東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
教室便り

快挙です。



新田春花さん、特待位 合格!!です。   よく頑張りましたね〜。
                           20/0919 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2020年09月23日 19時19分37秒  /  コメント( 0 )

残暑でも頑張るスケジュール



書象会競書の締め切り(毎月18日)迄に、各曜日とも同じ回数になるようにお休みが変則になります。
特に5回ある曜日にご注意ください。

コロナでも三密を避け手洗い、消毒をしっかりして普通にお稽古をいたしております。
どうかお休みなさいませんよう、一度に沢山書くより回数が多い方が効率良いのです。


Posted at 2020年09月18日 15時30分25秒  /  コメント( 0 )

残暑は厳しくても……

コロナでもやってますよー 書といけ花の出会い展 13日(日)迄 
             於、セントラルミユージアム銀座


           畑田穂苑作『楽分』 分(ぶん)を楽しむ。無理をせず今の自分を楽しんで生きる。

     

     





紙パルプ会館を出る時は片岡珠子画伯の『富士山』が、盛大にお見送りをしてくれます。
『ありがとうございました。又お伺いいたします。』こちらも丁重にご挨拶をして昭和通りに向かいます。
                20/09/13 書道、墨画、華道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年09月18日 15時30分11秒  /  コメント( 0 )

お久しぶりで〜す。

      

右、畑田穂苑作『陰風勁』 陰、ここでは、冬の意味です。真冬の風は冷たく勁し。負けないで!!



コロナ禍にはホトホト困り果てました。次々展覧会が中止!ようやく『産経国際書道展』
8月2日迄 今日行って参りました。懐かしやあ、上野公園内都立美術館。ほどほど混んでいましたヨ

お隣にはパンダちゃんが居る 上野動物園もありますからねえ。



        

書道界はこの頃、見学者が読める作品を!と言う空気が強くなり、芸術から程遠い作品が多くなった気がします。

読める字? 楷書又は隷書、せいぜい行書迄、草書(くずし字)は極端に少なくなりました。1940年代迄は水茎の後も爽やかに、ちょっと教養のある人が普通に使っていた書体です。

それをさらに崩して『仮名文字』ができました。日本固有の優雅な書体です。ひらがなだけでなく、変態仮名、万葉仮名、散らし仮名、

色紙や短冊に短歌(和歌) 俳句、草書が判らなければ正しい仮名は理解できません。立派な日本文化です。

分からな〜い。読めな〜い。漢字は元は絵です。アートなんです。初めは読めなくても良いのです。絵を見るように、力強い!明るい!全体を見ましょう。流れが素敵!!墨色、カスレ、etc etc ……

そして、身近にコンパクトな崩し字辞書を置いて見ませんか?



ご長寿の色紙作品は皆元気いっぱいです。課題は『躍』『慶』これからの人生の、正にお手本です。



都立美術館を出れば、すぐ近くに『国立芸術大学』があり邦楽科があります。最近たった1件の三味線工房が注文が無くて、閉店というニュースが流れました。

日本中の、小中学校にはピアノがありますが、三味線や鼓のある学校は聞いたことがありません。(もし、ありましたら、嬉しい…です。白鴎高校にはありますが…) でも、和楽器は難しいから……

昔はピアノなんて無かった。でもしゃみや太鼓でみんな音曲を楽しんでいた!!これからはもう三味線を作る所、無くなっちゃうんですよ!それで良いんですか?日本中の小中学校に和楽器、置くことはできませんか?

毎日天候が激しく変わり、益々増えるコロナ感染者、梅雨は一体何日上がるのでしょう??
さあ〜オラも、コロナになんか負けねえど!!!ガンバンベえ みんなあ。
                  20/07/29 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年09月07日 14時37分03秒  /  コメント( 0 )

コロナなんかに負けないで!。

     
          喜びの若山穏空さん

産経國際書展会友賞
今年は2名頂きました。普段の精進の賜物です。なんと素晴らしい!!

