メインメニュー

〜 年中行事 ◆ 

【正月】

 正月を解説するとき、「大晦日」の意味や意義を説明する必要があります・・・

とは、前回書かせて頂いたとおりであります。
今回はそれを具体的にお話ししましょう。


 大晦日までに済ませておくべき、
大掃除・餅つき(鏡餅作り)・門松・お節料理は
「歳神様」を迎えるための準備です。

また、大晦日の夕刻に、一年の罪穢(つみけがれ)を紙の人形に移し、
身代わりとして神社に納める行事である「大祓(おおはらい)」をして、
正月まで清い身体でいるために家族と共に家で過ごす・・・
これもやはり「歳神様」を迎える心構えなのです。

これは、せっかくお祓いを受けたのに、
再び罪穢が付かないようにじっと家に籠もるという意味や、
家族揃って新年を迎えるという意味もあります。
以上のように、正月を迎えるための準備から心構えにいたるまで・・・
なんとすべてがが、「歳神様(としがみさま)」を迎えるためのものだったのです!!


 それでは「歳神様」とは、いったいどんな神様なのでしょうか?
場所によって捉え方が少し異なりますが、おおよそ次のとおりです。

 「歳神様」は、新しい年に遠い山から、松の葉やユズリハ
(新しい葉が成長してから古い葉が譲って落ちるので、この名がある。)に乗って、
門松の竹を目印に降りて、家々の神棚や床の間に迎えられます。
「歳(とし)」とは、稲のことを意味することから、
昨年の豊作やそこから戴いた命に感謝すると共に、
新しい年の五穀豊饒等々を祈るために、
鏡餅やお節料理等のお供え物をしてもてなすのです。

ちなみに、「祝い箸」が両方削いであるのは、
一方が神様のため、そしてもう一方が自分のために使うようにできているのです。

「歳神様」はそのおもてなしに、たいそう喜んで家々に幸福を約束し、
その後、小正月(1月15日)の「どんど焼き(しめ飾り等のお焚き上げ)」の
煙りと共に遠い山にお帰りになるのです。


 いかがですか?
つまり、家・神棚・床の間などの大掃除ができてなかったり、
門松がなかったりすると「歳神様」は降りてこられません。

また、鏡餅やお節料理の用意がないと、おもてなしができないのです。


 このような稲作文化に根ざす素朴な習慣でありながら、
反面、豊かで夢のある発想を持つ日本人の正月は、
たとえ、ロケットが月まで往復する時代を迎えても変わることはありません。

さて、それでは正月とは、いつからいつまでのことでしょうか。
今日では、仕事の関係でお休み中の「三が日」という習慣が当たり前とされていますが、
本来、一月を正月と表すことが古文書に記されております。

ここで、改めて正月行事をおさらいしてみましょう。

1日・元旦、初詣で。

2日・書き初め。

7日・七草粥。松飾りをはずす日。


これまでが「松の内」。

11日・鏡開き、餅を切ることを忌み手や槌で割ってから戴きます。

15日・小正月。どんど焼き(左義長)で松飾りなどをお焚き上げし、
その煙りと共に「歳神様」がお帰りになります。

その他、各地で年の初めを祝う様々なお祭りが繰り広げられます。
このように一月の行事を並べてみると・・
古文書にあるように一月をまるまる正月と考えてきたのが分かるような気がします。

 「一年の計は元旦にあり」
の言葉にあるように、暮れから正月に向けて、
けじめある一日一日を大切にしてきた日本人。

一月を正月と呼んで、
一年の豊作、家内安全、息災延命、富貴繁盛、子孫無窮を祈り続ける
日本人の「お正月」を、今一度心の底から味わってみてはいかがでしょうか?

Posted at 2010年10月25日 17時44分27秒