東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
書画講師四方山話 畑田穂苑 

'20,明けましてお目出度うございます。

穏やかな年明け、きっと良いお正月をお迎えのことと存じます。心よりお喜び申し上げます。

原発、台風、その他罹災されまだ回復されていない皆様の、1日も早い回復、本年のご多幸、ご健康心よりお祈り申し上げます。

私、なんとか無事に新年を迎え、昨日氏神様に、御礼とお願い(欲張りで)に行って参りました。



午前中は鳥居に迄並んでいたお参り人は、夕方は3分の1になっていました。家族3人分のお賽銭(金額は内密に 笑)を入れ、おみくじを頂いて(小吉でした)参りました。



6月のお祭りに大にぎわいのお神輿が公開されていました。大きさの割に重い(千貫神輿ともいう)ので100人の担ぎ手が必要とか……。



塀際のツワブキが綺麗に咲いていました。



どうか、本年も何卒よろしく申し上げます。
                 ”20/01/03 書道墨画華道担当 畑田穂苑


Posted at 2020年01月17日 11時02分58秒  /  コメント( 0 )

やはり秋は美術?

まずは上野、都立美術館です。



創騎展 24日迄 高校の同窓生(青山征子さん)が頑張っています。ついでに、都展も。



お山を降りて次は六本木国立新美術館です。無論『日展』 これも24日(日)迄





無論、メインは書道ですが、3階までが遠いのです。先ず日本画、工芸、彫刻、洋画なんですね〜











只々 疲れた。刺激タップリの一日でございました。ハイ  19/11/22日 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年01月17日 10時58分35秒  /  コメント( 0 )

あっという間にこの寒さ!!

急にお寒くなりました。皆様お元気ですか?11月第2週にはあまり紅葉が見られませんでしたが、12日(火)の河口湖 行ってまいりました。

絶景、絶景、雲ひとつ無い真っ青な空、雪をかぶった真っ白い富士山、真っ赤な紅葉、湖に映った逆さ富士。あ〜日本人に生まれて良かった!!!





右端の胡蝶蘭 ハーブ園で富士山の形に並べたもの、見事です。



帰りに甲府のジュエリー工房で見かけました。左あこや貝の中の仏像、これも真珠でこしらえたものなんです。右の金の茶釜は時価一億五千万円です。

一生分の目の保養、して参りました!!!!!
                    19/11/15 書道墨画華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年01月17日 10時57分35秒  /  コメント( 0 )

寒さ吹き飛ばソ〜

いよいよ酷寒の頃、北国の皆様、お見舞い申し上げます。

寒さを突いて、行って参りました。雪舟国際美術協会展 22日迄 於国立新美術館

私の友人が2名(書、日本画)毎年出品しているので楽しみに拝見しているのです。今年はなんと産経国際書展のお偉い先生の作品も発見!!









雪舟の直筆?とやらも何点か拝見、一応目の保養をさせて頂きました。

ついでに、拝見時ました。2階の全書芸展 もしかして無料? 無論 です。







多彩な作品を拝見し、豊かな心で帰還しました。
                        19/12/22 書画担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年01月15日 12時53分36秒  /  コメント( 0 )

歴史、好きです。

土砂降りの雨の中、行ってまいりました。江戸東京博物館 国技館側、両国です。6月16日(日)迄









江戸時代、将軍、姫君の旅と言えば、東海道、中仙道 (お姫様は東海道には大きな川が多く大水に阻まれることが多かったので、ちょっと遠回りで険しくても中仙道を通ったとか…)日光街道。

まるでタイムスリップ 私もあの豪華な籠に乗って、京の都から花のお江戸にお興し入れ……な〜んて  (ふふふ) 19/06/15 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠) 


Posted at 2019年06月15日 15時00分45秒  /  コメント( 0 )

少年少女侮れず。

新堀通り(河童橋通り)が浅草通りと交差するちょっと手前西浅草に<台東区、生涯学習センター>があります。ちょうど入口の広場で
『少年少女発明クラブ展覧会』を開いていました。

会場いっぱい所狭しと楽しい、夢いっぱいの作品が展示されていました。柔らかい発想が見ている私たち迄楽しくさせてくれます。





ご覧になられました?   将来ここから素晴らしいお道具が生まれるかも……ネ。
                      19/02/23 書画担当 畑田穂苑。


Posted at 2019年05月30日 13時08分01秒  /  コメント( 0 )

戸塚は近い

お寒くなりました。お元気ですか?お訊ねしました。『玉藻書道展』 17日迄 於横浜戸塚市民ギャラリー

駅からそのまま入れて、とっても便利!国際書画芸術学会でお世話になっている先生の社中展。

大作からおしゃれな商小品、筆以外のもので工夫して書いた作品 墨絵もありました。そして元気な子供達の作品。

ゆっくり楽しませて頂きました。











今年もあと僅か、お風邪など召しませんよう。どうぞ良いお年をお迎え下さい。
18/12/17 書道 墨画 華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年12月17日 16時48分06秒  /  コメント( 0 )

眼力アップ!

水墨画展 千墨会  10月5日〜8日迄 於横浜市戸塚区民ギャラリー 拝見しました。











日本画の某大家が『墨に始まって墨に終わる』と名言を残しています。中国から渡って来て日本独自の進化を遂げました。

優しくてあったかくて ここに居るとホッとして、時間が経つのを忘れます。

色紙や団扇などに描かれた物の其々、渋い色(ケバケバしさの無い)に癒されますね〜。
                      18/10/09 墨画担当 畑田補苑(益惠)


Posted at 2018年10月10日 14時07分53秒  /  コメント( 0 )

新しさの追求

日本画家 松尾敏男展 14日迄 横浜そごう美術館



かつて日本画は絶滅の危機がありました。新しい日本画 まるで抽象画のような作品も多数 観る者が勝手に想像できる画 想像の翼イッパイに広げて……。



1枚だけ撮影許可の絵がありました。
                   18/10/10 墨画担当 畑田補苑(益惠)


Posted at 2018年10月10日 14時07分28秒  /  コメント( 0 )

毎年恒例なのです。

『有山社』展 21日迄 セントラルミュージアム銀座 都営浅草線蔵前駅→東銀座 松屋通りをちょうっと行けば紙パルプ会館 5階が会場です。我が家からなんと30分の距離です。アリガタヤ〜





奥の方では特別展 『新出土の書〜拓本の魅力』珍しい物がどっさり 甲骨文 本物を初めて見ました。ラッキー!



ちょうど御大 新井光風先生がいらしていて 芳名録 次があたくしで、新年初お目見えでございました。

松屋通りをぶらぶら有楽町駅に向かって歩いて交通会館2階展示ホールで友人が出品している『教養ペン字研究会 第22回作品展』を見せて頂きました。







サインペン 筆ペン 万年筆 中には筆記用具は紙というのもあり、独特の線で書かれていました。表現は無限 です。ハイ



外に出れば早い冬の日はとっぷりと暮れて 交通会館の周りは電飾が輝いて真昼のようでした。ニッポンの夜は きれいねえ。        18/01/20  書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年04月12日 19時47分41秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