東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
畑田益惠(穂苑)ご報告

楽しみな展覧会

私、埼玉県立熊谷女子高校卒、ハイ 立派なクマ女でございます。同校出身者が多数出品している、蒼騎展 7月8日迄、於六本木国立新美術館 行って参りました。




右2点、いつも案内状を送ってくれる後輩の青山征子さんの作品、お人柄です。いつもあったかい
優しさ一杯の作品。この頃ちょっと自由な、ちょっと抽象的な作風になって来た。心境の変化?







生きの良い若駒が草原を力一杯走っているような、胸が熱くなる展覧会です。

雰囲気を変えて、日本水墨院展 こちらは7月7日迄。





こちらはモノクロの作品が殆ど、墨狂いと称して墨にこだわっている私には、とても勉強になる展覧会。墨は本当に難しいのです。載せ過ぎると、どす黒くなるし、足りないと的外れの作品になるし……。ネ

次は日本教育書道芸術院の 同人書作展 本部が私の家の近く 上野松坂屋裏にあります。

創始者の大渓洗耳師が亡くなって早17年『くたばれ日展』という著書に溜飲を下げた方もおられるのではないでしょうか?日展スキャンダルが起きるずーっと前の事です。

たまたま拝見した師の個典の(確か銀座セントラル美術館?)広ーい会場の隅、ヨレヨレのジャケットに身を包んだ師の姿が目に焼き付いています。

自分は書家だから、『家も車も要らない、すべて金は書の為に使う』が口癖で素晴らしい表装額の大作が会場一杯に並んでおりました。会場の奥に17回忌の『大渓洗耳の墨痕』特別展が開かれておりました。




これでもか、これでもかという作品群に、ちょっと疲れは覚えましたが、老骨に鞭打って大江戸線、有楽町線と乗り継いで豊洲シビックセンターへ。

文化書道東京連合会展 、これも7日迄





こちらの創始者は西脇呉石師、私の古巣です。懐かしい大先輩にお会いできてウルウル……。



ずっしり重い想いを抱えて帰宅。夜は無論爆睡でした。
                         19/07/06 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2019年07月06日 16時03分01秒  /  コメント( 0 )

チョー人気です。

4月からやっているから、そろそろ空いてきたかな?7/10で終わりだし……クリムト展 於上野都立美術館

甘かった。朝イチで『10分待ち』えっずっとマシな方?そうね、出て来たら凄い行列で40分待ちでした。
金を交えた極彩色、いつも墨と格闘している私には、唯眩しいばかり、圧倒されてしまいました。



無論 ついでに拝見して来ました。瑞雲書道展







創立者 豊道春海(ぶんどうしゅんかい)という天台宗の僧侶(右の作品)だそうで、創立100年、日本で一番古い書道会だそうです。

そう言えば茨城在住の従兄弟が真弓という書道会員でこの展覧会に出品していた事がありましたっけ。個性豊かな作品をじっくり拝見して来ました。   19/07/03 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2019年07月04日 16時16分46秒  /  コメント( 0 )

桜 開花宣言!

謙慎展 贈賞式祝賀会 東京タワーの真下 芝パークタワーホテル東京 なんとお彼岸の中日!です。お墓参り どうなさいました?





参加者1000人余 余りに遠くて友達、探せません。今年の出品点数は、5953点 90歳以上の御長寿出品は78点、出席者は19人 凄い!!高校生の出品が311点 出席者20人 人生の縮図 です。



なんとも 大規模な展覧会で ご来賓の中国在日本大使館の、石永菁女史もびっくりでした。次回は貴方もご一緒に…… ネ。
                        19/03/21 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2019年05月30日 13時08分43秒  /  コメント( 0 )

春に先駆けて

第81回謙慎展 第一会場 上野都立美術館 23日迄

19日に行って来ました。平日だというのに公園は無数の国籍人でごった返していました。ここって本当に日本?染井吉野はまだ開いていませんでしたが入口付近の早咲きの花の下はカメラマンの人の波









近くにはパンダが人気の動物園があります。そこで好きな動物の名前を自由に毛筆で書くイベントが行われていました。貴方のお好きな動物は?えっドラゴン……ですか。
                            19/03/20 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2019年05月30日 13時08分23秒  /  コメント( 0 )

正にお正月の展覧会

教育部30名 一般7名 我が有穂(ゆうすい)会がお世話になっている、上条信山先生創設の書象会
審査員.蕪木珠紅先生の社中展をお訊ねしました。1月12日、13日、於北トピア





一般部、教育部、天井には無数の凧、机上には羽子板、彩色貝殻等、色とりどり本当に楽しい展覧会です。


上条先生の折帖



蕪木先生と上条先生の作品。どちらがどの先生の作品か、お判りですか?



エアコンの風で凧がゆらゆら、手を振って見送ってくれました。本当にありがとうございました。


その後銀座、セントラルミュージアム『有山社』『傅山展』1月20日(日)迄







こいつは春から大々…良い勉強〜……した〜わいな〜あ。 19/01/13 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2019年02月15日 14時18分03秒  /  コメント( 0 )

ご覧になられましたか?

