メインメニュー
WHAT'S NEW

平成29年 例大祭奉納演芸大会(10/19)中止のお知らせ

本日、10月19日(木)の例大祭奉納演芸大会は、
雨天の影響で機材等感電、漏電の恐れがあるため中止となりました。



明日10月20日(金)は予定通り行わせて頂きます。

皆様のご参拝を心よりお待ちしております。


 

Posted at 2017年10月19日 12時16分08秒

『じゅん散歩』の取材がありました!

テレビ朝日
【じゅん散歩】の取材が当神社で行われました!





平成29年9月13日に、
高田純次さんの『じゅん散歩』の取材が、
鎮守氷川神社で行われました。


御神前にて参拝された後、
当社の「横尾忠則さんの御朱印帳」に大変興味を示され、
後日お求めに来社予定とのこと。


その後、社務所にお立ち寄りになり、
参集殿【待合所】に掲げられている横尾忠則氏の奉納画{自立の炎}を鑑賞されました。


その絵画の大きさや画面に相当感激されている様子でした。


高田純次さんは、芸術家を目指していただけあって美術に造詣も深く、
数多い芸術家のなかでも 横尾忠則氏を《神》と慕っている程です。


まさか神社でその感動に預かれるとは思いもよらぬ出会いに深く感動されていました。


テレビ画面とは少しイメージが異なり・・・

非常に丁寧で、好感のもてる方でした。

10月23日(月)あさ9時55分放送予定です。

お楽しみに!


横尾忠則・御朱印帳・じゅん散歩…鎮守氷川神社
 

例大祭御朱印符と美守

本日9:00より、例大祭御朱印符の頒布を開始いたします。


(初穂料 700円)


スサノオとクシナダヒメの御神影が初お目見えです!

氷川神社といったら「スサノオノミコト」が思い浮かぶ方が多いかと思いますが、
実は奥様の「クシナダヒメノミコト」も当神社の主祭神です。

クシナダヒメは稲を手にしている姿の通り、五穀豊穣の御神徳があります。

また、夫婦神に挟まれた中央には三つ巴の御神紋が入っております。

巴は勾玉=魂を意味しており、「再生」を意味しております。

例大祭ということで、神社を象徴する夫婦神に巴紋…

家内安全・子孫繁栄・家運長久の御神徳のある大変縁起のいい御朱印符となりました。

紙は純国産の麻入り和紙で質感もとてもいいものになりました。

16日〜22日までの頒布になります。

十分な数を用意しておりますがなくなり次第終了となります。



また、御朱印符に合わせて、
『美守(うるわしまもり)』の頒布を開始いたします。



(初穂料500円)


裏面(右)には手に稲を持った当神社の御祭神、
五穀豊穣や美しさの象徴クシナダヒメノミコトを、
前面(左)にはナデシコの花を装いました。

皆さんご存知『ヤマトナデシコ』はこのナデシコの美しさから来ています。

ナデシコの花言葉は、純愛・女性の美、
また、清楚なイメージとは裏腹に、才能・大胆・快活…。

身も心も美しく、そして強く快活な『うるわしいひと』になりますように…



皆様のご参拝を心よりお待ちしております。




 

Posted at 2017年10月16日 09時00分00秒

【鎮守氷川神社×横尾忠則】御朱印帳 頒布終了のお知らせ

【鎮守氷川神社×横尾忠則】の今回(10/15)の御朱印帳の頒布は終了いたしました。

次回は11月15日(水)9:00からの頒布となります。

皆様のご参拝を心よりお待ちしております。
 

Posted at 2017年10月15日 09時28分27秒

10月〜11月 御朱印のご案内





10月〜11月の御朱印予定は以上の通りになります。

色がついていない日は通常通り、9:00〜16:30の受付になります。


お問い合わせは、
鎮守氷川神社 社務所  048-252-5483
までお願いいたします。

皆様のご参拝を心よりお待ちしております。



御朱印・例大祭限定御朱印符・御朱印帳 … 鎮守氷川神社

 
 

