東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
華道講師四方山話畑田益恵(穂苑

故郷は訛り……無く。



ここ何処かわかります? 過日テレビの『百年名家』という番組でレンガ工場跡地や渋沢栄一の生家を訪ねていました。そうご存知ですよね。私のふるさと…です。

埼玉県深谷駅 東京駅に似せて赤レンガで作られています。東京駅のレンガも無論ここ深谷で作られたのです。

駅前広場に渋沢栄一の像があります。そして最近仲間入りをしたのが〜ご当地ゆるキャラ
『ふっかちゃん』頭の角は何? 深谷の名産 深谷ねぎ です。

なんとこのねぎ土付きのまま炭火で焼いて皮を剥き、丸のママかぶりつくのが、一番美味しい? お行儀?悪くても味 よネ。               
                 16/11/24 書道墨画華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2021年03月12日 14時20分16秒  /  コメント( 0 )

忙し(師走)くても 展覧会

温かい 小春日和 昇って来ました。上野山 都立美術館 高校生達でロビーは大賑わい。

      

沢山の会の中 添削会の道すがらバタバタと三つだけ拝見しました。本当にいろんな作品に刺激されます。

先ずは第61回東洋書芸展 20日(日)迄

書道には5体(楷書 行書 草書 篆書 隷書)あるのですが 最近破体というのを提唱する会派があるという事は聞いていたのですが、実際に拝見したのは初めて ビックリです。





第41回 IMA展 韓国 モンゴル ドイツ 交流展 今を彩る市井の絵 と銘打ってバラエテイ豊かな作品がならんでいました。

有料だったのですが、70歳以上は無料だそうで、喜んで見せて戴きました。


                   東洋署芸展の作品



最後に 第28回 水墨画振興展 20日迄 ここはじっくり見せて頂きました。墨画 落ち着きますね〜。





みなさんも是非 上野のお山昇ってみて下さい。上野の森美術館 国立美術館 西洋美術館 合格祈願 ここに参れば絶対落ちないという大佛さんもいるんですよ。

清水さんの舞台(寛永寺)の舞台の前には 植木屋さんが精魂込めて作った浮世絵にも描かれた まん丸枝の松 だってあるんです。
15/12/21 書道 墨画担当 畑田穂苑(益惠)
 


Posted at 2021年03月12日 14時18分45秒  /  コメント( 0 )

男尊女卑と戦う

私、埼玉県は熊谷女子高校出身でございます。のどかな田舎町ですが、私の自慢は作家森村誠一氏と日本初の女医『荻野吟子先生』です。

この度、山田火砂子監督『一粒の麦』が公開されました。新宿,K’ S,sinemaで15日迄上映しております。近年医大の入試で男子の成績に下駄を履かせていたのが問題になっておりましたが、まだまだ日本はあちこちに男尊女卑がまかり通っているのです。

数々の苦難と戦って日本最初の女医に上り詰めた荻野吟子先生の壮絶な戦いを真っ向から映像化した山田監督に最敬礼!なんとオン年87歳。そして嬉しいことに我が義弟、高間賢治が撮影監督で参加しております。

期限付、単館でなく少しでも広く長く(無論熊谷、深谷でも見られますが…)多くの人に見てもらいたい。16歳から60歳迄、若村麻由美さんの熱演も必見です。

        
              19/11/10 書道、墨画、華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年01月17日 10時57分09秒  /  コメント( 0 )

映画鑑賞



原作 鬼塚忠 監督 篠原哲雄 約2時間 野村萬斎さん演じる 初代池坊専好の物語 池坊正教授の私としては見ないわけにはいきません。 http://www.ikenobo.jp

花の力 死にかけていた少女が 蓮が開く音で蘇る! 餓死者一人一人に石を支えにして一輪づつ花を手向ける専好さん。

いきなり高さ3m 幅4,5mの大砂物(信長に見せる)の登場にはビックリ 

もともと池坊は京都 頂法寺 六角堂の花僧達の創意工夫から始まったのは知れている事 でも長い歴史の中で剣を使わず、花での命のやり取りがあったとは……

この頃の生け花には、ただ闇雲に花を放り込むような風潮があるけれど 広い空間をたった一輪の花が、凛と引き締める力がある事を再確認して欲しいと つくづく思わせる映画でした。

カキツバタの『夏跳ねる』素晴らしかった!!日本の伝統文化は『余白』を大切に……ね
                          花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年08月02日 18時48分22秒  /  コメント( 0 )

滑り込みで行って来ました。

改組第3回 日本美術展 ご大層な『日展』 ゴメンナサイ 明日4日(日)迄 駆け込みでーす。

乃木坂駅から国立新美術館に入ったとたん 螺旋型に長蛇の列!!びっくり

<もっと早く来れば良かった〜>後悔先に立たず………でもそれは全くの杞憂 なんとそれは 『ダリ展』でした。なんと入場料1600円 こちらは1200円 トワイライト午後4時から6時迄なら300円

でも土曜日で混むだろうと午前10時半には入場しました。1階A日本画からゆっくりと洋画 工芸 彫刻 盛り沢山の会場は力作揃い。

いつも女風呂に迷い込んだような彫刻(なんと入選率60%)室の親子の動物像(馬 キリン シロクマ等々)にメッセージを感じつつ3階へ 

第5科 私の目指す書道(入選率たった9%) まだまだ表現の幅は広い筈?なのに私が目指す木簡作品は殆ど見当たりませんでした。残念!!!











