神奈川県小田原市にあり、神奈川県藤沢、茅ヶ崎、寒川、平塚、大磯、二宮、小田原、真鶴、湯河原、箱根、南足柄、山北、松田、秦野、中井、伊勢原、厚木等のエリアで、屋根・外壁・防水・雨漏り・板金・リフォーム・建物の事ならなんでもFUJI興業にお任せ下さい。
雨漏り100当番

ご無沙汰しております

久しぶりの投稿に緊張気味です。


2012年もそろそろ終わりうを迎えようとしています。
冬がやってきましたね!

今年は、大きな台風も無く一安心?
と したい所ですが、冬は 風が強いんです。

屋根の問い合わせで一番多いのは、
強風による 屋根材等の

メクレ、ハガレ、飛散

だと思われます。
本格的に 風が強くなる前に、点検などしてみてはいかがでしょうか?


Posted at 2012年11月05日 16時15分12秒  /  コメント( 0 )

こんばんは。

 
 森です

久しぶりに登場です

一応、上からの圧力がありまして、これからは、ギャグ一切なしの真面目ブログ
で臨みたいと思います
 
以上、今日はここまで
 
次の更新まで、あと百年。


Posted at 2011年10月04日 22時09分44秒  /  コメント( 0 )

シーリング打ち替え

本日の工事は、築5〜6年ほどのお宅です。プライマーの塗布不良による、シーリングの剥離のお宅でございます

御覧のように、お口がパックリでございます。

そして、既存のシールを撤去して、マスキングテープ、プライマーを均一に塗布。
プライマーは、その日の天候にもよりますが、30分〜1時間程乾燥させます

そして、シーリンング施工です。
シーリングの施工不良や等ございましたら、ご相談下さい


Posted at 2011年05月16日 21時08分12秒  /  コメント( 0 )

屋根勾配

屋根勾配ってしっていますか?

屋根の角度の事でございます
その角度が大事なのです。

急であればある程、漏水の可能性は低くなります、が
施工は大変です。
ゆるやかなら、漏水の可能性は高いですが、施工は急勾配に比べると施工しやすいと言えます。



そんな、勾配に合わせて、屋根材もさまざまあります。
そうなのです。
屋根材とは、勾配に合わせて決めるものなのです。

見た目も重要なのですが、勾配に対応した屋根材かが大事です。

困った時は、ぜひ (有)FUJI興業まで


Posted at 2010年11月19日 22時48分27秒  /  コメント( 0 )

大雨

雨漏り110番 

記事1号

先日の、集中豪雨?ゲリラ豪雨?による工事の一例をご紹介します。
 

あまりにも多い雨量の為、雨水が樋を飛び越えているとの連絡をいただきました。

考えられる原因は二つ程あります。

1、純粋に、屋根と樋の位置関係が良くない為樋を超えてしまう場合
2、樋の排水許容量を超えて、あふれている場合


1つ目の場合は、大雨が原因の可能はすくないです。通常の雨でも飛び越えてしまうと思われます。樋の位置が、前過ぎても、後ろ過ぎてもいけないのです。
ですから、こういった場合は、樋の位置を変えるか、樋に雨水を超えさせない部材を取りつかる等の処置を行います。(大雨が原因の場合もあります)

2つ目の場合は、集水器(ドレン)の位置、数量の問題が考えられます。
雨樋は雨水を流すという大事な役割をはたしています。
が、特に縦樋に関しては 意匠面が重要視される事があります。
縦樋を、増やせば解決するのですが、「大雨日の為だけに、こんな邪魔な樋が付くの〜」
という事になることもあります。


今回の、お問い合わせは2つ目の場合でした。
ご主人に、縦樋を増やす解決策と、取り付け位置を説明させていただきました。
もちろん、邪魔になることも、見た目の悪さも!

人によって、価値観はいろいろです。
ご主人は、即答で 「つけて〜」
若干迷いましたが、(私的には、つけない方が良いかと思いました)では、後日施工します
と工事をすることになりました。

後日、縦樋とりつけにいってまいりました。
ご主人も、満足していただき工事完了となりました。


Posted at 2010年09月17日 22時37分07秒  /  コメント( 0 )