メインメニュー

宮司の ちょっといいはなし 【建物と神さま】

建物と神様】      

 日本では古来より、家を建てる前に
『地鎮祭(じちんさい・とこしずめのまつり)』が行われます。
近年、当神社への『地鎮祭』の依頼(※特に若い世代)が増えています。
これは、もちろん「工事の無事を祈り、住み易い家を建てたい!」
という願いもありますが、
若い人たちが無意識のうちに伝統的な
「日本人のこころ」への回帰があるように思えてなりません。

<実は『地鎮祭』には更に深い意味があるのです。>

 日本の神さまは神社にだけでなく、土地や建物、樹木や井戸等々、
あらゆる所にお鎮(しず)まりになっています。
ですから、私たちは無意識のうちにそうして
お鎮まりになっている神様にご挨拶申し上げ、
御加護をお願いしたくなるのです。

 家とは単なる「住居」「建物」ではありません。
大切なお客様を迎えるのはもとより、
何よりも忘れてはいけないことがあります。
日本には古くから、お正月には「歳神様(としがみさま)」をお招きしたり、
お盆には祖先の「御霊(みたま)」をお迎えするという
文化・伝統が脈々と受け継がれています。
つまり家とは「清浄にして特別な場所」でもあるのです。
また、『土地』は「神様からお預かりしている」という概念がありますので、
家を建てるときは『土地の神さま』にちゃんとご挨拶をする必要があります。
更に、工事の安全や無事の竣工を祈るのが『地鎮祭』の本来の意味で、
もっとも一般的で重要な建築のお祭りです。


 それでは、『地鎮祭』とは具体的にどんなお祭りでしょうか?

〃築場所を清掃し、そのほぼ真ん中に竹を四本立てます。
 これは「ここへ神さまをお迎えします」という目印です。
∈彙鼎鮹屬い董∧董酒・魚・乾物・野菜・果物・・・などの「お供え物」をします。
施主・設計・施工者が参列します。

― 準備が出来て、いよいよお祭りが始まります ―

ぁ嵜絶(ひもろぎ)・・・榊や御幣でできたもの」を立て、神さまをお迎えします。
タ声腓気鵑、神さまにご挨拶をして土地を祓い清めます。
工事安全・無事竣功・家内安全などを神さまに祈る「祝詞(のりと)」が奏上されます。
土地の四方をお祓いして、塩や米を撒きます。
╋牟(たまぐし)と呼ばれる榊の枝の葉に願いを込めて神さまに捧げます。
神さまにお還(かえ)り頂きます。
お供えしたお神酒(みき)で乾杯して、喜びを共有します。

重要なのは、神さまをお迎えして行われる『お祭り』であることと共に、
施主と施工者の契りを結び信頼を深める等、
ただの「イベント」ではないことなのです。


 次回は上棟祭、竣工祭・・・と続きます。

※氏神(うじがみ)さまと、産土(うぶすな)さま
 もともと、氏神さまは血縁関係のある一族の神さまで、
 産土さまは生まれた土地の神さまでした。
 しかし、今日では私たちが住んでいる地域や人々を
 守ってくださる神様を氏神様と呼んでいます。


Posted at 2012年03月15日 16時32分50秒