東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
畑田穂苑(益惠)の履歴

暑いです。熱いです。

第35回読売書法展


 ◉上野都立美術館8月29日(水)迄

    
<8月25日(土) 芝パークタワーホテル東京 読売展表彰式

!--ここから画像-->

出品点数16000点 表彰式参加者数2000人 一番上座で舞台が見えません、会場の壁に4枚の巨大スクリーン。見えました? なんとか……




  ◉六本木国立新美術館 9月2日(日)迄


 ◉当別展『読める書への挑戦』上條信山始め一時代を築いた先人の輝く作品







『書道展…』ではありません。『書法展』です。法則の研究 究極のバランスの勉強です。
なんて難しい……
                      18/08/27 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2018年09月06日 18時44分15秒  /  コメント( 0 )

穂苑の履歴

     2018年 畑田穂苑書画


    『水鏡』3尺×6尺                           『雲烟飛動』3尺×8尺

      
    『書、精神一到何事不成』(半切)                 『画、日出乾坤輝』(半切)


Posted at 2018年05月24日 19時26分17秒  /  コメント( 0 )

穂苑(益惠)の履歴

 続、穂苑の歩いてきた道

只今 木管書と格闘中 素朴さ 暖かさ 優しさの中の凜とした強さ なかなかに難しく 悪戦苦闘
いつかきっと いつかきっと と思いつつ……   18/04/01 書道担当 畑田穂苑





2018年 書象会 無鑑査会員となる

2017年 国際書画芸術協会 常任理事となる
    韓国文化交流にて感謝状を受く

2016年 産経国際書会 審査会員となる

2015年 謙慎書道会 評議員となる


 






Posted at 2018年04月13日 14時25分50秒  /  コメント( 0 )

あっという間の45年









Posted at 2017年08月10日 16時25分39秒  /  コメント( 0 )

折々に心込めて……


  『繁』 3尺✖6尺


   書画 『墨守』意思を曲げない事 各3尺✖6尺


   書画 『鶴亀』 各3尺✖6尺


迸涕、はうてい』3尺✖6尺  木管書『一為遷客…』全紙縦1/3 『散華』3尺✖6尺


   『風』色紙     『知足』色紙


   墨画『同胞』 半切4枚<4曲屏風>


   常陸太田市耕山寺石文  『鳳雛』 3尺✖6尺


Posted at 2017年02月22日 20時55分06秒  /  コメント( 0 )

穂苑のかけら 7

国際書画藝術展 出品作品





Posted at 2016年09月24日 18時45分08秒  /  コメント( 0 )

穂苑のかけら 6

今 木管書に魅せられています。あったかくて 優しくて 衒いが無くて 記録のため その日そのときの気分次第の字 なんです。













Posted at 2016年09月24日 18時44分54秒  /  コメント( 0 )

畑田穂苑の履歴

    
   畑田穂苑(益惠)が歩いて来た道

2014年 個展作品集『穂苑書画集』出版 『高興的絲繍之路』『穂苑華甲展』と共に
     国立 国会図書館 収蔵となる
     日本書道芸術学会副理事長 蘭生会審査員を辞任す

    日本書道芸術協会(書象会)学生書道展審査員となる
      第二十九回 産経書のアート展 理事 審査員となる。
     国際書画芸術協会 理事 審査員となる

       第十三回 『竹心・有穂展』開催

2013年 第二回個展『穂苑書画展』開催

2012年 第十二回「竹心展」開催  書象会評議員となる。

2010年 産経国際書道展無鑑査となる 第十一回「竹心展」開催

2009年 産経国際書道展「秀作」 公式ブログ「ばんぶうはあとあかでみい」開く

2008年 産経国際書道展「特選」 第十回記念「竹心展」開催

2007年 産経国際書道展「特選」 産経アート展無鑑査となる
    茨城県常陸太田市「耕山寺」石碑文書く

2006年 産経国際書道展「特選」 産経アート展「産經新聞社賞」
    第九回「竹心展」開催
    JLC「シドニー日本文化祭」に書道墨画講師として参加

2005年 産経国際書道展「特選」 日本書道芸術学会副理事長 蘭生会審査会員となる
    JLC「キューバ日本文化祭」書道墨画講師として参加

2004年 産経国際書道展「特選」 蘭生展「文部科学大臣賞」受賞
    JLC「ルーマニア日本文化祭」に書道墨画講師として参加

    個展作品集『穂苑 華甲展』自費出版す

2003年 産経国際書道展「秀作」 個展「華甲展」 書画「ひ」シリーズNo.9「閟」
    No.10「扉」を発表 「華甲展作品集」自費出版す

2002年 産経国際書道展「特選」 第七回「竹心展」書画「ひ」シリーズNo.7「被」
    No.8「貔」発表す JLC「シチリア日本文化祭」に 書道墨画講師として参加
    日本書道芸術学会 総務理事となる

