東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
華道講師四方山話畑田益恵(穂苑

花展もいろいろ



丁度 私たちの 『蘭生展』と同時に埼玉会館 第二展示室で生け花展が開かれていました。

翠蒲流と言う会がどのような 流れを経て現在に至ったのかは 判りませんが、
文字から浮かぶイメージを 植物を使って表現したようで、夫々の作品に『雲』『支』『楽』『清』等と言うタイトルがついていました。

漢字は 表意文字ですから、人それぞれ一つの漢字にそれぞれの体験から無限のイメージを持っている筈で 書道は筆や墨で、華道は花や枝での空間処理と言えるでしょう。

逆に見た人がその作品から どんなイメージを持つか それも千変万化 と言えるでしょう。
やっぱり 漢字は ス ゴ イ!!! ですね。
                          10/11/06 華道担当 畑田益惠


Posted at 2012年09月28日 15時30分40秒  /  コメント( 0 )

いけばな展のお知らせ

   歴史を彩る日本の美 いけばな 11月23日〜1月17日

江戸東京博物館(両国)で 11月23日から始まっている いけばな展は生け花の歴史を知る上で格好の企画展です。前にもお話しましたが、フラワーアレンジと生け花の違いは 死生感宇宙観です。

それは日本の生け花が仏教=お寺の行事と密接な関係があるからです。
仏前の空間を花と香と灯明で飾り供養がおこなわれます。

室町時代に公家の間で四季の催しに座敷飾りとしての花の形が作られ、長法寺池坊(京都)の僧侶の中に花を専門とする人が秘伝書を作り上げ 飾りとしての花から鑑賞に耐える花に発展したという事です。

江戸時代武家屋敷では 城や大書院の空間を飾るため、大きく豪華になっていきます。

寛永年間 池の坊 二代め 専好(1575~1658)が活けた花を絵師に描かせた『池坊專好立花図』は重要文化財となっています。

富裕な町人層から一般庶民の物となった 生け花は 投げ入れ花 生花等が考案され 浮世絵にも登場し ますます発展していきます。

会期中は各流派による生け込みも行われているようです。
平成21年
  11月23日〜25日 草月流  11月27日〜29日 古流松藤会  12月4日〜6日 宏道流
  12月11日〜13日 池坊   12月18日〜20日 龍生派    
平成22年
  1月2日〜4日一葉式生け花  1月9日〜11日小原流   1月15日〜17日 清風瓶華

一世を風靡し 数々の流派を生んだ生け花ですが、この頃はどこのお稽古場も 閑古鳥が鳴いています。フラワーアレンジは生け花程 型も多くないし あんまり深い意味もありませんから、すぐに行き着いてしまいます。

あるお教室では 折角生けたお花は邪魔で要らないと と ゴミ箱に捨ててあったという話!
あ〜勿体ない デートでもあったのでしょうか?? それにしても • • • ね
                          09/12/21   華道担当 畑田益惠
江戸東京博物館 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/index.html


Posted at 2012年09月28日 15時29分38秒  /  コメント( 0 )

秋の花達

秋の七草 ご存知ですか?

春の七草は 知っているけれど • • • そう云う方多いですよね。

先ずは『萩』細かいピンクの花を沢山つける 豆科の植物 白い花もあります。生命力の強い植物で株を切ってもすぐ 生える木 生え木というのが語源だそうです。

次は『尾花』薄です。映画<魔の刻>で 一面の薄が原を息子を追って車を走らせる 岩下志麻の横顔が印象に残っています。

日本中の山野に自生し 斑入りの 鷹の葉薄<やはずすすき> 縞薄 等があります。『幽霊の 正体見たり 枯れ尾花』なんて句もありましたね。

そして『葛 くず』これも日本中に自生する 豆科の植物です。長ーく伸びた蔓に 小さな蝶のような赤紫の可愛い花を沢山つけます。

『撫子 なでしこ』正式には河原撫子といいます。河原や野原の薄いピンクの清楚な花を例えて 大和撫子 とは誰の事? 花言葉は 貞節 だそうです。今はもういませんか?

