東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2014-03-07 の記事

春はそこ迄

   

左 生花一種活け アマリリス 久しぶりですね〜 アマリリス 彼岸花科の球根草 メキシコ 南アメリカに70種分布 日本には 江戸末期に原種が渡来 今のような 大振りの園芸品種が入って来たのは 戦後の事です。

〜ラリラリラリラ 調べはアマリリス〜 ご存知ですか? 赤 ピンク オレンジ 白 複色の八重咲きもあります。

お生花で活ける時は出生を大切に 和合4枚の葉組の外に花を挿します。茎が空洞なので必ず添え木を付けます。

手前 下段の体は 3枚の葉組として 葉は奇数枚とします。鮮やかな大振りのアマリリス 花言葉は おしゃべり です。 えっ お前の事だろう? その通り です。 ハイ

右 自由花 花材は 雲竜柳 白のフリージア キンセンカ 

暴れん坊の雲竜柳 生命力旺盛で お水の中でニョキニョキ根が生えます。うっかり地植えをして その暴れ振りに音をあげた友人がいます。

雲竜柳に存分に暴れてもらって キンセンカをポイントに。菊科の一年草 春先 房総で一面キンセンカの畑を見ました。南ヨーロッパ原産 こんなに明るい花なのに なぜか花言葉は 悲歎 離別を悲しむ 

毎年 卒業式の頃に咲くから……? 

甘い香りの白のフリージアが なおさら 感傷的 ですか? 南アフリカ原産 花言葉は 純潔 無邪気  心はいつまでも そうでありたい。えっ 無理 ですか?

                      14/03/06 華道担当 畑田穂苑


Posted at 2014年03月07日 06時49分42秒  /  コメント( 0 )