    深谷市収蔵美術品に作品「鎌倉懐古」(2尺×8尺)が推挙となる

 

2001年 産経国際書道展「秀作」 蘭生展「準大賞」 華道池の坊 正教授1級認定

2000年 産経国際書道展「秀作」 第六回「竹心展」
    書画「ひ」シリーズ No.5「鄙」No.6「飛」発表

1999年 産経国際書道展「秀作」

1998年 JLC「タイ日本文化祭」書道墨画講師として参加 第五回「竹心展」
    「ひ」シリーズ No.3「悲」No.4「毘」発表

1997年 JLC「サンマリノ日本文化祭」に墨画講師として参加

1996年 第四回「竹心展」書画「ひ」シリーズ No.2「緋」発表
    翌年 サンマリノ国立博物館収蔵となる

1995年 JLC「アトランタ日本伝統文化祭」に墨画講師として渡米

1994年 第三回「竹心展」書画「ひ」シリーズ No.1「霏」発表
    サロンドパリ韓国展「日韓交流記念賞」受賞

1993年 毎日展「入選」 毎日女流展委嘱となる
    JLC「デユッセルドルフ日本祭」に書道講師として渡独

1992年 毎日女流展「秀作」 第二回「竹心展」開催
    サロンドパリ中国展 「日中国交回復20周年記念賞」受章

1991年 毎日展初出品「入選」 毎日女流展「秀作」


1990年 華道「池の坊」に入会 毎日女流展初出品「毎日賞」受賞
    第一回「竹心展」(社中展)開催

1989年 文化書道南画教室に入る。日本南画院 市川皓先生に師事

1988年 美術出版「王羲之賞」受賞

1987年 「高興的絲綢之路」自費出版す

1984年 台東区書道連盟理事となる

1982年 文化書道 最高段七段合格す

1981年 文化書道 全国公募展 初出品「佳作」となる

1977年 文化書道学会 師範となる

1975年 文化書道学会に入会

1970年 次男誕生 

1969年 長男誕生 

1966年 長女誕生

1965年 (株)はとバス退社 結婚により台東区三筋に転居

1960年 埼玉県立熊谷女子高校卒業 (株)はとバスに入社

1948年 埼玉県深谷市に転居

1943年 中華人民共和国 北京市生まれ 旧姓武藤


【代表作品】
「独日友好万歳」ドユッセルドルフ市 及 デユッセルドルフ日本学校収蔵

「真玉泥中異」「石碑 耕山寺」「遊 耕山寺 水戸光圀詩」耕山寺収蔵

「櫻」「楽天知命」埼玉県立熊谷女子高等学校収蔵

「鳥歌花舞」「松樹千年翠」「和風喜気相随」「風」「知足」各個人収蔵

 書画「ひ」シリーズNo.2「緋」サンマリノ国立博物館収蔵
  No.9「閟」画 ルーマニアイオンク レアンガ高校収蔵 書 ルーマニア日本大使館収蔵

「舞」タイ王立舞踊学校収蔵「華」「禅」シチリア州収蔵

「輝」「絹羽鳥」(キューバの国鳥名)「蝶百合」(キューバの国花名)ハバナ大学収蔵

「鎌倉懐古」「濯足萬里流」埼玉県深谷市収蔵 画書『秋空は』『草木悉皆有仏性』各個人蔵                                以上2014年現在
 ◎個展2回、社中展13回


Posted at 2015年03月09日 13時23分01秒  /  コメント( 10 )

花は元気の源

池の坊正教授 00/12 立花新風体指導資格伝授 畑田益惠       

        

         第64回池の坊展出品 於 都立美術館


Posted at 2015年03月09日 11時55分14秒  /  コメント( 0 )

花との絆

       
         09竹心展 活け込み指導中の畑田益惠(穂苑)


Posted at 2015年03月09日 11時54分37秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