東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
書画講師四方山話 畑田穂苑 

豪華絢爛

AJCクリエーターズコレクション展2015 3月27日(金)迄 
上野都立美術館

初めて拝見しました。アールデコ職業クリエーターの展覧会 コスチュームジュエリー部門 フラワーアート部門 バック部門 刺繍部門 ペーパーアート部門 etc







精魂込めた職人技の数々 ため息が出ました。圧倒されました。凄い!!です。
私も 頑張らなくっちゃー。       15/03/27 書道墨画華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2015年05月07日 19時55分56秒  /  コメント( 0 )

横須賀に行って来ました。

横須賀美術館 海老原喜之助展 生誕110年 エスプリと情熱 4月5日(日) 迄

東京湾の入り口遠くに房総半島が望める開放的な広場にある 美術館 レストラン『アクアマーレ』では喜之助の絵からインスピレーションを得たデザートが人気です。





東京新聞の記事を見る迄 全く知りませんでした。1904年鹿児島生まれ 1970年 66歳 パリで逝去しています。油彩画80点 デッサン 版画 陶彩等見応え十分 堪能しました。

馬や人間の顔がのっぺらぼうだったり 輪郭のはっきりしないのに存在感のある不思議な絵が沢山ありました。



  

横須賀生まれ 画業40年を越える 吉田多最(たもつ)『松龍図』の公開をしていました。

全16面 20mを超えるふすま絵でサンフランシスコ郊外の『天平山禅堂』東堂 客殿を飾るため2年かけて描かれたもので もう日本では見られないという事でした。

        

週刊新潮の表紙絵 無論ご存知 谷内六郎さんの原画展も見て来ました。

お泊まりは京急観音崎ホテル 開放的で海がどこからでもバッチリ お庭で牡蠣市場が開かれており 焼き牡蠣を味わい尽くしてきました。


            ホテルの窓からの眺め


            ホテルのお庭で

正に 〜ここは ヨコスカ〜 でした。    15/03/19 書画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年05月02日 16時02分47秒  /  コメント( 0 )

三寒四温と言うけれど〜

なかなか温かくなりませんね〜お元気ですか?気を取り直してコンサートに行って来ました。



クラシックからアニメソング迄 金管15人の音がイマイチ揃っていなくて汚く(小沢征爾が泣いて喜びそう 笑) ちょっと残念だったけれど  最後に全員で<アナと雪の女王>は楽しかった!!!あっと言う間の2時間半 でした。





演奏を終えて観客のエールを受ける若い(当然) 団員達 やっぱり 生は良いですね〜
                    書道 墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年03月21日 16時41分22秒  /  コメント( 0 )

三寒四温のこの頃

ちょっと体調を崩しやすいこの頃 お元気ですか? イギリスからウイリアム王子が来日して、3'11震災の被災地を訪ねて下さっています。感謝 ですね。

私は昨日(3月1日) 池袋芸術劇場に行って来ました。
第46回東京都民族芸能大会 江戸前の芸能

以前にも何度か足を運びましたが 今回が最高でした。江戸時代 否それ以前から脈々と伝えられて来た庶民の芸能 時代の波に磨かれこんなに洗練されていたとは!



羽田節 水止舞 佃島の盆踊り 木遣り、梯子乗り 神田祭り囃子 かっぽれ 江戸里神楽

どれも気合い十分 それぞれの謂れや見所の解説があり たっぷり4時間 堪能しました。







外は雪にもなろうかという氷雨 会場はぽっかぽか 演じ手のエネルギーをしっかり受け止めて
蹴って参りました。   15/03/02 ばんぶうはあとあかでみい講師 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年03月07日 10時51分44秒  /  コメント( 0 )

おなじみの展覧会

何回も拝見させて頂いております。以前 よくご一緒させていただいていた先輩は すっかり認知症になってしまい 今は私一人で……

第43回公募 書道一元會展 2月9日(月)〜14日(土) 於上野公園内都立美術館





一元會の創始者は田邊古邨 かなの作品が出ておりました。創立の目的は<篆書 隷書 楷書行書 草書 かな それぞれ筆法の違いは全く無い 全ての書体は同じ筆法だ>

それで 一元  趣旨はもっともなのだけれど〜 ただただ 一方的に筆を用紙にこすりつけただけ?という作品も多々見られ 理想を実現させる為にはもっと線質の研究が課題かな? っと

でもそれが一番 ム ズ カ シ イ それでこの 私メも悪銭苦闘 しているわけでして…
ハイ                   15/02/11 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年02月11日 14時55分19秒  /  コメント( 0 )

寒い とは言っても……

快晴 無風の上野公園 都立美術館は大賑わい 見て参りました。
第66回 東洋美術学校卒展 2月9日(月)〜13日(金) 都立総合芸術学校
美術科第3回卒業制作展
 2月8日(日)〜14日(土)

  

どちらも絵画だけでなく 生活の中のあらゆる物のデザイン 会場はカラフルで大変楽しい展覧会でした。







Posted at 2015年02月11日 14時51分16秒  /  コメント( 0 )

筆を持とう 美術館に行こう!

