東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
書画講師四方山話 畑田穂苑 

歴史、好きです。

土砂降りの雨の中、行ってまいりました。江戸東京博物館 国技館側、両国です。6月16日(日)迄









江戸時代、将軍、姫君の旅と言えば、東海道、中仙道 (お姫様は東海道には大きな川が多く大水に阻まれることが多かったので、ちょっと遠回りで険しくても中仙道を通ったとか…)日光街道。

まるでタイムスリップ 私もあの豪華な籠に乗って、京の都から花のお江戸にお興し入れ……な〜んて  (ふふふ) 19/06/15 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠) 


Posted at 2019年06月15日 15時00分45秒  /  コメント( 0 )

少年少女侮れず。

新堀通り(河童橋通り)が浅草通りと交差するちょっと手前西浅草に<台東区、生涯学習センター>があります。ちょうど入口の広場で
『少年少女発明クラブ展覧会』を開いていました。

会場いっぱい所狭しと楽しい、夢いっぱいの作品が展示されていました。柔らかい発想が見ている私たち迄楽しくさせてくれます。





ご覧になられました?   将来ここから素晴らしいお道具が生まれるかも……ネ。
                      19/02/23 書画担当 畑田穂苑。


Posted at 2019年05月30日 13時08分01秒  /  コメント( 0 )

戸塚は近い

お寒くなりました。お元気ですか?お訊ねしました。『玉藻書道展』 17日迄 於横浜戸塚市民ギャラリー

駅からそのまま入れて、とっても便利!国際書画芸術学会でお世話になっている先生の社中展。

大作からおしゃれな商小品、筆以外のもので工夫して書いた作品 墨絵もありました。そして元気な子供達の作品。

ゆっくり楽しませて頂きました。











今年もあと僅か、お風邪など召しませんよう。どうぞ良いお年をお迎え下さい。
18/12/17 書道 墨画 華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年12月17日 16時48分06秒  /  コメント( 0 )

眼力アップ!

水墨画展 千墨会  10月5日〜8日迄 於横浜市戸塚区民ギャラリー 拝見しました。











日本画の某大家が『墨に始まって墨に終わる』と名言を残しています。中国から渡って来て日本独自の進化を遂げました。

優しくてあったかくて ここに居るとホッとして、時間が経つのを忘れます。

色紙や団扇などに描かれた物の其々、渋い色(ケバケバしさの無い)に癒されますね〜。
                      18/10/09 墨画担当 畑田補苑(益惠)


Posted at 2018年10月10日 14時07分53秒  /  コメント( 0 )

新しさの追求

日本画家 松尾敏男展 14日迄 横浜そごう美術館



かつて日本画は絶滅の危機がありました。新しい日本画 まるで抽象画のような作品も多数 観る者が勝手に想像できる画 想像の翼イッパイに広げて……。



1枚だけ撮影許可の絵がありました。
                   18/10/10 墨画担当 畑田補苑(益惠)


Posted at 2018年10月10日 14時07分28秒  /  コメント( 0 )

毎年恒例なのです。

『有山社』展 21日迄 セントラルミュージアム銀座 都営浅草線蔵前駅→東銀座 松屋通りをちょうっと行けば紙パルプ会館 5階が会場です。我が家からなんと30分の距離です。アリガタヤ〜





奥の方では特別展 『新出土の書〜拓本の魅力』珍しい物がどっさり 甲骨文 本物を初めて見ました。ラッキー!



ちょうど御大 新井光風先生がいらしていて 芳名録 次があたくしで、新年初お目見えでございました。

松屋通りをぶらぶら有楽町駅に向かって歩いて交通会館2階展示ホールで友人が出品している『教養ペン字研究会 第22回作品展』を見せて頂きました。







サインペン 筆ペン 万年筆 中には筆記用具は紙というのもあり、独特の線で書かれていました。表現は無限 です。ハイ



外に出れば早い冬の日はとっぷりと暮れて 交通会館の周りは電飾が輝いて真昼のようでした。ニッポンの夜は きれいねえ。        18/01/20  書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年04月12日 19時47分41秒  /  コメント( 0 )

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお付き合いください。

早速行って参りました。新春書道20人展 http://www.asahi.com/corporate/info/11252457

以前は上野松坂屋で催されていて、いつもチャリこちゃんで気軽に見せて頂いていましたが、流れ流れてついに新宿へ……いつもご一緒の先輩、Hさんは練馬区にお住まいでこちらの方がお近く。

ここは初めて伺います。手塚治虫生誕90年ということで 入り口には特大 火の鳥のモニュメント ビックリ



現代書道界の一応、一流どころ20人の作品が4,5点ずつ並びます。この人選って誰がどんな基準で?
わかりません。朝日新聞社に聞いてみて下さい。ハイ



こいつあ春から縁起が良い〜?  18/01/08 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年04月12日 19時47分09秒  /  コメント( 0 )

やっぱり日展は見なきゃ〜ネ

2017,日展 12月10日(日)迄 六本木<国立新美術館>









書道(3階) 無論これがお目当てですが、他を見ないということはありえません。日本画 洋画 彫刻 工芸etc、etc 見応え十分 疲れ……ますけどね〜

    







1階お隣では『新海誠』『安藤忠雄』展 チケット売り場から長い行列。横目で睨みながら……疲れ果てて帰って参りました。 ハイ              17/11/11 書道墨画担当 畑田穂苑。


Posted at 2018年02月22日 18時32分18秒  /  コメント( 0 )

母と同い年

チャリこで30分 銀座5丁目の画廊 迷いましたよ!思っていたのとは全く違う雰囲気……。ようやくたどり着きました。

堀文子個展  神奈川県立近代美術館葉山では、大々的に 白寿記念回顧展が18年3月25日迄行われています。

こちらは銀座の雑踏の中 この方が堀さんらしい。良い絵のために エジプト アメリカ メキシコ イタリア ネパール ヒマラヤ等歴訪 日本画?ですよネ ハイ 





もう10年以上前 ヒマラヤのブルーポピーを描いた展覧会の強烈な印象が今も目に浮かびます。

ちっちゃい画廊で優しい雰囲気の小品ばかり 著書を2冊買い求めました。あったかーい気持ちで家路に着きました。堀さんいつまでもお元気で!!百歳展楽しみにしています。
                    17/11/29 墨画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年12月23日 16時22分46秒  /  コメント( 0 )

目黒川を上って。

目黒美術館 日本パステル画事始め展 26日迄

目黒川ずっと下流の北品川で19日に船遊びで夜の東京湾屋形船、美味しい天ぷらを沢山頂いて来ました。(国際書画展親睦会)

この辺りは川沿いに830本の桜が植えられ 目黒区民センター公園は緑豊か〜その中に目黒美術館はありました。パステル画なんて子供のお絵かきな〜んて甘く見ていたら大違い。竹内鶴之助 矢崎千代二 渋い 淡い なんとも言えぬ味のある作品の数々 



クレヨンの数 半端じゃないでしょ!!





17/11/25 書画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2017年11月25日 17時47分38秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