『おみなえし 女郎花』あまりに花が小さいので粟花ともいいます。この花は黄色ですが 白い花をつける<男郎花 おとこえし>もあります。

そして『藤袴 ふじばかま』今この花を 山野で見つけるのは 大変です。めっきり数が少なくなりました。これも淡紅色の地味な花ですが 白い花をつける種類もあります。

最後に『桔梗 ききょう』古歌に あさがおの花 などと 詠まれています。昔は桔梗と朝顔の区別がなかったようです。

どれも茶花などに大切に使われますが、地味な花でリビングなどには向かないようで 花屋さんの店先では トンとお見かけしなくなりました。

通年ものという一年中出回る 華やかなものばかり  四季を一番知らないのは 花屋さんの子?
喜ぶべきか 悲しむべきか 私にはトンと判りません。 
                   09/09/30  華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年09月28日 15時28分47秒  /  コメント( 0 )

貴方の センスで

          

今から25年程前 亡き姑が 大島のお土産に小さな椿の苗を 買ってきました。それが今は手が届かない程に 大きくなり 毎年沢山の花を咲かせ 数えきれぬ程に 実をつけます。

絞ればオイルが出来るのではと思いつつ そのまま落としっぱなし 足下に無数の小さな芽が出て 少しずつ大きくなっているようです。

今年もいっぱいの実がつき あまりに大きくて見事なので 大切にしている 卯三郎さんのコケシの足下に 置いてみました。

なんでもよいのです。花だけでなく ちょっとしたひらめきの中に 自然を取り込む • • 生活がグーンとグリーンになる事請け合いです。

もっとも姑は 大島椿より乙女椿(同じ花壇で遅れて咲く)の方が好きだったようですが • • •                   09/08/07 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年09月28日 15時28分16秒  /  コメント( 0 )

花器も作品のうち

花器? あまり気にした事 ないですねー。

そんな方 多いですよね。花展を見に行っても 花は印象に残っているけど……。

と、言う事はそれだけ花器が作品にマッチしていたという事。違和感があったら『??』と きっと印象に残った事と思います。

池の坊は 特に花形の多い 流派です。創始者は奈良時代 小野の妹子 と言う説もあります。

京都の六角堂には今も池の坊の本部がありますし 五木寛之が 今 27の新聞に連載中の小説『親鸞』にも六角堂に親鸞が籠って修行をしている場面があります。

お家元は代々得度して継いできました。長い間女人禁制でしたが、ついに解禁になりそうな気配です。

平安から室町時代に特に沢山の花形が生まれ その花形にあった花器が工夫されてきました。

明治になって生け花は 庶民の物となり 剣山も普及し戦後 自由花の出現でますます種類が多くなりました。

最初に勉強するのは 盛り花 皆様良くご存知の 水盤を使いますが、盛り花にも3っの形があり(直体 斜体 垂体)特に垂体の場合は 枝垂れる花材を使いますから 高台の付いたコンポートを使います。

次は投げ入れ これは背の高い細身の壷を使います。

水盤は色の種類は限られますが 投げ入れ用の壷は ガラス製の涼しげな物から 陶器や磁器の無地の物 モダンな色合いの物 素焼きのような素朴な物 多種にわたり 流行もあります。

剣山を使う事ができませんので 切り落とした枝を使って『配り』を花器の内側に渡して花材を支え 花材が壷の底に落ち込まないようにして止めます。


そしてお生花 深い壷の内側上部に棚の付いている物で 棚に剣山を置いて使います。剣山が無かった頃は 藁をしっかり束ねた『こみわら』に挿したり 配りを作って挿しました。

口の狭い物(真の花形)口の広い物(草の花形)勿論中くらいの物(行の花形)もあります。


極めつけは 自由花の変形花器 もうその数 数えきれません。
あれも良い これも欲しい……そして大きな倉庫が 欲しい……


私はゼーンブ 水盤ひとつで済ませまーす。それはそれで……ご 立 派!!!