前日の冷たい雨がウソのよう でも風は冷たく春はまだまだー だから、ぬくぬくと暖房の部屋に居たのでは この感動は味わえません。 みなさんも出かけてみませんか? 美術館  良いですよ〜

六本木 新国立美術館  


先ずは2階へ 産経国際書展 新春展 2月2日迄



 

私の修業時代 切磋琢磨した友人がようやく思い腰をあげてこの展覧会に出品 なんと奨励賞に輝いたのです。彼の力をもってすれば 当然の事なのですが……

さて次は1階に下りて 平泉展 NPO邦人会が主催する手作りの作品展 動物そっくりな置物 アートフラワー 手芸 etc etc





更にお隣 国際書画展 2月2日迄 主催 国際書画連盟 後援文化庁 中華人民共和国日本大使館





最後に1階ロビーで港区主催 障碍者作品展 意外な色使い 以外な形 新鮮な驚きです。





心地よい疲れには明日の元気がついてきます。美術館 バ ン ザ イ !!
                    15/01/24 書画華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2015年02月04日 20時50分29秒  /  コメント( 0 )

毎年恒例の展覧会

  
毎年お邪魔しています。東京銀座画廊美術館 第15回記念臨池会新春展 18日(日)迄



奈良に書道美術館を持つ 杉岡華邨の書道会 臨池 とは確か 王羲之(大王) の息子王献之 (小王)が池の畔で書道の稽古をし、余った墨を池に捨てていたらやがて池の水が真っ黒になった とか……

無論 <かな>ばかり 優しいあったかい雰囲気です。若書きから晩年迄10点の作品も並んでいました。ちょっと見にはみな同じですが よく見ればだんだん筆が開き 悠々たる作品に変化しています。

若い時の作品が ハツラツと生気溢れているのが とても心地良く〜楽しいひと時でした。

同じ7階で CALENDAR2015展 17日(土)迄 ワクワク 今年の各企業のカレンダー これも楽しい!!



そしてお目当ての8階 第56回 有山社書展 18日(日)迄



   

謙慎会を始め読売系の展覧会 古典をふまえた力作揃い さすが〜です。
                   15/01/18 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年01月18日 15時30分40秒  /  コメント( 0 )

続 初春から 展覧会 三昧

銀座迄 チャリコで一走り 目指すは 現代の書 新春展 今いきずく書の華 
11日迄 会場 和光ホール セントラルミュージアム銀座

『残念 カメラ忘れた』ごめんなさい 携帯のぼけた写真で……和光ホールは29人 セントラルミュージアムはなんと100人です。主催は毎日新聞社 毎日書道会



石飛博光(創玄) 鬼頭墨駿(日書美) 片岡重和(独立書人団) 光本一幸(あきつ会)  他 刻字協会の会長迄 なかなか力の入った作品群です。

銀座3丁目から2超目へ 東京銀座画廊美術館 2015年毎日チャリティー書展ちょっとお安く小品が手に入ります。(最高75600円 最低32400円) 総勢276名 こんな作品ひとつあるとぐっとお部屋が和っぽくなりますよね〜 11日迄



ついでに 雅涎会書展  11日迄 丑年生まれの書家の集まりだそうで、手島右卿が名付け親 ということです。

新井光風 飯高和子 高木聖雨 等々



どっぷり墨に浸かった一日はどっと疲れた一日でもありました。
                       15/01/13 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2015年01月16日 12時35分08秒  /  コメント( 0 )

15/ 年の初めの展覧会

お正月からあちこちで展覧会が開かれていますよね。毎年お邪魔している まずは 
TOKYO書2015 於上野公園内都立美術館 16日迄 <公募団体の今>

読売書展 毎日書展 産経書展等の 18書道会 生え抜き作家の一大展覧会 見応え十分 昨年よりもハイレベル 手応え十分の作品が並んで圧巻でした。 









お隣の日書展 10日迄 も覗いてきました。あ〜みんな頑張っているんですよね〜 刺激一杯 こいつあ〜初春から 力入るよね〜



お山を下りて広小路 松坂屋の20人展 8日迄 ごったがえしていました。 会場も狭くなり 作品も小さくなり 迫力ありません。ちょっとガッカリ 

信号渡って 凮月堂へ 小松菜と牛乳のドリンクで気をとりなおして 今年も ガ ン バ ル ぞーッ
                  15/01/08 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2015年01月08日 19時08分16秒  /  コメント( 0 )

前へ |  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  | 次へ