ち守りを持って、各所にてライブを行われます。皆さんがんばってください!!


鎮守氷川神社

Posted at 2011年04月21日 12時35分25秒

安産祈願『富士山絵馬』!

安産専用の絵馬ができました!

こちらです!!


台形の形の絵馬に、安産にちなんだ犬が描かれています。
この形、何かに見えませんか?

そうです!
富士山です!

『なぜ富士山なの・・・?』
と、思われた方もいるのではないでしょうか?

安産・・・?
富士山・・・?

当神社には安産祈願の方には、
境内の富士塚にご案内しております。

富士山には木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が祀られています。
当神社の富士塚は、富士山の溶岩等を用いて作られており、
おなじくコノハナサクヤヒメが祀られております。

コノハナサクヤヒメは、
新しい命を生み出す安産子育ての神様なのです!

富士山=安産

それはお祀りされる神様が関係していたのでした!
だから富士山なのです。


うらには、出産予定月、お願い事を記入していただきます。
▲無事の安産を祈願し、お願い事をおかきください。

この絵馬は、富士塚のふもとの絵馬掛けにお掛けください。

▲出産予定月ごとに掛けられます!初宮詣、お礼参りの際に確認し易くなっております。

皆様のご参拝を心よりお待ちしております。

安産祈願は・・・鎮守氷川神社

Posted at 2011年04月20日 16時01分32秒

四月十五日【月次祭】

四月十五日、月次祭が当日6:00より行われました。

気温も上昇し、染井吉野も花が散っていよいよ春本番、
と言ったところでしょうか。
神社では実りの秋に向けて、
着々と田植えの準備が進められております。
染井吉野は散ってしまいましたが、
山桜、八重桜、枝垂桜は今が見ごろとなっております。
境内ではチューリップ、菜の花等それぞれの花が咲き誇り、
蝶が花から花へとダンスをするように舞っております。
被災地でも桜の花が満開になり、
復興への皆様の励みになっているようです。

皆様も元気に新しいスタートの時を元気に過ごし、
東北の、日本の復興を祈願し、
すばらしい日々を過ごしましょう。


月次祭は、日本の、また皆様の安泰を祈願するお祭りでございます。
次回は、五月一日、朝六時より斎行致します。
当神社では、参列いただいた方には、まずお祓いをお受けになり、
お祓いいたしました『神塩(みしお)』をおわかちいたします。

※『神塩』は数が限られており、
 お一人様一つとさせて頂きます。
 無くなり次第終了となりますのでご了承下さい。
 本日の月次祭は50体のご用意となります。

また、鎮守氷川神社では、
このたびの『東北太平洋沖地震・東北関東地震』の
被害者の皆様の除災招福祈願と復興祈願を、
毎日午後5:30より行っております。

つきましては同時刻に多くの方々が神棚・
あるいは東北方向に祈願することにより、祈願が届けられ、
一体感が生まれ大きなパワーとして現地に届けられます。
また、神社にて義捐金も賜っておりますので、
同時刻のお参り等もお待ちしております。

何卒多くの方々にお知らせしたいと考えます。

私たち神職が今できること・・・
それは【祈る】ことです。
多くの神社が祈願をすることこそ、
日本の早期復興につながることと信じております。
皆様方もご一緒に御祈願しましょう!!

がんばれ東北!!

Posted at 2011年04月15日 14時16分47秒

『桜咲くみくじ』が登場!

おみくじに新しい仲間が増えました!

その名も・・・『桜咲くみくじ』です!



どこら辺が『桜』かというと・・・

まず形が桜の花びらの形をしております。


真ん中にはハートの鈴が付いており、
鈴は五色あります。


次に、どこら辺が『咲く』のかと言うと、
こちらの花びらは五枚重ねになっておりパラパラと開いていくと・・・

桜の花のようになります!
とってもかわいいですよね!
『桜咲くみくじ』は普通のおみくじと違って結ぶことはできませんので、
専用のおみくじ掛けにかけます。
掛けてみると次のようになります。



桜の花が木に咲くように見えます!

このスタートの時期に『桜咲くみくじ』
いかがですか?
いいおみくじも悪いおみくじも、
こちらに掛けて花を咲かせましょう!

皆様のお願い事が花を咲かせますように・・・


桜咲くみくじ 【初穂料】200円



Posted at 2011年04月14日 16時45分58秒

ツイッターはじめました!

ホームページをよくご覧になる方は気づいたと思いますが・・・

当神社ではツイッターをはじめました!!!

御祈祷の予約状況、駐車場の空き状況、境内の状況、
復興支援の情報・・・等々、
タイムリーな情報を提供していきたいと思います!

特に安産、お正月、七五三等の混雑時に、
なかなかホームページ上でご報告するのが難しかったのですが、
ツイッターを使うことによってお伝えしやすくなりました!

御祈祷に行きたいのだが混んでいるかな・・・
そんな時はぜひご覧ください!


Posted at 2011年04月10日 10時55分12秒

被災地へ 〜救援物資...

東北太平洋沖地震
  
被災地へ 〜救援物資搬送リポート〜

  
 私が担当させて頂いた救援物資の搬送は、
4月2日〜4日にかけて行いました。
活動内容は次の通りです。

4月1日夕刻、
上野下谷神社にて物資を仕分け後トラックに積み込み、しばし仮眠後、
4月2日午前2時出発。
一路、宮城県護国神社へ。
到着は4月2日午前7時、
早速物資を必要分仕分け後、活動を開始いたしました。

4月2日、3日は石巻市の女川・杜鹿・北上・雄勝、
4月4日は松島市の野蒜・上下堤と6地区をまわり、
計11ヶ所の避難所に物資を届けることができました。

 各避難所は当然要望する物資が異なるという状況でしたが事前の情報により、
有効に、且つ本当に必要な物資を届けることができたのです。

 前回は物資を搬送するのみでしたが、今回初めて被災地に赴き、
テレビや新聞で見るのと違って想像を絶する光景に、言葉が出ませんでした。
『筆舌に尽くしがたい』とはまさにこのことです。
そこには被災された方にしか分からない、
『絶望感』『恐怖感』だけが残されているという状況でした。

 各避難所に行くと、自分たちが必要な分を貰い受けると、
『あそこの避難所も困っているから後の物資はそこに持って行ってくれ』
と、すべての避難所でそのような声を聞きました。
東北太平洋沖地震から三週間経った今でも、
未だ避難所も無く、電気・ガス・水道は当然届いておらず、
食糧・衣類の数さえ底をつく地区もあると聞きました。
しかし、そんな中でも被災地の方々は、
互いに助け合い、譲り合い、支えあいながら生活をしています。
その光景を目の当たりにした時、
とても感激し、涙をこらえきれませんでした。

 実際に被災地に行くことによって得た、
様々な経験や体験、感動は今後の支援活動にはもちろんのこと、
今後の神職としての生活の中にも生かして行きたいと思います。


鎮守氷川神社
権禰宜 畠山知徳


鎮守氷川神社HP

【被災地の状況】






Posted at 2011年04月05日 23時57分15秒

いざ復興!

 本日当社より物資を被災地に届けるため、
宮城に向け出発いたしました。

 今回は泊り込みで2泊3日予定です。
一人でも多くの方々に必要な物資が届くよう
がんばってまいります。

 この度の支援は少し長期化すると思われますので、
引き続きご協力をお願い申し上げます。



Posted at 2011年04月01日 16時36分08秒