湯島天神の前から都バス(チョ混み)に乗って 疲れた足を引きずりながら帰って来ました。
<ギリギリセーフで良かったでーす>     16/12/03書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2016年12月03日 18時41分27秒  /  コメント( 0 )

展覧会は楽し2





暑い 暑いなんて言ってられません。国立新美術館 6月15日(日)  照りつける太陽より 熱い作品が並んでいる会場を経巡って参りました。何と私の作品も 熱い仲間入りを果たしました。

乞われて恐る恐る出した作品が なんと特選に選ばれたのです。そりゃあもう 一生懸命 書きましたけれど……。

書象展 日本の書展 22日迄   国際墨画会展23日迄





木簡書 篆書 隷書 かな 近代書 琴線を揺する作品の数々 そんな中で際立つ作品 どこが違うのでしょう? 手探りで 一生稽古 しかないですよ ねえ〜 



ここも毎年拝見しています。無料だから でしょう? ハイ そのとおり!
日本だけじゃない。中国 台湾 オーストラリア ニュージーランド マレーシア アフリカまで 穏やかな墨の作品

ここでは 絶対に 戦争なんか起こりません。この平和 いつまでも続いて欲しいものです。
                   14/06/16 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月17日 17時14分12秒  /  コメント( 0 )

はとバスで行ってきました。

日帰りバスツアー 秘湯の宿 養老温泉 滝見苑とたけのこ掘り

食いしん坊の私は たけのこ掘りに舌なめずり(笑)知人には 今頃?もう遅いんじゃない?と 怪しまれ乍ら心ウキウキ参加しました。

天気予報は全国的に荒れ模様 でも私は晴れ女 一応用意はしたけど 傘を使うことなんかない と自信を持って出発!

先ずは 千葉県夷隅郡大多喜町の観光たけのこ採取園 一人2キロ迄持ち帰れます。中くらいのを2本が目安。でもやっぱりちょっと遅かった たけのこはもう私の背丈より大きく伸びていました。

頑張って1.5キロの大物を現地のガイドに手助けしてもらい乍ら掘りました。小さいのを掘ったところで専属カメラマンが トイレ〜と言って 山を降りてしまっていて写真が無いのが本当に残念!

養老温泉 滝見苑で頂いた たけのこづくしのお料理も絶品でした。掘った時にもかじってみたのですが、たけのこのお刺身(真ん中 竹を斜めに割った器のなか)は全くアクが無くハリハリとした食感が何とも言えませんでした。

  

でも竹って不思議な植物ですよね。私は昔から松や梅より竹が好きで、支部名も 竹心  とつけたのですが、竹って 木ですか? 草ですか? 笹もありますよね〜。でなんと イネ科だそうです。

たけのこの季節 今は竹にとっては 秋 どこの竹も何となく黄ばんでいます。秋になると竹の葉は生き生き緑色になります。しかも竹は花が咲いたら 枯れてしまうと言います。

楽器になったり 工芸品の重要な材料になったり、最近は雨後の筍なんて言われる繁殖力の強さにお手上げ状態、紙の材料に という話もあります。そう昔はこれで筆管だけでなく 筆の穂迄 作ったりもしたのです。

しなやかで 雪に埋もれていても 雪が解ければまたピンと立つ。
『ますぐなるもの地面に生え、するどき青きもの地面に生え』

私はまだ竹の花は見た事がありませんが、稲の特徴が判るそうです。中国のパンダセンターでも 竹の開花にはお手上げだと 現地の飼育員に聞きました。

竹の中から かぐや姫が出て来たり……そういえば 滝見苑 たけのこづくしのお料理は かぐや姫御膳となっていました。 竹って本当に面白いですよね。

今の時期はあちらこちらに 見事な 山藤 巻き付いた木の大きさで 高かったり低かったりつる性の植物って ずるいと思いません?太陽独り占め ですよね。

ところで 山藤の蔓は左巻きって聞いたのですが 本当でしょうか?

