メインメニュー

平成22年 抜穂祭が行われました!

平成22年9月7日午後三時より、
当神社の神撰田にて『抜穂祭』が行われました。



秋の豊作を祈念し、
御田植祭にて植えられた稲が実り、
収穫の時期を無事むかえ、
稲刈り神事『抜穂祭(ぬいほさい)』が執り行われました。


↑御神前、玉串、神饌田、参列者がお祓いされます。


↑祝詞奏上。豊作の感謝を御神前にご報告申し上げます。


↑宮司による抜穂の儀。青空と黄金色の稲のコントラストが素敵です。


↑神職玉串奉奠(たまぐしほうてん)。


多くの方にご参列頂き、
神事後に賑々しく稲刈りが行われ、
ご自身の植えた稲が頭を垂れる姿に、
『実り』を実感された方も多かったのではないでしょうか。


↑参列者の抜穂。御自身で植えた稲を皆さん探しておられました。


↑刈られた稲は集められ・・・


↑束ねられます。


↑束ねられた稲はしばらく干され水分を抜きます。


収穫された稲は、
このように干して束ねられ、
『新嘗祭(にいなめさい)』(御神前に収穫の喜びをご報告申し上げ、
来年の豊かな実り、平和を御祈願するお祭り)にて、
当神社及び各神社の御神前にお供えされます。

来年も御田植祭、抜穂祭が行われます。
その年の苗床の成長具合で日にちは変わりますが、
毎年ゴールデンウィーク前後に行われます。
近くなりましたら社頭、またはホームページにてご確認下さい。
皆様もご参列可能ですので奮ってご参列下さい。



【抜穂の一コマギャラリー】







Posted at 2010年09月14日 15時39分39秒