神奈川県小田原市にあり、神奈川県藤沢、茅ヶ崎、寒川、平塚、大磯、二宮、小田原、真鶴、湯河原、箱根、南足柄、山北、松田、秦野、中井、伊勢原、厚木等のエリアで、屋根・外壁・防水・雨漏り・板金・リフォーム・建物の事ならなんでもFUJI興業にお任せ下さい。
2010-09 の記事

小規模工事  実例

先日、某邸で1F掃きだし窓の外にウッドデッキを制作し
それに伴う屋根工事をしてきました。

屋根材:ポリカーボネート
きれいに仕上がりました。

造作屋根板金工事 工事工程写真です。まず、ルーフィングを張り、唐草板金を取り付けます。 次に、本体を均等に割り付けて張ります。 最後に棟板金をこしらえ完成です。

きれいに仕上がりました!!
お疲れさん!


Posted at 2010年09月23日 11時47分55秒  /  コメント( 0 )

人å?¡å??é??â??

職人さん(外注さん)、社員職人大募集?
これから手に職を着けたい?
今持っている技術を活かしたい?
学歴がない!だけどバリバリ稼いで高学歴の奴らには負けたくない?
そんな熱い気持ちの方、大募集?


弊社は普通の会社じゃありません。
とてもオモロいチームです?

ピンチは最大のチャンス?
私達と共に頑張りましょう?

お気軽にお問い合わせ下さい。
0465-42-9101
Please. Call. Now!!


Posted at 2010年09月23日 10時52分31秒  /  コメント( 0 )

大雨

雨漏り110番 

記事1号

先日の、集中豪雨?ゲリラ豪雨?による工事の一例をご紹介します。
 

あまりにも多い雨量の為、雨水が樋を飛び越えているとの連絡をいただきました。

考えられる原因は二つ程あります。

1、純粋に、屋根と樋の位置関係が良くない為樋を超えてしまう場合
2、樋の排水許容量を超えて、あふれている場合


1つ目の場合は、大雨が原因の可能はすくないです。通常の雨でも飛び越えてしまうと思われます。樋の位置が、前過ぎても、後ろ過ぎてもいけないのです。
ですから、こういった場合は、樋の位置を変えるか、樋に雨水を超えさせない部材を取りつかる等の処置を行います。(大雨が原因の場合もあります)

2つ目の場合は、集水器(ドレン)の位置、数量の問題が考えられます。
雨樋は雨水を流すという大事な役割をはたしています。
が、特に縦樋に関しては 意匠面が重要視される事があります。
縦樋を、増やせば解決するのですが、「大雨日の為だけに、こんな邪魔な樋が付くの〜」
という事になることもあります。


今回の、お問い合わせは2つ目の場合でした。
ご主人に、縦樋を増やす解決策と、取り付け位置を説明させていただきました。
もちろん、邪魔になることも、見た目の悪さも!

人によって、価値観はいろいろです。
ご主人は、即答で 「つけて〜」
若干迷いましたが、(私的には、つけない方が良いかと思いました)では、後日施工します
と工事をすることになりました。

後日、縦樋とりつけにいってまいりました。
ご主人も、満足していただき工事完了となりました。


Posted at 2010年09月17日 22時37分07秒  /  コメント( 0 )

許可済み。


同じ人だよ!!


Posted at 2010年09月06日 21時19分23秒  /  コメント( 0 )