東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2014-06-17 の記事

展覧会は楽し2





暑い 暑いなんて言ってられません。国立新美術館 6月15日(日)  照りつける太陽より 熱い作品が並んでいる会場を経巡って参りました。何と私の作品も 熱い仲間入りを果たしました。

乞われて恐る恐る出した作品が なんと特選に選ばれたのです。そりゃあもう 一生懸命 書きましたけれど……。

書象展 日本の書展 22日迄   国際墨画会展23日迄





木簡書 篆書 隷書 かな 近代書 琴線を揺する作品の数々 そんな中で際立つ作品 どこが違うのでしょう? 手探りで 一生稽古 しかないですよ ねえ〜 



ここも毎年拝見しています。無料だから でしょう? ハイ そのとおり!
日本だけじゃない。中国 台湾 オーストラリア ニュージーランド マレーシア アフリカまで 穏やかな墨の作品

ここでは 絶対に 戦争なんか起こりません。この平和 いつまでも続いて欲しいものです。
                   14/06/16 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月17日 17時14分12秒  /  コメント( 0 )

なんと暑いこと!



ご存知でしたか? 講談社野間記念館 目白通り椿山荘の裏手にあります。見て参りました。

近代日本の水墨画展  7月21日(月祭) 迄 月•火休館(祝祭日は振替)

墨は五彩 いえ無限です。一色ながら 濃淡潤渇の千変万化 それだけに怖いところもありますが。名だたる画家達が真摯に墨と向き合った名品ぞろい。

横山大観 竹内栖鳳 川合玉堂 堂本印象 川端竜子 中村岳陵 平福百穂 小杉放庵 榊原紫峰 小粒ながら見応えのある作品が並んでいます。

中でも川合玉堂の『渓山月夜』が特に印象的でした。

近くには 細川家のお宝公開の『永青記念館』カテドラル大聖堂 芭蕉庵など見所たっぷり 椿山荘のお庭を見るも良し 格好のデートコースですよ。

無論 雨郷先生と一緒に………ハイ    14/05/28 墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2014年06月17日 17時09分19秒  /  コメント( 0 )

ラッシュウアワー?

池坊 いけばなの根源 花の品格展 MITSUKOSHI 日本橋本店 13日迄



とにかく 混んでました。入り口から行列 凄いです。こんなに人気だったなんて……有り難い事です。


第四十五世 お家元 ろうそくの灯りの下で        次期家元由紀先生



花の力って 本当にス ゴ イ ですね!  14/05/10  華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2014年06月17日 17時08分54秒  /  コメント( 0 )