台東区生涯学習センター  1階の図書館にいつもお世話になっています。玄関ロビーに可愛い子供の絵画の展示が行われていました。







ここから将来有名な画伯が誕生するかも……ネ。
                 19/01/07 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2019年02月15日 14時17分47秒  /  コメント( 0 )

明けまして、おめでとうございます。

穏やかな、新年。早くも痛ましい、大きな火災や交通事故のニュースが、飛び込んで来ました。どうかどうか平和で実り多い毎日で有ります様に、祈るばかりです。

昨日2日(水)チャリコちゃんと行って来ましたよ!まず上野の山に登って都立美術館 『見る知る感じる、現代の書』 1月6日(日)迄

何か新しい表現を模索するとしても、書としての表現を、ここ迄落としては悲しい、虚しい、寂しい…。悪あがきとしか思えない。只々ご苦労様と言うのみです。

     



お隣は『喜怒哀楽の書』 これも6日(迄) 写真は撮る事出来ませんでしたが、ほっとしました。

金子鴎亭、豊道春海、西川寧、松井如流、松本芳翠、上田桑鳩、西川春洞 etc 々。大道の書 えっ? 古いですか? ご存知無い?ですか……申し訳ありません。

気を取り直して、日本橋高島屋へ 『現代書道20人展』7日(月)迄



一応、日本の現代書道トップクラスの20人、というイメージですが、他にも漏れている大物は沢山います。

まず全体に粘りの無い線で、作品が軽い気がします。今正に<軽 小 短 薄>のご時世ですから……
                 19/01/03 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2019年02月15日 14時17分13秒  /  コメント( 0 )

コレだけは必見

 改組 新 第5回 日展 11月25日迄 於国立新美術館(六本木)



第1科日本画(赤の奥田玄宗 3山<東山魁夷 平山郁夫 高山辰雄>亡き今、すっかりインパクト失せた様子 入選率約4割) 第2科洋画(女性のモチーフがやけに多い、女を描かなくては入選しない?入選率3割) 第3科彫刻(相変わらずタオル、洗い桶を持たせたいような、裸の女が圧倒的多数 えっ入選率8割 ですか?)

第4科工芸美術(種類は豊富、奥田小由女さん 宮田亮平先生 相変わらず同じモチーフ 入選率5割) 第5科書道(書道のみ出品者86名増で8543点 入線率なんと1割 日展を支えているのは第5科書道 大きな声で申しましょう!!)相変わらず圧倒的に書道は不利 なんとかなりませんか?ねえ<私は毎年同じ愚痴 こぼしています>







 









くたばれ日展 なんて著作 誰でしたっけ されど 日展 な〜んですよね。
                18/11/06 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年11月07日 19時53分42秒  /  コメント( 0 )

東京国際映画祭

もう31回にもなるんですね。『東京国際映画祭』 10月25日〜11月3日迄
あちこちで、1000本以上の映画が上映されたようですが、コンコンペテイション部門は16本、日本からは 坂本順次監督の『反世界』

アメリカ、イギリス、カナダ、イタリア、フランス、インド、フイリピン、中国、イスラエル、etc

見たい作品目白押し、少ない時間をやりくりして2本、見てきました。六本木ヒルズ、TOHOシネマズ、

まず、コンペテイション部門、カナダ映画の『大いなる闇の日々』監督マキシム、ジルー、主演はご年配のマーテインさん。チャップリンのものまねで優勝した芸人がアメリカからカナダに帰る途中の過酷なロードムービイ

全裸で走ったり、雪に埋もれて眠ったり、泥の中で首まで埋れたり、山々に雪が残る中汚れた衣服を、裸で川の水で洗ったり〜

よく途中で投げ出さなかった事、もしかしたもの凄いマゾヒスト??上映後、監督さんと二人撮影の苦労話を沢山聞かされてしまいました。





最後は列車に乗れたようでホッとしました。

もう1本はワールドフオーカス部門、アメリカのドキュメンタリー映画『全く同じ3人の他人』 それぞれ子供の頃、同じ業者から何も知らず、別々の家庭の養子になっていた三つ子ちゃん、偶然大学が同じでびっくり

人間は遺伝子か環境かという研究に翻弄され一人は自殺してしまうというお話。


                                  ちょっと見たかったインドの映画

他に日本の映画も沢山上映されていました。



ここのところ映画にハマっていて『モリのいる場所』 『万引き家族』 『日日是好日』etc あ〜樹木希林さんもういないのよね〜
18/11/03 書画華道講師 畑田穂苑(益惠)
                             


Posted at 2018年11月03日 12時58分32秒  /  コメント( 0 )

毎日暑い!!

西日本の水害 正視できません。言葉もありません。心からお悔やみ申し挙げます。本当に憎い豪雨!!

又この暑さ!正にダブルパンチ 大自然の前の人間の無力さを、嫌と言う程感じております。ささやかな希望を求め、美術館に行ってきました。六本木 国立新美術館

高校時代の仲間が頑張っています。『蒼騎展』なんと今年59回、創立は1959年です。蒼い騎士 情熱を持ち荒野を駆け抜けて行く 理想を掲げて始まった会 第1回展は1961年です。

暑さ吹き飛ばす力こもった作品に元気をもらいました。









窓の外は真夏の灼熱地獄 ここはクーラーの中の快適さ ありがたいことです。



月曜日は休みの美術館が多いですが、ここは火曜日が休館です。月曜日に行ったので終わって撤去中の会が多かったのですが3階の『貞香書展』がこれも最終日でしたので見せてもらいました。

こちらも歴史が古い 第53回展です。中村素堂が大正12年に創立した会だそうです。







別室の小品 ハガキくらいの作品群がなんとスケールの大きいこと!芸術は偉大です。
あたしも頑張らなくっちゃ〜 暑さなんかに負けてはイラレません。

皆様もどうかお元気にこの暑さ乗り越えて下さいませ。
             18/07/10 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年07月12日 18時23分22秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