東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
書画講師四方山話 畑田穂苑 

母と同い年

チャリこで30分 銀座5丁目の画廊 迷いましたよ!思っていたのとは全く違う雰囲気……。ようやくたどり着きました。

堀文子個展  神奈川県立近代美術館葉山では、大々的に 白寿記念回顧展が18年3月25日迄行われています。

こちらは銀座の雑踏の中 この方が堀さんらしい。良い絵のために エジプト アメリカ メキシコ イタリア ネパール ヒマラヤ等歴訪 日本画?ですよネ ハイ 





もう10年以上前 ヒマラヤのブルーポピーを描いた展覧会の強烈な印象が今も目に浮かびます。

ちっちゃい画廊で優しい雰囲気の小品ばかり 著書を2冊買い求めました。あったかーい気持ちで家路に着きました。堀さんいつまでもお元気で!!百歳展楽しみにしています。
                    17/11/29 墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年12月23日 16時22分46秒  /  コメント( 0 )

目黒川を上って。

目黒美術館 日本パステル画事始め展 26日迄

目黒川ずっと下流の北品川で19日に船遊びで夜の東京湾屋形船、美味しい天ぷらを沢山頂いて来ました。(国際書画展親睦会)

この辺りは川沿いに830本の桜が植えられ 目黒区民センター公園は緑豊か〜その中に目黒美術館はありました。パステル画なんて子供のお絵かきな〜んて甘く見ていたら大違い。竹内鶴之助 矢崎千代二 渋い 淡い なんとも言えぬ味のある作品の数々 



クレヨンの数 半端じゃないでしょ!!





17/11/25 書画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年11月25日 17時47分38秒  /  コメント( 0 )

突然冬?

そぼ降る雨の小寒い日、銀座3丁目 紙パルプ会館 お友達に誘われて見てまいりました。

書法学院展 10月15日迄 於セントラルミュージアム銀座 紙パルプ会館5階

書法学院会長 松浦邑僊 東久留米の人 https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=松浦邑僊





バラエテイ豊かな そして落ち着きのある素っ晴らしい空間! 地下の韓国レストランのサンゲタンの美味しかった事!!            17/10/16 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年10月16日 13時32分09秒  /  コメント( 0 )

逆境は育てる。

昨日の雨が嘘のよう、未来を見晴るかす快晴の今日 上野の森美術館で見てきました。

ダウン症を乗り越え、チカラ強い書を書き続ける 金澤翔子展 9月30日(土)迄





写真OK 触っても良し 頑張ってる翔子さん、日本中に足跡を残し チカラ付け 夢を振りまいて 大きな筆 雅印 大字 般若心経 千字文 踊る龍 etc etc






作品集に1冊1冊、丁寧にサインする翔子さん。お母さんがつきっきり すっばらしい2人3脚 

今や世界にも羽を広げる翔子さん。サイン求める行列は途切れることなく……お疲れ様です。翔子さん
                 111117/09/29 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年10月11日 14時55分49秒  /  コメント( 0 )

時空を超えて

今年は本当に快晴が長続きしません。『晴れた〜それ行こうっ』何処へ?

はい すみだ北斎美術館<パフオーマー☆北斎>展 三筋町2丁目都バス停留所→錦糸町行で5,6番目 石原2丁目で下車 緑公園を目指します。

神奈川沖浪裏などで世界中の画家にものスゴイ影響を与えた画狂老人『北斎』 小布施の足跡は承知していたし、わざわざ尋ねたりもしたのですけど まさか名古屋で、こんなどでかいことをしていたなんて〜 畳120畳のダルマの絵を描いた?

あの有名な15冊もの<北斎漫画>は、名古屋の絵師のお手本にするために、名古屋で描いていたなんてビックリ! そしてそれからなんと、今年は200年(1817年)


   え〜っ不思議な外観の すみだ北斎美術館


 ユニークな入り口(間違えナイデネ)        パフオーマンス やります?

炬燵に潜ったままで絵筆を握る北斎先生 紙屑だらけの部屋の奥に お栄さん 北斎先生の人形の手がたまーにひょこっと動くのです。

お掃除は絶対しない ゴミ屋敷になると引越し 90回の余も〜 まさに狂人 脱帽です。小布施で見た最晩年の絵<白富士にうっすらと黒い煙の中を天に昇っている龍>に再会 まさに感激でした
                     書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年10月11日 14時55分35秒  /  コメント( 0 )

続、犬も歩けば 

大東書道院の師範會展 18日(月祭)迄 於隅田区役所1階展示ホール

対岸から親しみを込めて眺めていました。アサヒビールのウンチビル。

まだあそこにビール工場があって パイプで直結生ビールが飲める天井の高いビアホールに 若い頃相棒と夏はよく通ったものです。



そのお隣の隅田区役所で開かれた大東書道院 (http://www.daitoh-shodouin.jp)の師範會展ここに入るのは初めてです。19階迄の近代的なビル。

一階の広場では動物愛護の写真展(人気投票もありました) 壁には11万羽の折り鶴を貼った超大きな壁画(凄いの一言)


左に入って展示ホール お目当の大東書道展 三村秀竹が創始者 埼玉は羽生の人です。なかなかの力作揃い。











巨大な台風が近づいています。明日は東京にも……でも外に出れば ピイヒャラ、ドンドン 近くの牛島神社 5年に一度の大祭です。本降りにならない内にチャリこちゃん 飛ばして帰って来ました。
                 17/09/16 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年10月07日 13時25分50秒  /  コメント( 0 )

夏秋同居です。

台東区美術展 13日迄 於台東区リバーサイドギャラリー


夏の雲 秋の雲 気温30度を超えていても、今日(13日)は実に爽やかです。


左なんと太鼓持ちで有名な 櫻川七好さんの水墨画 初出品だそうです!!