9月18日(月・敬老の日) 御朱印対応について

9/18(月・敬老の日)は抜穂祭神事に伴いまして、
御朱印帳に直接浄書することができない時間がございます。

【9月18日(月・敬老の日)】

書き手が神事奉仕のため、9:00〜11:00の間
直接の浄書する事が出来ません。

その間、御朱印の御対応を中止とさせて頂きます。

皆様のご参拝を心よりお待ちしております。
 

Posted at 2017年09月03日 15時57分58秒

平成29年9月18日(月・敬老の日) 抜穂祭のお知らせ

【平成29年 抜穂祭


9月18日(月・敬老の日
午前10:00より斎行
雨天決行


春にこの神饌田におきまして御田植祭を斎行し、稲苗を植えました。
天地の御恵を受けすくすくと成長し、稲穂も豊かに稔り、
刈り入れの季節を迎えることが出来ました。

つきましては上記の日時により抜穂祭を斎行し、稲刈を行います。
秋の収穫の感謝のお祭に皆様にも御参列いただきたく御案内申し上げます。

毎年多くの方々にご参列いただいております。
和気藹々の中、豊作への感謝の気持ちを持って稲刈りをしていただきます。

今年もたわわに実って豊作となりました!

最近ではなかなかできない稲刈りを、家族の皆様そろってやってみませんか?
お子様にとっても、食べ物の尊さや、神社について、
多くを学んでいただくすばらしい機会になると思います。
奮ってご参列下さい。お待ちしております。




【抜穂祭】



まずは神饌田の前にて神事が行われます。



神事後、皆様で稲刈りをいたします。

【参列いただいた方に、この年の初穂(初めてとれた稲穂)を差し上げます。】


皆様のご参列を心よりお待ちしております。





 

Posted at 2017年08月19日 11時45分03秒

七五三成長奉告祭

七五三詣成長奉告祭


七五三詣成長奉告祭とは、
生まれてからこれまでの無事に感謝申し上げますとともに、
今後の健康と無病を祈願する、古来より行われてきた人生儀礼の一つです。

わが国では昔からこどもは“七つまでは神のうち”といわれて来ました。
これは七歳になるまでの子どもは神様の世界に近い存在であると同時に、
まだ現世では力が弱く不安定なものだと考えられました。
そして七つを過ぎると正式に人の世界に入ったとみなされたのです。

3歳の男女は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、
5歳の男児は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳の女児は、それまでの紐付きの着物に代わって、
大人同様の着物を着る「帯解(おびとき)」の名残りです。

『髪置』・・・三歳男児女児
『袴着』・・・五歳男児
『帯解』・・・七歳女児

ぜひ神社にてご家族の皆様でお祝いしましょう。
当神社では、厳粛かつお子様方が楽しめる、
神事やお祓いした授与品(おみあげ)をご用意してお待ちしております。




◎初穂料・・・五千円・一万円とお分けしております。
        (授与品が変わります。神事は同一です)
それぞれお祓いした授与品を『オリジナルキャンバスバッグ』に入れて差し上げます。


 
◎御祈祷時間・・・朝の9:00〜夕方5:00まで
           30分ごとにご案内しております。

※ご案内時間の5分前に受付を閉め切ります。
 それまでに受付をお済ませください。



◎予約について・・・要予約  (年間を通して承ります)
※10月の最終週、11月中の土日祝日(14:30まで)は必要ありません。
 以下の表をご参考ください。
 なお、15:00以降は結婚式等の御祈願が入ることがありますので、
 15:00以降にご希望の方は電話にてご確認ください。


 鎮守氷川神社社務所   048−252−5483



(予約の必要ない日) 

<平成29年>



※この期間は混雑いたしますが、30分ごとにご案内しております。
 待ち時間は長くても30分ほどです。


◎駐車場について・・・どうぞお車でお越し下さい。係りの者が御誘導いたします。 


▲参拝者専用駐車場はこちらです。
 神社西側の道路右手にあります。看板が目印です。

※尚、一番込み合う時期になりますと、更に臨時駐車場が設けられます。


七五三詣は・・・埼玉県川口市青木 鎮守氷川神社へ

 
 

七五三詣成長奉告祭

七五三詣成長奉告祭


七五三詣成長奉告祭とは、
生まれてからこれまでの無事に感謝申し上げますとともに、
今後の健康と無病を祈願する、古来より行われてきた人生儀礼の一つです。

わが国では昔からこどもは“七つまでは神のうち”といわれて来ました。
これは七歳になるまでの子どもは神様の世界に近い存在であると同時に、
まだ現世では力が弱く不安定なものだと考えられました。
そして七つを過ぎると正式に人の世界に入ったとみなされたのです。

