メインメニュー

〜 年中行事 ァ

 端午の節句を越えると6月、一年の半分を過ぎる節目を迎えます。
その節目が6月30日(当社では7月1日です。)の大祓(おおはらい)です。


 古来日本では、一年を二期に分けて考えていたため、
6月は前期の最終月ということになります。
いわば、前期の大晦日となるわけです。

そこで、前期の「罪穢(つみけがれ)」を祓い、
後期の「無病息災」や「健康長寿」を祈るお祭り、これが「大祓」です。

【夏越(なごし)大祓(おおはらい)】

    「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらい)する人は

                 千歳(ちとせ)の いのち のぶというなり」

 この歌は、遠く平安時代に夏の情景や心情を詠んだものです。
「大祓」の行事は年に2度、6月と12月に行われます。
前期6月のものは「夏越(なごし)の大祓」
後期12月は「歳越(としこし)の大祓」といいます。
夏越の大祓は、前期の知らず知らず犯した罪穢れ

【他人に対し、悪口・誹謗等をし、
  精神的にも肉体的にも傷つけることや、
      清く明るく直く正しくに反すること。】
を祓い清め、

その後の半年を幸福と繁栄の中で営めますようにと祈る神事です。

 それではここで、お祭りの内容をご紹介しましょう。
当社においては7月1日に行われますが、
全国のほとんどの神社では6月30日に行われます。

まず、この日を迎える前(約2週間前)に氏子の家々に、
「人形(ひとがた)」が配られます(社頭にもおいてあります)。

これは「形代(かたしろ)」とも言って、
人の形を紙でかたどったものです。
ここに、年齢を記し、息を吹きかけ、
身体を撫で(悪いところをさする)で身代りとし・・・
桃の節句のおひな様も、この行事に由来することは以前おはなししましたね・・・
心身の罪穢を移し神社に納めます。
神社ではそれを大祓式にて祓った後、河海に流して罪穢消滅を祈願するものです。


 またこの際、直径2メートル程に編まれた
「茅の輪(ちのわ)」くぐりの行事も行われます。
これもやはり「茅の輪」をくぐる事により、
罪穢を祓おうというものです。
さて、この茅(かや/イネ科の多年草、古くは強壮薬とし、茎は屋根材として用いた。)
の輪の由来です。


 ご祭神の素盞鳴命(すさのおのみこと)にまつわる一節です。
あるとき旅先でのこと、道に迷っているうちに夜を迎えてしまいました。
素盞鳴は困って目の前の、立派なお屋敷に出向いたところ・・

「うちは、お前みたいな薄汚い浮浪者を泊める場所などない!」

と追い出されてしまいました。
途方に暮れ暫く歩くと、
お世辞にも奇麗なお屋敷とはいえぬ、小さな家を見つけました。

「うちは、見てのとおり貧しい所だけどゆっくり休んでいきなさい。」

と泊めてもらいました。
翌朝、素盞鳴命はお礼に「これを家に置くとよい。」と、
小さな「茅の輪」をおいていきました。
そのあと村には疫病が流行りましたが・・この家は助かることができました。
「茅の輪」のお陰で守られたのです。
・・・という故実にちなんだものなのです。

梅雨も明け汗ばむ季節になると、夏祭りを迎え、全国各地で神輿が担がれます。
これもまた、ひとつには、後期の半年を無事に過ごせますように、
農作物に被害が出ぬようにと祈るお祭りなのです。
こうしてみると、日本の様々なお祭り・行事のひとつひとつが、
日本人の日々の生活とどれほど深くかかわってきたか見えてきますね。
ところで、先祖祭りの「お盆」を迎え、
道路の大渋滞も風物詩のひとつとなりました。
さて、皆さんご存じでしたか?

「お盆」は日本古来のお祭りであることを。

 その辺は、次号で・・・。

※当神社ホームページにも『大祓』の模様が出ております。
 興味のある方はぜひご覧下さい。
 ホームページの【祭事】からご覧いただけます。

Posted at 2010年10月22日 17時40分55秒