墨画 洋画 日本画 お面 『区長賞』『奨励賞』『あさがお賞』そしてスカイツリーを描いた作品もチラホラ 下町風情満載の展覧会 でした。        17/09/13 墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年09月13日 13時31分45秒  /  コメント( 0 )

読売書法展始まる。

読売書法展 第1会場六本木国立新美術館 9月3日(日)迄  第2会場上野都立美術館 8月29日(火)迄

聞かれました。なぜ書道展ではないの? 

それはこの展覧会の創始者に聞いてみないと真意はわからないのだけれど、書道のルーツ 中国で書道なんて言っても通じないのです。えっ?

日本人は『道』がお好き 何にでも『道』を付けてまるで精神修養みたい……。かく言う私も嫌いじゃあないんだけどドライ(?)な中国人にそんな事言ってもダメ!

ではなんて言う? 書法って言うんです。書は法則の研究 究極のバランスの勉強なんです。その辺にこの展覧会のネライがあるのかも…しれません。ネ

第1会場は六本木国立新美術館 アイウエオ順で ハ から第2会場 私の作品がここ上野都立美術館に展示されているのでとりあえず上野へ チャリこ飛ばして行きました。アツイ アツイ まるで溶けてしまいそう。

神様 助けて〜









産経展とはちょっと雰囲気が違います。ほとんどストイックに書き込んだ多字数の作品 えっ、ちょっと疲れる?

それは仕方ありません。みんな必死なんですから。会場の熱気は外より凄い? いえやっぱり外も凄かったです。                         17/08/24 書道担当 畑田穂苑(益惠)

第2会場 昨日<8月29日(火)>終了しました。昨日来てくれた友人は書はやりませんが、落ち着いた良い雰囲気の展覧会 と褒めてくれました。アリガタイ!(見方 イロイロ)

総出品数22,549点 内役員が6463点 特選326点 秀逸1416点 入選7807点 入選するだけでも大変です。日展の第5科(書道)でも1万点余り 実に日本1の規模 これから地方を回ります。

26日(土)は芝プリンスパークホテルの贈賞式祝賀会に 出席いたしました。贈賞式は代表制も交え手際良く行われましたが、たっぷり2時間(疲れる〜) 場所を移した祝賀会は立すいの余地無し。



今年は本当に忙しい!9月3日(日)には早朝5時半出発 富浦ロイヤルホテルでの合宿に合流いたします。暑さにメゲず 頑張るっきゃありませーん。  17/08/30 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年08月30日 13時48分28秒  /  コメント( 0 )

念願叶って

ずっと気になっていました。文京シビックセンター 地上28階、地下4階 高さ142m ホテル  JTB 椿山荘 カフエ 1802席のホール etc

2011,3,11日あの日あの時 私は池袋 サンシャイン文化会館で『謙慎展』を見ていました。地震に驚いて電車が皆止まってしまったのも知らず バイクで春日通りを上野に向かって走っていました。

隣が蔵前通り その向こうは靖国通り まさにその頃九段会館の天井が落下して2人亡くなっていました。

そんな事全く知らず この文京シビックセンターを右に見ながらこんな高いビルがびくともしていないのだから大した事はない と 軽い気持ちでいたのです。











その名の通りここは東京の文京地区 国公 私立の名門校が目白押し その卒業生達が腕を競って展覧会を催していました。

犬も歩けば 得した気分 皆さんも暑さになんか負けないで、街に出て見ませんか?
                          17/07/02 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年08月02日 18時48分03秒  /  コメント( 0 )

ご報告が遅れました。



埼玉県立熊谷女子高校(くまおんな)時代の同級生の所属する展覧会 於国立新美術館(六本木)  最終日に駆けつけました。

第58回 蒼騎展 蒼い騎士 老いも若きも情熱に燃え鞭を加え轡を並べて荒野を駆け抜ける……

我が友がいつ頃からこの展覧会に参加していたのかは 聞きそびれましたが、今や<会員>として存在感もバッチリです。

 

油彩 日本画 水彩 版画 パステル コラージュ 豊富な作品がそれぞれの顔を並べています。正に百花繚乱 百花繚乱。





そして ついでに拝見しました。 

第52回 貞香書展 1923年に中村素堂が立ち上げた歴史ある書道会。東方書展 日本書道美術院 毎日書道展をの創設にも参画しています。









力一杯の作品ばかり 力みにならないように……つくづく 書は難しい…です。
                       17/07/13 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年07月13日 19時06分30秒  /  コメント( 0 )

前へ |  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  | 次へ