でもこれからが本番です。高み目指して頑張りましょう。
                   20/08の佳き日 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2020年09月07日 14時35分49秒  /  コメント( 0 )

豪雨 もう止めて下さい。神様 仏様!!

  

七夕、笹の枝に短冊の願い事 なんと書かれました? 毎日の豪雨、止めて欲しいですよ ネ。 切実です。

生花新風体 2種

右 花材 シンビジューム トルコキキョウ、(2種とも珍しい色です) キソケイ(枝)

左 花材 エルムスル(?) ケイトウ(オレンジ色、初めてです) 松ぼっくり付きの松

この頃のお花屋さんの店先は極彩色、トロピカルな色、色、色。日本はいつから亜熱帯???
                              20/07/08 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2020年07月10日 09時40分03秒  /  コメント( 0 )

ご無沙汰しました。

お久しぶりです。この想定外のコロナ禍のせいで、展覧会が次々中止や延期になって皆さまにご報告する事も無く、渋々ステイホームしてました。

でも、ようやく始まりました。『日本の書展』『日本の書200人展』そして当あかでみいからなんと80点もの作品を出品できた『書象展』 6月11日(木)〜21日(日)迄 於国立新美術館(六本木)

行ってきました、かんかん照りの真夏の太陽を日傘で避けながら、六本木駅から新美術館への懐かしいダラダラ道、途中今にも崩れそうだった廃墟は、すっかり崩れて中のカウンターやら止まり木のような椅子が覗いていました。昔、飲食店をやっていたのね。

早くコロナに退散して貰って、又チョクチョク通いたい道です。



しりあがり寿さんの展覧会を横目に、3っ、ハシゴしました。













でもヤッパリ、めちゃめちゃ疲れた〜。又ステイホームに戻りまーす。
                        20/06/13 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年06月13日 12時43分42秒  /  コメント( 0 )

コロナなんかに負けない。

       

   

お誘い頂いて十数回 成田山競書大会今年も80余展出品し、推薦日輪賞、特選月輪賞を多数頂きました。みんな良く頑張りました。

コロナのせいで展覧会が軒並み中止です。イライラしても仕方ない。気を取り直して益々ガンバロウ!!必ず青空が見えるでしょう!!!
                       20/05/02 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年05月09日 17時26分39秒  /  コメント( 0 )

学校代表で、頑張りました!!

台東区展、東京都展 書写、図画、工作、洋裁、etc 々 楽しい展覧会でした。

みんな元気一杯の作品です。













          

本当にいろいろ、見せて頂きました。良い?悪い?では無いのですね。それぞれに主張があってこだわりがあって、信ずる道をまっしぐら!!。

作品はイメージ。雰囲気。醸し出す何か………。あなたは?お好き、ですか? お嫌いですか?
                       20/02/14 書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年04月04日 10時32分58秒  /  コメント( 0 )

初春の六本木

第36回 産経国際書会新春展於国立新美術館、2月3日迄



        

右から2番目 3尺✖9尺『塞翁馬』私の作品、ちょっと大き過ぎました。力入り過ぎです。



当あかでみいから4名出品致しました。初春から勉強させて頂きました!!

そして 見せて頂きました。アート展




アートの数々 楽しい展覧会でした。

新橋に戻りゆりかもめでお台場へ。何十年振りでしょう?自動運転ですよ。素晴らしい水景色ですよ!!

グランドニッコー東京台場3階のミュージアムでアルフアネオ主催の
新春現代作家小品展2020

頼まれて色紙作品2点出品sました。<樂分 ぶを楽しむ>背伸びしない、無理しない、在るが儘という意味を込めて!人それぞれではありますが……

それに<粋>野暮は嫌ですよね〜でも難しい。江戸っ子は凄かった?

          



ホテル入り口のアプローチ、ちょっと飾りすぎ?<粋>難しいですよねえ〜
                       書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年03月15日 14時53分11秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