               09/06/01 華道担当 畑田益惠 

Posted at 2012年09月28日 15時26分29秒  /  コメント( 1 )

生け花の根源 池坊展 2009

  


  

古典花形から自由花 壁にかける立体アートまで 畳何畳?と思われる程の大作から 可愛い作品池の坊は本当に 花形が多く奥がふかいのです。

  5月12日〜17日 於日本橋三越 09/05/17 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年09月28日 15時26分01秒  /  コメント( 1 )

華道(池の坊)の話

今はどちらかというとフラワーアレンジの方が人気があるようですね。

生け花ってなあに?と聞かれた事があります。

つい最近迄 女の幸せは『結婚』でした。此の頃また『こんかつ』が流行っているようですが、、、。
そして以前は『花嫁修業』というのがありました。その一つに生け花があったのです。

フラワーアレンジと生け花は考え方がまるで違います。特に日本で長い年月をかけて形を作ってきた生け花は お寺の供花が発祥だと言われています。

あの世とこの世を意識した宇宙観が根本の考え方です。それは陰と陽 そして特に違うのは『無』つまり『余白』です。

形の中に余白をとりこむ。そしてそれが間抜けにならないようにするには 何処にどんな花を生けるか?がポイントです。

そしてもう一つ大切なのは 季節 です。その季節にしか見られない形を 自然の中からどう上手くお部屋に取り込むか、を大切に 先祖がつくりあげてきたものなのです。

今は一年中同じ物が容易く手に入ってしまいます.だからこそ自然にこだわりたいと思いませんか?
立花(りっか) 生花(しょうか) 盛り花 投げ入れ そして自由花(アレンジ)大きく分けるとこの五つ
そして季節ごとにさまざまな花材があり 此の頃は外国から今迄は手に入らなかった花材が 沢山入って本当に多種多様です。

季節の行事にも お花が果たす役割は大きいと思われます。

お誕生日にその人の好きな花が 品良く さりげなく飾ってあったらどんなに素敵でしょうね。
                   09/02/20     華道担当 畑田益惠


Posted at 2012年09月28日 15時25分16秒  /  コメント( 2 )

やったね!なでしこジャパン

地震 雷 台風 日本は安全な国 という定評はここ4ヶ月ですっかり崩れ アメリカ ドイツ フランス インド 中国の人達は這々の体で 日本から逃げ出してしまいました。

韓国だけは『逃げなかったよ!』と胸を張ってくれました。今迄の日本の状態を 一番近い韓国が一番良く知っていてくれていた と いう事でしょう。

正に「遠くの親戚より近くの他人』 でも あまりに近すぎると 別のトラブルも……
でも その問題は別にして 今はただ 感謝 あるのみです。

そんな 落ち込んでいる日本に 喝 を入れてくれたのが、言うまでもない活躍で ワールドチャンピオンに輝いた なでしこジャパン です。

むろん 7月18日 未明 私は地デジテレビの大画面に 釘付けになっていました。

お習字を習いに来ている サッカー少年は『女子サッカーには ぜーんぜん興味ねえ だってレベル低いもん』 『あっ そう でも先生は アメリカのPK 第1番のシュートを倒れながら なんと右足でセーブした 海堀選手のあの見事な 足さばき!感激した!!!』

ところで昨日 集まった一般の書道のお弟子さんたち(殆ど30代 40代の女性) 撫子という花を知らないというのです。

えっ 貴女もですか? 昔は河原の土手や浜辺に いっぱい咲いていた 秋の七草の一つ 今では探すのも大変ですよね。秋の七草には 絶滅危惧種が多いのです

 

