メインメニュー

今年も御神札(おふだ)を変えましょう!感謝の気持ちを込めて…

今年も残りわずかとなりました。

新年を迎えるに当たって暮れにすることと言えば、
お歳暮・大掃除・年賀状書き・お餅つき・お節料理・・・・
そうです、一番大切なこと!新しい御神札(おふだ)に交換です!
新しい年を新しい『おふだ』で迎えることです。

当神社では新年清々しい気持ちで迎えていただくために必要な、
『御神札(おふだ)』のセットを頒布しております。
内容は以下の通りになります。


【初穂料(一組)・・・3000円】

○天照皇大神宮札(てんしょうこうたいじんぐうふだ)
 ※『じんぐうたいま』『おいせさま』『あまてらすさま』
  『だいじんぐうさま』など呼び方は様々です。
 
 神棚におまつりするおふだです。
 伊勢神宮のおふだで日本の国をお守りいただく太陽の神様です。
 神棚の扉が三つの場合は中央、一つの場合は一番手前におまつりください。


○氷川神社札(ひかわじんじゃふだ)
 ※『ひかわさま』氏子さんにとっては『氏神様(うじがみさま)』と呼ばれます。

 神棚におまつりするおふだです。
 氷川神社の神様です。
 氏子さんの場合は、神棚の右側の扉、重ねる場合は二番目におまつりください。
 氏子さん以外は神棚の左側、重ねる場合は三番目以降におまつりください。


○御幣(ごへい)・・・2体

 ※『へいそく』『ごへいぐし』とも呼ばれます。
 
 木の棒の左右に紙垂(しで)が付いているもの。
 歳神様の依り代、つまり歳神様にお下りいただく場所。
 また、御神体でもある。
 神棚・お稲荷様・荒神様におまつりください。


○紙垂(しで)

 ※『しめ』『はっちょうじめ』とも呼ばれます。
 
 注連縄(しめなわ。七五三縄とも書く)につける雷型の紙。
 俗界と神界を分けるおしるしです。


○竈三柱大神
(かまどみはしらのおおかみ)

 ※一般的には『荒神様(こうじんさま)』と言われます
 
 『竈』とあるように台所の三人の神様がまつられております。
 家族の健康を担う食をあずかる台所の神様です。
 台所にお祭りしましょう。


○戸守(とまもり)

 戸を守る神様。
 邪気などが入ってこないよう、扉や戸袋、窓等におまつりください。


○火防札(かぼうふだ)

 ※『ひぶせ』『ひよけ』などと呼ばれております。

 火の神様で火事から守る神様です。
 台所におまつりください。


○盗賊除札(とうぞくよけふだ)

 泥棒よけのおふだです。
 玄関や勝手口におまつりください。


○晦日祓(みそかばらい)

 ※『みそかっぱらい』と呼ばれることもあります。
 
 大晦日に住居・家族を主人がお祓いし、
 後に門外、または鬼門に立てて新年をお迎えください。


○大祓人形(おおばらいひとがた)

 今年の後半年の罪穢をひとがたに移し、
 新しい気持ちで新年を迎えていただきます。
 白は男性・赤は女性が名前を書いて息を吹きかけ、
 身体をさすって身代りとして神社にお納めください。



以上のものが一組になっております。


また、熊手のご用意もございます。


【初穂料・・・1000円】
『かっこめ』などとも呼ばれ、福をかき込む縁起物です。
神棚・玄関等におまつりください。



昔は家族全員で大掃除や、おふだの交換をしたものです。
神棚は家族をお守りするもので、家族が綿々と受け継いでゆくものです。

『家族の心が一つになる場所、それぞれが家族全員の安泰を願う場所』

最近、『両親がやってたけど亡くなったので、
(おふだをおまつりするのを)止めます』
と言う年配の方がいらっしゃいます。

私には『私個人には関係ない』と言っているように聞こえてしまい、
なんだか悲しくなりました。
ご両親は御自身のことだけを思って
神棚に手を合わせていたのではないのじゃないでしょうか?
ご家族全員の健康、繁栄を思い手を合わせていたはずです。

『家族の心が離れている』

そういう言葉がよく聞かれる昨今、
それは若者だけが当てはまるわけではないのかもしれません。

ただ、その反面、若い人がおふだのまつり方を社頭に聞きにいらっしゃって、
おふだを求められたり、ご家族全員で参拝され、
神棚のご相談をされることも増えているように思います。

近年、スピリチュアルという言葉やパワースポットなどが流行っておりますが、
これはとってもいい兆しなのではないかと思います。

見えないチカラ、見えないモノを信じる事は『感謝』につながります。
WHOでも、
『スピリチュアル(精神的なこと)に健康的であること』
が健康の条件として新たに追加されたように、
『心』がキーワードになっているように思います。


自然を畏れ自然に感謝する・・・
『見えないものを感じ、信じるチカラ』
日本人の原点ではないでしょうか?


おふだの交換は家族の皆様でやっていただくことをオススメします。

まずはおまつりしてみましょう。
手を合わせてみましょう。

来年、またおふだを交換する時期に何かが変わっているはずです・・・



新年の御神札・神棚・お札セット・御札・大掃除…鎮守氷川神社

Posted at 2015年12月03日 23時26分05秒

 

<<前の記事へ    次の記事へ>>