滝見苑の前の山道を降りた所に 粟又の滝 があります。昼食を頂いて ゆっくりお風呂に入って(化石の湯 願いの湯 長寿の湯)さてこれから滝を見に行こうとしたら 急に土砂降りま たまには神通力が切れる事も〜 ハイ



最後に案内された『東京ドイツ村』に着いたときにはすっかりあがっていました。イエ〜イ

雨雲を払うときちょっと強く吹き過ぎたせいで 風速20メートルを超えてしまい アクアラインが通行止めになってしまいました。ゴメンね。

帰ってから早速 二人分4キロのたけのこを茹で上げ これからしばらくは たけのこ三昧 
たまりませんね〜           13/05/01   華道担当 畑田益惠(穂苑)           


Posted at 2013年05月12日 15時52分02秒  /  コメント( 0 )

花器も作品のうち

花器? あまり気にした事 ないですねー。

そんな方 多いですよね。花展を見に行っても 花は印象に残っているけど……。

と、言う事はそれだけ花器が作品にマッチしていたという事。違和感があったら『??』と きっと印象に残った事と思います。

池の坊は 特に花形の多い 流派です。創始者は奈良時代 小野の妹子 と言う説もあります。

京都の六角堂には今も池の坊の本部がありますし 五木寛之が 今 27の新聞に連載中の小説『親鸞』にも六角堂に親鸞が籠って修行をしている場面があります。

お家元は代々得度して継いできました。長い間女人禁制でしたが、ついに解禁になりそうな気配です。

平安から室町時代に特に沢山の花形が生まれ その花形にあった花器が工夫されてきました。

明治になって生け花は 庶民の物となり 剣山も普及し戦後 自由花の出現でますます種類が多くなりました。

最初に勉強するのは 盛り花 皆様良くご存知の 水盤を使いますが、盛り花にも3っの形があり(直体 斜体 垂体)特に垂体の場合は 枝垂れる花材を使いますから 高台の付いたコンポートを使います。

次は投げ入れ これは背の高い細身の壷を使います。

水盤は色の種類は限られますが 投げ入れ用の壷は ガラス製の涼しげな物から 陶器や磁器の無地の物 モダンな色合いの物 素焼きのような素朴な物 多種にわたり 流行もあります。

剣山を使う事ができませんので 切り落とした枝を使って『配り』を花器の内側に渡して花材を支え 花材が壷の底に落ち込まないようにして止めます。


そしてお生花 深い壷の内側上部に棚の付いている物で 棚に剣山を置いて使います。剣山が無かった頃は 藁をしっかり束ねた『こみわら』に挿したり 配りを作って挿しました。

口の狭い物(真の花形)口の広い物(草の花形)勿論中くらいの物(行の花形)もあります。


極めつけは 自由花の変形花器 もうその数 数えきれません。
あれも良い これも欲しい……そして大きな倉庫が 欲しい……


私はゼーンブ 水盤ひとつで済ませまーす。それはそれで……ご 立 派!!!

               09/06/01 華道担当 畑田益惠 

Posted at 2012年09月28日 15時26分29秒  /  コメント( 1 )

生け花の根源 池坊展 2009

  


  

古典花形から自由花 壁にかける立体アートまで 畳何畳?と思われる程の大作から 可愛い作品池の坊は本当に 花形が多く奥がふかいのです。

  5月12日〜17日 於日本橋三越 09/05/17 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2012年09月28日 15時26分01秒  /  コメント( 1 )

華道(池の坊)の話

今はどちらかというとフラワーアレンジの方が人気があるようですね。

生け花ってなあに?と聞かれた事があります。

つい最近迄 女の幸せは『結婚』でした。此の頃また『こんかつ』が流行っているようですが、、、。
そして以前は『花嫁修業』というのがありました。その一つに生け花があったのです。

フラワーアレンジと生け花は考え方がまるで違います。特に日本で長い年月をかけて形を作ってきた生け花は お寺の供花が発祥だと言われています。

あの世とこの世を意識した宇宙観が根本の考え方です。それは陰と陽 そして特に違うのは『無』つまり『余白』です。

形の中に余白をとりこむ。そしてそれが間抜けにならないようにするには 何処にどんな花を生けるか?がポイントです。

そしてもう一つ大切なのは 季節 です。その季節にしか見られない形を 自然の中からどう上手くお部屋に取り込むか、を大切に 先祖がつくりあげてきたものなのです。

今は一年中同じ物が容易く手に入ってしまいます.だからこそ自然にこだわりたいと思いませんか?
立花(りっか) 生花(しょうか) 盛り花 投げ入れ そして自由花(アレンジ)大きく分けるとこの五つ
そして季節ごとにさまざまな花材があり 此の頃は外国から今迄は手に入らなかった花材が 沢山入って本当に多種多様です。

季節の行事にも お花が果たす役割は大きいと思われます。

お誕生日にその人の好きな花が 品良く さりげなく飾ってあったらどんなに素敵でしょうね。
                   09/02/20     華道担当 畑田益惠


Posted at 2012年09月28日 15時25分16秒  /  コメント( 2 )