東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2020-03 の記事

春の息吹



左 生花正風体三種活け 花材/ 七竈(ライデンボク 7回竈に入れても燃えない?試してみます?)
                 テッポウユリ スターチス
中 自由花 花材/ キンギョソウ オンシジューム ドラセナ かすみ草(変形花器を二個使って)

右 決定的春 生花正風体一種活け 花材/チューリップ

生花は古典花形 表裏はっきりしています。床の間に飾ります。今床の間のあるお家少ないですよね〜
モダンなリビングに少しでも合わせようと、生花新風体というのも一応ありますが〜

やっぱり 自由花 が よろしいですか?  20/03/15 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2020年03月15日 14時54分05秒  /  コメント( 0 )

初春の六本木

第36回 産経国際書会新春展於国立新美術館、2月3日迄



        

右から2番目 3尺✖9尺『塞翁馬』私の作品、ちょっと大き過ぎました。力入り過ぎです。



当あかでみいから4名出品致しました。初春から勉強させて頂きました!!

そして 見せて頂きました。アート展




アートの数々 楽しい展覧会でした。

新橋に戻りゆりかもめでお台場へ。何十年振りでしょう?自動運転ですよ。素晴らしい水景色ですよ!!

グランドニッコー東京台場3階のミュージアムでアルフアネオ主催の
新春現代作家小品展2020

頼まれて色紙作品2点出品sました。<樂分 ぶを楽しむ>背伸びしない、無理しない、在るが儘という意味を込めて!人それぞれではありますが……

それに<粋>野暮は嫌ですよね〜でも難しい。江戸っ子は凄かった?

          



ホテル入り口のアプローチ、ちょっと飾りすぎ?<粋>難しいですよねえ〜
                       書道担当 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年03月15日 14時53分11秒  /  コメント( 0 )

心新たに令和2年の始ま...

書象会に有穂支部として登録させて頂いて5年、毎年新年総会に参加してきました。

今年も1月26日(日)新宿、京王プラザホテル5階で300余名が参加して盛大に行われました。


先ずは昨年頑張った人たちの表彰式です。

  

   
なんと二次会の抽選で会長の直筆短冊、最後には会長とみんなで対戦したジャンケンで、素敵な筆が当たってしまいました。〜こいつは春から、縁起が良すぎる〜


                        2020/01/28 畑田穂苑


Posted at 2020年03月15日 14時52分54秒  /  コメント( 0 )

またまた怜君 快挙で...

          

ヤリマシタ!! 書象会教育部 特待位合格 オメデト〜 宮田怜君
                                  20/01/20 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2020年03月15日 14時52分28秒  /  コメント( 0 )

初春恒例

吉例第33回 寿 新春謡初め 台東区能楽連盟

毎年楽しみに伺っております。今年は1月19日(日) 於台東区生涯学習センターミレミアムホール

    











『羽衣』という曲目聞かれた事ありますか?文化書道講座、西脇呉石先生の教材<仮名下>に謡曲羽衣があります。

しばし 昔の修行時代に思いが飛んでおりました。そう、あの三保の松原の松に羽の衣をかけて水浴びをしていた天女が若者に羽衣を取られたという話、

返して貰えず若者の奥さんになったという話もありますが、ここでは返してくれたら舞を見せるという約束を果たし天に戻った……と。

嘘をつくのは人間、天女は絶対嘘はつかない……というお話です。

                                    20/01/20 畑田穂苑(益惠)


Posted at 2020年03月15日 14時49分27秒  /  コメント( 0 )

今年も明るく元気よく!



左 自由花 花材、デンフアレ アレカヤシ 色掛けかすみ草 変形花器を2ケ使って華やかなお正月を!

中 実家(埼玉県深谷市) の妹の庭に咲いていた蝋梅 硬い蕾だったのにちらほら開き始めました。

右 生花新風体 花材 主、キンギョソウ 用、ハーブの葉 あしらい、ラークスパー
                         20/01/28 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2020年03月15日 14時49分04秒  /  コメント( 0 )

初活けでございます。

   

左 自由花 花材 若松 テッポウユリ 小菊2色

右 生花正風体一種活け 和水仙

お部屋に目一杯、初春景色……です。         20/01/15 華道担当 畑田益惠(穂苑)  


Posted at 2020年03月15日 14時48分37秒  /  コメント( 0 )

今年、初の銀ブラ

曇り空、寒い、でもチャリこで30分、汗をかきかき銀座迄、南山社展19日(日)迄 紙パルプ会館 5階セントラルミュージアム銀座



入り口で素晴らしい富士山が出迎えてくれました。〜こいつあ春から、縁起がいいわえ〜








                          20/01/17 書道担当 畑田穂苑


Posted at 2020年03月15日 14時48分22秒  /  コメント( 0 )

歴史、好きです。

土砂降りの雨の中、行ってまいりました。江戸東京博物館 国技館側、両国です。6月16日(日)迄









江戸時代、将軍、姫君の旅と言えば、東海道、中仙道 (お姫様は東海道には大きな川が多く大水に阻まれることが多かったので、ちょっと遠回りで険しくても中仙道を通ったとか…)日光街道。

まるでタイムスリップ 私もあの豪華な籠に乗って、京の都から花のお江戸にお興し入れ……な〜んて  (ふふふ) 19/06/15 書道墨画担当 畑田穂苑(益惠) 


Posted at 2020年03月15日 14時47分55秒  /  コメント( 0 )

東京国際映画祭

もう31回にもなるんですね。『東京国際映画祭』 10月25日〜11月3日迄
あちこちで、1000本以上の映画が上映されたようですが、コンコンペテイション部門は16本、日本からは 坂本順次監督の『反世界』

アメリカ、イギリス、カナダ、イタリア、フランス、インド、フイリピン、中国、イスラエル、etc

見たい作品目白押し、少ない時間をやりくりして2本、見てきました。六本木ヒルズ、TOHOシネマズ、

まず、コンペテイション部門、カナダ映画の『大いなる闇の日々』監督マキシム、ジルー、主演はご年配のマーテインさん。チャップリンのものまねで優勝した芸人がアメリカからカナダに帰る途中の過酷なロードムービイ

全裸で走ったり、雪に埋もれて眠ったり、泥の中で首まで埋れたり、山々に雪が残る中汚れた衣服を、裸で川の水で洗ったり〜

よく途中で投げ出さなかった事、もしかしたもの凄いマゾヒスト??上映後、監督さんと二人撮影の苦労話を沢山聞かされてしまいました。





最後は列車に乗れたようでホッとしました。

もう1本はワールドフオーカス部門、アメリカのドキュメンタリー映画『全く同じ3人の他人』 それぞれ子供の頃、同じ業者から何も知らず、別々の家庭の養子になっていた三つ子ちゃん、偶然大学が同じでびっくり

人間は遺伝子か環境かという研究に翻弄され一人は自殺してしまうというお話。


                                  ちょっと見たかったインドの映画

他に日本の映画も沢山上映されていました。



ここのところ映画にハマっていて『モリのいる場所』 『万引き家族』 『日日是好日』etc あ〜樹木希林さんもういないのよね〜
18/11/03 書画華道講師 畑田穂苑(益惠)
                             


Posted at 2020年03月15日 14時46分38秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