3歳の男女は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、
5歳の男児は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳の女児は、それまでの紐付きの着物に代わって、
大人同様の着物を着る「帯解(おびとき)」の名残りです。

『髪置』・・・三歳男児女児
『袴着』・・・五歳男児
『帯解』・・・七歳女児

ぜひ神社にてご家族の皆様でお祝いしましょう。
当神社では、厳粛かつお子様方が楽しめる、
神事やお祓いした授与品(おみあげ)をご用意してお待ちしております。




◎初穂料・・・五千円・一万円とお分けしております。
        (授与品が変わります。神事は同一です)
それぞれお祓いした授与品を『オリジナルキャンバスバッグ』に入れて差し上げます。


 
◎御祈祷時間・・・朝の9:00〜夕方5:00まで
           30分ごとにご案内しております。

※ご案内時間の5分前に受付を閉め切ります。
 それまでに受付をお済ませください。



◎予約について・・・要予約  (年間を通して承ります)
※10月の最終週、11月中の土日祝日(14:30まで)は必要ありません。
 以下の表をご参考ください。
 なお、15:00以降は結婚式等の御祈願が入ることがありますので、
 15:00以降にご希望の方は電話にてご確認ください。


 鎮守氷川神社社務所   048−252−5483



(予約の必要ない日) 

<平成29年>



※この期間は混雑いたしますが、30分ごとにご案内しております。
 待ち時間は長くても30分ほどです。


◎駐車場について・・・どうぞお車でお越し下さい。係りの者が御誘導いたします。 


▲参拝者専用駐車場はこちらです。
 神社西側の道路右手にあります。看板が目印です。

※尚、一番込み合う時期になりますと、更に臨時駐車場が設けられます。


七五三詣は・・・埼玉県川口市青木 鎮守氷川神社へ

 
 

七五三詣成長奉告祭

七五三詣成長奉告祭


七五三詣成長奉告祭とは、
生まれてからこれまでの無事に感謝申し上げますとともに、
今後の健康と無病を祈願する、古来より行われてきた人生儀礼の一つです。

わが国では昔からこどもは“七つまでは神のうち”といわれて来ました。
これは七歳になるまでの子どもは神様の世界に近い存在であると同時に、
まだ現世では力が弱く不安定なものだと考えられました。
そして七つを過ぎると正式に人の世界に入ったとみなされたのです。

3歳の男女は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、
5歳の男児は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳の女児は、それまでの紐付きの着物に代わって、
大人同様の着物を着る「帯解(おびとき)」の名残りです。

『髪置』・・・三歳男児女児
『袴着』・・・五歳男児
『帯解』・・・七歳女児

ぜひ神社にてご家族の皆様でお祝いしましょう。
当神社では、厳粛かつお子様方が楽しめる、
神事やお祓いした授与品(おみあげ)をご用意してお待ちしております。




◎初穂料・・・五千円・一万円とお分けしております。
        (授与品が変わります。神事は同一です)
それぞれお祓いした授与品を『オリジナルキャンバスバッグ』に入れて差し上げます。


 
◎御祈祷時間・・・朝の9:00〜夕方5:00まで
           30分ごとにご案内しております。

※ご案内時間の5分前に受付を閉め切ります。
 それまでに受付をお済ませください。



◎予約について・・・要予約  (年間を通して承ります)
※10月の最終週、11月中の土日祝日(14:30まで)は必要ありません。
 以下の表をご参考ください。
 なお、15:00以降は結婚式等の御祈願が入ることがありますので、
 15:00以降にご希望の方は電話にてご確認ください。


 鎮守氷川神社社務所   048−252−5483



(予約の必要ない日) 

<平成29年>



※この期間は混雑いたしますが、30分ごとにご案内しております。
 待ち時間は長くても30分ほどです。


◎駐車場について・・・どうぞお車でお越し下さい。係りの者が御誘導いたします。 


▲参拝者専用駐車場はこちらです。
 神社西側の道路右手にあります。看板が目印です。

※尚、一番込み合う時期になりますと、更に臨時駐車場が設けられます。


七五三詣は・・・埼玉県川口市青木 鎮守氷川神社へ