メインメニュー

七五三詣で鎮守氷川神社はなぜ選ばれるのか!?

鎮守氷川神社では日常の参拝者はもちろんのこと、
七五三詣も多くの方においでいただいております。

なぜ多くの方が鎮守氷川神社に参拝され、
神事に喜んでいただき、また神社に足をお運びいただけるのか?


人生儀礼のひとつだから・・・
みんなやってるから・・・
着物をきせてあげて記念になるから・・・

もちろんそれもひとつの理由になりますが、
せっかく神事をお受けになるのであれば、
七五三詣の本来の意義を知っていただければ、
もっともっと思い出深いものになるのではないでしょうか?

鎮守氷川神社では、このように古式にのっとり、
本来の意味を損なうことなく、
厳粛に行っているからなのです。

まず、七五三詣についてご説明申し上げます。

ここで当神社宮司の『心のお話』から、
七五三詣の節を引用し、ご説明いたします。



【七五三詣】

『七五三』の儀式は、もともと公家や武家の間で行われていました。
こうした古来の習俗が近世になって江戸の町民にも広がり、
次第に現在のような形をとるようになったようです。
公家や武家では男女が三歳を迎えると、
髪形を変える「髪置(かみおき)」
男子が五歳にして男子用の着物に袴をはかせる「袴着(はかまぎ)」
女子が七歳を迎え、着物に付いた帯代わりの紐をとり、
正式な帯に変える「帯解き(おびとき)」がいわれとなります。

一方庶民では、この「成長を祝う」という意味のほか、
神様に「成長を報告する」という重要な意味がありました。
それは、三歳には乳児期を無事越えたというお祝いを神社で迎え、
七歳で初めて人として認められるようになったのです。

このように七歳のお祝いには、
社会・地域の構成員の自覚と責任を持つようにとの期待も込められていたわけです。
いつしか、この公家・武家・庶民の儀式や行事が一つになり、
「七五三」という習俗になったのです。



以上のように、七五三詣には大きな意味がありました。

次回は『七五三詣で選ばれる理由』と題しまして、
神事はどのように進められるの?
授与品ってなあに?
社殿に家族全員入れるの?
時間はどのくらいかかるの?・・・

などなど、よくある質問についてお答えしていきたいと思います。


Posted at 2010年09月16日 11時43分24秒