母の日の定番 カーネーション ご存知ですよね。あれは ナデシコ科 なんです。
カーネーションの中にも ナデシコがあるんです。

でもそれは皆 外国原産 撫子(なでしこ)は日本原産です。
かわらなでしこ と はまなでしこ と 2種あります。上の写真 右が はまなでしこ です。

私は 中学1年生(深谷市立藤沢中学)の時 学校で授業中に急性盲腸炎となり そのまま入院 その日の内に手術とは あいなりました。

その晩 病院のベットで見た夢<裸足の私が 雑木林の中を真っ赤なヒゲナデシコを 抱えきれない程抱いて 歩いているのです> なぜそんな夢を見たのか判りません。

あの夢のあのヒゲナデシコの 真っ赤な色は55年過った今も鮮やかに 目に浮かびます。それはなぜか アメリカナデシコともいう ヨーロッパ原産の多年草 ビジョナデシコです。(上の左の写真)

  

この写真 左はセキチク 1840年 中国から入って来ました。これが今のカーネーションのもとになっています。別名 カラ(唐)ナデシコ それと区別するため 右の写真の かわらなでしこ を大和撫子とよぶようになった というわけです。

楚々として 控えめで 惢が強い 良いですね〜 鼻っ柱ばかり強く いざと言う時軟弱な私とは大違い 花言葉は『貞節』ただ ただ 頭が下がります。
                11/07/21  華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年09月28日 15時22分48秒  /  コメント( 1 )

彼岸花真っ盛り

埼玉県 日高市 巾着田 http://www.kinchakuda.com/

なんと200万本もの彼岸花が 真っ盛りとのことです。近くに住む友達に依れば 道路が混んでお手上げだそうですが、それにしても凄いですよね。

私たちが子供の頃 彼岸花は田んぼのあぜ道に咲いていましたが、お墓にも咲いていて、シビトバナと言って怖い印象が有ります。

なぜかいつでもお墓の横を通るときには しっかり親指を握りしめて走って通り抜けました。

死んだ人にお墓の中に連れ込まれると信じられていました。なぜ親指を握りしめれば良いのかは今もって判りません。

花言葉は『悲しい思い出』我が家の前の植え込みに何年か前から 彼岸花が自生しています。
なぜか判りません。

日本の彼岸花は実を付けないそうですから、どうして自然に生えたのかは謎です。

根に毒があるのですが、この毒は水に流れるそうで、飢饉の時これを晒してでんぷんを採り 飢えをしのいだということです。

植え込みから少し頂いて お茶室に活けました。

お茶の先生(畑田宗尚=江戸千家)に訊ねたら 昔はやはり禁花の一つに数えられていたそうですが 今はあまり拘らないということです。

利休は『花入れに入れざる花はじんちょうげ みやましきびに けいとうの花 女郎花ざくろこうほね 金盞花 せんれい花をも嫌う也けり』

また桜も 結構すぎる花 として嫌ったようです。

      

日本にもいつ どこから来たのか 諸説紛々 謎だそうです。白も黄色もありますが、あの悲しい迄の赤

私も以前 墨画でモチーフにしました(ひシリーズ 緋)が本当にインパクトありますよね〜
                    11/09/29  華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年09月28日 15時22分22秒  /  コメント( 0 )

秋たけなわの深大寺

懐かしい昭和の香りの深大寺 何十年振りかで 秋を探しに行って来ました。

今年はなかなか夜が寒くならず、どこも紅葉がいまいちです。
お隣の神代植物園では ダリアも薔薇もまだまだ元気に咲いていました。



左 NHK朝ドラ げげげの鬼太郎の場面でお馴染み深大寺の門前 境内には高浜虚子の句碑

『遠山に 日の当たりたる枯野かな』右 すすきの左に見える。 武蔵野の面影はまだ充分感じられ、癒される場所 この近くに住めたら 毎日散歩に来たい! 
(水木さんはいいな)



神代植物園では 菊まつりの真っ最中 菊の仕立て方にもいろいろあるのですね〜 びっくりです。

左 柳仕立て 枝垂れ菊? 真ん中吹き流し 右盆景です。 凄いですねえ!
菊には ご迷惑?               11/11/23 華道担当 畑田益惠(号穂苑)


Posted at 2012年09月28日 15時21分09秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3