東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2013-06-16 の記事

またまた 又 展覧会...

 

先ずは 上野公園内 都立美術館 リニューアルの後 ようやく慣れてきました。長いおつきあいの友人(日本画) のお誘いで毎年お邪魔しています。

第66回 創造展 19日迄  http://www.souzouten.org

洋画 日本画 染色画 彫刻 陶芸 と幅広く 歴史も長く 手慣れた作品を楽しめる展覧会です。
一階に下りると『独立書人団』展 これも19日迄 

http://www.dokuritsu.or.jp/shoukai/shoukai.htm

こちらは昔 文化書道学会の先輩に何度か連れて行かれた懐かしい展覧会 濃墨か 淡墨のはっきりした作品が多く これはこれで 一つの主張なのだとは 思いました。

そのまま 六本木に回って 書象展  そう私が今一番気にかけている 展覧会 上条信山系の展覧会です。23日迄





一目見れば すぐそれと判る 信山ばりがここでは まだ健在です。でもこの頃は大分 木管風の作品も多くなっています。特に圧巻は 俊英選抜五人展

これだけの大作群は ちょっと他では見らrません。気合い 入っています1

ついでに(ごめんなさい!) 1Fの 『日本の書展』23日迄 さらに3Fの『国際墨画会展』24日迄 入場無料 に弱いのですねえ〜

えっ もう 判ってる? すみません!





国際墨画会は なんと アフリカ スペイン チリ オーストラリア インドネシア マレーシアなどからの出品が多いのにびっくりしました。

私が キューバの文化交流に参加した時も 墨色に魅せられた現地人がどうしても 墨 和紙筆を売って欲しいと 粘られた事を思い出しました。

中国から渡って来たもので、今も墨は英語で チャイナインク というのですが、今ではしっかりと日本に根付いているのを感じます。

私は 他の顔料はいっさい使わず 墨だけで しかも一筆で質感を出す! に拘っています。
墨!! なんとも 奥が深いのですよ〜      13/06/16 書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2013年06月16日 20時36分15秒  /  コメント( 0 )